フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 葬られたる祕密  (戸川明三訳) 附・原拠「新撰百物語」の「紫雲たな引密夫の玉章」 | トップページ | 馬の夢 »

2019/09/21

小泉八雲 雪女  (田部隆次訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題“YUKI-ONNA”)は明治三七(一九〇四)年四月にボストン及びニュー・ヨークの「ホートン・ミフリン社」(BOSTON AND NEW YORK HOUGHTON MIFFLIN COMPANY)から出版された、恐らく小泉八雲の著作の中で最も日本で愛されている作品集「怪談」(原題“KWAIDAN: Stories and Studies of Strange Things”。来日後の第十作品集)の十一話目である。なお、小泉八雲はこの年の九月二十六日に五十四歳で心臓発作により急逝した。

 同作品集は“Internet Archive”のこちらで全篇視認でき(この標題部分の左ページにキャプションに“BLOWING HER BREATH UPON HIM”(「彼に彼女の息を吹きかけている」で「雪女」の一節) とする挿絵がある。原本の挿絵の英文解説中には“Keichū Takéunouchi”とあるが、これは浮世絵師・挿絵画家であった武内桂舟(たけうちけいしゅう 文久元(一八六一)年~昭和一七(一九四二)年)のことではないかと疑う(彼であればパブリック・ドメインである)。以下に挿絵を示しておく。上記原本画像(PDF)自体からは何故か絵が取り込めないため、プリント・スクリーンを行い、加工ソフトでトリミングした。本篇はここから。)、活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める本篇はここ)。

Blowing-her-breath-upon-him

 底本は上記英文サイト“Internet Archive”のこちらにある画像データをPDFで落とし、視認した。これは第一書房が昭和一二(一九三七)年一月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第八巻全篇である。

 田部隆次(たなべりゅうじ 明治八(一八七五)年~昭和三二(一九五七)年)氏については先に電子化した「人形の墓」の私の冒頭注を参照されたい。

 本篇は現在に至るまで、不思議なことに原拠が特定されていない作品である。しかし、小泉八雲は本書の序で、『……一つ妙な話、「雪女」は、西多摩郡調布の或農夫が、その土地の傳として、私に聞せてくれたものである。日本の書物に出て居るか、どうか私は知らない、しかしそこに書いてある異常な信仰はたしかに日本の各地に、種々の珍らしい形式で存在してゐたものである。……』と述べているのを私は信ずる。また、彼が日本来日直後の松江での聞き書きという設定で、『小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十五章 幽靈と化け物について (一)』(リンク先は私の電子化注。但し、この執筆当時は「小泉八雲」ではなく、パトリック・ラフカディオ・ハーン(Patrick Lafcadio Hearn))で、早くも「雪女」を語っていることにも注目せねばならぬ。

   *

 朝のうちひどく雪が降つたが、もう天(そら)も、刺すやうに寒い靜かな空氣、ダイアモンドのやうに澄み渡つて居る、それから脆い雪は歩く時足の下で快くばりばり音を立てる、それで私は思ひついて云ふ。『金十郞さん、雪の神樣と云ふ物はありますか』

 『分りません』金十郞は答へた。『私の知らない神樣は澤山あります、神樣の名を殘らず知つて居る人はありません。しかし雪女と云ふ物はあります』

 『それはどんな物です』

 『眞白な物で、雪の中で色々變な顏をして見せます。別に害を加へる事はないが、ただ恐ろしがらせるだけです。晝のうちは顏を上げて、獨り旅の人をおどかすだけですが、夜になると時々樹よりも高くなつて暫らくあたりを見𢌞してから、急に雪になつて降つて來ます』【註一】

 

    註一。日本の他の地方では、私の聞
    くところでは、雪女は甚だ綺麗な女と
    なつて現れ、若い男を淋しい場所へ
    誘つて、血を吸ふと云はれて居る。

 

 『どんな顏をしてゐますか』

 『白い――眞白です。非常に大きな顏です。それから淋しい顏です』

〔金十郞の云つた言葉は淋しいであつたが、私の考では、それは『陰氣な氣味の惡い』と云ふ意味であつた〕

 『金十郞さんあなたは見た事がありますか』

 私は見た事はありません。しかし私の父が子供の時分に、外の子供と遊ぶつもりで、雪の中を隣りのうちへ行かうと致しますと、途中で、雪の中から大きな白い顏が出て淋しさうにあたりを見𢌞したさうです、恐ろしさの餘り聲を出して逃げて歸つたと申します。そこでうちの人が皆出て見ると何にもない、雪ばかり、それで皆がこれは雪女を見たのだとさとりました』

 『ところで、金十郞さん、この節、人は雪女を見ますか』

 『はい。大寒の時節に、やぶ村へ參詣する人は、時々見ます』

 『やぶ村に何かありますか』

 『やぶ神社があります、それはやぶ天皇さんと云ふ風の神の名高い古い神社です。松江から九里ばかりの山のずつと上にあります。その神社の大祭は二月の十日と十一日にあります。それでその日には妙な事があります。ひどい風を引いて居るものがやぶ神社の神樣になほるやうにお祈りをして、その大祭の日に神社へ裸參りを致しますと誓ひます』

 『裸ですか』

 『さうです、わらぢをはいてふんどしや、ゆもじ一つでお參りを致します。それで大勢の人は、その頃雪が深いのですが、神社の方へ雪の中を裸で行くのです。それから男は銘々御幣と拔身の刀を泰納します、女は銘々鏡を奉納します。それから神社では、神主がその人々を迎へて妙な儀式を行ひます。古式によつて、神主は病人のやうななりをして、寢てうなります、それから漢方で處方致します草根木皮のくすりを飮みます』

 『寒さで死ぬ人はありませんか』

 『ありません、出雲の農夫は達者です。その上早く走りますから神社へ着く頃は熱い程です。それから歸る前に厚い暖い着物を着ます。しかし時々途中で雪女を見ます』

   *

とあるのである(但し、リンク先の私の注を見て貰いたいが、実際には彼にこの話を語った金十郎なる人物は小泉八雲の妻であるセツ夫人である)。さても、私は現行、諸本に語られる「雪女」伝説の内、展開と人物名が一致する多くのものは(例えば、青木純二「山の伝説 日本アルプス篇」の「雪女(白馬岳)」(国立国会図書館デジタルコレクション))、寧ろ、小泉八雲の本篇に基づくものではないかと疑っている。なお、本篇の原拠問題・成立過程を緻密に考証した牧野陽子氏の『「雪女」の〝伝承〟をめぐって― 口碑と文学作品―」PDF。『成城大学経済研究』(二〇一三年七月発行))が非常に優れているので、是非、一読を、強く、お薦めする。なお、牧野氏には先行する「ラフカディオ・ハーン『雪女』について」PDF。『成城大學經濟研究』(一九八九年七月発行)もある。但し、牧野氏は小泉八雲の本篇が「雪女」の起原とする考え方には留保され、寧ろ、否定的ではある(といって牧野氏もやはり決定打としての先行原拠を提示出来てはいない)。なお、「雪女」という妖怪変化のそのものは、江戸時代に記載はある。例えば、私の電子化注したものでは、「宗祇諸國物語 附やぶちゃん注 化女 苦し 朧夜の雪」「古今百物語評判卷之四 第七 雪女の事幷雪の說」や、「諸國里人談卷之三 黑塚」(これは注の発句中のみ)、さらに本篇より後代の「佐々木(鏡石)喜善・述/柳田國男・(編)著「遠野物語」(初版・正字正仮名版) 一〇二~一〇五 小正月の事」があるが、どれも本篇のような展開の妙味や劇的なダイナミズムを全く以っていないのである。日本人に普通にある「雪女」のイメージは元日本人ではなかった、だが日本人よりも遙かに日本人の精神をより保持し得た稀有の男、小泉八雲によって形成された、美しく、しかも哀しい女、なのであるのである。牧野氏は否定的に留保しているが、私はこの作品の展開自体、小泉八雲の幼少期の母喪失のトラウマと深く係わっているものと強く感ずるものである。

 傍点「ヽ」は太字に代えた。]

 

 

  雪 女

 

 武藏の國の或村に茂作、巳之吉と云ふ二人の木こりがゐた。この話のあつた時分には、茂作は老人であつた。そして、彼の年季奉公人であつた巳之吉は、十八の少年であつた。每日、彼等は村から約二里離れた處ヘ一緖に出かけた。その森へ行く道に、越さねばならない大きな河がある。そして、渡し船がある。渡しのある處に度々、橋が架けられたが、その橋は洪水のある度每に流された。河の溢れる時には、普通の橋では、その急流を防ぐ事はできない。

[やぶちゃん注:「茂作」原文“Mosaku”。「もさく」。

「巳之吉」原文“Minokichi”。「みのきち」。]

 

 茂作と巳之吉は或大層寒い晚、歸り途で大吹雪に遇つた。渡し場に着いた、渡し守は船を河の向う側に殘したままで、歸つた事が分つた。泳がれるやうな日ではなかつた。それで木こりは渡し守の小屋に避難した――避難處の見つかつた事を僥倖に思ひながら。小屋には火鉢はなかつた。火をたくべき場處もなかつた。窓のない一方口の、二疊敷の小屋であつた。茂作と巳之吉は戶をしめて、蓑をきて、休息するために橫になつた。初めのうちは左程寒いとも感じなかつた。そして、嵐はぢきに止むと思つた。

[やぶちゃん注:「大吹雪」「おほ(おお)ふぶき」。]

 老人はぢきに眠りについた。しかし、少年巳之吉は長い間、目をさましてゐて、恐ろしい風や月にあたる雲のたえない音を聽いてゐた。河はゴウゴウと鳴つてゐた。小屋は海上の和船のやうにゆれて、ミシミシ音がした。恐ろしい大吹雪であつた。空氣は一刻一刻、寒くなつて來た、そして、巳之吉は蓑の下でふるへてゐた。しかし、たうとう寒さにも拘らず、彼も亦寢込んだ。

 彼は顏に夕立のやうに雪がかかるので眼がさめた。小屋の戶は無理押しに開かれてゐた。そして雪明かりで、部屋のうちに女、――全く白裝束の女、――を見た。その女は茂作の上に屈んで、彼に彼女の息をふきかけてゐた、――そして彼女の息はあかるい白い煙のやうであつた。殆んど同時に巳之吉の方へ振り向いて、彼の上に屈んだ。彼は叫ばうとしたが何の音も發する事ができなかつた。白衣の女は、彼の上に段々低く屈んで、しまひに彼女の顏は殆んど彼にふれるやうになつた、そして彼は――彼女の眼は恐ろしかつたが――彼女が大層綺麗である事を見た。しばらく彼女は彼を見續けてゐた、――それから彼女は微笑した、そしてささやいた、――「私は今ひとりの人のやうに、あなたをしようかと思つた。しかし、あなたを氣の毒だと思はずには居られない、――あなたは若いのだから。……あなたは美少年ね、巳之吉さん、もう私はあなたを害しはしません。しかし、もしあなたが今夜見た事を誰かに――あなたの母さんにでも――云つたら、私に分ります、そして私、あなたを殺します。……覺えていらつしやい、私の云ふ事を』

 さう云つて、向き直つて、彼女は戶口から出て行つた。その時、彼は自分の動ける事を知つて、飛び起きて、外を見た。しかし、女はどこにも見えなかつた。そして、雪は小屋の中へ烈しく吹きつけてゐた。巳之吉は戶をしめて、それに木の棒をいくつか立てかけてそれを支へた。彼は風が戶を吹きとばしたのかと思つて見た、――彼は只夢を見てゐたかも知れないと思つた。それで入口の雪あかりの閃きを、白い女の形と思ひ違ひしたのかも知れないと思つた。しかしそれもたしかではなかつた。彼は茂作を呼んで見た。そして、老人が返事をしなかつたので驚いた。彼は暗がりへ手をやつて茂作の顏にさはつて見た。そして、それが氷である事が分つた。茂作は固くなつて死んでゐた。……

 

 あけ方になつて吹雪は止んだ。そして日の出の後少ししてから、渡し守がその小屋に戾つて來た時、茂作の凍えた死體の側に、巳之吉が知覺を失うて倒れて居るのを發見した。巳之吉は直ちに介抱された、そして、すぐに正氣に歸つた、しかし、彼はその恐ろしい夜の寒さの結果、長い間病んでゐた。彼は又老人の死によつてひどく驚かされた。しかし、彼は白衣の女の現れた事については何も云はなかつた。再び、達者になるとすぐに、彼の職業に歸つた、――每朝、獨りで森へ行き、夕方、木の束をもつて歸つた。彼の母は彼を助けてそれを賣つた。

 

 翌年の冬の或晚、家に歸る途中、偶然同じ途を旅して居る一人の若い女に追ひついた。彼女は背の高い、ほつそりした少女で、大層綺麗であつた。そして巳之吉の挨拶に答へた彼女の聲は歌ふ鳥の聲のやうに、彼の耳に愉快であつた。それから、彼は彼女と竝んで步いた、そして話をし出した。少女は名は「お雪」であると云つた。それからこの頃兩親共なくなつた事、それから江戶へ行くつもりである事、そこに何軒か貧しい親類のある事、その人達は女中としての地位を見つけてくれるだらうと云ふ事など。巳之吉はすぐにこの知らない少女になつかしさを感じて來た、そして見れば見る程彼女が一層綺麗に見えた。彼は彼女に約束の夫があるかと聞いた、彼女は笑ひながら何の約束もないと答へた。それから、今度は、彼女の方で巳之吉は結婚して居るか、或は約束があるかと尋ねた、彼は彼女に、養ふべき母が一人あるが、お嫁の問題は、まだ自分が若いから、考へに上つた事はないと答へた。……こんな打明け話のあとで、彼等は長い間ものを云はないで步いた、しかし諺にある通り『氣があれば眼も口ほどにものを云ひ』であつた。村に着く頃までに、彼等はお互に大層氣に入つてゐた。そして、その時巳之吉は暫く自分の家で休むやうにとお雪に云つた。彼女は暫くはにかんでためらつてゐたが、彼と共にそこへ行つた。そして彼の母は彼女を歡迎して、彼女のために暖かい食事を用意した。お雪の立居振舞は、そんなによかつたので、巳之吉の母は急に好きになつて、彼女に江戶への旅を延ばすやうに勸めた。そして自然の成行きとして、お雪は江戶へは遂に行かなかつた。彼女は「お嫁」としてその家にとどまつた。

 

 お雪は大層よい嫁である事が分つた。巳之吉の母が死ぬやうになつた時――五年ばかりの後――彼女の最後の言葉は、彼女の嫁に封する愛情と賞讚の言葉であつた、――そしてお雪は巳之吉に男女十人の子供を生んだ、――皆綺麗な子供で色が非常に白かつた。

 田舍の人々はお雪を、生れつき自分等と違つた不思議な人と考へた。大槪の農夫の女は早く年を取る、しかしお雪は十人の子供の母となつたあとでも、始めて村へ來た日と同じやうに若くて、みづみづしく見えた。

 或晚子供等が寢たあとで、お雪は行燈の光で針仕事をしてゐた。そして巳之吉は彼女を見つめながら云つた、

 『お前がさうして顏にあかりを受けて、針仕事をして居るのを見ると、わしが十八の少年の時遇つた不思議な事が思ひ出される。わしはその一時、今のお前のやうに綺麗なそして色白な人を見た。全く、その女はお前にそつくりだつたよ』……

 仕事から眼を上げないで、お雪は答へた、

 『その人の話をして頂戴。……どこでおあひになつたの』

 そこで巳之吉は渡し守の小屋で過ごした恐ろしい夜の事を彼女に話した、――そして、にこにこしてささやきながら、自分の上に屈んだ白い女の事、――それから、茂作老人の物も云はずに死んだ事。そして彼は云つた、――

 『眠つて居る時にでも起きて居る時にでも、お前のやうに綺麗な人を見たのはその時だけだ。勿論それは人間ぢやなかつた。そしてわしはその女が恐ろしかつた、――大變恐ろしかつた、――がその女は大變白かつた。……賞際わしが見たのは夢であつたか、それとも雪女であつたか、分らないで居る』……

 お雪は縫物を投げ捨てて立ち上つて巳之吉の坐つて居る處で、彼の上に屈んで、彼の顏に向つて叫んだ、――

 『それは私、私、私でした。……それは雪でした。そしてその時あなたが、その事を一言でも云つたら、私はあなたを殺すと云ひました。……そこに眠つて居る子供等がゐなかつたら、今すぐあなたを殺すのでした。でも今あなたは子供等を大事に大事になさる方がいゝ、もし子供等があなたに不平を云ふべき理由でもあつたら、私はそれ相當にあなたを扱ふつもりだから』……

[やぶちゃん注:「雪」言わずもがな、彼女の名前である。自称であるから、「お」はないのである。]

 彼女が叫んで居る最中、彼女の聲は細くなつて行つた、風の叫びのやうに、――それから彼女は輝いた白い霞となつて屋根の棟木の方へ上つて、それから煙出しのたを通つてふるへながら出て行つた。……もう再び彼女は見られなかつた。

 

« 小泉八雲 葬られたる祕密  (戸川明三訳) 附・原拠「新撰百物語」の「紫雲たな引密夫の玉章」 | トップページ | 馬の夢 »