フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之上 鮧魚(なまづ) (ナマズ) | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 いだ (ウグイ) / 魚之上(河魚)~了 »

2019/08/06

大和本草卷之十三 魚之上 鯊(はぜ) (ハゼ類)

 

鯊 溪澗ノ中及海潮ノ入処ニモ多シ其目背上ニアリテ

 甚近シ其餘ハ皆本草時珍所言ノコトシ肉軟脆味淡

 美性カロシ骨ト鰭トヲ去テ病人可食煮蒸皆佳又

 爲肉餻爲鮓膾尤佳攝州大坂河尻最多彼土人

 甚賞之山中ノ川ニアルハ小ナリ江海ニアルハ大ナリ其子

 味又佳是亦江魚ノ良品ナリ或曰其苗ヲイサヾト云三

 四月河ニノホル叓夥シ

○やぶちゃんの書き下し文

鯊(はぜ) 溪澗の中及び海潮の入る処にも多し。其の目、背上にありて、甚だ近し。其の餘は、皆、「本草」の時珍の言ふ所のごとし。肉、軟脆(なん〔ぜい〕)〔にして〕、味、淡く、美し。性〔(しやう)〕、かろし。骨と鰭とを去つて、病人、食ふべし。煮〔(に)〕・蒸〔(むし)〕、皆、佳〔(よ)〕し。又、肉餻〔(かまぼこ)〕と爲し、鮓膾〔(すしなます)〕と爲〔して〕、尤も佳し。攝州大坂〔の〕河尻、最も多し。彼〔(か)〕の土人、甚だ之れを賞す。山中の川にあるは小なり。江海にあるは大なり。其の子、味、又、佳し。是れ亦、江魚の良品なり。或いは曰ふ、其の苗を「いさゞ」と云ふ〔と〕。三、四月、河にのぼる叓〔(こと)〕、夥し。

[やぶちゃん注:条鰭綱スズキ目ハゼ亜目 Gobioidei に属するハゼ類。ウィキの「ハゼ」によれば、世界の海域・汽水域・淡水域に約百八十九属で約千三百五十九種が棲息し、本邦でも百七属四百九十三種が棲息しており、最も繁栄している魚群の一つであるとある。既に述べたが、世界的に見てもハゼ類では純淡水産種は少ない(海と川を回遊するハゼ類はおり、その中には陸封型の個体群もいはする)。なお、現代中国語で「鯊」という漢字はサメ(鮫)類を指すので注意が必要。

「攝州大坂〔の〕河尻」平凡社「百科事典マイペディア」によれば、古く平安から鎌倉時代にかけて、京都から淀川を下って西国に向かう途中、必ず船をつないだといわれる泊(とまり)を指す。「河尻」の地名やその様子は、当時の日記・紀行文・物語・和歌など多くの史料に見ることが出来る。「河尻」は本来は一般名詞で「河の末」の意であるから、当該史料によって、その比定地が異なる場合や、また、特定地名と考えられないケースも認められるが、「高倉院厳島御幸記」(譲位直後の高倉院の厳島御幸に随行した新院別当源通親の旅日記)や、平安末期の公卿中山忠親の日記「山槐記」の治承四(一一八〇)年三月十九日の条などに見える「川しり」「河尻」などは、現在の兵庫県尼崎市南東部の大物町(だいもつちょう)附近(この中央部附近。グーグル・マップ・データ)に比定される。しかし一方で、「吾妻鏡」の文治元(一一八五)年十一月五日の条や九条兼実の日記「玉葉」の同年十一月四日の条などにみえる「河尻」は、その「大物浜」とは別の場所であり、現在の淀川を少し溯った大阪市東淀川区の江口(えぐち:この附近。グーグル・マップ・データ)を指すのではないかと推定されている、とある。孰れのロケーションを見ても、そこに多くいる(いた)とならば、益軒がここでイメージしているそれは、ハゼ亜目ハゼ科オキスデルシス亜科 Oxudercinae トビハゼ属トビハゼ Periophthalmus modestus(成体体長で十センチメートルほどで、体は灰褐色を呈し、小さな白点と大きな黒点の斑(まだら)模様を有し、眼球は頭頂部に突き出ていて左右がほぼ接し、平坦な干潟を見渡すのに適応した作りとなっている)と考えて間違いない。

「山中の川にあるは小なり」山間の渓流におり、小型となると、ハゼ亜目ハゼ科ゴビオネルス亜科ヨシノボリ属 Rhinogobius のヨシノボリ類(体長は成魚でも四~十センチメートル前後。現在、本邦では少なくとも十四種を数える)か。

「其の苗」その稚魚。

「いさゞ」現在、標準和名の「イサザ」は、琵琶湖固有種であるゴビオネルス亜科 Gobionellinae ウキゴリ属イサザ Gymnogobius isaza(成魚でも全長は五~八センチメートルほどしかない。成魚は昼間には沖合いの水深三十メートル以深にいるが、夜になると表層まで浮上して餌を摂る日周運動では知られる)に与えられているが、ここで以下の「三、四月、河にのぼる叓、夥し」がその種の習性を指すとするなら、ちょっと時期が遅いが、ゴビオネルス亜科シロウオ属シロウオ Leucopsarion petersii を指して言っているように私には思われる。彼らは現行、琵琶湖以外で広汎に「イサザ」と呼ばれている。他にも現在は各地で「いさざ」は魚ではなく、ごく小さな小海老(アミ)である節足動物門甲殻亜門軟甲綱真軟甲亜綱フクロエビ上目アミ目アミ亜目アミ科イサザアミ属イサザアミ Neomysis awatschensis をも指す語である。]

« 大和本草卷之十三 魚之上 鮧魚(なまづ) (ナマズ) | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之上 いだ (ウグイ) / 魚之上(河魚)~了 »