フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 赤い夕日 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 夕暗の認識 (岡田哲蔵訳) »

2019/11/21

小泉八雲 身震ひ (岡田哲蔵訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“Frisson”。「フリィッソン」。「恐怖・歓喜・興奮などに伴う身震い」・「戦慄」・「スリル」の意。綴りと発音から判る通り、もともとフランス語である)は一八九八(明治三一)年十二月に、ボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)とロンドンの「サンプソン ・ロウ社」(SAMPSON LOW)から出版された来日後の第五作品集「異國情趣と囘顧」(“EXOTICS AND RETROSPECTIVES”)の第二パート“RETROSPECTIVES”の第八話である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社「リトル・ブラウン社」及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者岡田哲藏氏については『小泉八雲 初の諸印象(岡田哲蔵訳)/作品集「異国情趣と回顧」の「回顧」パート(総て岡田哲藏氏の訳)に入る』の冒頭注を見られたい。

 傍点「ヽ」は太字に代えた。途中に挿入される訳者注はポイント落ちで全体が四字下げであるが、行頭まで引き上げた。]

 

   身震ひ

 人間に鯛れられていまだ嘗て身震ぴむ成じたことの無い人々もあるかもしれぬが、たしかに少數である。我々の多くはずつと幼い頃に身體の接觸に不思議な差別のあることを覺えて居る、――或る人が撫でさするのは柔らかで、他の人のは苛立たせる、その結果として我々は種々の不道理な好き嫌ひを定める。靑年の成熟と共に我々はこれ等の區別を層一層と鋭く感ずると思はれる、――つひに運命の日が來て、そのとき我々は或る女性の接觸は悅びのいふに云はれぬ身震ひを通はせ、――それを我々は玄妙や超自然の理論で說明せんと試みる程の魔術をかけることを覺るのである。老年はこれ等の靑年の魔法的空想を笑ふこともあらう、然し多くの科學あるに係らず、戀人の想像は幻滅を見た人の智慧よりも、恐らく眞理に近からう。

[やぶちゃん注:最後の一文、

Age may smile at these magical fancies of youth; and nevertheless, in spite of much science, the imagination of the lover is probably nearer to truth than is the wisdom of the disillusioned.

は確かに逐語訳なら、そうだ。しかし、これ、朗読されたものを一聴し、即座にすんなり日本語として受け入れられる一般的日本人はそう多くあるまい。平井呈一氏は恒文社版(「「仏の畑の落穂 他」(一九七五年刊)所収の「身震い」)で、

   《引用開始》

老人は、とかくこうした若人たちの神秘的な空想を笑うかもしれないが、しかしいくら科学が氾濫しても、恋人の想像力というものは、幻滅をした老人の知恵よりも、おそらく真理に近いものだろう。

   《引用終了》

と、総ての日本語に音楽記号の「スラー」を附したように躓かずに素敵に訳しておられる。私が、『小泉八雲 初の諸印象 (岡田哲蔵訳)』の注で掟破りに岡田氏の訳を批判した通り、「一部は学術論文のように訳されてあり、決して文学として訳されていない嫌いがある」と言った意味がお分かりいただけるものと存ずる。本作のパート標題は「回顧・回想・追懐」という、天馬空を翔くるが如き自由自在な、生死や霊魂やを含めた、博物学的な小泉八雲自身の体験に基づく観想のエッセイの謂いなのであって、その十篇の一篇たりとも、心理学や哲学のインク臭い論文なんぞでは、ないのである。]

 我々は成人の生活に於てかかる經驗に就いて頗る眞面目に考へることは稀である。我々はそれ等の經驗を否定はせぬ、然し我々は神經の特異質と、それ等を認めることに傾く。我々は男子または女子と、日常握手する行爲に於てすら、心理學が說明の出來ぬ感覺を受けることのあることを殆ど注意せぬ。

 私は多くの手の接觸、――それぞれの握手の質、起こされら身體的同感又は反感の感覺を覺えて居る。いかにも私は幾千の握手を忘れて居る、――それは多分、それ等の接觸が特に何物をも私に語らなかつた爲めであらう、然し强い經驗は十分に思ひ出せる。それ等の快い、または不快な性質は全く道德的關係から離れて居たことは度々であることを私は知つた、然し私の思ひ出し得る最も法外の場合――(詩人、軍人、避難民の如き最も不思議の經歷を有つた不思議に魅惑的な人格)――に道德的及び身體的の魅力は等しく有力で且つ等しく稀有である。或る人の力に魅せられた多くの人々の一人が私に云うた、『何時でも私が彼の人と握手する時に、夏の光の樣に、暖かい衝動が私の全身に傳はるを覺える』と。現在の瞬間に於てすら、私は彼の死せる手を思へば、その手が二十年の間と數千里の距たりを越えて私に差し出される樣に感ずる。それでそれはヽヽヽを殺した手であつた。

[やぶちゃん注:末文の原文は“Yet it was a hand that had killed....”で「しかも、それは、人を殺したことのある手なのであった……」である。]

 

 これ等は、外の記憶と反省と共に私に來た、それはベイン氏[やぶちゃん注:後に訳者注有り。]が嘗て人間の皮膚の接觸によつて與へられた快樂の身震ひを進化的に說明したものの批評を私が讀んだ後であつた。この批評家は何故に約九十八度の溫度にせられた繻子[やぶちゃん注:「しゆす(しゅす)」。繻子織(しゅすおり)。経(たて)糸・緯(よこ)糸それぞれ五本以上から構成され、経・緯どちらかの糸の浮きが非常に少なく、経糸又は緯糸のみが表に表れているように見える織り方。密度が高く、地は厚いが、柔軟性に長け、光沢が強い。但し、摩擦や引っ掻きには弱い。]のクツシヨンは同じ身震ひを與へぬかと問うた、そして此質問は穩當で無いと私は思つた、何故なれば批評されたその文句のうちに、ベイン氏は十分に理由を暗示したからである。彼はその身震ひは暖かさと柔らかさの何れの種類に因つてでも與へらる〻のではなく、唯だ特殊[やぶちゃん注:底本では二字に傍点「ヽ」があるものの「特 」で下の字が脱字してしまっている。原文は“peculiar”(ピキュリァ)で、辞書では「不快な感じに妙な・変な・異常な」・「気の狂った」・「特定の対象にのみ属する意味での特有の・固有の」であるから、岡田氏は「特別」としたのかも知れぬが、平井呈一氏の恒文社版の訳に従った。]の暖かさと柔らかさによりてのみ與へらると云ふつもりであつたと思へば、――彼はそのつもりであつたに相違ない樣に、――彼の解釋は嘲笑を以て爭はるべきものでは無い。約九十八度[やぶちゃん注:原文は“98°”であるが、これは華氏。摂氏で約三十六・七度弱。ヒトの体温。]の溫度にされた繻子のクツシヨンはベイン氏が意味したより餘程單純な理由で人間の皮膚の接觸によつて與へらる〻と同樣の感覺を與ふる事は出來ぬ、――それは實質に於て、組織に於て、またそれが生きて居らず、死して居るといふ全く重要な事實に於て、人間の皮膚と全然異つて居る爲めである。勿論暖かさと柔らかさだけでは、ベイン氏が考へた快樂の身震ひを起こすに足らぬ、容易に想像し得る狀況に於て、此二つが反對の或るものを生ずる事もある。滑らかさは柔らかさ又は暖かさが有つと殆ど同じ程に接觸の快感との關係を有つ、然し濕つたろ又は餘り乾いて居る滑らかさは不快であり得る。また人間の皮膚でも冷たい滑らかさは暖かい滑らかさより一層快いものであらう。然しもつと劣等の生命の形に共通な冷たい滑らかさで戰慄を起こさせるものもある。例として手の接觸を快くするそれ等の性質は何であらうとも、それ等は恐らく多くのものの結合から成り、それ等はたしかに生きて居る接觸に特有のものである。暖かさと滑らかさと柔らかさを如何に人工的に結合しても、人間の接觸が與へる樣な快樂と同じ性質のものを起こすことは出來まい、――たとへ、ベイン氏以外の心理學者が云へる如く、快樂のもつと微かな一種を起こす事ありとしても。

 

譯者註 ベイン氏はスコツトランドの心理學者 Alcxander Bain18181903

[やぶちゃん注:イギリスの心理学者で哲学者・言語学者でもあったアレクサンダー・ベイン(Alexander Bain 一八一八年~一九〇三年)。アバディーン大学卒業後、J. S.ミルらと交友関係を結んだ。一八六〇年から一八八〇年まで同大学教授。心理学的には連想心理学の立場に立ち、倫理学的にはミルの功利主義に近い立場に立った。一八七六年に哲学誌“Mind”(「心」)を弟子のロバートソンとともに発刊した。また、スコットランドの教育制度の改革にも貢献した(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。本書刊行時(明治三一(一八九八)年十二月)は存命している。]

 

 特別の感覺は特別の條件によりてのみ說明される。或る哲學者はこの快い身震ひを生ずる條件を主として主觀的と說明せんとし、他の哲學者は主として客觀的と見る。何れの說も眞理を有つことは眞實でありさうでは無いか、――身體的の原因は特別の接觸に附隨する、定義し得る又は定義し得ぬ、或る性質に求めねばならぬこと、及びそれと同時に起こる情的現象の原因は、個人ので無くて、種族の經驗に求めらるべきこともまたさうではあるまいか。

 

 二つの觸れ得べきもの、――草の葉二枚、水二滴、砂二粒、――にして全く同じものの無きを思へば、一人の接觸が或る他の人の接觸によりて生ずる何れの感覺とも異る感覺を與ふる力を有つことは信じ難いとは思はれぬ筈である。かかる差別が測定し難く、また性質を明らかにし難いといふ理由で、それを不必要また薄弱なものとすら必らずしも考へ難い。此世界に於ける人類の幾億人の聲のうちに全然同じ二つの聲は無い、――然し妻または母、子または戀人たるものの耳と心とにとりて、億萬の聲の間に存する、云ふに云はれぬ精妙な差別が如何に多く意義あることぞ。思想に於てかかる差別は特徵を示しがたく、況んや言語に於ては尙ほ現はし難い、然しこの事實と、その莫大な關係的重要性とをよく知らぬものが何處にあらう。

 何れか二人の皮膚が全然同じことは可能で無い。肉眼にすら知覺し得る個々の差異がある、――ゴールトン氏[やぶちゃん注:後に訳者注有り。]は何れの二人の指紋も、同じに見えぬことを我々に敎へたではないか。然し肉眼なり、また顯微鏡下に於てのみなり、それに見ゆる差別に加ふるに、身體の强さ、神經及び腺の活動、生體組織の化學的成分に因る他の性質上の差別があるに相違無い。觸覺が果たしてかかる差別を識別するに足るほど精妙な或覺であるや否やは、精神物理學が決定すべき問題、――單に感覺の量のみならず質の問題である。我々が耳によりて百萬の聲の質的差別を區別し得る如く、觸覺によりても殆ど同じく、精妙な表面の質的差別を區別し得ると想像することは、未だ恐らくは正當ではあるまい。然し聲の或る質によりて我我に起こさる〻快感の刺激は、時には手の接觸によりて與へらる〻身震ひとよく似たることはここに注意するの價がある。生きた皮膚の特性に我々が人を魅する聲と呼ぶところのものの名狀し難い魅力と殆ど同じく、獨得的に人を惹きつける或る者が認めらる〻ことは可能ではあるまいか。

 

譯者註 ゴールトンは英國の人類學者 Sir Francis Galton 18221911)にて遺傳硏究の名著あり、優生學の創始者となる。

[やぶちゃん注:イギリスの人類学者で統計学者・探検家にして初期の遺伝学者でもあったフランシス・ゴルトン(Sir Francis Galton 一八二二年~一九一一年)。母方の祖父は医者・博物学者のエラズマス・ダーウィンで、進化論で知られるチャールズ・ダーウィンは従兄に当たる。ウィキの「フランシス・ゴルトン」によれば、『ダーウィンの進化論の影響を受け、心的遺伝への興味から出発し、人間能力の研究、優生学(eugenics)、相関研究を含む統計的研究法を発達させ、今日の個人』『心理学の基礎をつくった』。彼は、一八八三年に「優生学」という『言葉を初めて用いたことで知られている』。一八六九年の著書「遺伝的天才」(Hereditary Genius)の中で『彼は人の才能がほぼ遺伝によって受け継がれるものであると主張した。そして家畜の品種改良と同じように、人間にも人為選択を適用すればより良い社会ができると論じた。当時のイギリスでは産業革命からしばらく過ぎ、社会主義思想の広まりとともに労働者の環境も改善されつつあったが、ゴルトンは社会の発展のためには』、『環境の改善よりも生物学的な改良が有意義だと信じていた』。『統計学における貢献としては、平均への回帰と呼ばれる現象についての記述を初めて行ったことや、相関係数の概念の提唱などが挙げられる』。『ゴルトンは』ヴィルヘルム・マクシミリアン・ヴント(Wilhelm Maximilian Wundt 一八三二年~一九二〇年:ドイツの生理学者・哲学者・心理学者。「実験心理学の父」と称される)『同様』、『内観に優れた人物で、心像(image)の研究は有名である』。一八七五年には、『ダーウィンのパンゲン説をウサギの輸血実験から確かめようとし、パンゲン説を否定してスタープ説を提唱した。これは獲得形質が遺伝しないことを主張した初期の研究である。指紋についての論文の発表や本の出版も行っており、指紋を利用して犯罪者の特定を行う捜査方法の確立にも貢献している』(下線太字は私が附した)。『「祈り」の効果を科学的に検証しようと試み、毎週国民から健康を祈願されている英国王族も、ほかの裕福な貴族と平均寿命は変わらないことを発見した。他にも気象の研究など、幅広い分野で研究を残している』とある。]

 

 恐らくそれは不可能であるまい。然し身震ひそのものの性質に於てそれを起こす接觸の魅力は、滑らかさ、暖かさ、柔らかさの如き身體的結合よりももつと深く生命的な或る物、――ベイン氏が示した如く、電氣的又は磁氣的の或る物に基づくならんとの暗示がある。人間電氣といふものは窓想では無い、すべて生ける體は――、植物でも、――或る度まで電氣的である、そしていかなる二つの有機體の電氣的條件も全然同一ではあるまい。身震ひは一面にそれ等の條件の或る個々の特性によりて說明されやうか。精妙な神經系統によつて認めらるべき接觸の電氣的差別、――百萬の聲の各〻が凡ての他の聲と區別さる〻音色の無限小の差異と同じ程に精妙なる差別、があるのではあるまいか。

 例へば或る特別の婦人、が極めて少しく觸れても、それが他のもつと美しい婦人の愛撫に毫しも[やぶちゃん注:「すこしも」。]動かされぬ男に、快感の衝動を起こす事實の說明の爲めにかかる理論が呈出され得る。然しそれは何故に同一の接觸が或る人には歡喜を生じ、他の人には何の影響も無いかの理由を說明し得ぬ。いかなる純然身體的の理論も身震ひの神祕の全體を說明し得ぬ。もつと深い說明の要がある、――そして私は『初見の戀』の現象で、その一の說明が暗示されると想像する。

[やぶちゃん注:「初見の戀」“love at first sight”。言わずもがなだが、「一目惚れ」だ。正直、「解体新書」の初訳を読んでいるのかなという錯覚にさえ私は陥る。]

 初見の戀を起こさせる女の力は、通常の目に見ゆる或る牽引力に因らぬ。それは一部は唯だ或る目のみが見得る客觀的の或る物に因る、そしてまた一部は何れの人間も見得ぬもの、――情熱の主格の心理的組織に因る。何人も初戀の謎の全體を細かく說明すると稱し難い。然し一般的說明は進化論哲學によつて暗示さる〻、――卽ち、牽引力は女の力の特別の性質に對する遺傳せられたる個人の感受性に基因し、そしてそれは主觀的には超個人的なる認識の一種を表示する、――通例に『感情的類同』といはる〻遺傳せられたる複合記憶が急に目覺めるのである。たしかに初戀は進化的に說明し得べしとすれば、それは愛する人は凡ての外の女と異る或る物を愛せらる人に認めることの意である、――卽ち彼のうちにある遺傳的理想に應ずる或る物が、以前には潜在したるが、急にその視覺印象の結果によつて照らされて明らかになつたのを認めたのである。

 我々の外の感覺も、それほど深くはあるまいが、視覺と同じ樣に埋もれた過去に達するメロディの單調子、一の聲の快さ――その何れもが祖先以來の記憶の測り知られぬ眠のうちに何といふ測り知られぬ身震ひを起こすのであらう。また、魅力ある、然し定義しがたい――空氣中の或る香が、或る稀な輝きの日に我々にあの云ふにいはれぬ樂みを起こすのを誰れが知らぬものがあらう。春のはじめの息、吹き渡る山風、海からくる南風がこの情緖を來たらし得る、――それは壓倒的な、然しその原因としての名の無い情緖、――空氣の樣に形無く且つ透明の歡喜。精靈となるまでに稀薄にされて、この樂みを起こす、その香は何であるとしても、樂みそのものは奇怪に容積があつて唯だ一個人の經驗の何等かの記憶復活を以て說明しきれぬ。恐らくそれは人間の生命よりも古くて、――死せる快苦の無限盲目の底に深く達するであらう。

 我々のうちにあつて生きた接觸に答ふる身震ひは、それも精靈の深淵から來るに相違ない、――それは心に尋ぬる、男の電氣的接觸、――久しき前に塵に朽ちた無數の纎弱な愛の手で與へられた愛撫の記憶を喚び返す、女の魔術的接觸。それを疑ふな。――我々のうちに身震ひを起こす接觸は我々が以前に感じた接觸である、――多くの覺えられぬ生命に於ける忘られたる親密の感覺の反響である。

 

« 小泉八雲 赤い夕日 (岡田哲蔵訳) | トップページ | 小泉八雲 夕暗の認識 (岡田哲蔵訳) »