フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 禪の一問 (田部隆次訳) | トップページ | 小泉八雲 死者の文學 (大谷定信訳) / 「二」 »

2019/11/15

小泉八雲 死者の文學 (大谷定信訳) / 「一」

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“The Literature of the Dead”。確かに「死者の文学」としか訳しようはないが、内実は――「本邦の仏教徒の死者に纏わる墓誌銘・供養塔・供養具等に表われたる文字(列)の意義に就いての研究」――とでも言うべき内容である)は一八九八(明治三一)年十二月に、ボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)とロンドンの「サンプソン ・ロウ社」(SAMPSON LOW)から出版された来日後の第五作品集「異國情趣と囘顧」(“EXOTICS AND RETROSPECTIVES”)の第一パート“EXOTICS”の四番目に配された一篇である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社「リトル・ブラウン社」及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者大谷正信氏については、「小泉八雲 燒津にて 大谷正信譯」の私の冒頭注を参照されたい。

 標題の添え辞はポイント落ちであるが、同ポイントとした。傍点「ヽ」は太字に、傍点「○」は太字下線に代えた。大谷氏の癖で、私はかなり違和感があるのであるが、本文の文の途中を、突然、切断して原注を挿入する部分や、引用を入れた箇所がある。そこでは底本ではポイント落ちで全体が三字(引用)・四字下げとなっていたりするのだが、ブラウザの不具合を考えて、行頭に引き上げ、本文と同ポイントとし、前後を一行空けて示した。ただそれらが本篇では異様に混じりあって、本文との区別がつかなくなるので、今回は特異的に小泉八雲の注したものについては【原注】を、訳者のそれには【訳者注】という私の配した柱を頭に附して明瞭に示すこととした。一部で「!」「?」の後に字空けがないのを特異的に補った。

 全五章と長いので分割公開とする。また、底本には写真が一切ないが、上記の“Internet Archive”にある原本画像(冒頭に語られる「瘤寺(こぶでら)」の門や境内を写したもの)の三葉を総て使用し、適切と思われる位置に挿入、その英文キャプションをそこで訳して注しておいた。

 因みに底本の大谷氏の「あとがき」には、

   *

 『死者の文學』は譯者が明治三十年七八兩月に亘つて蒐集した材料を使用して物されたのである。當時その材料を書留めるのに使用した雜記帳が不思議にも殘つてゐたので、文中引用の經語及び戒名は、それに參照して、多くは苦も無く復譯が出來たが、中に原著者が餘りに自由譯にした爲め、これがそれと突とめかねるのが一二あるのは遺憾である。
 序に原著者の戒名は正覺院淨華八雲居士であることを附記してよからう。

   *

と記しておられるのをここに附記してよかろうと思う。]

 

 

   死 者 の 文 學

 

    死んだればこそ生きたれ ――佛敎の諺

 

       

 自分の住宅の後ろに、だが樹木の非常に高い帷(とばり)の爲め眼界から隱されて、墓地がそれに附屬して居る佛寺が一宇ある。その墓地そのものは幾世紀を經た松林のうちに在る。そしてその寺は寂寞たる古雅な大きな庭にあるのである。その宗敎上の名は自證院である。が、その寺は生地その儘の材木で形が美しいか珍らしいかでそれを擇んで、ただ其枝と皮とを除(と)つただけで建築師に使はせた、ヒノキの大きな丸太で――建つて居るが爲め、『節のある(ナールド)』[やぶちゃん注:“Gnarled”。音写は頭の「g」音がなく、「ノールド」で「節くれ立った・瘤(こぶ)のある」。]卽ち『瘤のある(ノビイ)』[やぶちゃん注:“Knobby”。音写は頭の「k」音がなく、「ノビィ」で意味も前のそれと同義。]寺といふ意味の、『コブデラ』と人は呼んで居る。が、斯んな瘤があり、節(ふし)がある材木は貴重である。非常に堅いまた一番長持ちのするもので、――日本の室内の美しい床(とこ)や極上な部分は、それに似た種類の材木で仕上げがしてある事實からして忖度し得らる〻やうに、普通の建築材料より遙か高價である。瘤寺を建築することは王侯ならでは叶はぬ事業であつた。また、歷史的事實して、或る王侯が、家族的禮拜場として、それを建てたのであつた。建築者は二樣の設計を提出したところ、生地その儘の材木の方が廉くかからうといふ無邪氣な考で、そのうちより風變りな設計の方を擇んだ、といふ疑はしい傳說がある。が、この寺がその存在を思ひ違ひに負うて居るか、さうで無いかは措いて、瘤寺は依然として日本の最も趣味ある寺院の一つたるを失はぬ。世間の人は、今は殆どその存在を忘れて居る。――が、それは家光時代には有名なものであつた。しかもその自證院といふ名は、其偉大な將軍の夫人[やぶちゃん注:「將軍」は藩主の誤り。後注参照。]の一人のカイミヤウから採つたもので、其素晴らしく見事な墓を、其墓地に見る事が出來るのである。明治前には、此寺は林と田畠との間に孤立して居た。が、市は、嘗てはそれを俗世間と隔離させてゐた綠の空地をば今は大半呑み盡くして、其門の眞前へ醜陋極まる新しい街路を推し出して來て居る。

[やぶちゃん注:このロケーションについては、後の作品集「怪談」に載る「小泉八雲 蟲の硏究 蚊  (大谷正信訳)」の私の「自分の庭の後ろのお寺」注で検証した。本作品集の執筆当時、小泉八雲が住んでいたのは、旧市谷富久町である。「新宿観光振興協会」公式サイト内の「小泉八雲旧居跡」によれば、小泉八雲は明治二九(一八九六)年に『日本に帰化し』、『同年、東京帝国大学(東京大学)で英語・英文学を講ずることなって上京。この地に、約』五『年間住み』、『樹木の多い自証院一帯の風景を好んだ八雲は、あたりの開発が進んで住宅が多くなると、西大久保に転居し』たとある。東京都新宿区富久町に自證院(グーグル・マップ・データ。以下注記なしは同じ)はあり、現在の「小泉八雲旧居跡」の碑(成女学園内)はそこから北北東に百三十二メートルであるが、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」でそこを見ると、一八九六年から一九〇九年のそれでは、小泉八雲旧居のすぐ西北方に、自證院(字が潰れているが)の敷地が広がっていることが判る。「瘤寺」は現在の新宿区富久町(とみひさちょう)にあるその天台宗鎮護山圓融寺自證院の通称であり、小泉八雲旧居の北西直近で、八雲が好んで散策した寺でもある。いつもお世話になる松長哲聖氏のサイト「猫の足あと」の同寺の解説によれば、『自證院の創建年代等は不詳ながら、日蓮宗法常寺と号していた』。『尾張藩主徳川光友の夫人千代姫の母(自證院殿光山暁桂大姉)』『が当寺に葬送されたことから』、寛永一七(一六四〇)年、『本理山自証寺と改めて』、『日須上人が開山』したが、寛文五(一六五五)年の『日蓮宗不受不施派の禁令により、天台宗に改め、輪王寺の院室と成ったと』される。『江戸時代には寺領』二百『石の御朱印状を拝領していた他、伽藍は節目の多い材木を使用していたことから』、「ふし寺」「瘤寺」と『呼ばれてい』たとあり、また『新宿区の文化財史跡ガイドブックによる自證院の縁起』の条には、『古くは桜の名所であったという。また』、寛政一二(一八〇〇)年に、『尾張藩の寄進により建立された堂塔の用材が』、『良否を問わず』、檜の『節目が多いものを用いたため』、『「ふし寺」「瘤寺」とも呼ばれた』とし、さらに、『明治時代末期、この付近に住んでいた文学者小泉八雲が自証院の風致を好んだが、杉の木を切り倒す音を聞いて、杉の木がかわいそうでいたたまれなくなって転居した話は有名である』とあった(太字は私が施した)。]

 

Gate

[やぶちゃん注:英文キャプションは

GATE OF KOBUDERA

で「瘤寺の門」。]

 

 此門は――瓦葺の、反(そ)つた支那風の屋根のある、瘤丸太で出來てゐる建築物は――其寺その物の奇妙な樣式(スタイル)へのふさはしい前置きである。門屋根の、どつちもの破風の端から、三本の角(つの)の下に口を開けて居る鬼の頭が、參詣者を見下ろして居る。境内は、祈禱の時間を除いては、全く綠の靜寂である。子供は――恐らくはその寺が私有の寺だから――その

 

【原注】註 この姿の物は、實は手の込んだ瓦なので、「オニカハラ」卽ち「鬼瓦」と呼ばれて居る。鬼の顏がどうしていつも佛寺の門口の上に置いてあるのか、と當然質問があるであらう。それは本來は、佛敎の意味での鬼を現はす積りでは無く、鬼を逐ひ拂ふのがその任務たる守護神を現はす積りであつたのである。鬼瓦は支那からか朝鮮からか――多分朝鮮からであらう――日本へ輸入されたものである。それは、日本での最初の屋根瓦は、かの新信仰を朝鮮の僧が輸入してから間も無く、そして日本佛敎の開祖であり擁護者であつた皇子、聖德太子の指揮の下に、製造された、と書物に書いてあるからである。大和の小泉村で燒いた、――が、そのうちに斯んな異常な恰好のものがあつたかどうかは書いてない。が、次記のことは注意する價値がゐゐ。朝鮮では今日なほ、恐ろしい顏が家の戶の上に――王宮の諸門にすら――描いてあるのを見ることが出來る。そして、ただ惡魔を嚇かして逐ひ拂ふ積りのその物が、鬼瓦の眞の起原になつたのでは無からうか。そんな瓦を初めて見た時、その顏が佛敎の鬼に因襲的に與へられて居る顏に似て居る爲めに、日本人がそれを鬼瓦と呼んだのである。そしてその來歷が忘れられて居る今、それは守護の鬼神を現はして居るのだ、と普通に想像されて居るのである。この想像には、佛敎の信仰に悖る所は少しも無い。――善な鬼神の傳說が澤山あるからである。その上、永遠の神聖な理法では、極惡な鬼といへども、最後には佛陀にならなければならぬからである。

[やぶちゃん注:ウィキの「鬼瓦」によれば、その『ルーツはパルミラ』(シリア中央部のホムス県タドモルにあるローマ帝国支配時の都市。現在は遺跡が残る)『にて入口の上にメドゥーサを厄除けとして設置していた文化(ゴルゴネイオン)』(古代ギリシアのペンダントを起源とするゴルゴン三姉妹の首をかたどった厄除けの絵や彫刻)『がシルクロード経由で』『中国に伝来し、日本では奈良時代に唐文化を積極的に取り入れだした頃、急速に全国に普及した。寺院は勿論、一般家屋など比較的古い和式建築に多く見られるが、平成期以降に建てられた建築物には見られることが少なくなった』とする。]

 

庭では遊ばぬ。地面は、その上の種々な灌木の極めで鮮かな葉も、對照の爲め黑ずんで見える程に、如何にも暖かい色の、厚い美しい苔で、到る處蔽はれて居る。そして、壁の土臺も、紀念碑の臺石も、鐘樓の石垣も、古い井戶の石疊も、同じ輝かしい苔で掩はれて居る。楓と松と杉とが、寺の正面を見えぬやう隱して居る。若し諸君が秋に參詣されるなら、庭中がモクセイの花の甘い濃い香に充たされて居ることを知られるであらう。この奇異な

 

【原注】註 學名オスマンサス・フラグランス。濃厚な香の花を咲かせる植物は日本には甚だ少いが、これはその一つである。

[やぶちゃん注:シソ目モクセイ科オリーブ連モクセイ属モクセイ Osmanthus fragrans。花期は九~十月で雌雄異株。花は葉腋に束生する。花柄は長さ五ミリから一センチメートルで、花冠は白色で深く四裂し、その径りは約四ミリメートルになる。雄蘂は二本。花に香気があるが、変種であるキンモクセイ(Osmanthus fragrans var. aurantiacus)ほどは強くない。]

 

寺を見てから、庭の西側にある黑門を通つて、その墓地へ入る價値がある、と諸君は思はれるであらう。

 

 自分はこの墓地を徘徊するのが好きである――一つには、その巨大な樹木の薄明りのうちに、且つまたそのあたりに寄つて居る幾世紀來の靜寂のうちに、人は市街とその擾亂とを忘れて、ただ空間と時間について夢見ることが出來るからでもあるが――それよりも、其處が美に充ちて、偉大な信仰の詩趣に充ちて居るからである。佛敎にはその宗派每にその敎義があり、禮式があり、形式がある。そしてそんなものの特性が、その埋葬地の物の像や碑銘に反映されて居る――だから、經驗のある眼には、天台の墓場を眞言の墓場と、禪の墓場を日蓮宗派に屬するものと、直ぐに見分けることが出來るのである。ところが瘤寺では、佛敎の數派に特有な碑銘や彫刻を、同時に硏究することが出來る。創立は法華卽ち日蓮の式であつたが、然し此寺は數代のうちに他の諸宗の管轄となつて――最後には天台になつた。――だからその墓地は今、種々な信仰の、徽號竝びに碑銘の形式の、頗る頗る興味ある混合を提供して居るのである。自分が、東洋の或る友の辛抱强い敎示の下に、死者の佛敎文學に就いて或る物を初めて學んだのは、此處でであつた。

 

 苟も美を感じ得る人ならば誰れも――いつからとは知れぬ古い樹木があり、極めて奇妙な恰好に刈り込んだ灌木の常綠な迷路かあり、絨氈のやうに軟い苔の蒸した小徑があり、珍奇ではあるが疑も無く藝術的な記念物がある――佛敎の古い墓地の魅力を自認する事を否み得まい。そして、初めて見た時でも、この藝術の或る物を理解するのに、佛敎の大した知識は少しも必要では無いのである。諸君は、墓や水容(みづいれ)に蓮が彫つてあるを認めるであらう、そして墓石の模樣に八瓣の蓮華がある事を――假令(よし)やその八瓣は八智の象徵である事を知らぬにしても――必らず認めるであらう。諸君は、法輪を象どつたマンジ卽ち卍字を――それと大乘哲學との關係は知らずとも――認めるであらう。諸君は恐らくまた、或る佛陀の像を――その姿勢或は表號の、神祕的忘我(イクスタシー)に關し或は六通力の表現に關しての意義は、知つてゐないにしても――認めることが出來るであらう。そして諸君は、お供物(そなへもの)の――墓の前に捧げである香(かう))と花、死者の爲めに濺ぐ[やぶちゃん注:「そそぐ」。]水の――素樸な動情力(ペーソス)[やぶちゃん注:“pathos”。情動力・情念。]――假令(よし)やその祭祀をさせる信仰のより深い動情力を察する事が出來ぬとも――感動されることであらう。が、佛敎哲學者であると同時に優れた漢學者で無ければ、この大宗敎についての書物での知識は、謎に充ちて居る世界に、諸君を依然手緣り無いものにして置くことてあらう。あの稀代な文言は――御影石の墓に彫り込んである、或は、ソトバの滑らかな木の上に麗はしい筆で書いてある、あの絕妙な漢字での經句は――ただ尋常ならざる才能を有つた解釋者にだけ、その神祕を洩らすであらう。そしてその文言の姿に親しめば親しむほど――その文字譯は、大多數の場合、全く何物をも意味しない! と知つた後は殊に――その神祕が一層多く我々をじらせる。

[やぶちゃん注:「八智」苦・集(じゅう)・滅・道の四諦(したい)を見通して煩悩を断ち、聖者の仲間(見道位(けんどうい))に入ったものが得るとする八種の完全なる「無漏智(むろち)」。苦法智(くほっち)・苦類智・集法智(しゅうほっち)・集類智・滅法智(めっぽっち)・滅類智・道法智(どうほっち)・道類智を指す。そこに至ることは永遠に私にはないから、それぞれを調べる気にはならない。悪しからず。

「卍」サンスクリットでは「スバスティカ」と言い、もとはビシュヌ神の胸の旋毛に起源し、「瑞兆」の相。ヒンドゥー教や仏教では「陽光」の、また、仏教では「仏心」そのものを表わすとされる。

「六通力」仏・菩薩などが持つとされる六種の超人的能力。神足通(じんそくつう:機に応じて自在に身を現わし、思うままに時空間を飛行し得るといった能力)・天耳通(てんにつう:人には聞こえない遠くの音を聞いたりする超人的な聴力)・他心通(たしんつう:他人の心を知る力)・宿命通(しゅくみょうつう:自分の過去世を知る力)・天眼通(てんげんつう:死生智(ししょうち)とも言い、一切衆生の過去世を知る力)・漏尽通(ろじんつう:自分の煩悩が尽きて、今生を最後として生まれ変わることはなくなったことを知る力)を指すと、ウィキの「六神通」(ろくじんずう・ろくじんつう)にある。]

 

 どんな奇異な思想が、斯く記錄されてしかも隱蔽されて居るのであらうか。その思想は、その思想を代表して居る文字ほどに、複雜であり微妙であるのであるか。その上、その文字の如くに、――別な惑星の言語かと思はせるやうな、夢想だも出來ぬ、驚くべき美を有つたその文字の如くに――美しいのであるか。

 

« 小泉八雲 禪の一問 (田部隆次訳) | トップページ | 小泉八雲 死者の文學 (大谷定信訳) / 「二」 »