フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 街頭より (落合貞三郎訳) | トップページ | 小泉八雲 京都紀行 (落合貞三郎訳) / その「三」・「四」・「五」 »

2019/11/25

小泉八雲 京都紀行 (落合貞三郎訳) / その「一」・「二」

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“NOTES OF A TRIP TO KYŌTO”)は一八九七(明治三〇)年九月に、ボストンの「ホートン・ミフリン社」(HOUGHTON, MIFFLIN & CO.)から出版された来日後の第四作品集「佛の畠の落穗――極東に於ける手と魂の硏究」(原題は“Gleanings in Buddha-Fields  STUDIES OF HAND AND SOUL IN THE FAR EAST”。「仏国土での落穂拾い――極東に於ける手と魂の研究」)の第三話である。この底本の邦訳では殊更に「第○章」とするが、他の作品集同様、ローマ数字で「Ⅰ」「Ⅱ」……と普通に配しており、この作品集で特にかく邦訳して添えるのは、それぞれが著作動機や時期も全くバラバラなそれを、総て濃密に関連づけさせる(「知られぬ日本の面影」や「神國日本」のように全体が確信犯的な統一企画のもとに書かれたと錯覚される)ような誤解を生むので、やや問題であると私は思う。

 本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社及びクレジット(左ページ)及び目次(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者落合貞三郎については「小泉八雲 街頭より (落合貞三郎訳)」の冒頭注を参照されたい。

 途中に挟まれる注(全く突然に文が切断されて入るのはママである。あまりよい挿入法とは思われない)はポイント落ち字下げであるが、ブラウザでの不具合を考え、行頭まで引き上げ、同ポイントで示し前後を一行空けた。一部の引用は底本では四字下げであるが、同前の理由から一字下げに改めた。本篇は全「八」章節から成る少し長いものなので、分割して示す。]

 

      第三章  京都紀行

 

       

 京都の奠都紀念千百年祭は、この春舉行される筈であつたが、惡疫勃發のため、秋季に延ばされることとなつた。そこで、その祝祭は十月十五日から始つた。軍隊の勳章のやうな、胸に挿すやうにできたニツケル製の小さな記念祭徽章が一個五十錢づつで發賣された。その徽章を帶びたものは、すべて日本の汽車汽船に對する特別賃金や、宮殿庭園神社佛閣の拜觀自由の如き望ましき特權に浴することができた。十月二十三日譯者註、私は一個の徽章を求め、朝の一番汽車で、京都へ旅立つた。二十四日及び二十五日に舉行豫定の、盛大なる時代行列を見ようと熱中せる人々で、汽車は溢れてゐた。立つたま〻の乘客も澤山であつ

 

譯者註 これは明治二十八年のこと。先生は神戶から京都見物に上られたのである。

 

たが、群集はやさしくて、快活であつた。私と同じ車中には、大阪藝妓の祭典に出かけて行くのが幾名かゐた。彼等は退屈まぎらしのため、歌をうたつたり、また彼等の知り合ひの男達と拳を打つたりした。して、彼等のお轉婆の惡戲とをかしげな叫び聲は、一同を面白がらせた。一人の女は非常に珍らしい聲を有つてゐて、雀のやうに囀ることができた。

[やぶちゃん注:「京都の奠都紀念千百年祭」落合氏の示す通り、明治二八(一八九五)年は平安京に都が移って、桓武天皇が大極殿(だいごくでん)で初めて正月の拝賀を受けた延暦一五(七九六)年から千百年目に当っていた。参照した京都市の作成になる『情報提供システム「フィールド・ミュージアム京都」』の「平安遷都千百年紀念祭」によれば、これを記念して企画されたのが、桓武天皇を顕彰する祭典「平安遷都千百年紀念祭」であった。先立つ三年前の明治二十五年五月頃から、京都実業協会が立案し、京都市は参事会から三人、市会から四人の紀念祭委員を選出して、紀念祭開催と「第四回内国勧業博覧会」の誘致に向けて、国に協力を求めた。その結果、有栖川宮(ありすがわのみや)熾仁(たるひと)親王(後に小松宮彰仁親王に交代)を総裁に迎え、会長に近衛篤麿、副会長に佐野常民が就任し、「平安遷都千百年紀念祭協賛会」を設立。国務大臣も関与する国家的な行事となった。まず、平安宮朝堂院正殿である大極殿を模した神殿などが岡崎(現在の左京区)の地に造営され、桓武天皇を奉祀する平安神宮が明治二十八年三月に完成、官幣大社に列せられた。紀念祭は勧業博覧会開催中の四月三十日に明治天皇を迎えて催される予定であったが、諸事情で延期され、十月二十二日から三日間、挙行された。十月二十二日は、延暦一三(七九四)年に桓武天皇が新京平安京に入った日であった、とある。この「諸事情」の内容を調べたが、小泉八雲が言うような「惡疫」流行のためとする記載は見当たらなかった。しかし、気になって調べてみたところ、この明治二十八年にコレラが大流行し、全国で患者五万人、死亡者四万人を超えたという記事を「横浜検疫所」公式サイト内の「横浜検疫所の出来事変遷表」に見出せた。なお、「奠都」(てんと)とは「新たに都をある地に定めること」を言い、「都を遷すこと」を意味する「遷都」とは実際には違う語である。則ち、「奠都」とは古い都とは別に「新たに都につくる」、則ち、元の都も残っていることを含意する語である。例えば、そのため、京都では現在でも、『天皇が東京へ行ったのは「奠都」であって「遷都」ではない』とする見方があるようだ。

「五十錢」明治二十八年の東京での米の小売価格は十キログラム八十銭、大卒初任給は二十円であった。

「十月二十三日」「朝の一番汽車で、京都へ旅立つた」銭本健二氏が担当された小泉八雲の年譜(一九八八年恒文社刊「ラフカディオ・ハーン著作集 第十五巻」所収)によれば(★以下は本篇の内容に基づくものなので、ネタバレの箇所があるから、本篇を読まれた後に改めて見た方がよい★)

   《引用開始》

 十月二十三日(水)、京都遷都千百年祭の見物に行く。御室御所[やぶちゃん注:「おむろごしょ」。仁和寺の別称。]で掛物の展覧会を見、金の許す限り買う。また幼い子供の書を見て感嘆し、遺伝的記憶のことを思う。帰りにレストランで古い手まわし風琴[やぶちゃん注:手回しの箱型オルガン。]を見、古本屋で「アトランティック・マンスリー」一八六〇年版を買って夜店をまわった。そして常宿の日光屋旅館に帰る。[やぶちゃん注:この旅館、どこに所在していたのか不詳。識者の御教授を乞うものである。]

 十月二十四日(木)、時代行列を見て、大極殿にまわる。

 十月二十五日(金)、午前中末慶寺を訪ね、畠山勇子[やぶちゃん注:本篇で後述されるので、そこで注する。]の墓に詣で、神戸に帰る[やぶちゃん注:下略。]。

   《引用終了》

「拳を打つたりした」拳遊(けんあそ)び。二人で手の開閉又は指の屈伸などによって勝負を争う遊戯の一つ。後に、三人以上であったり、手だけでなく体全体を用いたりするものも現れたが、基本的に形によって勝敗を決める遊びで、本来は大人の男が酒宴で同輩や芸妓らと行う遊びであった。詳しくは参照したウィキの「拳遊び」を見られたい。後の「二つ」とか「三つ」というのはその時の合いの手の掛け声であろう。]

 

 何處でも――例へば宿屋で――女達が話し合つてゐるうちに、藝者がまじつてゐる時は、いつでもそれがわかる。何故なら、職業的練習によつて帶びた特殊の音色は、すぐに認めることができるからである。しかしその訓練の驚くべき特質は、眞に職業的の音調が用ひらる〻場合にのみ明白である――それは假聲の音調で、決して人に感動を與へるものではないが、往々不思議にうるはしい。さて、ただ自然の聲で小唄をうたふ街頭の歌ひ手は、淚を催すやうな音調を用ひる。その聲は通常强い中音部である。して、その深い音調は人に感動を與へるものである。藝妓の假聲[やぶちゃん注:「かせい」。「意図的に地声を変えた作り声」或いは「裏声」のこと。]の音調は、大人の聲の自然の高さを越えて、鳥の聲の如く鋭い甲聲(かんごゑ)に昇つて行く。客の一杯に滿ちた宴會場で、太鼓や三味線の音、喋々嬉嬉の聲を凌いで、明白に――

 

    二つ、二つ、二つ

 

と、藝妓が拳を打つときの細いうるはしい聲を聞くことができる。一方――

 

    三つ、三つ、三つ

 

と、その相手の男が絕叫する答は、全く聞こえないことがある。

 

       

 京都へ着いてから最初に旅客の眼を驚かしたのは、祝典裝飾の美麗なことであつた。すべての町には飾光の準備がしてあつた。一軒一軒の家の前には、白木の新しい提燈柱が立てられて、或る適當な意匠を現はせる提燈が吊るしてあつた。またいづれの戶口の上にも、國旗と松の枝があつた。しかし提燈が裝飾の美をなしてゐた。町の區分每に、それが同一の形で、また正しく同一の高さに置いてあつて、萬一の天候を慮つて同一種類の覆ひ物を以て保護してあつた。しかし町を異にするに從つて、提燈は異つてゐた。或る廣い大通では、非常に大きなものであつた。して、小さな木造の天幕で蔽つた町もあつたが、或る町では紙製の日本傘をひろげて、その上方に結びつけてあつた。

 私が到着した日の朝には、行列がなかつたので、私は御室御所といふ帝室の夏の宮殿に於ける掛物の展覽を見て、愉快に二時間を費やした。此春、私が見た專門家の藝術展覽會と異つて、これは主もに學生の作品を陳列したものであつた。して、私はこれが遙かに一層獨創的で、且つ興味多い物と思つた。幾千點の繪畫が大抵三圓乃至五十圓の價格で賣品となつてゐて、財布の許す限り買はずには居られなかつた。明らかに實際その境地で描かれたらしい風景畫があつた。例へば、靄を帶びた秋の田の、垂れた穗の上を蜻蛉が飛んでゐる有樣、深い峽谷の上に眞赤になつてゐる紅葉、朝霧に罩められた[やぶちゃん注:「こめられた」。]巡禮、それから山間の目も眩まんばかりの崖端に立つ百姓の小屋などの光景であつた。また鼠が佛壇の供物を盜まうとするのを、猫が捉へる圖の如き、立派な寫實主義の小品もあつた。

 しかし私は繪畫の說明を以て讀者の忍耐を惱さうといふ考では決してない。私が展覽會見物のことを述べたのは、全く如何なる繪畫よりももつと興味あるものを、そこで見たからである。大玄關に近い處に、和歌をかいた一枚の書幅があつた。これは後に表裝を施して掛物にするので、今は假りに長三尺幅一尺八寸程の板に張つてあつた。これは臨池[やぶちゃん注:「りんち」。書法・書道の意。「墨池」ともいう。後漢の草聖(草書の名人でその書体を一新したことに拠る尊称)張芝(ちょうし)が池に臨んで書を学んでいると、池の水が真っ黒になったという話が、西晋の衛恒の「四体書勢」その他に見え,これから転じたもの。]の技に於ける驚異であつた。普通日本の書家が作品の落款に用ひる朱印の代はりに、私は細い手の赤い痕跡を見た――實際の手に捺印用の朱肉塗つて、巧妙に紙面へ押したのであつた。私はガートン氏が特殊の意義を說いてゐる、あの小さな指紋を識別することができた。

 

譯者註 サー・フランシス・ガートン(一八二二――一九一一年)は、英國の人類學者、且つ氣象學者。また優生學の開拓者で、それから指紋法の創案者である。進化論の發見者ダーウヰンの從弟に當たる。

[やぶちゃん注:イギリスの人類学者で統計学者・探検家にして初期の遺伝学者でもあったフランシス・ゴルトンの事蹟と指紋研究については「小泉八雲 身震ひ (岡田哲蔵訳)」の私の注を参照されたい。]

 

 その書は六歲――西洋風に誕生日から年齡を起算すれば五歲――の子供が、天皇陛下の御前に於て揮毫したものであつた。總理大臣伊藤伯がその奇蹟を見て、その子供を養子にした。だから彼は今では伊藤明瑞といふ名である。

[やぶちゃん注:伊藤明瑞(めいずい 明治二二(一八八九)年~昭和二三(一九四八)年)は日本の書家。本名は宮本正雄門(まさおと)。ウィキの「伊藤明瑞」によれば、『和歌山県和歌山市に生まれる』。明治二四(一八九一)年、二歳で漢学者南海鐵山に入門し、翌年には『元堺県知事に揮毫を披露する。早くから神童・天才書家と呼ばれ、幼くして古典を暗記するなど博覧強記な人物であったという』。五『歳で王羲之の書法を体得し、免許皆伝書を授与され』、明治二八(一八九五)年二月十三日(満六歳になる直前)、未だ五『歳の時明治天皇の御前で腕前を披露し、「日本明瑞」(明治の明と瑞祥の瑞)の名を賜る。後に伊藤博文の書生となり、「伊藤明瑞」を名乗るようになった』。『青年期から没するまで』、『明石市に居住する傍ら、皇族・華族や全国の官公庁・寺院・学校などを回って、実演を披露した』とある。]

 日本人の觀覽者達でさへ、殆ど彼等の肉眼の證據を信ずることができなかつた。大人の書家でもその書に及び得るものは少いだらう。たしかにいかなる西洋の藝術家も、たとひ多年の硏究を以てしても、その兒童が陛下の御前で揮つたのと同じ腕前を見せることは不可能であらう。無論かやうな子供は、ただ千年に一たび生まれることができる――神の靈感を蒙つた書家といふ、支那の古い傳說を實現し、或は殆ど實現したのである。

[やぶちゃん注:書聖と称される王羲之(三〇三年~三六一年)のことか。]

 

 それにしても、私を感動させたのは、作品の美そのものでなくて、その作品が、殆ど前世の思ひ出にひとしいほど鮮明な遺傳的記憶について、怪奇異常、且つ爭ふべからざる證據を與へる點であつた。代々の死んだ書家が、その纎細な手の指のうちに復活してゐた。それは決して眇たる[やぶちゃん注:「べうたる(びょうたる)」。ここは単に「小さな」(幼い)の意。]五歲の兒童一個人の作品ではなく、疑もなく複合的祖先の靈魂となつてゐる無數の亡靈の作品なのだ。それは神道の祖先崇拜の敎義と、佛敎の前世の敎義を二つともに肯定する、心理的並びに生理的不思議の明々白々、實在的な證據であつた。

 

« 小泉八雲 街頭より (落合貞三郎訳) | トップページ | 小泉八雲 京都紀行 (落合貞三郎訳) / その「三」・「四」・「五」 »