フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 蒼の心理 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 赤い夕日 (岡田哲蔵訳) »

2019/11/20

小泉八雲 晩歌 (岡田哲蔵訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“A Serenade”。「一つの小夜曲」)は一八九八(明治三一)年十二月に、ボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)とロンドンの「サンプソン ・ロウ社」(SAMPSON LOW)から出版された来日後の第五作品集「異國情趣と囘顧」(“EXOTICS AND RETROSPECTIVES”)の第二パート“RETROSPECTIVES”の第六話である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社「リトル・ブラウン社」及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者岡田哲藏氏については『小泉八雲 初の諸印象(岡田哲蔵訳)/作品集「異国情趣と回顧」の「回顧」パート(総て岡田哲藏氏の訳)に入る』の冒頭注を見られたい。

 傍点「ヽ」は太字に代えた。途中に挿入される訳者注はポイント落ちで全体が四字下げであるが、行頭まで引き上げた。]

 

   晚 歌

 

       

 『破られた』といふと餘りに唐突な語であつた。私の眠は破られたのでは無い、が急に外の夜からの昔樂の流で溶かされて一掃された、――その優雅な最初の音で私に歡喜の豫期を充たした音樂、晚歌、――笛とマンドリンの演奏。

 笛は鳩の鳴く調子で、それがククと褐色、悲しさうに鳴き、また水の渦卷く樣に鳴いた、――そしてマンドリンは心臟の鼓動する如くに、笛の流る〻音の中で震るへて居た。奏樂者は見えぬ、彼等は熱帶の月が街路に投げた重い影のうちに立つて居た、――それはプランティン樹とタマリンド樹の影。

[やぶちゃん注:「プランティン樹」“plantain”。単子葉植物綱ショウガ目バショウ科バショウ属交雑種プランティン(通称。表記は英語のネイティヴの聴き取りに最も近いと判断したもので示した。和名通称はリョウリバショウ・クッキングバナナなど)Musa× paradisiaca (具体的にはゲノム分析によってマレーヤマバショウ Musa acuminata とリュウキュウバショウ Musa balbisiana の交雑種であることが判明している)交配種 Musa acuminata × Musa balbisiana。実はバナナと異なり、一般的には料理に用いられる果物で、バナナよりも固く、糖分が少ない。熱帯地方の主食であり、主食としては世界第十位に位置する。バショウ属は全てマレー諸島(インドネシア・フィリピン・マレーシア)を含む東南アジアと北オーストラリアを含むオセアニアの熱帯地方に由来するが、本種は広く熱帯域に移植されており、中央アメリカやカリブ海の諸国にも植生している(以上はウィキの「プランテン」に拠った。リンク先に果実の写真有り)。小泉八雲(Lafcadio Hearn)は三十七歳の時、アメリカで出版社との西インド諸島紀行文執筆の契約を行い、一八八七年から一八八九年にかけて、フランス領西インド諸島マルティニーク(Martinique)島(現在もフランスの海外県で公用語はフランス語。小泉八雲はフランス語が得意であった)を旅しており、ここはその折りの体験に基づくものか。

「タマリンド樹」“tamarind”。マメ目マメ科ジャケツイバラ(蛇結茨)亜科タマリンド属タマリンド Tamarindus indica。アフリカの熱帯が原産で、インド・東南アジア・南北アメリカ大陸などの亜熱帯・熱帯地方で栽培されている。樹高二十メートル以上になる常緑高木。葉は長さ十五~二十センチメートルの羽状複葉で、小葉は十~二十片で長楕円形を呈する。花は総状花序をなし、五弁で直径三センチメートルで、黄色に橙色又は赤色の筋が入る。果実は長さ七~十五センチメートル、幅二センチメートルどのやや湾曲した肉厚な円筒形の莢(さや)で、黄褐色の最外皮は薄く脆い。一個乃至十個の黒褐色の扁平な卵円形種子で、その間隙にペースト状の黒褐色の果肉が満たされてある。この果肉は柔らかく、酸味があり、食用とされる(以上はウィキの「タマリンド」に拠った。リンク先に写真有り)。]

 すべて菫色のほの暗さの中に動いて居たのはその音樂と螢ばかり、――螢は橙黃と鮮綠の大きな輝いた遲い火花であつた。暖かな空氣が呼吸を止めて居た、椰子の葉は靜かであつた、そして海のいつも目につく輪は、月下に於てすら靑く、音も無く煙霧の輪の如く橫たはつて居た。

[やぶちゃん注:「海の輪」確かに“the haunting circle of the sea”である。この場合、「haunting」は恐らく「いつもそこに姿を見せている」という常在感覚の表現であろうが、問題は「circle」で、「輪」では意味がとりにくい。平井呈一氏は恒文社版「小夜曲」(一九七五年刊「仏の畑の落穂 他」所収)では、『いつもと変わらぬ紺碧の海は、大きな夜霧の輪となって、音一つたてずにひろがっていた。』と訳しておられるが、そこでは後の“a circle of vapor”「輪」を訳しながら、前のこちらの「輪」をカットしてしまっている。思うにこの「circle」は「圏」「気圏」の意ではあるまいか? 敢えて訳そうなら、さしずめ、「海圏」(かいけん)であろうか。]

 笛とマンドリン――西班牙[やぶちゃん注:「スペイン」。マルティニーク島の周辺島嶼国は孰れもスペイン人が定住し、スペイン文化の影響力が強いから、奇異ではない。]のメロディ――外に何も無い。それでも夜自らが語つて居るかと思はれた、または、久しき以前に自然の神祕のうちに溶け去つたが、猶ほも日の照るうちは眠り、星にのみ目を覺ます、その不思議な世界の生溫い、芳しい、燦めく暗を徨ひ續けて居る或る感情的な生命が、その夜のうちから語つて居るかと思はれた。そしてその言は、嘗て有りて今は再び有り得ぬ歡喜と、精靈の如く反覆して居るのであつた、――それは無限のやさしさと不測の悔恨を語るのであつた。

 いとも單純な音樂が他の藝術のとても暗示し得むものを表現し得ることは私はいまだ嘗て感じなかつた、――飾も無く、技巧も無いが、それで希臘人[やぶちゃん注:「ギリシヤじん」。]の最上の優美の認識の樣に、それほど蠱惑的で不可解な感興を有つて居るメロディの驚く可き可能性を嘗て知らなかつた。

 さて完全な藝術に於ては何物もただ逸樂的ではあり得ぬ、そしてこの音樂はその愛撫的なるに關らず、測られぬ程に、拭ひ難い程に悲しかつた。そしてそれ程單純な動機に於て幽鬱[やぶちゃん注:ママ。]と流動との精妙な混合、――鳩の叫ぶ如くククと鳴く一の低い長い音の再三の反覆、――それが消滅した時間の音樂的なる思[やぶちゃん注:「おもひ」。]の如き美の不思議を有つて居た、――我々自らの時代よりも、もつと溫かい人間的な時代からの生存、――或る失はれたるメロディの術からの一の稀有なる生存を有つて居た。

 

       

 音樂が靜まつた、そして私は夢みながら殘された、そしてその樂が起こした情緖を說明せんと試みても効がなかつた。ただ一の事は慥であると思つた、――卽ちその神祕は自分の存在以外の諸〻の存在のものであるといふこと。

 私は反省した、生きて居る現在の爲めに死せる過去の全體があることを。我々の快樂と我々の苦痛と共にただ進化の所產である、――巨萬の海の砂よりももつと數へ難い失せたる存在者の經驗によつて創造された感性の巨大な複雜である、凡ての人格は結合を重ねたものである、そして凡ての情緖は死者のものである。それでも或る者は他の者よりもつと精靈らしく我々に見ゆる、――それは一つには、それ等の一層大なる關係的神祕の爲めで、一つにはそれ等を組成する幻の波の無限の力の爲めである。快い形のうちで、最も精靈らしいのは初戀の情緖、自然に於ける壯美――恐ろしい美の知覺に續いて起こる情緖、――そして音樂の情緖である。それ等は何故に然るか。思ふにそれ等を起こす勢力は我々の忘れられた過去に最も遠く振動を及ぼす爲めである。一の思考する生命の深さは空間の深淵の深さの如く恐ろしく――何百萬の時代を以てしても測り難い、――そして或る人格に於ては如何に深くその神祕が動かされ得るかを誰れか明らめ得よう。我々は唯だ振動が深い程、反應する波は重く、そして結果はいよいよ怪異で、――遂には單一の波動が卽死を來たし、または思想の纎弱な構成を永久に零落させる樣な、それ等の深遠なるところに達するに到ることを知るのみである。

 

 さて如何なる音樂にても、我々のうちなる過去の隱れたる感情を醒まして、愛の情緖に强く訴ふるものは、是非とも死せる快樂と等しく死せる苦痛を呼び起こさざるを得ぬ。抵抗し難いそして無慈悲な神祕によつて意志を征服された苦痛、疑惑の苦悶、競爭の苦艱、非永久性の恐怖、――此等及び多くの他の悲哀の影は、同時に愛の喜びと愛の苦を生じ、永久に誕生より誕生に成長する、その心理的遺傳の調べを作るにも參與したのである。

 かくして小兒が情熱や其の苦痛を知らざるに、なほよくその何れかを談る音樂によつて淚を催すまでに感動もせらる〻ことが起こり得る。知らずして彼はその音樂が無數の消えたる生命の悲哀の影を談ることを感ずる。

 

       

 然しあの熱帶地のメロディによつて醒まされた非常な情緖は以上試みた說明よりも一層性質的の說明を認する樣に私は思つた。慥に音樂が訴へた死せる過去は或る特別の過去であつたに相違ないと私は感じた、或る情緖的記憶の特別の階級または集團に觸れたのだと感じた。然し何の階級か、――何の集團か。暫くの間は私は想像を試みることも出來なかつた。

 然るに久しき後、或る偶然の事が驚くべく明らかに晚歌の記憶を復活した、――そして同時に、默示の如く、そのメロディの全魅力――その一切の悲しさとその一切の快さとは――最上にまた獨得に女性的のものであつたことが確實であるとの思が現はれた。

 新しい悟りが私に現はれると共に私は反省した。『慥に一切の人間のやさしさの原始的根元は永遠の女性であつた……然し如何にして唯だ女性の魂を談るメロディが男性に作曲され、そして男性のうちに此の名狀し難い情緖的記憶の生命を起こすのであらうか』

 その答は直に形を成した、――

 『あらゆる男は幾百萬度も女であつたのだ

 

 疑もなく兩性の何れにも、兩性の感情と記憶の全量が存して居る。然し或る稀なる經驗は時には人格の女性的要素、――卽ち自我の幻の世界の一半にのみ訴へて、他の半分を眠りで光無きに任すことがある。そしてかかる經驗は、私が聽いた晚歌の驚くべきメロディのうちに具體的に存したのであつた。

 あの打震ふ快さは決して男性的で無かつた、あの感情的悲哀は決して男のもので無かつた、――何れも單性的で調べの美の單一の奇蹟のうちに混和して離れぬものであつた、私自らの過去の神祕のうちに遠く反響しつつ、その調の魅力は幾代の眠から無數の埋れた愛を呼び出して、纎弱な群を殘らず或る薄膜の樣な復活の苦痛のうちに羽搏きさせ、――時の夜を通じて流動させ、――ダンテの見た幻の薄明りの中を永久に渦卷きゆく巨萬のものの如くにしたのであつた。

[やぶちゃん注:イタリアの詩人で政治家でもあったダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri 一二六五年~一三二一年)の代表作である「神曲」(La Divina Commedia)で、ダンテが古代ローマの詩人ウェルギリウスとともに地獄と煉獄へ下降してゆくさまを指している。]

 

 彼等は音樂と月と共に消えた、――然し全くもうでは無い。何時でも夢にあのメロディの記憶が還るとき、私は再度死者の長い柔らかい振動を感ずる、――再度私はあの幽靈の樣な笛のククと鳴る音に答へ、あの影の樣なマンドリンの振動に答へつつ、微かな翼が張られて震るふのを感ずる。そして彼等の群居の魔の樣な歡喜が私を目覺ます、然し、何時も私の目覺めると共に快樂は去つて、暗の中に悲哀のみが彷徨する、――名狀し難い――無限なる……!

 

« 小泉八雲 蒼の心理 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 赤い夕日 (岡田哲蔵訳) »