フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 化け物の歌 「一一 バケヂザウ」  (大谷正信訳) | トップページ | 小泉八雲 化け物の歌 「一三 フダヘガシ」  (大谷正信訳) »

2019/10/03

小泉八雲 化け物の歌 「一二 ウミバウズ」  (大谷正信訳)

 

[やぶちゃん注:本篇の詳細は『小泉八雲 化け物の歌 序・「一 キツネビ」(大谷正信訳)』の私の冒頭注を参照されたい。]

 

     一二 ウミバウズ

 卓の上へ、身を上に脚を下にして大きな章魚[やぶちゃん注:「たこ」。]を載せて見給へ、――さうすると、ウミバウズが卽ち『海の坊主』といふ空想を初めて思ひ付かせた怪異な實物が眼前にあることになる。この姿勢の下の方にぎろつとした眼を有つた、この大きな禿げた軀(からだ)は坊主の剃髮した頭に歪みなりに[やぶちゃん注:「歪んだ風体のままに」の意。]似て居り、下に這うて居る脚(或る種類では黑い蹼[やぶちゃん注:「みづかき」。]で緊がつて居る)は坊主の衣(ころも)のひらひらする動搖を想はしめるからである。……海坊主は日本の化け物文學にまた古風な繪本に隨分と出て來る。天氣の惡るい時、餌食を捉へに、深い海から現れ出るのである。

[やぶちゃん注:蛸を冒頭に出して、すこぶるヴィジュアルに説明し、西欧の読者がイメージし易いようにしている辺りは、流石であるが、しかし、実は原文は“cuttlefish”であって、タコではなく、イカなのである。この翻案は結果した理解の上では正しいと言えるし、小泉八雲の謂いは明らかにイカではなく、タコを説明しているから、いい。小泉八雲は『小泉八雲 落合貞三郎他訳 「知られぬ日本の面影」 第二十一章 日本海に沿うて (二)』で海坊主に言及している。そちらの私の注も参照されたい。]

 

 板一重下は地獄にすみぞめの

    ばうずの海に出るぞあやしき

〔洒落の說明が出來かねる。……アヤシイは「怪しい」、「驚く可き」、「超自然的」、「面妖な」、「疑はしい」といふ意味である。初めの二句に、フナイタイチマイシタハヂゴク(「船板ただ一枚の下は地獄」)といふ佛敎敵俚諺が用ひてある。(この諺を引月して居る今一つの歌に就いては自分の「佛の畠の落穗」の第八章を見られたい〕

[やぶちゃん注:本文の「海坊主」の掉尾に、

 板一重下は地こくに墨染の坊主の海に出るぞあやしき 懿斎

狂号の判読は正直、自信はない。「懿斎」は「しさい」と読む。

「板一重下は地獄」「いたひとへしたはぢごく」だが、普通、現行は「板子(いたご/いたこ)一枚下は地獄」であろう。「板子」は和船の舟底に敷く揚げ板を指す。

「佛の畠の落穗」明治三〇(一八九七)年に刊行した“GLEANINGS IN BUDDHA-FIELDSSTUDIES OF HAND AND SOUL IN THE FAR EAST”(「仏陀の畑(仏国土・浄土)の落穂集 極東に於ける手と魂の研究」:来日後の第四作品集)の第八章“VIII BUDDHIST ALLUSIONS IN JAPANESE FOLK-SONG”のここ(“Internet Archive”のこちらに左の206ページ)の六行目にある、

Now they are merry together; but under their boat is Jigoku.

Blow quickly, thou river-wind,—blow a typhoon for my sake!

を指す。訳すなら、

今、彼らは互いに陽気だが、しかし、彼らの舟の下は地獄だ。

吹け! 素早く! 川風よ!――俺のために! 嵐よ! 吹くがいい!

か。第一書房家庭版全集(昭和一二(一九三七)年刊の第六巻所収で訳者は落合貞三郎)では、以下のように訳されてある。

彼等は一緖に樂んでをるが彼等のボートの下は地獄だ、河風よ早く吹け、私のためにつむじ風よ吹け、(大意)

且つ、その後に『註 地獄は種々の地獄を總稱した佛敎用語である。ここで言つてをることは船板一枚下は地獄といふ句、卽ち海上の危險を形容した句に關係してをる』(中略)『ここでいふ船(ボート)は恐らく屋根のある遊覽船で管弦の遊びに用ひられるやうな物であらう』ともある。]

« 小泉八雲 化け物の歌 「一一 バケヂザウ」  (大谷正信訳) | トップページ | 小泉八雲 化け物の歌 「一三 フダヘガシ」  (大谷正信訳) »