フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「蒲原有明」の3件の記事

2010/12/18

「海の幸」 蒲原有明

  「海 の 幸」
        青 木 繁 畫

ただ見る靑(あを)とはた金(きん)の深き調和(てうわ)――
きほへる力(ちから)はここに潮(うしほ)と湧き、
不壞(ふゑ)なるものの跫音(あのと)は天(あめ)に傳へ、
互(かたみ)に調(しら)べあやなし、響き交(かは)す。

海部(うみべ)の裔(すゑ)よ、汝等(いましら)、頸(うなじ)直(す)ぐに、
勝鬨(かちどき)高くも空(そら)にうちあげつつ、
胸肉(むなじし)張れる姿の忌々(ゆゆ)しきかな、
「自然(しぜん)」の鞴(たたら)に吹ける褐(くり)の素膚(すはだ)、

瑠璃(るり)なす鱗(いろこ)の宮を嚴(いづ)に飾り、
大綿津見(おほわたつみ)や今なほ領(しろ)しぬらむ。
いかしき幸(さち)の獲物(えもの)に心足(こころた)らふ

汝等(いましら)見れば、げにもぞ神の族(うから)、
浪うつ荒磯(ありそ)の濱を生(いき)に溢(あふ)れ、
手に手に精(くは)し銛(もり)取り、い行き進む。

(「春鳥集」より)

2009/01/12

牡蠣の殻 蒲原有明 《2バージョン》

  牡蠣の殼〔「草わかば」バージョン〕

牡蠣の殼なる牡蠣の身の
かくもはてなき海にして
獨りあやふく限りある
その思ひこそ悲しけれ

身はこれ盲目すべもなく
巖のかげにねむれども
ねざむるままにおほうみの
潮のみちひをおぼゆめり

いかに黎明あさ汐の
色しも清くひたすとて
朽つるのみなる牡蠣の身の
あまりにせまき牡蠣の殼

たとへ夕づついと清き
光は浪の穗に照りて
遠野が鴿の面影に
似たりとてはた何ならむ

痛ましきかなわたつみの
ふかきしらべのあやしみに
夜もまた晝もたへかねて
愁にとざす殼のやど

されど一度あらし吹き
海の林のさくる日に
朽つるままなる牡蠣の身の
殼もなどかは碎けざるべき

  牡蠣(かき)の殼(から)〔「草わかば」バージョン ルビ附〕

牡蠣の殼なる牡蠣の身の
かくもはてなき海にして
獨(ひと)りあやふく限りある
その思ひこそ悲しけれ

身はこれ盲目(めしひ)すべもなく
巖(いはほ)のかげにねむれども
ねざむるままにおほうみの
潮(しほ)のみちひをおぼゆめり

いかに黎明(あさあけ)あさ汐(じほ)の
色しも清くひたすとて
朽つるのみなる牡蠣の身の
あまりにせまき牡蠣の殼

たとへ夕づついと清き
光は浪の穗に照りて
遠野(とほの)が鴿(はと)の面影に
似たりとてはた何ならむ

痛(いた)ましきかなわたつみの
ふかきしらべのあやしみに
夜もまた晝もたへかねて
愁にとざす殼のやど

されど一度(ひとたび)あらし吹き
海の林のさくる日に
朽つるままなる牡蠣の身の
殼もなどかは碎(くだ)けざるべき

  牡蠣の殼〔「有明詩抄」バージョン〕

牡蠣の殼なる牡蠣の身の、
かくも涯なき海にして、
生のいのちの味氣なき
その思ひこそ悲しけれ。

身はこれ盲目、巖かげに
ただ術もなくねむれども、
ねざむるままに大海の
潮の満干をおぼゆめり。

いかに黎明朝じほの
色青みきて溢るるも、
默し痛める牡蠣の身の
あまりにせまき牡蠣の殼。

よしや清しき夕づつの
光は浪の穗に照りて、
遠野が鳩の面影に
似たりといふも何かせむ。

痛ましきかな、わだつみの
ふかきしらべに聞き恍れて、
夜もまた晝もわきがたく、
愁にとざす殼の宿。

さもあらばあれ、暴風吹き、
海の怒の猛き日に、
殼も碎けと、牡蠣の身の
請ひ禱まぬやは、おもひわびつつ。

  牡蠣の殼〔「有明詩抄」バージョン ルビ附〕

牡蠣(かき)の殼(から)なる牡蠣の身の、
かくも涯(はて)なき海にして、
生(なま)のいのちの味氣(あじき)なき
その思ひこそ悲しけれ。

身はこれ盲目(めしひ)、巖(いは)かげに
ただ術(すべ)もなくねむれども、
ねざむるままに大海(おほうみ)の
潮(しほ)の満干(みちひ)をおぼゆめり。

いかに黎明(あさあけ)朝じほの
色(いろ)青みきて溢(あふ)るるも、
默(もだ)し痛(いた)める牡蠣の身の
あまりにせまき牡蠣の殼。

よしや清(すが)しき夕(ゆふ)づつの
光は浪の穗に照りて、
遠野(とほの)が鳩の面影に
似たりといふも何かせむ。

痛(いた)ましきかな、わだつみの
ふかきしらべに聞(き)き恍(ほ)れて、
夜(よ)もまた晝(ひる)もわきがたく、
愁(うれひ)にとざす殼(から)の宿(やど)。

さもあらばあれ、暴風(あらし)吹き、
海の怒の猛(たけ)き日に、
殼も碎(くだ)けと、牡蠣の身の
請(と)ひ禱(の)まぬやは、おもひわびつつ。

[やぶちゃん注:有明はこの一篇のみでも永劫に記憶される詩人であろう。
しかし、有明は自選の「有明詩抄」でやらずもがなの改作をしてしまった。今回は、その両方を示す。
まずは、何も考えずに声に出して朗読してみる。何も考えずに、である。その音の響きを味わう。
「有明詩抄」バージョンは、一切の淀みや立ち止まりが、ない。洗練されたシンフォニーである、いや、でしか、ない。
対する「草わかば」の真正の牡蠣は、己が蠔山(僕の「和漢三才圖會 卷第四十七 介貝部」の「牡蠣」を参照)の如、己の殻を砕かんとする怒濤の如、声調は詰屈にして聱牙、内と外、波とあらゆる自然に律動を伝えて、ポリフォニックである。
そこには、ほと走らんとする若き血の生々しい匂いが、する。それは流浪する悲劇の若き騎士のサーガの響きだ。
しかし対する「有明詩抄」バージョンは、僕には、既に館を構え、王となってしまった老いさらばえた彼の、最早帰らぬ若き日への痛ましい自己幻想のようにさえ感じられるのである。
詩人は永遠に若い。魂の若い時にのみ真に詩人であることが出来る(俳人はその逆である)。ミューズは、老いた魔羅を愛さない――]

2009/01/11

古塔 蒲原有明

  古塔   蒲原有明

惱み吸ふくちづけの

わびしかる音の嘆きと、

膚に染みいる蒼白き影の笛のね。――

その淫けたるながき吐息よ。

かかるをりなり、あな、あな、

わが額のうへに

生温き滴したたる。――

灰色のしづくの痛み。

かくてまた鬱憂の

狹霧の中を、

おぼろげに匂ふ塔のかげ、

魂のかげ滅えぎえにして。

わが額の上、灰色の痛み隙なし。

塔も、今、溺れゆく霧の蒸し香に、

しみじみとおぼゆるは、

露盤の鏽の緑青の古き悲しみ。

  古塔

惱(なや)み吸(す)ふくちづけの

わびしかる音(おと)の嘆(なげ)きと、

膚(はだ)に染み(しみ)いる蒼白(あをじろ)き影(かげ)の笛(ふえ)のね。――

その淫(たは)けたるながき吐息(といき)よ。

かかるをりなり、あな、あな、

わが額(ぬか)のうへに

生(なま)温(ぬる)き滴(しづく)したたる。――

灰色(はいいろ)のしづくの痛(いた)み。

かくてまた鬱憂(うついう)の

狹(さ)霧(ぎり)の中(なか)を、

おぼろげに匂ふ塔(たふ)のかげ、

魂(たましひ)のかげ滅(き)えぎえにして。

わが額の上、灰色の痛み隙(ひま)なし。

塔も、今(いま)、溺(おぼ)れゆく霧の蒸(む)し香(が)に、

しみじみとおぼゆるは、

露盤(ろばん)の鏽(さび)の緑青(ろくじやう)の古き悲しみ。

今日、久しぶりにネット・サーフィンをしてみたら、有明の詩は、ネット上でまとまったテクスト化がなされていないことに気づいた。何ともやるせない気になったので、少し打ってみようかなと思ったのだが……彼の詩はルビなしには読めない。そこでルビ付きを試みて見たものの、ココログのHTML編集システムではどうやっても上手くいかないことが分かったので、とりあえずルビ排除版を前に置き、後ろに底本通りのルビ版を配してみた。

底本は1928年岩波書店刊の岩波文庫版「有明詩抄」を用いたが、これは概ね二段組で、相当に無理な版組がなされているために、句読点や記号が狹苦しそうに配されているため、一部を僕の判断で補正した。

う~ん、これは結構面倒だぞ。でも、また、ぼちぼちやるか……

その他のカテゴリー

Art | Caspar David Friedrich | Miscellaneous | Иван Сергеевич Тургенев | 「プルートゥ」 | 「一言芳談」 | 「今昔物語集」を読む | 「北條九代記」 | 「宗祇諸國物語」 附やぶちゃん注 | 「新編鎌倉志」 | 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳 | 「明恵上人夢記」 | 「栂尾明恵上人伝記」 | 「澄江堂遺珠」という夢魔 | 「無門關」 | 「生物學講話」丘淺次郎 | 「甲子夜話」 | 「第一版新迷怪国語辞典」 | 「耳嚢」 | 「諸國百物語」 附やぶちゃん注 | 「進化論講話」丘淺次郎 | 「鎌倉攬勝考」 | 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記) | 「鬼城句集」 | アルバム | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」  | ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ | 中島敦 | 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 | 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 | 伊東静雄 | 佐藤春夫 | 八木重吉「秋の瞳」 | 北原白秋 | 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編 | 南方熊楠 | 博物学 | 原民喜 | 和漢三才圖會 蟲類 | 土岐仲男 | 堀辰雄 | 増田晃 | 夏目漱石「こゝろ」 | | 夢野久作 | 大手拓次詩集「藍色の蟇」 | 宇野浩二「芥川龍之介」 | 富永太郎 | 小泉八雲 | 尾形亀之助 | 山之口貘 | 山本幡男 | 山村暮鳥全詩 | 忘れ得ぬ人々 | 怪奇談集 | 映画 | 杉田久女 | 村上昭夫 | 村山槐多 | 松尾芭蕉 | 柳田國男 | 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 | 柴田宵曲 | 梅崎春生 | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 | 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注 | 橋本多佳子 | 武蔵石寿「目八譜」 | 毛利梅園「梅園介譜」 | 毛利梅園「梅園魚譜」 | 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」 | 津村淙庵「譚海」 | 海岸動物 | 火野葦平「河童曼陀羅」 | 片山廣子 | 生田春月 | 由比北洲股旅帖 | 畑耕一句集「蜘蛛うごく」 | 畔田翠山「水族志」 | 神田玄泉「日東魚譜」 | 立原道造 | 篠原鳳作 | 肉体と心そして死 | 芥川多加志 | 芥川龍之介 | 芥川龍之介 手帳 | 芥川龍之介「上海游記」 | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) | 芥川龍之介「北京日記抄」 | 芥川龍之介「江南游記」 | 芥川龍之介「河童」決定稿原稿 | 芥川龍之介「長江游記」 | 芥川龍之介盟友 小穴隆一 | 芸術・文学 | 萩原朔太郎 | 蒲原有明 | 藪野種雄 | 西東三鬼 | 詩歌俳諧俳句 | 貝原益軒「大和本草」より水族の部 | 野人庵史元斎夜咄 | 鈴木しづ子 | 鎌倉紀行・地誌 | 音楽 | 飯田蛇笏