フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 美は記憶 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 若さの香 (岡田哲蔵訳) »

2019/11/20

小泉八雲 美のうちの悲哀 (岡田哲蔵訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“Sadness in Beauty”)は一八九八(明治三一)年十二月に、ボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)とロンドンの「サンプソン ・ロウ社」(SAMPSON LOW)から出版された来日後の第五作品集「異國情趣と囘顧」(“EXOTICS AND RETROSPECTIVES”)の第二パート“RETROSPECTIVES”の第三話である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社「リトル・ブラウン社」及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者岡田哲藏氏については『小泉八雲 初の諸印象(岡田哲蔵訳)/作品集「異国情趣と回顧」の「回顧」パート(総て岡田哲藏氏の訳)に入る』の冒頭注を見られたい。

 傍点「ヽ」は太字に代えた。途中に挿入される訳者注はポイント落ちで全体が四字下げであるが、行頭まで引き上げた。]

 

   美のうちの悲哀

 

 美しき物は悲哀を生ずと歌ひし詩人が、美しき物としで舉げたのは音樂、日沒、夜、晴れた空、および透明の水。それ等の悲哀を彼は樂園(パラダイス)の漠たる魂の記憶にて說明せんとした。この說明は甚だ奮式、されどそれは眞理の影を有つ[やぶちゃん注:「もつ」。]。何となれば美感と連想さる〻神祕感はたしかに此世の存在のものならで、多數前生の存在のもの、――故に追憶の悲哀であるから。

[やぶちゃん注:「美しき物は悲哀を生ずと歌ひし詩人が、美しき物としで舉げたのは音樂、日沒、夜 晴れた空、および透明の水」アイルランドのダブリン生まれで、英国国教会大司教・ダブリン大主教となった詩人で言語研究家でもあったリチャード・チェネヴィックス・トレンチ (Richard Chenevix Trench 一八〇七年~一八八六年)の「ソネット」(Sonnet)である。作品集「ソネット集とエレジー集」(“Sonnets and Elegiacs”。死後の一九一〇年刊)所収で、英文サイト「All Poetry」のこちらで読める。冒頭“All beautiful things bring sadness, nor alone”(改行)“Music,……”で始まり、小泉八雲が挙げたアイテムが総て語られてある。]

 別のところで私は何故に音樂の或る性質や日沒の或る光景が悲哀を生ずるか、悲哀以上のものさへも生ずるかを說明せんと試むる。然し夜の印象に就いては、この第十九世紀に於て夜が呼び起こす感情は、美がもち來る悲哀と同列におかるべきかを私は疑ふ。一の驚くべき夜、――例へば熱帶の一夜、――輝き且つ生溫く、熟せるバナナの如く曲りて黃なる新月空に懸かる夜、――それが他の小さき諸〻の感情のうちに、やさしさの感じを吹き込む事がある、然し光景の莊嚴に喚び起こさる〻主もなる情緖は悲哀では無い。天を最高度まで打割りて、晝は面を掩ふ無限が見ゆるために、生死の限りを思ふ現代の想を夜が濶くする[やぶちゃん注:「ひろくする」。]。夜はまた我々の紲[やぶちゃん注:「きづな」或いは「つなぎ」。]の神祕、――卽ちこの小なる憐れな世界へ我等を縛る見られぬ力の記憶を强ゆる[やぶちゃん注:「しゆる」。強いる。]。而してその結果は宇宙感情である、――それは崇高の何れの感覺よりも大で、――一切の他の情緖を溺れしむる、――が、美が起こし來る悲哀とは決して同類でない。昔は夜の情緖は比較し難き程、容量が少かつたに相違無い。天窓をば固定せる穹窿と信ぜし人々は、とても我々が感ずる如く暗の[やぶちゃん注:「やみの」。]洪大なる盛觀を感じ得なかつた。而して我々が『ヨブ記』にある畏懼[やぶちゃん注:「いく」。]すべき星の大疑問譯者註を益〻感嘆するに至るは、科學の進步と共に、かかる疑問が、とてもヨブの心に入ることのなかつた思想と感情の形式に益〻大なる訴へを爲しつづける爲めである。

譚者註 「舊約聖書」ヨブ記第三十八章第三十一、二節「なんぢ昴宿の鏈索を結びうるや、參宿の繋繩を解うるや、なんぢ十二宮をその時にしたがひて引出しうるや。また北斗とその子星を導き得るや」(邦譯)

[やぶちゃん注:「紲」原文は“our tether”。「我々をこの世に縛り付けているもの」の謂いであろう。“tether”には「限界・範囲」の意があり、平井呈一氏は恒文社版「美の中の悲哀」(一九七五年刊「仏の畑の落穂 他」所収)では、ここの前後を、『夜はまた、この世の限界の謎をおもいださせ、――この微小な球形の穢土にわれわれを縛りつけている、目に見えない力を思いださせる。』と訳しておられる。しかし、「限界」では半可通と思われ、そもそもそれでは「our」が妙だ。岡田氏の訳の方がしっくりくる。但し、こんな「紲」なんて漢字は今時、誰も使わんだろうなあ。

 岡田氏が引用しているのは「文語訳舊約聖書」(「大英国聖書会社」・「米国聖書会社」・「北英国聖書会社」の各日本支社の共同事業。明治二二(一八八七)年完成)のそれ。私が偏愛する「ヨブ記」の殆んど終わりの部分(「ヨブ記」は全四十二章)である。こちらで正字正仮名の全篇が読める。整序して読みを振っておく。

   *

なんぢ、昴宿(はうしゆく)の鏈索(くさり)を結びうるや。參宿(しんしゆく)の繋繩(つなぎ)を解(とき)うるや。

なんぢ十二宮(きう)をその時にしたがひて引出(ひきいだ)しうるや。また北斗(ほくと)とその子星(こぼし)を導き得るや。

   *

「ウィキソース」の日本聖書協会(一九五五年)「ヨブ記(口語訳)」の当該節を以下に示す。

   *

あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。

あなたは十二宮をその時にしたがって引き出すことができるか。北斗とその子星を導くことができるか。

   *

誠実であり続けたヨブの神への挑戦に対して、万能のヤハゥエがおぞましくも(私が特異的に「ヨブ記」を愛する理由はヨブが既にしてその神を超えている存在だと大真面目に感じているからである)挑戦して弁論を挑む(?)一節なのである!!!]

 

 然し完全なる日の美より、または自然の最も光榮ある樣式の感興により刺戟さる〻悲哀は別種の事實であつて、別種の說明を要する。其感情は遺傳せるに相違なけれど、――それは祖先以來の苦痛の何等の集積によるのか。曇らぬ空のやさしさ、夏の日の谷の柔らかき綠の眠[やぶちゃん注:「ねむり」。]、日の班點の影の囁く平和、それ等は何故に悲哀の感を催させるか。美的知覺に續く何れかの遺傳せる情緖が何故、喜悅よりは掌ろ幽鬱[やぶちゃん注:ママ。以下同じ。]なのであるか、……私は勿論海を見て、または海に似たる空間を見て、または巨大なる山脈の莊嚴によりて起こさる〻洪大、永續、また力量の感覺には言及せぬ。それは崇高の感情で、――いつも恐怖と關係あるものである。美的悲哀は寧ろ欲望と關係がある。

 

 『凡て美しきものは悲哀を來たらす』とは、多くの一般的提言の如く眞理に近き提言である、然し悲哀とその進化の歷史とは場合に應じて變ぜざるを得ぬ。美しき顏を見て起こる幽鬱は、風景を眺め、音樂を聞き、または詩を讀みて起こるそれと同じきを得ぬ。然し美的悲哀に共通なる或る一の感情要素、――卽ち自然美を見て感ずる幽鬱の謎を解くの助となる感情の一般的の種類が無ければならぬ。かかる共通要素は遺傳せる憧憬、――物を喪ひたりとの漠たる遺傳の感覺、それが相關の諸感情によりて種々に掩影[やぶちゃん注:「えんえい」。はっきりしないこと。形象上に示唆されること。]せられ、また賦性[やぶちゃん注:「ふせい」。生まれつきの性質。アプリオリなそれ。]せられたのであると、私は信ず。此遺傳の異れる諸形式は、異れる美の諸印象によりて覺まされるであらう。人間美の場合に、美的認識は、極めて古き苦痛の遺傳により調節されまた掩影さる〻ことがある、――この苦痛は憧憬の苦痛、無數の忘られたる愛人との別離の苦痛である。色彩、メロデイ、日光または月明の効果の場合には、美感に訴ふる感覺印象は、同樣に種々の祖先以來の苦痛の記憶に訴ふることがあらう。美しき風景を見て感ずる幽欝はたしかに憧憬の幽欝である、――卽ち我々の死者の幾百萬の經驗によりて或るが故に、漠然たると共に容積の大なる悲哀である。

 サリイ曰く、『自然に對する美感の純粹なるものは近代に發達したるものにて――自然の荒涼たる寂漠に對する感情は殆どルソオより古くはあらず』と。蓋し多くの人々は西洋の諸人種に關してこの言は寧ろ强きに過ぐと思ふであらう。――それは極東の諸人種にとりては眞で無い、彼等の藝術と詩とが反對に古き證據を示して居る。然し自然美の愛が文明を通じて發達したること、及び現にその中に含まる〻多くの抽象的感情は頗る近代に起これるものなることを否む進化論者はあるまい。故に美はしき風景を見て我々が覺ゆる悲哀の多くは比較的近代に生長したるものである、但しそれはその情緖に伴なふ美的快樂の高等なる性質の或るものより新しくは無い。私は思ふにそれは主として園壁ある都市の建設と共に人間が自然と離別の苦を忍び之を遺傳したるものであらう。或はそれと共に比較し難き程古き悲哀の或るもの、――例へば夏の過ぎ去るを悲む極めて古き哀感の如きが混

 

譯者註 英國心理学者 James Sully(1842―1923)。ルソオは J.J.Rousseau.

[やぶちゃん注:訳注最後に句点がないのはママ。ジェームス・サリーは児童画の研究で知られる。引用元は捜し得なかった。]

 

じて居るであらう、然しこれと其他流浪の時代より傳へたる感情は、我々が尙ほ我々の魂と呼ぶところのものが秋の大なる漠然たる幽欝を感ずるとき特に甦るのであらう。

 

 智慧を增す世界はまたその悲哀を增すと正に同じく、天高く築ける都市に住む我等は人類の幼稚時代の喜悅、――森、峯、原の昔の自由、山の水の輝[やぶちゃん注:「かがやき」。]、海の息の冷かなる鋭さ、及びその永遠の叙事詩の雷の如き轟、などの喪失を悔ゆ。而して凡てこの忘られて歸らぬ自然に對する文明の悔恨は、風景の美が我々に感ぜしむる大なる柔らかき漠たる、哀のうちに何としてか甦ることがある。

 光景の愛らしさが眼に淚をさそふといへば、一の意味にてはそれは慥に誤である。それは光景の愛らしさではあり得ぬ、――それは我々の心に湧き起こる過去幾代の憧憬である。我々の語る其美は眞の存在を有せず、死者の情緖のみがそれを在るが如く思はせる、――卽ち何れの美感よりも頗る單純でまた古き理由の爲めに自然を愛した男女の既に久しく埋もれる幾百萬人の情緖がさう思はせる。生命の家の窓に彼等死者の幻影は群り來ること、恰も囚人が彼等の鐡窓の外なる輝く空、飛ぶ鳥、自由なる丘、閃く流を見んとして集まる如くである。彼等は舊時の彼等の望を見る、――世界の廣き光と空間、蒼穹の風に吹かる淸美、曠野の百態の綠、遙かに見る山頂の精靈の約束を見る。彼等は幸なる羽翼あるものの空を切る音、蟬や鳥の合唱、水の波打ち笑ふ聲、風そよぐ木葉の低調を聞く。彼等は季節の香を知る、――すべての樹液の鋭き甘き香、花と果との香も。彼等は生ける空氣の刺激を感ず、――大なる靑き精靈の身震ひも。

 されど凡てこれは彼等の再生の隔障と被幕とを通じ、望無き追放者には家鄕の夢として、――荒廢の老齡には幼時の幸福の夢として、盲者には記憶に殘る視覺の夢としてのみ、彼等に來る。

 

« 小泉八雲 美は記憶 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 若さの香 (岡田哲蔵訳) »