フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 小泉八雲 蟲の樂師 (大谷定信訳) / 「六」 / 「蟲の樂師」~了 | トップページ | 小泉八雲 死者の文學 (大谷定信訳) / 「一」 »

2019/11/15

小泉八雲 禪の一問 (田部隆次訳)

 

[やぶちゃん注:本篇(原題は“A Question in the Zen Texts”。「禪の公案の一問」)は一八九八(明治三一)年十二月に、ボストンの「リトル・ブラウン社」(LITTLE,BROWN AND COMPANY)とロンドンの「サンプソン ・ロウ社」(SAMPSON LOW)から出版された来日後の第五作品集「異國情趣と囘顧」(“EXOTICS AND RETROSPECTIVES”)の第一パート“EXOTICS”の第三話目である。本作品集は“Internet Archive”のこちら(出版社「リトル・ブラウン社」及びクレジット(左ページ)及び献辞の入った(右ページ)を示した)で全篇視認できる(本篇はここから)。活字化されたものは“Project Gutenberg”のこちらで全篇が読める(本篇はここから)。

 底本は英文サイト“Internet Archive”のこちらにある、第一書房が昭和一二(一九三七)年三月に刊行した「家庭版小泉八雲全集」(全十二巻)の第六巻の画像データをPDFで落として視認した。

 田部隆次(たなべりゅうじ 明治八(一八七五)年~昭和三二(一九五七)年)氏については先に電子化した「人形の墓」の私の冒頭注を参照されたい。

 傍点「○」は太字に代えた。挿入される訳者注は底本ではポイント落ちで四字下げであるが、ブラウザの不具合を考え、同ポイントで行頭へ引き上げておいた。

 なお、小泉八雲が基礎原拠としたとする「無門関」(むもんくわん(むもんかん))は宋代の僧無門慧開(一一八三年~一二六〇年)が編んだ公案集であるが、その商量(公案の分析と考察)がブッ飛んでいることでとみに知られるもので、幸いにして、私は十年も前に「無門関」の電子化オリジナル訳注を暴虎馮河で完遂している。完全一括版(正字正仮名であるが、ユニコードの初期タイプで製作したため、一部の漢字は新字体になっている)はサイトの「無門関 全 淵藪野狐禅師訳注版」で、各公案分割版(同前。但し、こちらは私の好みのものをランダムにやらかした)はブログ・カテゴリ「無門關」で公開している。但し、小泉八雲が素材としたのは、その中の「無門關 三十五 倩女離魂」(リンク先はブログ版)である。これは中唐の陳玄祐(ちんげんゆう:生没年・経歴不明)が書いたとされる(作品末に当該の怪異譚を聞き書きした作者名として出るに過ぎない)伝奇小説「離魂記」を正面切って素材とした公案であるが、本文には原話に就いては語られていない。しかし、そこで私は「離魂記」の原典白文・書き下し文・拙訳を掲げてある。これは私が三十年程前、本作を授業で講義した際に作成した授業案を一部手直ししたものである。原文は明治書院「新釈漢文大系」四十四巻「唐代伝奇」(昭和五八(一九八三)年第十一版)所収の乾一夫氏著のものを用い、訓読及び現代語訳についても不審な箇所は当該書の訓読・訳注を一部参照させて頂いた。★但し、「離魂記」を全く知らない方は、以下は本篇の肝心な部分のネタバレになるので、リンク先は小泉八雲の本文を読んだ後で読まれたい★。

 

 

   禪 の 一 問

 

       

 私の友人はうすい黃色の書物を開いたが、一見この佛書の版木師の忍耐の分る驚くべき文字である。漢字の活版は甚だ便利であらうが、こんな古い木版の美しさに比べると、どんなによくできた物でも、醜その物である。

 『珍らしい話があります』

 『日本の話ですか』

 『いえ、――支那の話』

 『何と云ふ書物ですか』

 『その書物の名を日本風に私共は「無門關」と讀んでゐます。禪宗で特別に硏究される書物のうちの一册です。禪宗の或書物の特色の一つは、――これがよい例ですが――說明のない事です。ただ暗示を與へるだけです。質問が出て居るが、その答は硏究者が自分で考へ出さねばならない。答へへを考へ出さねばならないが、それを書いてはならない。御承知の通り、禪は言外に思想の到達すべき人間の努力を表はして居る物です、それで一たび言語と云ふ狹い物になつて現れたら、禪の特色を失ひます。……さて、この話は本當の話となつて居るのですが、ただ禪の一問としてここに使はれてゐます。この支那の話が三通(とほ)りに違つてゐますが、私はその三つの正味を申しませう』

 つぎのやうに友人は話した、

 

譚者註 「類說離魂記」「剪燈新話」等、少しづつ話が違つて居る。たとへぱ蜀にゐた年數、子女の歌など小さい點に於て。

[やぶちゃん注:「類說離魂記」実は実在しない書物である。後注参照。★なお、「離魂記」を全く知らない方は、以下は本篇の肝心な部分のネタバレになるので、飛ばして小泉八雲の本文だけを読まれたい★。

「剪燈新話」明代に書かれた志怪小説集。撰者は瞿佑(くゆう)。特に怪談「牡丹燈籠」の濫觴である「牡丹燈記」で知られる。同書の「金鳳釵記」(きんほうさいき:鳳凰を象った簪(かんざし)の物語)は、そのモチーフと展開が「離魂記」とよく似ており、創作の原拠の一つとしたことは確かであろうが、同じ話ではない(原話は一人の女性の霊魂の離脱であるが、「金鳳釵記」では姉妹二人を絡ませてある)。

 さても何故、このような誤認を小泉八雲や訳者田部隆次氏がしてしまったかと言うに、彼らにその責任があるわけでは実は全くなく、永くこの存在しない「類説離魂記」や、「剪燈新話」に恰も「離魂記」がそのままに所収されているかのように「無門関」の通俗注釈書等に書き継がれてきてしまった事実に依拠するのである。これについては、松村恒氏の論文「『無門関』第三十五則「倩女離魂」の材源について」(『印度學佛教學研究』第四十七巻第二号・平成一一(一九九九)年三月発行。こちらからPDFでダウン・ロード可能)が非常に詳しいので参照されたいが、冒頭で松村氏は、まさに小泉八雲の本篇の田部氏のこの「註」について以下のように語っておられるのである。

   《引用開始》

 事の発端はこうであった。小泉八雲の禅問答の紹介の一文「禅書の問」(『異国情趣と回顧』所収) に、『無門関』第三十五則に関わる倩女離魂の物語とその解釈が例として挙げられている。この一文の初訳である田部隆次訳は注にて「『類説離魂記』『勇燈新話』等」、と解説を付けるのであるが、不明瞭であった。ただこの不明瞭さについては、八雲の邦訳者ばかりを責めてはいられない。『無門関』の通俗的解説書もまた同様であったからである。

   《引用終了》

として、トンデモない事実が明かされてゆくのである。以下は松村氏の論文を熟読されたい。]

 

 

       

 『類說離魂記』に記され、『正燈錄』に物語られ、禪宗の書物である『無門關』に批評されて居る倩女の話、――

[やぶちゃん注:「正燈錄」「宗門正灯録」(しゅうもんしょうとうろく)東陽英朝著・愚堂東寔編。唐の南嶽禅師以下の臨済宗の歴代正脈二十三祖の列伝。漢文体記載。近世初期の成立。]

 

 衡陽[やぶちゃん注:「こうやう(こうよう)」。]に張鑑と云ふ人がゐた、その人の小さい娘の倩[やぶちゃん注:「せん」。]は非常に美しかつた。王宙と云ふ甥もゐたが――それも立派な少年であつた。この二人は一緖に遊んで、仲が良かつた。一度鑑は戲れに甥に云つた、――『いつかお前を私の娘に見合せるつもりだ』二人の子供はこの言葉を覺えてゐた、そして彼等は言名付[やぶちゃん注:「いひなづけ」。]になつたと信じてゐた。

[やぶちゃん注:原作では時は則天武后の「天授三年」(西暦六九二年)とする。

「衡陽」現在の湖南省衡陽県(グーグル・マップ・データ。同じ以下)。なお、原文では地名や姓名を中国音で示しているが、一部は少なくとも現代中国語音としては納得出来ない表記である(しかし煩瑣なのでそれは問題にしない)。

「張鑑」原作では「張鎰(ちやういつ(ちょういつ))」である。原文“Chang-Kien”。

「倩」本字には「美しい」・「口もとが愛らしい」の意がある。原文“Ts’ing”。

「王宙」原文“Wang-Chau”。]

 倩が大きくなつた時、或位の高い人が彼女を娶らうとした、彼女の父はその要求に應ずる事に決した。倩はこの決心によつて非常に煩悶した。宙の方では[やぶちゃん注:ここ底本は「宙」は「張」となっているが、「宙」の田部氏の訳の誤りであることは明白である。原文“As for Chau, he was so much angered and grieved that he resolved to leave home, and go to another province.”であるからして、特異的に訂した。]、餘りに怒りかつ悲んで、家を捨てて他の州に行く事を決心した。その翌日彼は旅行のために船を用意して置いて、日沒の投誰にも別れを告げないで河を溯つた。ところが夜中に彼は自分を呼ぶ聲によつて驚かされた、『待つて下さい――私です』――そして彼は船の方へ、岸に沿うて走つて來る一人の少女を見た。それは倩であつた。宙[やぶちゃん注:同じく底本は「張」で誤訳。出すまでもないが原文は“Chau was unspeakably delighted.”であるから、特異的に訂した。]はこの上もなく喜んだ。彼女は船に跳び乘つた、それからこの二人の愛人は蜀の國に安全に着いた。

 蜀の國で彼等は幸福に六年暮らした、二人の子供をもつた。しかし倩は兩親を忘れる事はできなかつた、そして再び兩親を見たいと度々思つた。たうとう彼女は夫に云つた、――『以前私はあなたとの約束を破る事ができなかつたから、―――私は兩親にあらゆる義務と愛情を負うて居る事を知りながら、――あなたと驅落をして兩親を見捨てました。もう兩親の赦しを願ふやうにする方がよくないでせうか』『心配せんでも宜しい』宙[やぶちゃん注:同前で底本は「張」。特異的に訂した。]は云つた、――『今度は遇ひに行かう』彼は船を用意した、それから數日後に妻をつれて衡陽に歸つた。

 こんな場合の習慣に隨つて、夫は妻を船に殘したままで先づ鑑の家に赴いた。鑑は如何にも嬉しさうに甥を歡迎して云つた、――

 『どれ程これまでお前に遇ひたかつたらう。どうかしたのだらうとこれまでよく心配してゐた』

 宙は恭しく答へた、――

 『御親切な言葉をうける資格はありませんで、恐縮です。實は私が參りましたのは御赦しを願ふためです』

 しかし鑑にはこれが分らなかつたらしい。彼は尋ねた、――

 『お前の云ふ事は何の事だらう』

 『實は倩と逃げて行つた事で、怒つていらつしやると思つて心配しました。私は蜀の國へ連れて行つたのですから』

 『それはどこの倩だらう』鑑は尋ねた。

 『お孃さんの倩です』宙は答へ方が、自分の舅に何か惡意のある計畫でもあるのではないかと疑つて來た。

 『お前は何を云つて居るのだ』鑑は如何にも驚いたやうに叫んだ。『娘の倩はあれからずつと病氣だ、お前が出て行つてからこの方』

 『あなたのを孃さんは病氣ぢやありません』宙は怒つて答へた、『六年間私の妻になつてゐます、それから子供が二人あります、それで御赦しを願ふために二人でここへ歸つて來たのです。それですからどうか嘲弄する事は止めて下さい』

 暫らく二人は默つて顏を見合せてゐた。それから鑑は立つて、甥について來るやうに手招きをしながら病人の少女の寢て居る奥の一室に案内した。そこで非常に驚いた事には、宙は倩の顏、――綺麗だが、妙にやせて蒼白い倩の顏を見た。

 『自分では口を利く事はできないが、話は分る』老人は說明した。それから鑑は娘に笑ひながら云つた、『宙さんの話ではお前は宙さんと驅落ちして、今では二人の子もちださうだ』

 病人の娘は宙を見て微笑した、しかし何も云はなかつた。

 『今度は私と一緖に河へ來て下さい』途方にくれた婿は舅に云つた。『私はこの家で何を見たにしでも、――お孃さんの倩は今丁度私の船の中に居る事は保證して云ふ事ができます』

 彼等は河へ行つた、そして實際そこには若い妻が待つてゐた。そして父を見で。娘はその前に低頭して容赦を願うた。

 鑑は彼女に云つた、――

 『お前が本當に私の娘なら、私はお前を愛するばかりだが、どうも娘らしくも思はれながら、分らない事がある。……一緖にうちへ來て貰ひたい』

 そこで三人は家の方へ進んだ。そこに近づくと、その病人の娘、――長い間床を離れた事のない娘、――は太層嬉しさうに微笑しながら、三人を迎ひに來るところであつた。そこで二人の倩は互に近づいた。ところがその時――どうしてだか誰にも分らないが――彼等は不意に互に融け合つた、そして一體、一人、一倩となつて、前よりも一層綺麗になつて、病氣や悲哀の何のしるしも殘つてゐなかつた。

 鑑は宙に云つた、――

 『お前が行つてからこの方、娘は啞になつた、そして大槪は酒を飮み過ぎた人のやうであつた。今考へると魂が留守になつてゐたのであつた』

 倩自身も云つた、

 『實は私はうちにゐた事は知りませんでした。私は宙が怒つて默つて出て行つたのを見ました、そしてその晚船のあとを追かけて行つた夢を見ました、……しかし今となつてはどちらが本當の私であるのか、――船に乖つて行つた私か、それともうちに殘つてゐた私か、――分りません』

 

 

 

 『それが話の全部です』友人は云つた。『ところで「無門關」に君に興味がありさうな註釋がある。その註釋に云ふ、――「禪宗の五祖(五祖山の法演禪師)かつて僧に問うて云ふ、――『倩女離魂、那箇[やぶちゃん注:「なこ」。]かこれ眞底』」[やぶちゃん注:孰れが真実の倩か?]この話がこの書物のうちに引用してあるのは、ただこの問のためであつた。しかしこの問は答へてない。著者無門はただ云ふ、――「もしどちらが眞の倩女であるか決定する事ができるやらなら、それなら殼を出て殼に入る事は丁度ただ旅舍に宿するやうである事が分らう。しかしもしこの程度のさとりを開いてゐないやうなら、みだりにこの世界を走らないやうに警戒するがよい。さうでないと地水火風の四大が突然一散する時になれば、熱湯に落ちた七手八脚の(七轉八倒する)蟹のやうになるだらう。その時になつてその事について聞かなかつたと云つてはならない」……さてそのと云ふのは――』

 『そのはもう聞きたくはない』私は遮った、――『それから七手八脚の蟹の事なども。私はその着物の事を聞きたい』

 『着物と云ふのは』

 『二人が遇つた時には、二人の倩女は違つた、――恐らく餘程違つた服裝をしてゐたであらう、卽ち一人は處女、一方は妻であつたから。二人の着物も一緖になつてしまつたのだらうか。たとへば一方は絹の着物、他方は木綿の着物であつたとして、この二つは絹と木綿の交織(まぜおり)となつただらうか。一方は靑い帶、他方は黃色の帶をしめてゐたとして、その結果は綠の帶となつただらうか。……それとも一方の倩女はその着物からぬけ出して、それを蟬のぬけがらのやうに地上に置き去りにしただらうか』

 『どの書物にも着物の事を云つて居るのはない』友人は答へた、『それだからお話ができない。しかし佛敎の見方から云へばその問題は頗る見當違です。その敎理的問題は、私は想像するに所謂倩女の個性の問題です』

『ところでそれが答へてない』私は云つた。

『答をしないのが』友人は答へた、『一番よい答になつて居るのです』

『どうして』

『個性と云ふやうなそんな物はないのだから』

 

[やぶちゃん注:……それではさても、私の「無門關 三十五 倩女離魂」(ブログ版)のトンデモ訳なぞ御笑覧されたい。……♪ふふふ♪……

 

« 小泉八雲 蟲の樂師 (大谷定信訳) / 「六」 / 「蟲の樂師」~了 | トップページ | 小泉八雲 死者の文學 (大谷定信訳) / 「一」 »