フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 塵 (落合貞三郎訳) | トップページ | 小泉八雲 日本美術に於ける顔について (落合貞三郎訳) / その「二」・「三」・「四」 »

2019/11/27

小泉八雲 日本美術に於ける顔について (落合貞三郎訳) / その「一」

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“ABOUT FACES IN JAPANESE ART”)は一八九七(明治三〇)年九月に、ボストンの「ホートン・ミフリン社」(HOUGHTON, MIFFLIN & CO.)から出版された来日後の第四作品集「佛の畠の落穗――極東に於ける手と魂の硏究」(原題は“Gleanings in Buddha-Fields  STUDIES OF HAND AND SOUL IN THE FAR EAST”。「仏国土での落穂拾い――極東に於ける手と魂の研究」)の第五話である。この底本の邦訳では殊更に「第○章」とするが、他の作品集同様、ローマ数字で「Ⅰ」「Ⅱ」……と普通に配しており、この作品集で特にかく邦訳して添えるのは、それぞれが著作動機や時期も全くバラバラなそれを、総て濃密に関連づけさせる(「知られぬ日本の面影」や「神國日本」のように全体が確信犯的な統一企画のもとに書かれたと錯覚される)ような誤解を生むので、やや問題であると私は思う。

 本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社及びクレジット(左ページ)及び目次(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 訳者落合貞三郎については「小泉八雲 街頭より (落合貞三郎訳)」の冒頭注を参照されたい。

 傍点「ヽ」は太字に代えた。注は四字下げポイント落ちであるが、同ポイントで行頭に引き上げ、挿入の前後を一行空けた。一部の「!」「?」の後に字空けはないが、特異的に挿入した。全六章あり、冒頭から底本の誤りが多く、注が増えたので、分割して示す。]

 

     第五章 日本美術に於ける顏について

 

       

 國民文庫(ナシヨナル・ライブラリー)に於ける日本美術蒐集品に關する頗る興味ある論文が、昨年倫敦[やぶちゃん注:「ロンドン」。]に催されたる日本協會(ジヤパン・ソサイテイー)の席上で、エドワード・ストレーンヂ氏によつて朗讀された。ストレーンヂ氏は日本美術に對する同氏の鑑賞を證明するのに、日本美術の諸原理――細部の描寫を或る一つの感覺、または觀念の表現に隷屬せしむること、特殊を全般に隷屬せしむること――の解說を以てした。氏は特に、日本美術に於ける裝飾的要素及び彩色印刷の浮世繪派について述べた。一部僅に數錢を値する小册子に示さる〻日本の紋章學さへも、『普通の形式的裝飾の意匠に於ける敎育』を含んでゐると、氏は說いた。氏は日本の形板(かたいた)版意匠の非常なる工業的價値に論及した。氏は日本の手法の周到なる硏究によつて、書物の挿畫法の上に得らるべき利益の性質を說明しようと試みた。して、氏はオーブリ・ビアズリー譯者註一、エドガア・ヰルスン、スタインレン・イベルス、ホツスラー譯者註二、グラッセット・シユレー、及びラントレックのやうな諸美術家の作品に於ける、これらの手法の影響を舉げた。最後に、氏は或る日本の原理と印象主義の現代西洋に於ける一派の主張の一致を指摘した。

 

譯者註一 ビアズリー(一八七四――一八九八年)は、千九百年代に於ける、英國の世紀末文藝潮流の一つなる、耽美主義頽廢派の作家と提携し、書籍雜誌の挿繪に鬼才を發揮した人。

譯者註二 ホツスラー(一八三四――一九〇三年)は、米國に生まれ、巴里[やぶちゃん注:「パリ」。]に學び、英國に定住した色彩畫家。銅版印刷術に最も妙を得た。

[やぶちゃん注:「國民文庫(ナシヨナル・ライブラリー)」“the National Library”。これは複数あるイギリスの国立の美術館「the National Art Library」や博物館・図書館のことを指すのではなかろうか。大英博物館以来、近現代、複数の箇所のイギリスの国立の美術館に日本美術コレクションがあり、例えば、「日文研」の「外像」データベースのこちらに、ここに出る絵画研究者ストレンジ氏の一八九七年の論文「日本の挿絵:日本における木版画と色摺り版画(浮世絵版画)の歴史」の「勝川春章『おだまき』を演じる女形の役者」の画像に、「サウス・ケンジントン博物館国立美術図書館所蔵の版画より」(Katsugawa Shunsho. Actor in the principal female part of the play "Udamaki." From a print in the National Art Library. South Kensington Museum.)とあることなどから、そう推測した。平井呈一氏も恒文社版「日本美術における顔について」(一九七五年刊「仏の畑の落穂 他」所収)でただ『国立美術館』と訳されており、特定の単立の美術館を指していないように読めるからでもある。

「昨年」本書刊行の前年であるなら、一八九六年。

「日本協會(ジヤパン・ソサイテイー)」“The Japan Society”。イギリス・ロンドンに本部を置く日英の交流促進に携わる非営利組織「ロンドン日本協会」。一八九一年(明治二十四年)に創設された、ヨーロッパと日本とを結ぶ協会としては、最も古い組織である。

「エドワード・ストレーンヂ」エドワード・フェアブラザー・ストレンジ(Edward Fairbrother Strange 一八六二年~一九二九年)。英文のこちらの彼の論文リストを見ると、多岐に亙る美術品批評研究を行っている人物であることが判る。

「オーブリ・ビアズリー」イギリスのイラストレーターで、詩人・小説家であったオーブリー・ヴィンセント・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley 一八七二年~一八九八年)。『ヴィクトリア朝の世紀末美術を代表する存在。悪魔的な鋭さを持つ白黒のペン画で鬼才とうたわれたが、病弱』で二十五歳の若さで亡くなった(ウィキの「オーブリー・ビアズリー」に拠る)。

「エドガア・ヰルスン」今は忘れられているイギリスのイラストレーターであるエドガー・ウィルソン(Edgar Wilson 一八六一年~一九一八年)。英文ブログ「WormwoodianaLost Artists - Edgar Wilsonを参照されたい。小泉八雲の本篇についても触れられてある

「スタインレン・イベルス」「スタインレン・イベルス」なる画家はいない。これは原本から見て(単語の字空けが他の作家の姓名のそれと異なって有意に空いている)、“Steinlen,  Ibels”のコンマの脱落で、二人の画家名である。前者は、フランス出身のイラストレーターであるセオフィル・アレクサンドル・スティンレンThéophile-Alexandre Steinlen 一八五九年~一九二三年)であろう。フランス語サイトのこちらに年譜がある。一方、後者は、フランスの画家・イラストレーターで、十九世紀末のパリで活動した前衛的芸術家集団「ナビ派」(Les Nabis:ヘブライ語で「預言者」の意)の画家の一人であるアンリ=ガブリエル・イベルスHenri-Gabriel Ibels 一八六七年~一九一四年)である。平井呈一氏も恒文社版では無批判に『スタンレン・イベルス』とフルネームでとってしまわれておられる。

「ホヰツスラー」アメリカの画家・版画家ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー(James Abbott McNeill Whistler  一八三四年~一九〇三年)である。彼は主にロンドンで活動し、彼のウィキによれば、『印象派の画家たちと同世代であるが、その色調や画面構成などには浮世絵をはじめとする日本美術の影響が濃く、印象派とも伝統的アカデミズムとも一線を画した独自の絵画世界を展開した』とある。

「グラッセット・シユレー」ここは原文がちゃんとGrasset,  Cheret,となっているのを、落合氏が見落として誤訳したか、誤植でこうなってしまった誤りである。前者は、スイスの装飾芸術家ウジェーヌ・グラッセEugène Grasset 一八四五年~一九一七年)で、「ベル・エポック」Belle Époque:フランス語で「良き時代」。概ね十九世紀末から第一次世界大戦勃発(一九一四年)までのパリが繁栄した華やかな時代及びその文化を回顧して用いられる後代の呼称)の期間、パリで様々なデザイン分野に於いて活躍し、「アール・ヌーヴォー」Art nouveau:十九世紀末から二十世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に活発化した国際的美術運動。フランス語で「新しい芸術」の意)の先駆者とされる芸術家である。一方、後者は、フランスの画家でリトグラフ作家・イラストレーターであったジュール・シェレJules Chéret 一八三六年~一九三二年)で、特にポスター分野では大変な人気作家となった。彼も「アール・ヌーヴォー」の先駆者の一人とされる。平井呈一氏は恒文社版で『グラッセ、シュレ』とちゃんと別人として示しておられる。

「ラントレック」言わずと知れたフランスの画家アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥールーズ―ロートレック―モンファ(Henri Marie Raymond de Toulouse-Lautrec-Monfa 一八六四年~一九〇一年)。]

 

 かかる講演は英國に於ては、大抵反對の批評を挑發しないでは止まないだらう。何故なら、それは一種の新しい思想を暗示したからである。英國の輿論は思想の輸入を禁じはしない。もし新鮮なる思想が始終提供されないならば、一般社會は不平を訴へることさへもある。しかしその新思想の要求は攻勢的である。社會はそれらの思想に向つて知的戰鬪を試みようと欲する。新しい信仰或は思想を、鵜呑みに受け容れしめようと勸說したり、一躍直に結論に達するやう賺かす[やぶちゃん注:「すかす」。]のは、山岳をして牡羊の如く跳躍せしめようとするに異らない。もし『道德的に危險』と思はれない思想ならば、社會は欣んで說得さる〻ことを欲するが、しかし劈頭第一に、その斬新なる結論に到達せる心的徑路の一步一步が、絕對的に正確なることを認めねば承知しないのである。日本美術に對するストレーンヂ氏の正當ではあるが、しかし殆ど熱情橫溢の槪[やぶちゃん注:「おほむね」。]ある賞讃が、論諍なくして通過するといふことは、固より有りうきべくもなかつた。それにしても、日本協會の連中から異議が起こらうとは、誰れ大も豫期しなかつたであらう。しかし協會の報告によつて見れば、ストレーンヂ氏の意見は、該協會によつてさへも、いつもの英國流の態度を以て迎へられたことがわかる。英國の美術家が日本人の手法を硏究して、或る重要なことを學びうるだらうといふ考は、實際に嘲笑を浴びせられた。それから、會員諸氏が加へた批評は、その論文の哲學的部分が誤解されたか、或は注意を惹かなかつたかといふことを示した。或る一紳士は、無邪氣に不平を洩らして、彼は『何故に日本美術は、全然顏面の表情を缺いてゐるか』を想像し得ないといつた。また他の一紳士は、日本の浮世繪にあるやうな婦人が、決してこの世にありうべくもないと附言し、して、彼はそれに描かれた顏は、『絕對に狂氣』であると說いた。

 それから當夜の最も奇々怪々な事件がつづいて起こつた――それは日本の公使閣下が、それらの反對說に確證を與へ、且つこれらの版畫は『日本に於てはただ通常なものと見倣されてゐる』と、辨解的言說を添へた事であつた。通常なもの! 昔の人々の判斷では、恐らく通常であつたらうが、今日に於ては審美的贅澤品なのだ。論文に舉げられた美術家は、北齋、豐國、廣重、國芳、國貞などの珍重すべき人々であつた。しかし公使閣下は、この問題を瑣末なものと考へたらしい。その證據には、彼は機に乘じて愛國的ではあるが、突然にも話頭を轉じて會員の注意を戰爭の方に向かはしめた。此點に於て彼は日本の時代精神を忠實に反映してゐる。現今日本の時代精神は、外國人が日本の美術を賞めるのを殆ど我慢が出來ないのである。不幸にも、目下のいかにも正當にして且つ自然なる軍事的自負心に支配されてゐる人々は、大軍備の擴張と維持は――最大の經濟的用心を以て行はれない限り――早晚國家的破產を促すと共に、國家將來の產業的繁榮は、同民的美術感の保存と養成によること尠からぬといふことを反省してゐない。否、日本が用ひてその最近の戰勝を得た手段材料は、公使閣下が何等の價値をも附することなかつたらしい美術感そのものの通商的結果によつで、主もに購はれたのであつた。日本はいつまでも續いて、その美術觀念にたよらねばならぬ。かの花莚の製造の如き、平凡な產業方面に於てさへもさうである。何故なら、單なる低廉製品の默に於ては、日本は支那よりも安く賣ることは決してできないだらうから。

[やぶちゃん注:「日本の公使」明治二九(一八九六)年当時のイギリス公使は青木周蔵(天保一五(一八四四)年~大正三(一九一四)年)で、ドイツ公使兼任であった。ウィキの「青木周蔵」によれば、『外交官としての青木の半生は条約改正交渉に長く深く関わり、外交政略としては早くから強硬な討露主義と朝鮮半島進出を主張し、日露戦争後は大陸への進出を推進した』とある。

「彼は機に乘じて愛國的ではあるが、突然にも話頭を轉じて會員の注意を戰爭の方に向かはしめた。此點に於て彼は日本の時代精神を忠實に反映してゐる。現今日本の時代精神は、外國人が日本の美術を賞めるのを殆ど我慢が出來ないのである。不幸にも、目下のいかにも正當にして且つ自然なる軍事的自負心に支配されてゐる人々は、大軍備の擴張と維持は――最大の經濟的用心を以て行はれない限り――早晚國家的破產を促すと共に、國家將來の產業的繁榮は、同民的美術感の保存と養成によること尠からぬといふことを反省してゐない」」一八九六年直近の「戰爭」は日清戦争で、明治二八(一八九五)年四月十七日に終わったが、台湾割譲を受けてその平定を終えた一八九五年十一月三十日を広義の終結と見るならば、話しとしておかしくない。この頃、日本はアジアの近代国家として認められ、国際的地位が向上し、巨額の賠償金は国内産業の発展に活用されて、日本はまさに本格的な工業化の第一歩を踏み出した頃であったからである。

「花莚」(はなむしろ)。麻糸又は綿糸の撚(よ)り合せ糸を経(たて)糸とし、緯(よこ)糸には畳表に用いるイグサを各種の色に染めて模様を織り込んだ織り物。製品の殆んどは敷物用で、花茣蓙(はなござ)とも呼ぶ。岡山・広島・福岡県を名産地とする。]

 

« 小泉八雲 塵 (落合貞三郎訳) | トップページ | 小泉八雲 日本美術に於ける顔について (落合貞三郎訳) / その「二」・「三」・「四」 »