フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 一對の眼のうち  (岡田哲蔵訳) / 作品集「影」全電子化注~了 | トップページ | 小泉八雲 香 (大谷正信訳) »

2019/11/01

小泉八雲 作品集「霊の日本」始動 / 斷片 (田部隆次訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題“Fragment”は一八九九(明治三二)年九月にボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)から出版された作品集“IN GHOSTLY JAPAN”(「霊的なる日本にて」。来日後の第六作品集)の巻頭に置かれた作品である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一一(一九三六)年十一月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第七巻の画像データをPDFで落として視認した。

 田部隆次(たなべりゅうじ 明治八(一八七五)年~昭和三二(一九五七)年)氏については先に電子化した「人形の墓」の私の冒頭注を参照されたい。

 傍点「」は太字下線、傍点「ヽ」は太字に代えた。

 また、本作品集巻頭に配された本篇の挿絵(扉表紙の前のここ)“THE MOUNTAIN OF SKULLS”(「髑髏(どくろ)の山」。絵師は不明)を添えておく(上記“Internet Archive”で落とした原本PDFからトリミングしたが、そこではキャプションに撮影した図書館員の指が被ってしまっている)。なお、本作品集の画像は「日文研」のデータベース「外像」のこちらでもその画像総て(ここで示すよりはやや鮮明)が閲覧出来る。]

 

 

 靈の日本

 

 

  アリス・フオン・ベールンズ夫人へ

            ありし日のおもひ出に

[やぶちゃん注:この献呈された“Mrs. Alice von Behrens”なる人物については調べ得なかった。識者の御教授を乞う。因みに、「ありし日のおもひ出に」は飾りのゴシック字体で“for Auld Lang Syne”(「蛍の光」の原曲題と同じ)である。]

 

 

  夜ばかり

  見るものなりと

  思ふなよ

  浮世なりけり

        日本の古歌

[やぶちゃん注:原本ではここ。引用元不明。識者の御教授を乞う。]



The-mountain-of-skulls 

 

  斷 片

 

 ……………………………………………………

 そして山の麓に來たのは日沒の時刻てあつた。その場所には何等生命のしるしも、――水のあとも、植物のしるしも、飛ぶ鳥の影も、――なかつた、――ただ荒廢に荒廢を重ねるばかり。そして頂上は天に消えてゐた。

 その時菩薩はその若い道づれに云つた、――『お前が見たいと云った物は見せて上げる。しかしその幻觀の得られる場所は遠い、そして道は惡い。あとから續いてお出でなさい、恐れてはならない、お前に力が授けられます』

[やぶちゃん注:「幻觀の得られる場所」原文は“the place of the Vision”。仏教用語としての「幻観」という語を見たことは私はない。仏教には「観想」があるが、幻しのそれというのは観想とは言えないと私は思う。しかし、大文字に成った“Vision”である以上、何らかの仏教的な特殊な可視的な意識或いは観念の特定の状態を指すものでなくてはなるまい。平井呈一氏は恒文社版の「断片」(一九七五年刊「日本雑記 他」所収)では『そのまぼろしのあるところ』と訳されており、一九九〇年講談社学術文庫刊の小泉八雲著・平川祐弘編「怪談・奇談」の仙北谷晃一氏の訳(同じく「断片」)では『正覚(しょうがく)の地』と訳されている。前者は「幻觀」なんぞのようには躓かずにすんなりと読めるし、後の展開とも何ら齟齬しない。しかし、仙北谷氏の訳は甚だ首を傾げざるを得ない。通常、の「正覚」とは「悟り」と同義で、一般には“perfect enlightenment”などという熟語で示されるものの、これは“vision”という単語の持つ辺縁的意義からも引き出し得ないものと私は思う。「vision」とは「視力・視覚・洞察力・先見の明・未来像・脳内に描き出される視覚的幻し・幻想・夢・宗教的幻影」の意である。敢えて訳すなら、最後の意味であって、「仏教の悟り(正覚)に到るまでの修行の過程の中で体験する所の仮象の擬似現実的幻像」の意としか採りようがないと思う。大方の御叱正を俟つものの、私は仙北谷氏の「正覚」は明白に誤訳であり、田部氏のそれは造語に近い似非仏教用語にしか見えず、平井氏のそれこそが全き正当にして正統な訳語であると感ずるものである。

 

 登つて行くに隨つて、たそがれが彼等の𢌞りに暗くなつた。そこにはきまつ道がない、以前に人の來た跡もない、そして道は足の下で轉(ころ)がつたり動いたりする不秩序な破片の際限のない山の上を通るのであつた。時々場所から外れた一塊が、うつろな反響をたててがらがらと落ちる事もある。――時々踏まれた物が空虛な貝殼のやうに破れる事もある。……星が現れて光りが微動した。――そして暗黑が深くなつた。

 案内しながら菩薩は云つた、『恐れてはならない、道は物すごい危險は少しもない』

 星の下を彼等は登つた、――超人間力の助けによつて、早く早く登つた。高い霧の區域を彼等は通つた。そして彼等は登るに隨つてたえず廣くなつて行く白い海の潮のやうな、音のない雲の海を遙か足下に見た。

 

 何時間も彼等は登つた、――そして見えない形が重い穩かな昔をたてて彼等の足の下で碎けた―、―そしてかすかな寒い火が碎ける每に光つて消えた。

 それから一度この巡禮の靑年は、石でない何か滑らかな物に手を置いて、――そしてそれをあげた、――そしてかすかに頰のない嘲るやうな髑髏を見た。

 『そんなにためらつてはいけない』導師の聲が勵ました、――『達すべき頂上は未だ未だ遠い』

 

 暗黑の中を彼等は登つた、――そしてたえず彼等の足下に柔らかな變な破碎を感じた、そして冷たい火がかすかに出て消えるのを見た、――遂に夜の幕は灰色になつて、星が光を失ひ始めて、東が明るくなり出した。

 それでも未だ彼等は登つた、――超人間力の助けによつて――早く早く、登つた。彼等の周圍には今、死の寒さ、――及び恐るべき沈默があつた。……黃金の焰は東に燃えた。

 その時始めてこの巡禮の眼に、この絕壁はその赤裸々を示した、――そして彼は震へた、――それから戰慄して恐怖した。何故なれば、そこには土地がなかつた、――彼の下にも、彼の𢌞りにも、彼の上にも、――ただ髑髏及び髑髏の破片及び骨の塵の巨大な、そして測られない山――潮の海藻の中にあるごつごつした貝殼のひらめきのやうに、その堆積の中に散亂して居るぬけた齒のある、――山があるだけであつた。

 『恐れるに及ばない』菩薩の聲が叫んだ、――『ただ心の强い人だけが、その幻視を得られる場所へ行かれる』

 

 彼等のうしろに世界は消えた。河もない、ただ下には雲、上には空、その間は髑髏の山、――眼の屈かないところまで上の方へ斜になつて居る。

 それから太陽はこの登山者と共に登つた、そしてその光には熱がなかつた、ただ劔のやうに鋭いい寒さがあつた。そして恐るべき高さの戦慄、それから恐るべき深さの恐怖、それから沈默の恐怖が次第に增加してこの巡禮に壓迫を加へて、彼の足を動かなくした。――そして不意に凡ての力が彼から去つて、彼は夢を見て居る睡眠者のやうに呻いた。

 『さあ、急ぐ事にしよう』菩薩は叫んだ、「日は短い、頂上は未だ未だ遠い』

 しかし巡禮は叫んだ、

 『恐ろしうございます、何とも申上げられない程恐ろしうございます、――そして力はなくなりました』

 『力は歸つて來る』菩薩は答へた。……『今下と上と𢌞りを見て、何が見えるか、云つて御覽なさい』

 『できません」巡禮は震へながらしがみつきながら叫んだ、――『私は下を見られれません。前と𢌞りには人の髑髏の外には何もございません』

 『しかし未だ』菩薩は輕く笑ひながら云つた、――『未だお前はこの山は何でできて居るのか、知らないだらう』

 相手は震へながら、くりかへした、――

 『恐ろしうございます、――何とも云へない程恐ろしうございます。……人間の髑髏の外何もございません』

 『髑髏の山だ』菩薩は答へた。『しかし、よいかね、これは皆お前自身の物だ。銘々それぞれいつかお前の夢と迷ひと望みの巢であつた。一つとして外の人の髑髏はない。悉く、――除外なしに悉く、――數十億の前生に於て、お前の物であつた』

 ……………………………………………………

 

[やぶちゃん注:本篇、何か、原拠としたものがありそうにも見えるが、現在まで、原拠とされるものは示されていない模様である。類話を御存じの方は、是非、お教え願いたい。なお、「菩薩」は広義の修行者であり、如来になるための前段階の地位を指す広義称である。なお、瞥見した銭本健二氏が担当された小泉八雲の年譜(一九八八年恒文社刊「ラフカディオ・ハーン著作集 第十五巻」所収)によれば、本篇について明治三一(一八九八)年五月の中旬の条に『この頃、「どくろの山」(後に「断片」とされる)を七、八回も書きなおしている。「話してくれた人の軟らかな漂う声の印象」を表現するのが難しいと』言っていたとあり、更に五月二十日はかのフェノロサ夫妻を自宅に訪問し、この『「髑髏の物語」を二人の前で朗読』したとある。小泉八雲の繊細さがしみじみと伝わってくるエピソードではないか。]

« 小泉八雲 一對の眼のうち  (岡田哲蔵訳) / 作品集「影」全電子化注~了 | トップページ | 小泉八雲 香 (大谷正信訳) »