フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 晩歌 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 身震ひ (岡田哲蔵訳) »

2019/11/20

小泉八雲 赤い夕日 (岡田哲蔵訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“A Red Sunset”)は一八九八(明治三一)年十二月に、ボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)とロンドンの「サンプソン ・ロウ社」(SAMPSON LOW)から出版された来日後の第五作品集「異國情趣と囘顧」(“EXOTICS AND RETROSPECTIVES”)の第二パート“RETROSPECTIVES”の第七話である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社「リトル・ブラウン社」及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者岡田哲藏氏については『小泉八雲 初の諸印象(岡田哲蔵訳)/作品集「異国情趣と回顧」の「回顧」パート(総て岡田哲藏氏の訳)に入る』の冒頭注を見られたい。

 傍点「○」は太字下線に、傍点「ヽ」は太字に代えた。途中に挿入される訳者注はポイント落ちで全体が四字下げであるが、行頭まで引き上げた。]

 

   赤 い 夕 日

 

       

 いままで私が見たうち最も驚倒的な赤色の出現は、或る熱帶地の雲無き空の夕照であつた、それは空氣の異例の狀態に於てのみ見ゆる夕照。それが地平線から頂天まで先づ橙黃色の焰と燃え、忽ちそれが熱烈な朱染めの色濃くなり、其中に眞紅の圓盤が燃え切つた星の餘燼の樣に閃いた。海や峯や椰子樹が冥界の輝きに染まり、私は我がうちに漠然たる不思儀の恐怖を覺ゆる樣になつた、――それは夢魔に魘はれる[やぶちゃん注:「おそはれる」。]前の銷魂[やぶちゃん注:「せうこん(しょうこん)」。驚きや悲しみのために気力が失せること。]の感じであつた。其時私は其感じを說明し得なかつた、――私はただ色が其感じを起こしたことを知つて居た。

[やぶちゃん注:小泉八雲(Lafcadio Hearn)は三十七歳の時、アメリカで出版社との西インド諸島紀行文執筆の契約を行い、一八八七年から一八八九年にかけて、フランス領西インド諸島マルティニーク(Martinique)島(現在もフランスの海外県で公用語はフランス語。小泉八雲はフランス語が得意であった)を旅しており、ここはその折りの体験に基づくもの。]

 然し如何してそれを起こしたのか、――その後私は自らに尋ねた。輝く赤は不快な感じを起こすといふ一般說では、その經驗の怪異を私の爲めに說明するに足らなかつた。其色と血との聯想は殆ど私のこの場合の說明にならぬ、何故ならばこれまで血を見ても私の神經は毫も影響を感じなかつた。心理的遺傳の說は或る說明を與へるかと私は思つた。――が、大人が耐へられぬと思ふ色が、小兒にはいつも娛く[やぶちゃん注:「たのしく」。]思はれる事實を如何にその說で解き得ようか。

 然し凡ての赤い色調が精練された感性に不快であるのでは無い、或るものは全く反對である、例へば石竹色[やぶちゃん注:「せきちくいろ」。ナデシコ目ナデシコ科ナデシコ属セキチク Dianthus chinensis の花のような淡い赤色のこと。色見本サイトのこれ。]、または薔薇色などいふ種々のやさしい色がそれである。それ等は頗る快い感覺經驗に訴へ、優雅と柔らかさを暗示し、朱や緋に刺激されたとは全く異つた性質の感覺を生ずる。石竹色は咲ける花、若さの咲き出でた色、――萬物の成熟と、肉の成熟の色で、芳香と甘美との印象及び美しい脣と頰との記憶といつも聯想される。

 いな、氣味惡るい感じを起こすのは、唯だ純粹に輝いた赤、熱烈な赤色である。此色の經驗は我々西洋の歷史の條件と全く異る條件の下に潑展しカ社會にても同樣であつたらしく見ゆる、――日本はその顯著な一例である。文明が益〻精練され、人間らしくなるに連れ、赤色を見ることは修養ある社會に容さる〻[やぶちゃん注:「ゆるさるる」。]ことが愈〻少くなる。然るにその色を嫌ふ人民の小兒が、尙ほその輝く赤色を好む理由は如何に說明さるべきであるか。

 

       

 小兒の時に我々を樂ませた多くの感覺が成人になると無味になり又は厭はしくなる、それは何故か。その理由は、我々が生長すると共に、今はそれに關係を有つて居るが、小兒の時は眠つて居た感じ、今はそれ等と聯想されるが小兒の時は發達しなかつた觀念、それ等と連結して居るが、小兒の時は想像されなかつた經驗が成長した爲めである。

 我々の生れた時は、心は體より更に發育が足らず、その十分な成熟は身體が完全に成長するに要するよりは餘程多くの時間を要す。小兒はその過失に於ても蠻人に似て居る、それは原始人の本能と情緖とが先づ小兒のうちに熟しはじめる爲めである、――然してそれ等の本能と情緖は自己保存に最も必要なので、種族の歷史に於て先づ發展する故に、個人に於ても先づそれ等が成熟する。後に成人となれば此等の本能や情緖は頗る劣等の位地に下る、それはもつと尊い心理的及び道德的の性質それは比較的に近時に社會上の規律と文明の習慣から生じたのである――が漸く重みがついて正規の狀態にあつては本能や情緖を壓倒する、――それが有たな新たな感覺の樣になつて、原始的情緖的性質はその指導を仰がねばならなくなつた爲めである。

 凡て情緖は遺傳である、然し高等の情緖は進化の順序に於て最後のものであるので、頭腦が完全に發展してはじめて成長する。倫理的に考へて甚だ崇高な情緖は老年に於てのみ發達すると云はる、それで老年は特に魅力を賦與される。高等なる外の能力、主として美的能力は、平均を取ると中年に熟すと見られやう。然して個人發達の中年頃に色彩美の一層立派な感覺は屬して居る、――それはよく知られぬ方法でそれに關係しては居るらしき倫理的感覺よりは餘程單純な能力である。

 生き活きした色は蠻人の美感に訴ふるごとく、我々の小兒の根本的美感に訴へる、然し文明の成人は生き活きした色は大槪好まぬ、それ等の色は廉價な管絃樂演奏の金鼓[やぶちゃん注:これは「きんこ」で鉦(かね)と太鼓のことである。しかし、原文は“an excessive crash of brass and drums”“brass”は「管絃樂演奏」(原文“orchestral performance”)なら、間違いなく「金管楽器」のことであるから、この訳はおかし過ぎる。なお、「brass」には真鍮で出来た楽器の意味もあるから、例えばこれを「シンバル」とし、後を「ドラム」或いは「ティンパニ」などに意訳した方が遙かに日本人読者に親切である。どうも岡田氏の翻訳のセンスには私には今一つ素直に受け容れられない部分がある。]の過度の響の如く彼の神經を苛立たせる。修養ある視覺は强く燃ゆる赤色には特に畏縮する。小兒のみが朱や緋を喜ぶ。成長すれば漸次に我々が所謂『高音の赤(ラウド・レツド)』[やぶちゃん注:“loud red”。「loud」には「音が高い」以外に「騒々しい」「五月蠅い」「派手な」「けばけばしい」の意がある。]と呼ぶ色を俗惡と思ひ、それほど優雅でなかつた前世紀先人達が好まなかつた以上にそれを好まなくなる。敎育は何故に彼がそれを俗惡と思ふかの說明を助けるが、それが彼の眼を疲らすや否やの問題から離れて――何故に彼がそれを不快に感ずるかの說明は助けない。

 

       

 それで今私はあの熱帶地の夕日の問題に歸る。

 何れかの美はしい夕日の光景に刺激された通常の美的情緖に於てすら、人類とひとしく昔なる感情の要素がある、――卽ち日沒がいつも悲哀と豫覺を以て見守らる〻時、幾代をかけて遺傳した暗い幽鬱[やぶちゃん注:ママ。]。暗い恐怖がそれである。あの偉大な光明の後に、原始的恐怖の幾時間、――暗黑の恐れ、夜の敵の恐れ、幽靈の恐れ。此等及び其他の氣味惡るい感情は、日光が退去した後に續く身體の銷沈[やぶちゃん注:「しやうちん(しょうちん)」。「消沈」に同じい。]から離れて、――遺傳によつて情緖的に日沒の光景に關係する樣になつたのであらう、而して原始的恐怖は遂に近代の壯美の感の元素的調子に進化的に變質するのであらう。而し巨大な緋の色の日沒の光景は壯美の感よりも、もつと漠然で無い感情卽ち明白に凶兆の感情の一種を目覺ますであらう。その色自らが、單にそれと恐ろしい光景との關係の爲めに遺傳せる感情の特殊の種類に訴へるであらう、――卽ち、噴火山の頂の輝き、熔岩の激しい朱の色、森の火の暴(あら)び、戰亂の途に當たりて燒くる都市を掩ふ照明、壞敗の燻り、葬送の薪の燃ゆるなど。そして北人の想像せる『掠奪の精靈(レーヴエング・ゴスト)』の如き破壞者としての火に關する物凄き種族の記憶に、そこに苦痛との關係に於ける緋色の熱についての祖先以來の經驗を通じて發展した漠然たる悲痛、――卽ち有機的な恐怖が混ずるであらう。然して天の現象に於ける、それに似たる洪大な色は、古來凶兆と神怒の觀念に關係ある遺傳的恐怖をまた復活させるのであらう。

[やぶちゃん注:「北人の想像せる『掠奪の精靈(レーヴエング・ゴスト)』」原文は“the “ravening ghost” of Northern fancy”。「ravening ghost」はよく判らない。北欧神話のトロール(妖精とされるが、古くは幽霊とも考えられたようである)の内の、性質(たち)の悪い連中(人を略奪したり、捕えて食ったりする輩もいる)とを指すか。それにしても意味は分かるが、殆んど造語に近い「北人」の訳は漢文じゃあるまいし、もう、げんなり、不快だ。「北方(の)民族」なり「欧州北方の人々」と訳そうと何故、岡田氏は考えなかったのだろう? 不思議でならない。

 

 蓋しこの憤怒の色が人間に起こさせる不快感の最大元素は火に對する種族の經驗から成つたのである。然し最も生き活きした赤に於てすら、いつも情熱の暗示、血の色の或る暗示がある。死の光景に關係ある遺傳的情緖は色によつて刺激さる〻記味惡るい感情の要素のうちに敎へられねばならぬ。疑もなく人に取りても、牛に於ける如く激しい赤色の現はれによつて喚起さる〻情緖の波は、主として種族の莫大な全生命を通じて集められた諸〻の印象と傾向の創造である、そして歌人トマスの昔話の如く、我々は我々の唯一眞實の仙境、卽ち精靈的の過去に就いて、

 

    ヽヽヽ大地の上に流れた血汐

    それなる國の泉を洗ふ

 

と云ひ得よう。

譯者註 歌人トマス Thomas the Rhymer は第十三世紀のスコツトランドの歌人、また魔術者にて今尙ほ死せず、或る仙境に住むと思はれて居る。

[やぶちゃん注:「歌人」はママ。トーマス・ザ・ライマーについて、平井呈一氏は恒文社版「赤い夕日」(一九七五年刊「仏の畑の落穂 他」所収)で割注され、『Thomas the Rhymer1200――97?)は、文学史上十三世紀のスコットランドの詩人ということになっているが、伝え残っている「トリストレム」』(Tristrem:トリスタン伝説を扱った中世語で書かれた現存唯一の詩篇とされっる)『の詩だけが有名だが、果たしてその作者であるかどうかも不明だといわれている。予言をする魔法家で、その霊は、今日なお仙境に生きていると言われている』とある。英文ウィキ「Thomas the Rhymer」はあるが、邦語で書かれたものは、サイト「バルバロイ!」のこれぐらいしか見当たらない。引用はこの詩篇ロシア人の方のサイトであるが、恐らくは元の中世語に近い英語で書かれたものが全篇示されてある。英語サイトを調べたところ、単語の一部が現代の英語に書き変えられているものがあったが、小泉八雲の引用と一致するこのサイトを採った)で、「Part First」の第十六連の後半二行である。]

 

 然し燃ゆる赤色を近代人の神經に耐へられぬものとする、それ等の聯想そのものは、それがはじめて華奢の色となつた時に既に非常に古いものであつたに相違ない。さらば如何にしてかかる聯想が今我々に不快な影響を及ぼすのであらうか。

 私はこの色の情緖的暗示が、それが現今よりも、もつと漠然で且つ容積がずつと少かつた時に於てのみ、今尙ほ小兒に取りて然る如く、成人に取りて快感たるを失はなかつたと答へ樣と思ふ。近代人の頭腦の中で、それが强くなると次第に快感たるを失つたので、――それは暖かさが熱の度に昂まつて快感を失ふと略ぼ同じであらう。更に後になると、それが苦痛となり、そしてその實際の苦痛は、その色が嘗て起こさせた光景と力の感覺の本來野蠻なる性質を暴露する。そして赤色によつて起こされた感情の强くなるのは感情的印象の其後の集積に因るのみならず、本質的に强暴と苦痛の觀念と反對で、しかもそれと離れられぬ情緖の成長發達にも因るのである。我々の祖先の幾多の娛樂を、昔の野蠻の影の世界へ追放した時代の道德的感性、――文字通りの火の地獄を信じなくなり、一切の殘酷な競技を禁じ、動物の愛護を强ゆる時代の人道、それが赤色の殘酷な暗示を嫌ふのである。然し成長徐々たる小兒の頭腦にあつては、この近代的感性はまだ發展しきらず、――それが經驗と敎育の助によつて發展するまでは、生き活きした緋色によつて起こさる〻感情は自然に苦痛よりは快感として繼續するであらう。

 

       

 かくの如く他の世紀に於ては帝王らしき威嚴のあつた色が、現世紀に於ては厭はしくなつた理由を說明せんと試みるうちに、私は我々の今の品位あるものの多くも、將來の時代に同じ樣に俗化しはせぬかと思ふ樣になつた。我々の趣味の標準、我々の美の理想は恆に變化しつつある條件に關係してのみ價値を有ち得る。現實と理想とは共に變遷する、――それ等は永遠の轉生の波動に於ける表面上の動搖に過ぎぬ。蓋し今日の最も倫理的または美的なる感情は他の時代には或る例外なる心理的隔世遺傳(アタヴイズム)[やぶちゃん注:“atavism”。私は「先祖返り」の訳の方がいいと思う。]、――野蠻の過去の狀態への或る個人的復歸に過ぎぬと見らる〻であらう。

 其間に今、現に耐へられなくなりつつある感覺の運命は、何となるのであらうか。如何なる精神上または身體上の能力でも、それが以前に進化的必要によつて發達したとしても、それが有用でも快樂でもなくなつた瞬間から、縮少し消滅する傾向を有つのであらう。赤を認める力の繼續はその力が種族にとりて、將來有用であり得るや否やによつて定まるであらう。なほそれが色を生ずるエーテル[やぶちゃん注:「エーテル」「小泉八雲 月の願 (田部隆次訳)」の私の注を参照されたい。]の振動の最低程度を代表する事實も、これに聯關して暗示することが無いことはなからう。蓋し我々が益〻それを好まなくなれば、その色を辨別する力が結局は消滅し――色の階段の低い端に於てのダルトニズム[やぶちゃん注:“Daltonism”。後に訳者注有り。]の一種になつて消滅するのであらう。蓋しかかる視覺的消滅は網膜の感性がそれと共に優等なる分化を行ふによりて償つて餘りあるのであらう。更に高等に組織せられた時世の人々は、今日想像されぬ色彩の驚異を樂むことが出來て、しかも決して赤色を認め得られぬかも知れぬ、――少くとも我々の進化上の過去の苦悶と激怒との幽靈のやうな餘燻の感覺を生ずる赤色、――名づく可からず、測る可からざる畏怖の執着的出現、――死滅せる人間苦の巨大なる幻の威嚇たる赤色は認められぬかも知れぬ。

譯者註 ダルトニズムは色盲のこと、英國化学者John Dalton17661844)の說による名。

[やぶちゃん注:イギリスの化学者・物理学者・気象学者ジョン・ドルトン(John Dalton 一七六六年~一八四四年)。「原子説」の提唱者として、また、理想気体の混合物の圧力が各成分の分圧の和に等しいことを示す「ドルトンの法則」(「分圧の法則」とも呼び、一八〇一年に発見)で知られる、幽霊染みた肖像画にみんな落書きをしたであろう、あのドルトンである。彼は自分自身と親族の色覚を研究し、自らが先天色覚異常であることを発見し、所謂、「色覚異常」を意味する英語「ドルトニズム(Daltonism)」の語源となったのである。]

« 小泉八雲 晩歌 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 身震ひ (岡田哲蔵訳) »