フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「貝原益軒「大和本草」より水族の部」の144件の記事

2019/08/19

大和本草卷之十三 魚之下 エツ

 

エツ 筑後柳川寺江ノ海ニアリ海ヨリ河ニノボ

 ル海河ノ間ニアリタチ魚ニ似テ身セハク薄シ長六七

 寸以上一二尺ニイタル色如銀或色淡黑目口相

 近シ鱗小也水上ニ浮ヒヲヨク肉中細骨多乄毛

[やぶちゃん注:「ヲヨク」はママ。]

 ノ如シ骨柔ナリ鱠サシミカマホコ炙トシテ食ス味カロ

 ク乄脆美ナリ多ク食フヘシ夏多シアミニカヽレハウコカ

 ズ死シヤスシ早ククサル今其形狀ヲ詳ニキクニ鰣魚ニ

 ヨク合ヘリ本草綱目考フヘシ彙苑曰鰣魚盛於四

 月鱗白如銀其味甘𦚤多骨而速腐○鰣魚ヲハス

 ト訓シヱソト訓ス皆不可ナリエツノ魚ナルヘシ

○やぶちゃんの書き下し文

エツ 筑後柳川・寺江の海にあり。海より河にのぼる。海・河の間にあり。「たち魚」に似て、身、せばく、薄し。長さ、六、七寸以上、一、二尺にいたる。色、銀のごとく、或いは、色、淡黑。目・口、相ひ近し。鱗、小なり。水上に浮び、をよぐ。肉〔の〕中に細き骨、多くして、毛のごとし。骨、柔かなり。鱠〔(なます)〕・さしみ・かまぼこ・炙(あぶりもの)として食す。味、かろくして、脆く美なり。多く食ふべし。夏、多し。あみにかゝれば、うごかず、死しやすし。早く、くさる。今、其の形狀を詳かにきくに、「鰣魚〔(じぎよ)〕」によく合へり。「本草綱目」、考ふべし。「彙苑」に曰はく、『鰣魚、四月に盛〔りなり〕。鱗、白く、銀のごとし。其の味、甘〔にして〕𦚤〔(こ)え〕、骨、多くして速く腐る』〔と〕。

○鰣魚を、「はす」と訓じ、「ゑそ」と訓ず、皆、不可なり。「えつの魚」なるべし。

[やぶちゃん注:条鰭綱ニシン上目ニシン目ニシン亜目カタクチイワシ科エツ亜科エツ属エツ Coilia nasus。漢字表記は「斉魚」「鱭(魚)」。ウィキの「エツ」によれば、『東アジアの汽水域に生息する魚で、食用になる』。『成魚は全長30cm-40cmほど』で、『体は植物の葉のように前後に細長く、左右から押しつぶされたように平たい。体側は銀白色の円鱗におおわれ、全体的にはナイフの刃のような外見である。目は頭の前方にあり、口は目の後ろまで大きく裂ける。胸びれ上方の軟条が糸状に細長く伸びる。尻びれは前後に細長く、体の後半ほとんどに及ぶ。尾びれは小さな三角形で、ほぼ尻びれと連続している。顔つきや鱗などは同じ科のカタクチイワシに似るが、上記の優雅に長く伸びるひれの形状もあって、外見はかなり印象が異なって見える』。『渤海、黄海、東シナ海の沿岸域に分布する』が、本邦での棲息域は、筑後川河口域を中心とした有明海の湾奥部及び大河である筑後川にほぼ限られている有明海特産魚である。『中国と朝鮮半島の個体群は亜種 C. n. ectenes Yuan et Quin, 1985、日本の個体群は基亜種 C. n. nasus とされており、ムツゴロウやワラスボなどと同じ大陸系遺存種と考えられている』。『普段は汽水域とその周辺の海に生息し、清んだ透明度の高い水域よりも、大河から流入したシルトや粘土が激しい潮汐によって懸濁して濁って見える水域を好む。プランクトン食性で、おもに動物プランクトンを鰓でろ過して捕食する』。『産卵期は初夏で、産卵を控えた成魚は川をさかのぼり、夕方に直径1mmほどの浮性卵を産卵する。中国の長江では河口から1000kmの所で成魚が見つかった例もある。ただし日本でのエツの繁殖地はもともと大陸的な大河に依存していることもあってほぼ筑後川に限られ、他の河川で産卵することは少ない』。『卵は川を流れ下りながら1日以内に孵化するが、塩分が濃い所まで流されると』、『死んでしまう。稚魚は秋まで塩分の薄い汽水域にとどまって成長し、冬には海水域の深場に移る。寿命は2年から4年ほどで、産卵した親魚はほとんど死んでしまう』。『エツの日本での分布は狭く、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されているが、筑後川では筑後大堰の建設でエツの繁殖や成長に適した水域が半減した上、食材として重宝されるために乱獲もされている。エツの漁獲量は1980年代から減少していて、沿岸漁協による放流なども行われているが、改善はあまり進んでいない』。『中国では同属の魚を「鳳尾魚(フォンウェイユー fèngwěiyú)」と総称し、華東、華南の沿岸地域では食品として利用することが一般的である。また、漢方医学の材料として使われる場合もある。上海市や江蘇省では長江周辺で捕れる主にC. mystusが出回っているが、子持ちのものが珍重されるので、産卵期が旬である。浙江省温州市では甌江で取れるものを利用することが多い。広東省では珠江水系のC. grayiがよく利用されており、唐揚げにして味付けしたものが特産の缶詰となって売られている。蒸し魚、唐揚げが一般的であるが、スープなどにも利用される』。『日本では筑後川流域で多く漁獲され、代表的な郷土料理の食材ともなっているが、他地域ではあまり利用されない』。『筑後川では毎年5月中旬から7月中旬にかけて福岡県久留米市城島町付近までエツが遡上し、周辺市町ではこれを狙ったエツ漁が5月1日から7月20日まで解禁される。また、福岡県大川市では漁期に合わせて「えつ供養祭」が行われる。なお、この時期にあわせ』、『国土交通省九州地方整備局は』『漁業協同組合の要請を受ける形で』、『エツの遡上を助ける』ため、『管理する松原ダム・下筌ダムから河川維持放流を行っている』。『流し刺し網や地引き網などで漁獲される。刺身やエツずし、天ぷら、唐揚げ、膾、塩焼き、煮つけなど様々な料理で食べられる』。『小骨が多いので』、『ハモと同様に骨切りを施す必要があり』、『また』、『傷みも早いので手早い調理をしなければならない。そのため、産地では筑後川に浮かべた漁船の上で、観光客などに獲りたてのエツをすぐに調理して供することも行われる』。『「むかし、一人の僧侶が筑後川を渡る際、渡し舟の船頭に払うお金がなかったので、近くに生えていたヨシの葉を取り、それを川に浮かべたところ、たちまち魚(エツ)に変わった。この僧侶はのちの弘法大師(空海)であった。」という伝承が、福岡県、佐賀県の筑後川下流域に伝わる』とある。ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のエツのページも必見。残念ながら、私はエツの生体を実検したことがなく、食したこともないので、グーグル画像検索「Coilia nasusをリンクさせておくが、遊泳している成魚画像はごく少ないので、よく見られたい。

「筑後柳川」福岡県柳川市(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。

「寺江」後の本「大和本草」批判を目的の一つとした小野蘭山の「重訂本草綱目啓蒙」(弘化四(一八四七)年の「巻之四十」の「鱭魚」に(国立国会図書館デジタルコレクションの画像)『鱭魚  ヱツ ウバエツ【筑後小者】』と始まる中に(記号を付加した)、

   *

「エツ」ハ、筑後柳川、及、肥前寺江【今ハ寺井ト云。】ニアリ。海ヨリ河ニノボルモノ。故ニ河海ノ間ニテ取ル。香魚(アユ)ノゴトク一年ニシテ死ス。長サ六七寸、大ナルモノハ一二尺ニイタル。長サ一尺許ナルノモハ濶サ一寸許ニシテ扁ク、背ノ方ハ微シ[やぶちゃん注:「すこし」か。]アツクシテ腹ノ方ハ漸ク薄ク刀刃ノゴトシ腹ノ鱗ハ三角ニシテ尖リテ鰶魚(コノシロ)ノゴトシ。尾ハ狹ク尖レリ。首ヨリ順ニ漸ク狹細ニシテ小刀ノ形ノゴトクシテ銀色ナリ肉ニハ細刺多シ。鱠軒(なますさしみ)[やぶちゃん注:一口大に切った刺身を「軒(けん)」と呼ぶ。]トナシテ食フ。目・口、甚近ク、上脣ノ堅骨、兩吻へ剰り[やぶちゃん注:「かかり」か。]出、左右ノ鰭、ミナ、細ク分レテ、麥芒ノゴトシ。ソノ形狀、他魚ニ異ナリ。鱭魚ヲ、「タチウヲ」ト訓ズルハ非ナリ。「タチウヲ」ハ、形、長クシテ海鰻(ハモ)・鱺[やぶちゃん注:「うなぎ」。]ニ似タリ。閩書ノ「帶魚」ナリ。

   *

とあることから、柳川の北西方の少し内陸の佐賀県佐賀市諸富町大字寺井津のことと考えられる。筑後川が最後に早津江川に分流する地点の現在の右岸に当たる。

「たち魚」スズキ目サバ亜目タチウオ科タチウオ属タチウオ Trichiurus lepturus

「鰣魚〔(じぎよ)〕」条鰭綱ニシン目ニシン亜目ニシン科シャッド亜科テヌアロサ属 Tenualosa ジギョ(仮称)Tenualosa reevesii。中国周辺の回遊性固有種の一種。中国音音写「シーユー」。ウィキの「ジギョ」によれば、『通常』、『海水の上層で回遊している魚であるが、4月から6月になると、長江、銭塘江、閩江、珠江など、中国の川の下流域に産卵のために遡上し、かつ脂が乗っているため、季節的に現れる魚との意味から「時魚」と称し、古来珍重されてきたが、標準和名は付けられていない。明治時代の『漢和大字典』』『には「鰣」に「ひらこのしろ」の注が見られるなど、ヒラコノシロやオナガコノシロと記した字書、辞書、料理書もあるが、根拠は不明。ヒラはニシン目ヒラ科ヒラ亜科』Pelloninae『に分類され、コノシロは』ニシン科コノシロ亜科Dorosomatinae『で近縁種とはいえず、魚類学、水産学の書籍で使っている例は見いだせない。なお、国字の「鰣」は「ハス」と読むが、これは全く異なるコイ科』(条鰭綱コイ目コイ科 Cyprinidae。ハスはクセノキプリス亜科 Oxygastrinae ハス属ハス Opsariichthys uncirostris)『の魚である。広東省では「三黎」、「三鯠」(広東語 サームライ)と称する。古名に「魱」(ゴ、hú)、「鯦」(キュウ、jiù)、「當魱(当互)」、「魱鮥魚(河洛魚)」がある』。『reevesii(レーベシー)という種名』は、『東インド会社の茶の鑑定人で、1812年に広東を訪れ、この魚の記録を残したJohn Reevesの名にちなむ』。『一般的に成魚は、雄が体長40cm前後、体重1.3kg程度、雌が体長50cm前後、体重2kg程度。最大60cm以上になるものもある。体色は銀灰色で、背側が黒っぽく、腹側が白っぽい。体は長いひし形に近く、V字型の長い尾鰭を持つ』。『中国周辺の黄海南部から、台湾、フィリピン西部にかけての海域に生息する。春に淡水域まで遡上した成魚は、5月ごろ産卵した後、海に戻る。一尾で200万粒程度の卵を産む。産卵後1日程度で孵化し、稚魚は淡水域で数ヶ月育ち、秋の9月-10月に海に移動する。3年で成魚となるといわれる』。『長江流域を中心に、かつて、年間数百トン獲れ、1974年には1500トンを超えたともいわれる。当時は湖南省の洞庭湖や、さらに上流でも捕獲できたが、乱獲によって1980年代には年間1トン未満となり、幻の魚と呼ばれるようになった。このため、資源が枯渇するのを防止すべく、中国政府は1988年に国家一級野生保護動物に指定し、現在は捕獲を禁じている』。『

春の、産卵時期より早い4月末から5月ごろが旬で、脂がのっている。川を遡上する途中で、餌はあまり取らないため、上流になるほど脂は落ち、風味も下がるとされる。新鮮なものを、蒸し魚とすることが好まれた。鱗は取らず、湯で表面の臭みを洗ってから、塩などで下味をつけ、ネギなどの薬味を乗せて蒸し、後でたれをかけた「清蒸鰣魚」にする場合と、ブタの網脂で覆い、シイタケ、タケノコ、金華ハムなどを乗せて、鶏がらスープをかけて蒸す場合がある。また、醤油と砂糖を使った煮物や、鍋料理などにも用いられた。鱗を取らないのは、鱗が柔らかくて脂がのっているためとされるが、旧暦の端午の節句を過ぎると硬くなり食べられなくなる』。『20世紀には、特に長江流域の鎮江市から南京市辺りの名物料理とされた』。『後漢の『説文解字』「鯦、當互也」の記載がある。『爾雅』「釈魚」にも「鯦、當魱」の記載がある』。『明以降には皇帝への献上品として用いられた。南京は産地であって新鮮なものが食べられたが、北京に都が移ると輸送が難しくなり、腐敗が始まって臭くなったため、「臭魚」とも呼ばれた』。『清の書籍には具体的な産地や調理法の記録も多くなる。浙江省紹興周辺の言葉を集めた范虎の『越諺』には、「厳瀬、富陽の物が良く、味が倍加する。滋味は鱗と皮の間にある。」と記載されている。『中饋録』には調理法として、「わたは取るが』、『鱗は取らず、布で血を拭き取り、鍋に入れて、花椒、砂仁、醤、水、酒、ネギを加えて和え、蒸す。」と具体的に書かれている。陸以湉の『冷廬雑識』には、「杭州で鰣魚が初物として出回る時には、富豪がこぞって買いにやるため、値が高く、貧乏人は食べられない。」との記述がある。また、清の詩人袁枚は『随園食単』の「江鮮単」で、エツ類と同様に甘い酒の麹や醤油と共に蒸したり、油をひいて焼くのが良い、風味が全くなくなるので、間違ってもぶつ切りにして鶏肉と煮たり、内臓や皮を取って調理してはならない、と述べている』とある。但し、益軒は「本草綱目」の「鰣」(「鱭魚」とは別に載る)の貧弱な記載から相同性を誤認しており、グーグル画像検索「Tenualosa reevesiiで見る限り、エツとは似ても似つかない魚である。

『「本草綱目」、考ふべし』「鱗之三」に載る。

   *

鱭魚【音「劑」。「食療」。】

釋名【鮆魚(音「劑」)・鮤魚(音「列」)・鱴刀(音「篾」)・魛魚(音「刀」)・鰽魚(「廣韻」音「道」。亦作「鮂望魚」。時珍曰、魚形、如劑物裂篾之刀、故有諸名。「魏武食制」謂之「望魚」。】

集解【時珍曰、鱭、生江湖中、常以三月始出。狀狹而長薄、如削木片、亦如長薄尖刀形。細鱗白色。吻上有二硬鬚、腮下有長鬛如麥芒。腹下有硬角刺、快利若刀。腹後近尾有短鬛、肉中多細刺。煎炙或作鮓、鱐、食皆美、烹煮不如。「淮南子」云、『鮆魚飲而不食、鱣鮪食而不飮』。又「異物志」云、『鰽魚初夏從海中泝流而上。長尺餘、腹下如刀、肉中細骨如毛。云是鰽鳥所化、故腹内尚有鳥腎二枚。其鳥白色、如鷖、羣飛。至夏、鳥藏魚出、變化無疑。然今鱭魚亦自生子、未必盡鳥化也』。】

氣味【甘溫無毒】詵曰、「發疥、不可多食」。源曰、「助火、動痰。發疾」。

主治 貼痔瘻【時珍】。

附方 新一。瘻有數孔、用耕垈土燒赤、以苦酒浸之、合壁土令熱、以大鮆鮓展轉染土貼之每日一次【「千金方」】。

   *

これは形状や食用部を見るに、確かにエツを記載していると考えてよかろうとは思う。

「彙苑」「異物彙苑」・明の学者で政治家(最終官位は刑部尚書)の王世貞(一五二六年~一五九〇年)の撰になる類書(百科事典)。

「𦚤〔(こ)え〕」「下腹(したばら)が丸々と肥えている・腹が出ている」の意。]

2019/08/18

大和本草卷之十三 魚之下 鰤(ブリ)

 

【和品】

鰤 鰤ノ字ハ昔ヨリ国俗ニブリトヨム然モ出處未詳本

 草ニ魚師トイヘルハ別物ナルカ其形狀ヲノセス唐韻

 ヲ引テ曰鰤ハ老魚也ト然ラバ鰤ト魚師ト一物カ又

 本草引山海經曰魚師食之殺人トアリフリハ微毒ア

 レトモ人ヲ殺サレドモ松前蝦夷ノフリハ殺人ト云凡フ

 リハ病人ニ不宜又瘡疥ヲ發シ痰ヲ生ス有宿食及

 癤瘡金瘡人不可食丹後鰤ハ味美ナリ若狹ナト隣

 國ナレドモブリノ味ヲトル丹後フリ油多キ故塩脯トナラス

[やぶちゃん注:「ヲトル」はママ。]

 筑紫ノフリハ塩脯トスヘシ鰤ノ小ナルヲハマチト云江戶

 ニテイナタト云筑紫ニテヤズト云地ニヨリテ名カハレリ皆一

 物也三月ニ多ク捕ルヤズニモ色ノ少シアカキアリ少大

 ナルヲ目白ト云小フリナリブリヨリ小ナル故味ウスク

 毒ナシハマチ丹後若狹攝州等ノ産ハ味ヨシ筑紫ノ

 産ハ味淡ク酸シ目白ハ味ヨシ凡丹後ノサバカレイアヂフ

[やぶちゃん注:「カレイ」はママ。歴史的仮名遣では「カレヒ」。]

 リナト皆脂多味美○一種ヒラマサト云モノアリフリニ似テ

 大ナリフリニ比スレハ味淡ク無毒其小ナルヲサウジト云味

 淡美ナリ

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

鰤(ぶり) 「鰤」の字は、昔より、国、俗に「ぶり」とよむ。然も、出處未だ詳らかならず。「本草」に「魚師」といへるは別物なるか。其の形狀を、のせず。「唐韻」を引きて曰はく、『鰤は老魚なり』と。然らば、鰤と魚師と一物か。又、「本草」、「山海經〔(せんがいきやう)〕」を引きて曰はく、『魚師、之れを食へば、人を殺す』とあり。ぶりは微毒あれども、人を殺さず。されども、松前・蝦夷(えぞ)の「ぶり」は人を殺すと云ふ。

凡そ、「ぶり」は病人に宜しからず、又、瘡疥〔(さうかい)〕を發し、痰を生ず。宿食有〔り〕、及び、癤瘡〔(せつさう)〕・金瘡〔(きんさう)〕の人、食ふべからず。

丹後鰤は、味、美なり。若狹など、隣國なれども、「ぶり」の味、をとる。「丹後ぶり」、油多き故、塩脯〔(しほほじし)〕とならず。筑紫の「ぶり」は、塩脯とすべし。

鰤の小なるを「はまち」と云ひ、江戶にて「いなだ」と云ひ、筑紫にて「やず」と云ひ、地によりて、名、かはれり。皆、一物なり。三月に多く捕る。「やず」にも色の少しあかきあり。少し大なるを「目白(めじろ)」と云ひ、小ぶりなり。「ぶり」より小なる故、味、うすく、毒、なし。「はまち」、丹後・若狹・攝州等の産は、味、よし。筑紫の産は、味、淡く酸〔(す)〕し。「目白」は、味、よし。凡そ、丹後の「さば」・「かれい」・「あぢ」・「ぶり」など、皆、脂、多く、味、美なり。

○一種、「ひらまさ」と云ふものあり。「ぶり」に似て、大なり。「ぶり」に比すれば、味、淡く、毒、無し。其の小なるを「さうじ」と云ひ、味、淡美なり。

[やぶちゃん注:条鰭綱スズキ目スズキ亜目アジ科ブリモドキ亜科ブリ属ブリ Seriola quinqueradiataウィキの「ブリ」によれば、『標準和名「ブリ」については、江戸時代の本草学者である貝原益軒が「脂多き魚なり、脂の上を略する」と語っており』(本書の本条ではない)、『「アブラ」が「ブラ」へ、さらに転訛し「ブリ」となったという説がある。漢字「鰤」は「『師走』(』十二『月)に脂が乗って旨くなる魚だから」、または「『師』は大魚であることを表すため」等の説があ』るとする。別に『身が赤くて「ブリブリ」しているからといった説がある』とある(また、他に、荒俣宏氏の「世界大博物図鑑2 魚類」(平凡社一九八九年刊)の「ブリ」の記載では、「日本山海名産図会」の説として、「年經(ふ)りたる」の「ふり」が濁音化したものであるという説を示しておられ、これは出世魚(後述)としても腑に落ちる語源説と言える)。本条にも出る通り、本種は出世魚として知られ、『日本各地での地方名と併せて』、『様々な呼び方をされ』(百種前後の異名があるとされる)、

・関東

モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)

・北陸

コゾクラ・コズクラ・ツバイソ(35cm以下)→フクラギ(35-60cm)→ガンド・ガンドブリ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)

・関西

モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス・ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)

・南四国

モジャコ(稚魚)→ワカナゴ(35cm以下)→ハマチ(30-40cm)→メジロ(40-60cm)→オオイオ(60-70cm)→スズイナ(70-80cm)→ブリ(80cm以上)

を示す(リンク先にはより詳細な表対照のものも載る)。また、『80cm 以上のものは関東・関西とも「ブリ」と呼ぶ。または80cm以下でも8kg以上(関西では6kg以上)のものをブリと呼ぶ場合もある』。さらに『和歌山県は関西圏』であるが、例外的に『関東名で呼ぶことが多い。流通過程では、大きさに関わらず』、『養殖ものをハマチ(?)、天然ものをブリと呼んで区別する場合もある』とある。荒俣氏は上掲書で、「ハマチ」について、「羽持ち」(大きくはないが、胸鰭が有意にスマートで体側後部へ鳥の羽のように伸びるからか)又は「浜育ち」『の意があるという』と述べておられる。ウィキでは養殖物を「ハマチ」と呼ぶとあるのは、現在の流通での区別でしかなく、既に室町時代の「塵添壒囊抄(じんてんあいのうしょう:行誉らによって撰せられた百科辞書)で「魬」を「はまち」と読んで出ており、江戸時代には「ハマチ」は普通に「ブリ」を指す語であったから、注意が必要である。但し、現代日本で初めて養殖に成功したのは、富山県氷見市で、私はその近くの高岡市伏木で中高時代を過ごしたが、確かに通常個体は「ハマチ」の呼称が一般的ではあった(塩巻にするような大型個体は「ブリ」であった)。なお、益軒は福岡であるので、現行の北九州のものを示すと、

ワカナゴ・ヤズ(20cm未満)→ハマチ(40 cm未満)→メジロ(60 cm未満)→ブリ(80 cm未満とそれ以上)

となり、益軒の叙述とも一致している。益軒は毒性の記述をしているが、ブリ本体には有毒成分はない。ただ、脂が強いので、多量に食えば、消化不良を起こす可能性があるから、それを謂っているか。但し、悪名高いアニサキス(線形動物門双腺(双線)綱回虫目回虫上科アニサキス科アニサキス亜科アニサキス属 Anisakis の内、Anisakis simplexAnisakis physeterisPseudoterranova decipiens の三種)がブリに寄生するので、それを毒と称している可能性はある。なお、他にブリには特有の大型(長大)のブリ糸状虫(線形動物門双腺綱カマラヌス目ブリキンニクセンチュウ Philometroides seriolae)が寄生するが、これは人体には無害である(但し、見た目は甚だ気持ち悪くはある)。

『「本草」に「魚師」といへるは別物なるか。其の形狀を、のせず』李時珍の「本草綱目」の巻四十四の「鱗之四」に、

   *

魚師【「綱目」】

集解【時珍曰、『陳藏器、「諸魚注」云、魚師大者、有毒殺人。今無識者』。但、「唐韻」云、『鰤、老魚也』。「山海經」云、『歴㶁之水有師魚、食之殺人』。其卽此與。】

   *

とあるのを指すが、絶対属性の形状を「大」「老」と言っており、益軒は種を同定出来る形状記載がないと言っているのであるが、その内容から見ても、明らかにこの「魚師」は「ブリ」ではない時珍は単に「魚」の「師」(老師)、則ち、老いて大魚となったもの(海産淡水産を問わずである)を総称する語として「魚師」と述べているのである(「本草綱目」は一般単独種のみならず、一般名詞も項目として挙げて記しているので何らおかしくない。益軒はそれらをも種名と読む誤謬を犯しているのである)。大型の魚類の中には(特に海産の中・深海性の種群)、高級脂肪酸(ワックス)を筋肉に持っていたり、肝臓に多量のビタミンAを蓄積する種が見られ、これらを過度に食すると、激しい下痢(前者)や皮膚剥落(後者)の症状を発症するケースがまま見られるので、「有毒」というのは腑に落ちるとは言える。

「唐韻」唐代に孫愐(そんめん)によって編纂された韻書。もとは全五巻。中国語を韻によって配列し、反切によってその発音を示したもので、隋の陸法言の「切韻」を増訂した書の一つ。後、北宋の徐鉉(じょげん)によって、「説文解字」大徐本の反切に用いられたが、現在では完本は残っていない(「ブリタニカ国際大百科事典」に拠る)。

「『鰤は老魚なり』と。然らば、鰤と魚師と一物か」どうして短絡的にそうなるかなぁ、益軒先生!

『松前・蝦夷(えぞ)の「ぶり」は人を殺すと云ふ』意味不明。或いはアイヌ語で別の動物を指すのではないかと思い、調べて見たが、見当たらない。

「瘡疥〔(さうかい)〕」ここは広義の発疹性皮膚疾患であろう。寄生虫等によるものではなく、叙述からみて、魚肉アレルギ性のそれと思われる。

「宿食」食べた物が消化せずに胃の中に滞留すること。脂の強いそれなら腑に落ちる。

「癤瘡〔(せつさう)〕」通常は現在の毛包炎、「おでき」を指す。化膿して熱を持っている病態は消化機能も落ちているから、脂の強いものを食するのはよくはない。

「金瘡〔(きんさう)〕」刃物による切り傷。同前。

「丹後鰤は、味、美なり」先の荒俣氏の記載によれば(ピリオド・コンマを句読点に代えた)、『ブリは丹後の産が最上とされた。その理由は、《本朝食鑑》によると、東北の海から西南の海をめぐり、丹後の海上にいたるころに、ちょうど身が肥え、脂も多く、はなはだ甘美な味になるから』で、『また、《日本山海名産図会》によれば、丹後与謝の海』(京都府宮津湾奥部、天橋立の砂州で区切られた潟湖の阿蘇海(あそかい)の古い異名)『の海峡にイネという場所があって(現京都府与謝郡伊根町)』(丹後半島の北東部尖端。ここ(グーグル・マップ・データ))、『椎の木が多く』、『その実が海にはいって魚の餌となるから、美味になる、という』とある。但し、ブリは肉食性で、幼魚時はプランクトン食だが、成長するにつれて魚食性になるから、この話は眉唾っぽい。但し、現行の養殖では、飼料に小魚(こざかな)をペレット化したものをやるが、そこにカボスやカカオポリフェノールを含ませるとあるから、絶対に食わないとは言われないかも知れぬ。

「塩脯〔(しほほじし)〕」塩漬けにした一種の干物。脂が強いと向かないとは思う。

『少し大なるを「目白(めじろ)」』ブリはやや大きくなると、眼球の白目部分が有意に見えるようになるからであろう。

「ひらまさ」平政。ブリ属ヒラマサ Seriola lalandi。ブリと『よく似ているが、ブリは上顎上後端が角張ること、胸鰭は腹鰭より長いか』、『ほぼ同長であること、体はあまり側扁しないこと、黄色の縦帯はやや不明瞭なことで区別できる。また』、『ブリは北西太平洋のみに分布するので、他地域ではヒラマサのみになり』(ヒラマサは全世界の亜熱帯・温帯海域に広く分布(但し、赤道付近の熱帯海域には見られない)し、日本近海では北海道南部以南で普通に見られる)、『混乱は起こりにくい。またヒラマサの旬は夏である。ブリとヒラマサはまれに交配することがあり、ブリマサまたはヒラブリと呼ばれる個体が水揚げされることがある』とウィキの「ブリ」にある。ヒラマサには別に「平鰤」という字が当てられることから、「ブリ」よりも「平」たくて、体側の太い黄色縦帯を木の「柾」目(まさめ)に譬えたのが「ひらまさ」の語源であろうと言われる。なお、ブリとは、口部の端外側上部(主上顎骨後縁上部。口端真上の三角形を成す部分)がヒラマサでは丸く角張らないのに対し、ブリでは切り取ったようにかっちり角張っていることで容易に識別出来る。ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のヒラマサのページに当該部位の対照写真があるので見られたい。

『其の小なるを「さうじ」と云ひ』同前リンク先に「ヒラソウジ」の異名が載る。「さうじ」「ソウジ」の語源は不詳だが、成長過程で黄帯を持つシマアジ(スズキ目アジ科シマアジ属シマアジ Pseudocaranx dentex)にも「ソウジ」の異名があり、或いは「双」一紋「字」辺りが語源かも知れぬなどと勝手に夢想した。]

2019/08/08

大和本草卷之十三 魚之下 棘鬣魚(タヒ) (マダイを始めとする「~ダイ」と呼ぶ多様な種群)

 

  魚之下【海魚○河海通在ノ魚ハ鱸鯔鰻鱺等也】

[やぶちゃん注:標題下は割注。]

【外】

棘鬣魚(タヒ) 本邦ノ俗用鯛字日本紀神代下赤女ヲ載

 ス即赤鯛也本草不載之閩書曰棘鬣魚似鯽而

 大其鬣如棘紅紫色嶺表錄異名吉鬣泉州謂之

 髻鬣又名竒鬣或曰過臘莆人謂之赤鬃興化志

 曰赤鬃似棘鬣而大則二魚也○棘鬣赤鬃是鯛

 也為海魚之上品本邦諸州此魚多三月至五月

 最多味最美大温無毒補中益氣性峻補實膓胃

 養五藏使人肥盛陽道婦人乳汁少者不通者可

 食然傷寒熱病積聚飲食停滯有瘡癤凡有熱人

 不可食小者性和平微温為脯為塩藏不害于人

 大者其腸及子為醢補肝治内障虛人眼疾小兒

 雀目○順和名抄云崔禹錫食經云鯛都條反和

 名大比味甘冷無毒貌似鯽而紅鰭者也今按稱性

 冷者非也○鯛ニ雌雄アリ雄ハ色淡黑背ニカトアリ雌ハ

 色紅ナリ形ウルハシク性味最ヨシ雄ニマサレリ

 ○延喜式ニ平魚ト云是タヒラナリ婦女ハヒラト云朝

 鮮ニテハ鯛ヲ道味魚ト云又掉尾ト云或曰三車

 一覽平魚ヲノセタリ其形鯛ノ如シ○今案ニ鯛ノ類

 多シ○方頭魚閩書ニ出アマダイトモ云東土ニテ奥津

 鯛ト云閩書似棘鬣而小頭方味美シトイヘリ鼻ノ

 上他魚ヨリ高シ目モ髙ク付ケリ色ハ鯛ノ如ニシテ長

[やぶちゃん注:「高」「髙」の混在はママ。]

 シ鯛ヨリ性カロシ無毒病人ニ宜肉ヤハラカ也故ニ

 塩淹ニ宜シ○金絲魚黃筋アリ是亦方頭魚ノ類

 也無毒味ヨシ性カロシ○烏頰魚閩書曰似竒鬣而

 形稍黒當於大寒時取之性不好或曰其膓有大

 毒不可食頭短ク口小ナリ形ハ鯛ニ似タリ此類亦多

 シ○黃檣魚閩書ニ出タリ又漳州府志曰畧似竒鬣

 身小而薄其尾淡黃性カロシ無毒○ヒヱ鯛淡灰色

 味ヲトレリ性亦不好○海鯽閩書ニ出タリ順和名海

 鯽魚知沼鯛ニ似テ靑黒色好ンテ人糞ヲ食故ニ人賎之

 黑鯛ヒヱ鯛モ其形ハ海鯽ニ似テ別ナリ此類性味共

 ニ鯛ニヲトレリ非佳品○ヒサノ魚鯛ニ似テヒラ

 ク色黑シ又一種ヒサノ魚黑色ノヒサノ魚ニハ異

 ナリ鮒ノ形ニ似テタテ筋アリ其筋ノ色濃淡相

 マシレリ口細ク背ニ光色アリ味ヨシ性未詳○

 ノムシ鯛ノ類ナリ頭鵝ノ如シ大ナルアリ色紫紅ウロ

 コハ鯉ノ如シ味淡シ○寳藏鯛常ニ鯛ヨリ身薄ク味

 淡クシテヨシ色淡白不紅尾ニ近キ處黑㸃多シ牙ハ

 口中ニカクレテ口ヨリ見ヱス尾ニ岐ナク直ニ切タルカ如シ

 常ノ鯛ニ異レリ○黑魚長一尺餘或六寸遍身黑色

 目亦黑其形如鯛黑鯛ニハ非ス味ヨシ味亦鯛ニ似タ

 リ無毒此外猶鯛ノ類多シ不能盡記凡鯛ノ類ノ

 中方頭金絲黃檣ハ性可也其餘非良品

○やぶちゃんの書き下し文

  魚の下【海魚○河海通在の魚は鱸・鯔・鰻鱺〔(うなぎ)〕等なり。】

【外】

棘鬣魚(たひ) 本邦の俗、「鯛」の字を用ふ。「日本紀」〔の〕「神代下」、『赤女(〔あか〕め)』を載す。即ち、「赤鯛」なり。「本草」に之れを載せず。「閩書」に曰はく、『棘鬣魚、鯽に似て大に、其の鬣(ひれ)、棘のごとく、紅紫色』〔と〕。「嶺表錄異」に、『吉鬣〔(きつれふ[やぶちゃん注:現代仮名遣「きつりょう」。])〕と名づく。泉州、之れを髻鬣〔(けいれふ)〕と謂ひ、又、竒鬣〔(きれふ)〕と名づく。或いは、過臘〔(くわらふ)〕と曰ふ。莆人〔(ほひと)〕、之れを赤鬃〔(せきそう)〕と謂ふ』〔と〕。「興化志」に、『赤鬃、棘鬣に似て大なり』と曰ふ。則ち、二魚なり。

○「棘鬣」「赤鬃」、是れ、鯛なり。海魚の上品と為す。本邦の諸州、此の魚、多し。三月より五月に至り、最も多し。味、最美。

大温、毒、無し。中を補し、氣を益す。性〔(しやう)〕、峻補〔(しゆんほ)にして〕、膓胃を實〔(じつ)にし〕、五藏を養ふ。人をして肥ゑ[やぶちゃん注:ママ。]させしめ、陽道を盛んにす。婦人、乳汁少なき者・通ぜざる者、食ふべし。

然〔れども〕、傷寒・熱病・積聚〔(しやくじゆ)〕・飲食停滯、瘡癤〔(さうせつ)〕有る〔等〕、凡そ、熱有る人、食ふべからず。

小なる者、性、和、平、微温。脯〔(ほじし)〕と為し、塩藏と為す。人を害せず。

大なる者、其の腸〔(わた)〕及び子、醢〔(しほから)〕と為す。肝を補し、内障〔の〕虛人・眼疾・小兒の雀目〔(とりめ)〕を治す。

○順が「和名抄」に云はく、『崔禹錫「食經」に云はく、「鯛、都條反」。和名「大比」。味、甘、冷、毒、無し。貌、鯽〔(ふな)〕に似て、紅〔き〕鰭なる者なり』〔と〕。今、按ずるに、性、冷と稱するは、非なり。

○鯛に雌雄あり、雄は色淡黑、背に、かど、あり。雌は、色、紅なり。形、うるはしく、性・味、最もよし。雄にまされり。

○「延喜式」に「平魚」と云ふ。是れ、「たひら」なり。婦女は「ひら」と云ふ。朝鮮にては、鯛を「道味魚」と云ひ、又「掉尾」と云ふ。或いは曰はく、「三車一覽」、「平魚」をのせたり。其の形、鯛のごとし。

○今、案ずるに、鯛の類、多し。

○方頭魚(くずな) 「閩書」に出づ。「あまだい」とも云ふ。東土にて「奥津鯛」と云ふ。「閩書」に『棘鬣に似て、小頭〔にして〕方〔たり〕。味、美〔よ)〕し』といへり。鼻の上、他魚より、高し。目も髙く付けり。色は鯛のごとくにして、長し。鯛より、性、かろし。毒、無し。病人に宜し。肉、やはらかなり。故に塩淹〔(しほづけ)〕に宜し。

○金絲魚(いとよりだひ) 黃筋あり。是れ亦、方頭魚〔(くずな)〕の類なり。毒、無し。味、よし。性、かろし。

○烏頰魚(すみやき/くろだひ[やぶちゃん注:前が右ルビ、後が左ルビ。]) 「閩書」に曰はく、『竒鬣に似て、形、稍〔(やや)〕、黒し。大寒〔(だいかん)〕の時に當り、之れを取る。性、好からず』〔と〕。或いは曰はく、其の膓、大毒有り、食ふべからず。頭、短く、口、小なり。形は鯛に似たり。此類、亦、多し。

○黃檣魚(はなふえだひ) 「閩書」に出たり。又、「漳州府志」に曰はく、『畧〔(ほぼ)〕竒鬣に似、身、小にして薄し。其の尾、淡黃。性、かろし。毒、無し』〔と〕。

○ひゑ鯛 淡灰色。味、をとれり[やぶちゃん注:ママ。]。性、亦、好からず。

○海鯽(ちぬ) 「閩書」に出たり。順が「和名」に、『海鯽魚 知沼』〔と〕。鯛に似て靑黒色、好んで人糞を食ふ。故に、人、之れを賎〔しむ〕。「黑鯛」・「ひゑ鯛」も其の形は「海鯽」に似て、別なり。此の類、性・味共に、鯛にをとれり。佳品に非ず。

○「ひさの魚」 鯛に似て、ひらく、色、黑し。又、一種「ひさの魚」、黑色の「ひさの魚」には異なり、鮒の形に似て、たて筋、あり。其の筋の色、濃淡、相ひまじれり。口細く、背に光色あり。味、よし。性、未だ詳らかならず。

○「のむし鯛」の類なり。頭、鵝〔(がてう)〕のごとし。大なるあり。色、紫紅。うろこは鯉のごとし。味、淡し。

○「寳藏鯛」 常に鯛より身薄く、味、淡くして、よし。色、淡白、紅ならず。尾に近き處、黑㸃、多し。牙は口中にかくれて、口より見ゑず[やぶちゃん注:ママ。]。尾に岐(また)、なく、直ちに切れたるがごとし。常の鯛に異れり。

○「黑魚」 長さ一尺餘り、或いは六寸。遍身、黑色。目も亦、黑し。其の形、鯛のごとくにして、「黑鯛」には非ず。味、よし。味、亦、鯛に似たり。毒、無し。

 此の外、猶ほ、鯛の類、多し。記すこと、盡〔(つ)〕く能はず。凡そ、鯛の類の中〔(うち)〕、方頭(くずな)・金絲(いとより)・黃檣(はなふれ)は、性、可なり。其の餘は良品に非ず。

[やぶちゃん注:普通に「鯛」「タイ」と言えば、日本人は全員が、条鰭綱スズキ目タイ科マダイ亜科マダイ属マダイ Pagrus major を浮かべるが、御存知の通り、マダイに似ているタイ科 Sparidae の種群のみならず、全く縁のない別種にも本邦では「~ダイ」と附してきたし、現代でも標準和名に「~ダイ」を含む種は多く、マダイを連想させて購買意欲をそそるための偽名異名としてさえ用いられている。例えば、ウィキの「鯛」には、『日本では』「タイ」と言えば(五月蠅くなるのでここではティラピアを除いて学名挿入はしない)、『一般的に高級魚として認知されているが、日本人以外の民族で、この魚を「魚の王」とみなしている例はほぼ皆無である。タイ科にはマダイの他に、クロダイ、キダイ、チダイ、ヒレコダイ、タイワンダイ、アカレンコなどが含まれる。さらに広義には、タイ科以外の魚でも、扁平・大型・赤っぽい体色・白身などの特徴を持つ魚には』「~ダイ」『と和名がついていることが多く、この場合、タイ科とは分類上』、『遠い魚もいる』。『アマダイ、キントキダイ、イシダイなどはタイ科と同じスズキ亜目だが、エボシダイなどはスズキ目の別亜目、キンメダイ、アコウダイ、マトウダイなどは目のレベルでちがう魚である。このように和名にタイと名のついた魚は』実に二百種以上もあるのである。『極端な場合には』、『淡水魚のティラピア』(スズキ目ベラ亜目カワスズメ(シクリッド)科 Cichlidae ナイルティラピア(Nile tilapia)Oreochromis niloticus)『を、その学名ティラピア・ニロチカから「チカ鯛」などと命名したり、「イズミダイ」と称して』現に今、販売されている(その安さに飛びつく人は多いほど安いが、昨年、とある出ざるを得ない安会費の会合で金を出せば相応の刺身を出す店で出されたものを一切れ口に入れただけで、私は完全に勘弁だった)。『こうしたものは「あやかりタイ」などと揶揄される』とある。比較的市販されたり、水族館で見かけるそうした広義の、比較的、食品的にも魚類学的にも許し得る(私は棘鰭上目キンメダイ目キンメダイ亜目キンメダイ科キンメダイ属キンメダイ Beryx splendensを広義の「鯛」としては見做さないし、ティラピアは絶対に許さない!)「~タイ」は、例えば、サイト「キッチン Tips」の「鯛 種類は一般的に24種類。めでたい!ありがたい!と喜びの表現に」を見られんことをお薦めする。さても、従って益軒の叙述も既にしてタイ科 Sparidae からは逸脱しているので注意して読まれたい。因みに、真正のタイ科 Sparidae だけでも全世界で三十六属約百二十五種が属している。

「棘鬣魚(たひ)」「棘」(とげ)の「鬣」(たてがみ)を持った魚とは言い得て妙である。マダイの背鰭は前に十二本の棘条が並び、その後に軟条が十本続く。前部の棘条は鋭く、毒はないが、刺さるとかなり痛む。

『本邦の俗、「鯛」の字を用ふ』。「鯛」は漢語としては音「テウ(チョウ)」で、原義は魚の骨が端が柔らかいことを指す漢字で、次に本邦の狭義にそれと同じく「タイ科 Sparidae」に属する種群を指す。

『「日本紀」〔の〕「神代下」、『赤女(〔あか〕め)』を載す』「日本書紀」では巻第二の三つのパート(別書)、「海彦山彦」伝承の部分で、神に問われて、失くした釣針を示す魚として登場する。

   *

海神乃集大小之魚、逼問之。僉曰。不識。唯赤女【赤女。鯛魚名也。】比有口疾而不來。固召之探其口者。果得失鉤。

   *

是後火火出見尊數有歎息。豐玉姫問曰。天孫豈欲還故鄕歟。對曰。然。豐玉姫卽白父神曰。在此貴客、意望欲還上國。海神於是總集海魚、覓問其鉤。有一魚。對曰。赤女久有口疾。或云。赤鯛。疑是之吞乎。故卽召赤女。見其口者。鉤猶在口。

   *

海神、召赤女・口女問之。時、口女自口出鉤以奉焉。赤女卽赤鯛也。口女卽鯔魚也。

   *

の部分である。

「赤鯛」赤い色をした「鯛」のような魚であるが、これはマダイや、誰が見ても「鯛」と認証するキダイ(タイ科キダイ亜科キダイ属キダイ Dentex tumifrons)・チダイ(タイ科マダイ亜科チダイ属チダイ Evynnis japonica)などとなる。

『「本草」に之れを載せず』「本草綱目」を主引用として記す寺島良安の「和漢三才圖會 卷第四十九 魚類 江海有鱗魚」の「鯛」(流石に巻首に配する)の記載も、困って益軒同様、崔禹錫の「食經」と「閩書」の「南産志」や「日本書紀」を引いている。そちらで既に詳細な注を私は附しているので参照されたい。頭だからすぐ判る。

「閩書」前注で示した通り、その第二巻の「南産志」に載る。「閩書」は明の何喬遠(かきょうえん)撰になる、現在の福建省地方の地誌・物産誌で、全百五十四巻。

「嶺表錄異」唐最末期(九〇七年滅亡)に広州司馬を務めた劉恂(りゅうじゅん)の撰になる華南の地誌。

「吉鬣〔(きつれふ)〕」中国人にとって古来より赤は「吉」、最も目出度い色である。

「泉州」現在の福建省南東部泉州市(グーグル・マップ・データ)。泉州湾に臨む。元代には西方諸国人によってザイトンと呼ばれ、宋から元代にかけては中国最大の貿易港として繁栄したが、港口が浅く、福州・廈門(アモイ)の開港後は急速に衰えた。現在は晋江流域の物資集散地。

「髻鬣〔(けいれふ)〕」「髻」は頭の上部で髪を纏めて立てた「もとどり」を指すので、腑に落ちる。

「竒鬣〔(きれふ)〕」「竒」は「奇」の異体字。

「過臘〔(くわらふ)〕」「臘」臘月で陰暦十二月の異名で、中文サイトの辞書を見るに、「タイ」と思しい魚の名で、十二月に来たって春に去ることからの命名とあった。

「莆(ほ)」現在の福建省中部の莆田(ほでん)市附近(グーグル・マップ・データ。先の泉州市に東北で接する)。

「赤鬃」「鬃」は音「ソウ」で、原義は高く結い上げた髪。馬の鬣の意ともする。

「興化志」「興化府志」。明の呂一静らによって撰せられた現在の福建省の興化府(現在の莆田市内)地方の地誌。

「二魚なり」一方は赤色偏移はマダイでよいが、後はキダイかチダイであろう。鰭の赤みの強いのはキダイであるから、私はマダイとキダイを推す。

「本邦の諸州、此の魚、多し」マダイは本邦近海では北海道以南から南シナ海北部までの北西太平洋に分布する(奄美群島・沖縄諸島沿岸には棲息しない)。漁獲量は東シナ海・瀬戸内海・日本海の順に多く、太平洋側では南ほど多い(ウィキの「マダイ」に拠る)

「三月より五月に至り、最も多し」マダイの成魚は普段は沖合の水深三十~二百メートルの岩礁や砂礫底の底付近に棲息し、群れを作らず、単独で行動するが、産卵期の二~八月(温暖な地域ほど早い)には深みから浅い沿岸域へと移動する(同前)。

「中を補し」漢方で「中」は胃腸を指す。

「峻補(しゆんほ)」不足しているものを補う補法の一つで、専門的には補益力の強い薬物を用いて気血大虚或いは陰陽暴脱を治療する方法を指す。要は滋養強壮効果ということか。

「傷寒」昔の高熱を伴う疾患。熱病。現在のチフスの類。

「積聚〔(しやくじゆ)〕」所謂、「差し込み」で、胸部から腹部にかけての強い痛みを指す。

「瘡癤〔(さうせつ)〕」漢方で毛嚢と皮脂腺の急性炎症症状を指す。原因は熱毒によることが多いとする。

「脯〔(ほじし)〕」干物。

「内障〔の〕虛人」後の二つが眼疾患なので、ここは所謂、現在の白内障・緑内障のような症状を示す虚証(虚弱体質)の人。

『順が「和名抄」に云はく、『崔禹錫「食經」に云はく、「鯛、都條反」。和名「大比」。味、甘、冷、毒、無し。貌、鯽〔(ふな)〕に似て、紅〔き〕鰭なる者なり』源順(みなもとのしたごう)の「和名類聚鈔」の「第十九」の「鱗介部第三十 竜魚類第二百三十六」に、

   *

鯛 崔禹錫「食經」云、『鯛【都條反。和名「太比」。】味甘冷無毒貌似鯽而紅鰭者也』。

(鯛(たひ) 崔禹錫が「食經」に云はく、『鯛【「都」「條」の反。和名「太比」。】は、味、甘・冷にして、毒、無し。貌〔(かたち)〕、鯽〔(ふな)〕に似て、紅き鰭ある者なり』〔と〕。)

   *

・『崔禹錫が「食經」』の「食經」は「崔禹錫食経(さいうしゃくしょくきょう)」で唐の崔禹錫撰になる食物本草書。前掲の「倭名類聚鈔」に多く引用されるが、現在は散佚。後代の引用から、時節の食の禁忌・食い合わせ・飲用水の選び方等を記した総論部と、一品ごとに味覚・毒の有無・主治や効能を記した各論部から構成されていたと推測される。

・「都條反」は「鯛」の漢字音の反切。「都」の「tu」と「條」の「-hu」で「チュウ」。

・「貌」は「かたち」と訓じてよかろう。

・「鯽〔(ふな)〕」は条鰭綱骨鰾上目コイ目コイ科コイ亜科フナ属 Carassius の鮒(フナ)類である。京の公家は純粋な海産魚の活魚なんどは見たことがないので、比較標準は概ね鯉・鮒・鰻等の淡水魚となる(鱸などはよく遡上するので見知ってはいたであろう)。ここで順が想起しているのは、本邦に最も広く分布するギンブナ Carassius langsdorfii か、或いは、琵琶湖固有種であるゲンゴロウブナ Carassius cuvieri 又は同じ琵琶湖固有種のニゴロブナ Carassius buergeri grandoculis であろう。

「延喜式」「弘仁式」及び「貞観式」(本書と合わせて三代格式と呼ぶ)を承けて作られた平安中期の律令施行規則。延喜五(九〇五)年に醍醐天皇の勅命で藤原時平らが編纂を始め、延長五(九二七)年に完成、施行は実に半世紀後の康保四(九六七)年であった。平安初期の禁中の年中儀式や制度等を記す。三代格式の中では唯一、ほぼ完全に残っている。

「平魚〔(たひ)〕」「平(たひら)」(平たい様子)で略して「タ」、「魚(いを)」で訛って「ヒ」略して「イ」で「タヒ」「タイ」と繋がる。

『是れ、「たひら」なり』益軒に謂いは「延喜式」が「平魚」と書いて「たひら」と読んで「タイ」の固有名としていたと書いている訳だが、現行では「延喜式」の「平魚」はこれで既に「たひ」と読んでいるはずである。

『朝鮮にては、鯛を「道味魚」と云ひ』「財団法人海洋生物環境研究所」発行のパンフレット『海の豆知識』第一号(PDF)の「魚名の由来(その1)――マダイ――」の「3」に「道味(トミ)から変化した」説が示されてある。『タイは、朝鮮の言葉で古くから「道味(トミ)」と呼ばれており、それが変化して今日の呼び名になったという説。ある学者は「万葉時代から、日本ではタイが通称。これは朝鮮』語『でトミと呼ぶので、それが変化したとの説もある。当時の日本の文化人は朝鮮半島の帰化人やその子孫が多かった」と述べてい』るとある。「掉尾」(とうび/ちょうび:元来がこの語は「獲られた魚が死の間際に激しく尾を振り動かすこと」を意味したが、そこから転じて「物事や文章の勢いが最後にきて強く盛んになること」を比喩する語となった)は韓国語ではどう発音するか判らぬが、「トウビ」は「ドウミ」(道味)と日本語の音は似てはいる。

「三車一覽」よく判らないが、南宋以後に成立した易学書のようである。

「方頭魚(くずな)」「あまだい」「奥津鯛」甘鯛。スズキ目スズキ亜目キツネアマダイ(アマダイ)科アマダイ属 Branchiostegus のうちで、本邦近海産は以下の四種。

アカアマダイ Branchiostegus japonicus

シロアマダイBranchiostegus albus

キアマダイ Branchiostegus auratus

スミツキアマダイ Branchiostegus argentatus

孰れも全長は二十~六十センチメートルほど。体は前後に細長く、側扁する。頭部は額と顎が角張った方形で、目は額の近くにあり、何となく、とぼけた或いは可愛らしい顔をしている。食用ではシロアマダイを最美とする。

「塩淹〔(しほづけ)〕」「淹」(音「エン」)はこの場合、「漬ける・浸す」の意。

「金絲魚(いとよりだひ)」スズキ亜目イトヨリダイ科 Nemipterus 属イトヨリダイ Nemipterus virgatusウィキの「イトヨリダイ」によれば、『体は細長くやや側扁する。尾びれは深く二叉し、上端部は糸状に伸びる。体長』は四十センチメートルで、『体色はマダイよりも淡く、ピンク色に近い。体側に黄色い縦縞が』六『本ある』。『うま味が強い白身魚で、美味であるため、経済的価値が高い魚として漁獲、取引される。日本で市販されているものは輸入されたものも多く、その場合鮮度が落ちるので注意が必要。近海物の大型のものは高値で取引される。旬は秋から冬にかけてである』。『日本では高級魚であり、特に関西で珍重する。身がやわらかく崩れやすいため、煮付け料理には向かず、蒸し魚、塩焼きにすることが多い。鮮度の良いものは刺身にもされる』。『台湾では「金線鰱」(ジンシエンリエン)、香港や広東省では「紅衫」(広東語』:『ホンサーム)と称し、中級の魚としてよく食べられている。油で煎り焼きにされることが最も多いが、台湾では、「話梅」(干し梅)の風味をつけた汁をかけたり、香港では落花生油で焼いて、トウチで味をつけるなど、地域によって風味の違いがある。ほかに、蒸し魚、塩焼きなどにする場合もある』とある。私の『栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 金線魚 糸ヨリ鯛(イトヨリダイ)』及び『栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 イトヨリ・黃イトヨリ(ソコイトヨリ)』も是非、参照されたい。

「烏頰魚(すみやき/くろだひ)」まず、これは、その叙述の内の、「性、好からず」「其の膓、大毒有り、食ふべからず」という特異な注記から、釣通に人気で美味な「くろだひ」、スズキ目タイ科ヘダイ亜科クロダイ属クロダイ Acanthopagrus schlegelii ではなく、現在でも別名で「スミヤキダイ」と呼ぶ、

スズキ目スズキ亜目イシナギ科イシナギ属オオクチイシナギ Stereolepis doederleini

に同定比定する。本邦では各地に分布し、美味い魚であるが、肝臓には大量のビタミンAが含まれており、知っていて少しにしようと思っても、味わいがいい(私も試しに少量を食べたことがあるが、実際、非常に美味い)ため、つい、食が進んでしまうことから、急性のビタミンA過剰症(食中毒)を起こす虞れが高い。症状は激しい頭痛・嘔吐・発熱・全身性皮膚落屑(はくせつ)等であり、食後三十分から十二時間程度で発症する。私の「栗本丹洲自筆巻子本「魚譜」 スミヤキダイ(オオクチイシナギ)」も参照されたい。

「黃檣魚(はなふえだひ)」スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属ハナフエダイPristipomoides argyrogrammicus体は赤みを帯びており、背部は有意に黄色を交え、体側には青色の線がある。ヒメダイ属の中では体高がやや高い。体長は四十センチメートルに達する。本邦では伊豆諸島及び静岡県以南の太平洋側・琉球列島・南大東島・尖閣諸島・小笠原諸島に分布し、インド洋から太平洋に及ぶが、ハワイ諸島にはいない。深海性のフエダイ類の一種で通常は水深百メートル以深に棲息するが、岩礁域などでも見られる。沖縄などでは、他のヒメダイ属の種群と同じく、釣りや延縄(はえなわ)等で漁獲され、食用とされ、肉は白身で、美味い(以上はWEB魚図鑑」の「ハナフエダイ」に拠った)。

「漳州府志」清乾隆帝の代に成立した現在の福建省南東部に位置する漳州市(グーグル・マップ・データ)一帯の地誌。

「ひゑ鯛」これは「淡灰色」でマダイ型を想起して、ピンときた! スズキ目スズキ亜目タイ科ヘダイ亜科ヘダイ属ヘダイ Rhabdosargus sarba だ。ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のヘダイのページを見たところ、益軒先生の近くの福岡県福岡市中央卸売市場での採取に「ヒエダイ」がおりました!

「海鯽(ちぬ)」スズキ目タイ科ヘダイ亜科クロダイ属クロダイ Acanthopagrus schlegeli の異名として現在も生きている。正しい漢字表記は「茅渟」。これは本来は和泉国の沿岸海域の古称で、現在の大阪湾の東部の堺市から岸和田市を経て泉南郡に至る一帯であるが、ここでクロダイが豊富に採れたことによる。

「順が「和名」に、『海鯽魚 知沼』」「和名類聚鈔」巻十九の「鱗介部第三十」の「竜魚類第二百三十六」に(先の「鯛」(リンク先は国立国会図書館デジタルコレクションの「和名類聚鈔」の当該箇所。左頁の終りから四行目。次のコマの頭が「海鯽」)の次(そこが「尨魚(くろたひ)」の次)、

   *

海鯽 辨色立成云、海鯽魚【知沼鯽見下文】。

(海鯽(ちぬ) 「辨色立成」に云はく、『海鯽魚』【知沼。鯽は下文に見たり。】〔と〕。)

   *

「好んで人糞を食ふ。故に、人、之れを賎〔しむ〕」この冤罪はクロダイが、殊の外、悪食であることによる。ウィキの「クロダイ」によれば、何でも『上から落ちてくる物体に喰いつく性質』があり、『釣り餌は悪食な食性に対応して』、『ゴカイ類や甲殻類に始まり、海藻類、小魚、貝類、カイコの蛹、トウモロコシの粒やスイカの小片やミカン等に至るまで、様々なものが用いられている。トウモロコシやスイカと言った』、『本来であれば』、『海中に存在しないエサは他の魚を寄せ付けないため、エサ盗りに悩まされたときの有効手段とされる』とある。しかし、次いで言っておくと、一九七〇年代後半まで、瀬戸内海の牡蠣(カキ)養殖場では、餌として驚くべき多量の人糞が巨大な船でまさに排泄するように撒かれていたのだ。私は実際にそのNHKの映像を見た。まあ、しかし、考えてみれば、昔の野菜の肥料は当たり前に人糞だったし、古く中国ではトイレの下で豚を飼って人糞を餌としていたのだから、実は別に驚くに当たらない。

「ひさの魚」スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属イシダイ Oplegnathus fasciatus の異名ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のイシダイのページに、「ヒサウオ」の異名を掲げ、「延喜式」には『ひさうお』と記録されており、「ひさ」「は「ひす/ひし」と『同義の古い漁業用語で、海中の』「磯」や「岩礁」と解して『磯の魚』、『岩礁の魚』とも『言えるが、むしろ』、「ひさ」は「いさ」と『同義語であるから、『ひさうお』→『いさうお』→『斑魚』であり、すなわち斑入りの魚、縞鯛の意とみるほうが妥当』であるとする見解が述べられてある(但し、「いさ」を「まだら」の意とするのは一般的な採り方ではないのでちょっと説得力を欠くように思われる)。

『又、一種「ひさの魚」、黑色の「ひさの魚」には異なり。鮒の形に似て、たて筋、あり。其の筋の色、濃淡相ひまじれり。口細く、背に光色あり。味、よし』魚に詳しくない方は、この表現に衍文を疑われるかも知れぬが、知る人は、はた! と膝を打つ記述なのである。即ち、益軒が言っているのは、『黑色の「ひさの魚」』とは別に『一種』有意に異なる別種(実際は同種である)の『「ひさの魚」』がいて、それは『鮒』(フナ)『の形に』よく『似て』いて、特徴的な『たて筋』が『あり』、『其の筋の色、濃淡、相ひまじ』ってくっきりと縞が見える、そうして『口』が有意に『細く』尖っていて、『背に』ははっきりとした『光』沢がある奴がいる! と言っているのである。もう、お判りであろう、これはイシダイの幼魚・若年魚、或いは、♀の成魚や老成魚なのである。ウィキの「イシダイ」より引く。『成魚は全長』五十センチメートル『程度だが、稀に』全長七十センチメートル、体重七キログラムを『超える老成個体が漁獲される』。『体型は左右から押しつぶされたような円盤型で、顎がわずかに前方に突き出る。鱗は細かい櫛鱗で、ほぼ全身を覆う。口は上下の顎ごとに歯が融合し、頑丈なくちばしのような形状になっている』。『体色は白地に』七『本の太い横縞が入るが、成長段階や個体によっては』、『白色部が金色や灰色を帯びたり、横縞が隣と繋がったりもする。幼魚や若魚ではこの横縞が明瞭で、この時期は特にシマダイ(縞鯛)とも呼ばれる。ただし』、『成長につれて白・黒が互いに灰色に近くなり、縞が不鮮明になる。特に老成したオス』では、『全身が鈍い銀色光沢を残した灰黒色となり、尾部周辺にぼんやりと縞が残る程度になる。同時に口の周辺が黒くなることから、これを特に「クチグロ」(口黒)、または「ギンワサ」「ギンカゲ」などと呼ぶ。一方、メスは老成しても横縞が残る』とある。

「のむし鯛」頭部が鵞鳥(ガチョウ)のようで(?!)大型個体も見かける。色は紫がかった赤色で、鱗は鯉にそっくり。味は淡白だそうだ。う~ん? これに適合しそうなのは、スズキ亜目フエダイ科フエダイ属フエダイ Lutjanus stellatus じゃあねえか? ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のフエダイのページをごろうじろ!

「寳藏鯛」体が扁側し、尾に近い位置に明白な黒点があり(但し、益軒はそれが多くあると言っているのが悩ましいのだが)、さらに歯が「口中にかくれて」いて、普通の状態では見えない(これが大事!)『尾に岐(また)』がなく(中央の凹みと上下の伸長が全くない)『直ちに切れたるがごと』き尾鰭を持つ点で、これはスズキ目スズキ亜目フエダイ科フエダイ属クロホシフエダイ Lutjanus russellii と断定していいように私は思う。ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のコロホシフエダイのページを是非、見られたい。そこに上顎上顎の口内のイッテンフエダイ(同属のフエダイ属イッテンフエダイ Lutjanus monostigma)との比較画像がある。上顎の近心部の前歯がクロホシフエダイにはないのだ! なお、ぼうずコンニャク氏の解説によれば、本種は『シガテラ毒を持つ確率の高い魚』とある。要注意!

「黑魚」最後になって息が切れてきた。全身黒(或いは黒っぽく見え)で、マダイ型で、しかし、絶対にイシダイじゃない、と言い張るとなると、

スズキ亜目イサキ科コショウダイ属クロコショウダイ Plectorhinchus gibbosus

イシダイ科イシダイ属イシガキダイ Oplegnathus punctatus

辺りか? これを以って、おしまいととする。]

2019/08/06

大和本草卷之十三 魚之上 いだ (ウグイ) / 魚之上(河魚)~了

 

【和品】

イダ 大河ニアリ漁人曰モト海アリ川ニ上ル京都筑紫ニ

 テイタト云坂東ニテサイト云マルタ云上州利根川

 ニ多シミゴイニ似テ長ク圓シ又ボラニ似タリミゴイヨリ短シ

 味不好下品ナリ細骨多シ或ミゴイト同ト云非也ミ

 ゴイハヨク鯉ニ似タリ與此別ナリ

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

いだ 大河にあり。漁人、曰はく、「もと、海にあり、川に上る」〔と〕。京都・筑紫にて「いだ」と云ひ、坂東にて「さい」と云ひ、「まるた」と云ふ。上州利根川に多し。「みごい[やぶちゃん注:ママ。]」に似て、長く、圓し。又、「ぼら」に似たり。「みごい」より短し。味、好からず、下品なり。細骨、多し。或いは「みごい」と同じと云〔ふも〕、非なり。「みごい」は、よく鯉に似たり。此れと〔は〕別なり。

[やぶちゃん注:異名と「いだ」「まるた」という異名などから総合して考えるに、コイ科ウグイ亜科ウグイ属ウグイ Tribolodon hakonensis と思われる。ぼうずコンニャク氏の「市場魚貝類図鑑」のウグイのページを見ると、「イダ」の地方名として、福岡県久留米市が挙がっている(益軒に近い)し、「マルタ」の異名も最後の方に挙がっている。産地には栃木・長野・滋賀が示されており、栃木県ならば、利根川が頷ける。ウィキの「ウグイ」によれば、『淡水棲で』あるが、元来、『河川の上流域から下流域に幅広く生息』しており、また、『一生を河川で過ごす淡水型と』別に、『一旦』、『海に出る降海型がいる。降海型は北へ行くほど』、『その比率が増す』とあるので、どこの漁師であるか判らぬが、「もと、海にあり、川に上る」という謂いも必ずしもウグイと齟齬はしない。

「みごい」コイ目コイ科カマツカ(鎌柄)亜科ニゴイ(似鯉)属ニゴイ Hemibarbus barbus の別称。ニゴイは頭部が特徴的に長く、頭部上部が有意な傾斜を以って尖って、一種、狐のような顔に見えるので、ウグイと見誤ることはない、似ていないと私は思う。

「ぼら」条鰭綱ボラ目ボラ科ボラ属ボラ Mugil cephalus。ニゴイよりは似ているかも知れない。特に小型で婚姻色が出ていない場合、素人はボラと間違える人もいるようだ。

 以上を以って「魚之上【河魚】」は終わっている。]

大和本草卷之十三 魚之上 鯊(はぜ) (ハゼ類)

 

鯊 溪澗ノ中及海潮ノ入処ニモ多シ其目背上ニアリテ

 甚近シ其餘ハ皆本草時珍所言ノコトシ肉軟脆味淡

 美性カロシ骨ト鰭トヲ去テ病人可食煮蒸皆佳又

 爲肉餻爲鮓膾尤佳攝州大坂河尻最多彼土人

 甚賞之山中ノ川ニアルハ小ナリ江海ニアルハ大ナリ其子

 味又佳是亦江魚ノ良品ナリ或曰其苗ヲイサヾト云三

 四月河ニノホル叓夥シ

○やぶちゃんの書き下し文

鯊(はぜ) 溪澗の中及び海潮の入る処にも多し。其の目、背上にありて、甚だ近し。其の餘は、皆、「本草」の時珍の言ふ所のごとし。肉、軟脆(なん〔ぜい〕)〔にして〕、味、淡く、美し。性〔(しやう)〕、かろし。骨と鰭とを去つて、病人、食ふべし。煮〔(に)〕・蒸〔(むし)〕、皆、佳〔(よ)〕し。又、肉餻〔(かまぼこ)〕と爲し、鮓膾〔(すしなます)〕と爲〔して〕、尤も佳し。攝州大坂〔の〕河尻、最も多し。彼〔(か)〕の土人、甚だ之れを賞す。山中の川にあるは小なり。江海にあるは大なり。其の子、味、又、佳し。是れ亦、江魚の良品なり。或いは曰ふ、其の苗を「いさゞ」と云ふ〔と〕。三、四月、河にのぼる叓〔(こと)〕、夥し。

[やぶちゃん注:条鰭綱スズキ目ハゼ亜目 Gobioidei に属するハゼ類。ウィキの「ハゼ」によれば、世界の海域・汽水域・淡水域に約百八十九属で約千三百五十九種が棲息し、本邦でも百七属四百九十三種が棲息しており、最も繁栄している魚群の一つであるとある。既に述べたが、世界的に見てもハゼ類では純淡水産種は少ない(海と川を回遊するハゼ類はおり、その中には陸封型の個体群もいはする)。なお、現代中国語で「鯊」という漢字はサメ(鮫)類を指すので注意が必要。

「攝州大坂〔の〕河尻」平凡社「百科事典マイペディア」によれば、古く平安から鎌倉時代にかけて、京都から淀川を下って西国に向かう途中、必ず船をつないだといわれる泊(とまり)を指す。「河尻」の地名やその様子は、当時の日記・紀行文・物語・和歌など多くの史料に見ることが出来る。「河尻」は本来は一般名詞で「河の末」の意であるから、当該史料によって、その比定地が異なる場合や、また、特定地名と考えられないケースも認められるが、「高倉院厳島御幸記」(譲位直後の高倉院の厳島御幸に随行した新院別当源通親の旅日記)や、平安末期の公卿中山忠親の日記「山槐記」の治承四(一一八〇)年三月十九日の条などに見える「川しり」「河尻」などは、現在の兵庫県尼崎市南東部の大物町(だいもつちょう)附近(この中央部附近。グーグル・マップ・データ)に比定される。しかし一方で、「吾妻鏡」の文治元(一一八五)年十一月五日の条や九条兼実の日記「玉葉」の同年十一月四日の条などにみえる「河尻」は、その「大物浜」とは別の場所であり、現在の淀川を少し溯った大阪市東淀川区の江口(えぐち:この附近。グーグル・マップ・データ)を指すのではないかと推定されている、とある。孰れのロケーションを見ても、そこに多くいる(いた)とならば、益軒がここでイメージしているそれは、ハゼ亜目ハゼ科オキスデルシス亜科 Oxudercinae トビハゼ属トビハゼ Periophthalmus modestus(成体体長で十センチメートルほどで、体は灰褐色を呈し、小さな白点と大きな黒点の斑(まだら)模様を有し、眼球は頭頂部に突き出ていて左右がほぼ接し、平坦な干潟を見渡すのに適応した作りとなっている)と考えて間違いない。

「山中の川にあるは小なり」山間の渓流におり、小型となると、ハゼ亜目ハゼ科ゴビオネルス亜科ヨシノボリ属 Rhinogobius のヨシノボリ類(体長は成魚でも四~十センチメートル前後。現在、本邦では少なくとも十四種を数える)か。

「其の苗」その稚魚。

「いさゞ」現在、標準和名の「イサザ」は、琵琶湖固有種であるゴビオネルス亜科 Gobionellinae ウキゴリ属イサザ Gymnogobius isaza(成魚でも全長は五~八センチメートルほどしかない。成魚は昼間には沖合いの水深三十メートル以深にいるが、夜になると表層まで浮上して餌を摂る日周運動では知られる)に与えられているが、ここで以下の「三、四月、河にのぼる叓、夥し」がその種の習性を指すとするなら、ちょっと時期が遅いが、ゴビオネルス亜科シロウオ属シロウオ Leucopsarion petersii を指して言っているように私には思われる。彼らは現行、琵琶湖以外で広汎に「イサザ」と呼ばれている。他にも現在は各地で「いさざ」は魚ではなく、ごく小さな小海老(アミ)である節足動物門甲殻亜門軟甲綱真軟甲亜綱フクロエビ上目アミ目アミ亜目アミ科イサザアミ属イサザアミ Neomysis awatschensis をも指す語である。]

大和本草卷之十三 魚之上 鮧魚(なまづ) (ナマズ)

 

鮧魚 甚大ナルモノアリ本草曰無毒或曰有毒肉餻

 トスレハ病人ニモ無害虐疾ニナマツヲ食ヘハヨクヲツル妙

 方ナリ箱根ヨリ東ニ無之ト云

○やぶちゃんの書き下し文

鮧魚(なまづ) 甚だ大なるもの、あり。「本草」に曰はく、毒、無し、或いは曰はく、毒、有り〔と〕。肉-餻(かまぼこ)とすれば、病人にも、害、無し。虐疾〔(ぎやくしつ)〕になまづを食へば、よく、をつる[やぶちゃん注:ママ。]妙方なり。箱根より東に、之れ、無きと云ふ。

[やぶちゃん注:本邦の代表種は条鰭綱新鰭亜綱骨鰾上目ナマズ目ナマズ科ナマズ属マナマズ(ナマズ)Silurus asotus でこれは東アジア広域に渡って分布し、本邦では現在では(益軒は箱根以東に棲息しないとするが)沖縄などの離島を除く全国各地の淡水・汽水域に広く分布している。他に日本固有種である以下の三種が棲息する。

ビワコオオナマズ Silurus biwaensis(日本産では最大級で最大体長一メートル二十センチメートル、体重二十キログラム。一メートルを超える個体は殆んどが♀。琵琶湖と淀川水系のみに棲息。琵琶湖に於ける食物連鎖の頂点に立つ魚食性である。肉に特有の臭みがあるため食用とされない)

イワトコナマズ Silurus lithophilus(琵琶湖と瀬田川の一部及び余呉湖のみに棲息。他に比して岩礁底を好む特異性がある。マナマズに最も近縁とされ、日本産ナマズでは最も美味ともされる)

タニガワナマズ Silurus tomodai(愛知・長野・岐阜・静岡の河川)

「鮧」は音「テイ・ダイ」で漢語で「大ナマズ」=「鯷」「鮷」、或いは音「シ・ジ」で単に「ナマズ」=「鮎」(本邦でアユに当てるのは国字の用法に過ぎない)を指す。また、「鯰」は完全な国字で本来は中国にはなかった。但し、現代中国語ではこれを逆輸入して使用しており、「鯰形目鯰科鯰屬」と漢名分類に載る。なお、私の寺島良安「和漢三才圖會 卷第五十 魚類 河湖無鱗魚」の「鮎」も参照されたい。

『「本草」に曰はく、毒、無し、或いは曰はく、毒、有り〔と〕』「本草綱目」の巻四十四の「鱗之四」の「鮧魚」の「肉」の項には確かに、

   *

肉【氣味】甘、溫、無毒。詵曰、『無鱗、有毒、勿多食』。頌曰、『寒而有毒、非佳品也。赤目、赤鬚、無腮者、並殺人。不可合牛肝食、令人患風噎涎。不可合野猪肉食、令人吐瀉』。弘景曰、『不可合鹿肉食、令人筋甲縮』。時珍曰、『反荆芥』。

   *

私には以上の記載を見ていると、ナマズが魚類では珍しく鱗を持たないところ、大物は結構、面構えが獣のように悪食に見え、実際に貪欲であることなどから、イメージとしての有毒性保有や、獣肉との食い合わせの毒性を見ているように思われてならないが、如何?

「肉-餻(かまぼこ)」蒲鉾。

「虐疾」マラリアの類い。]

大和本草卷之十三 魚之上 金魚

 

金魚 昔ハ日本ニ無之元和年中異域ヨリ來ル今

 世飼者多シ小時黑色長乄紅ニ。老テ白シ白キヲ銀

 魚ト云孑〻蟲ヲ餌トス或麪餅ヲ食ス藻ノ内ニ

 子ヲ生ス

○やぶちゃんの書き下し文

金魚 昔は日本に、之れ、無し。元和年中、異域より來たる。今世、飼ふ者、多し。小なる時、黑色、長〔(ちやう)〕じて、紅〔(くれなゐ)〕に、老ひて、白し。白きを銀魚と云ふ。孑〻蟲(ほうふりむし)を餌(えば)とす。或いは、麪餅(むぎもち)を食す。藻(も)の内に子を生ず。

[やぶちゃん注:フナの突然変異を人為的に選択し、観賞用に交配を重ねた結果生じたコイ目コイ科コイ亜科フナ属キンギョ亜種キンギョ Carassius auratus auratus。近年、DNA分析のによって東アジアの温帯域を原産地とするフナ属ギベリオブナ Carassius gibelio が起原種であることが判明した。

「元和年中」一六一五年~一六二四年。江戸前期。ウィキの「キンギョ」によれば、『日本では鎌倉時代にはその存在が知られていたが、金魚そのものは室町時代に中国から伝来した。後述の』「金魚養玩草(きんぎょそだてぐさ)」によれば、文亀二(一五〇二)年に『和泉国堺(現在の大阪府堺市)に渡来したとある』。『ただ当時はまだ飼育方法や養殖技術等が伝わっておらず、定着には至らなかった』。『江戸時代に大々的に養殖が始まったが、その初期においてはまだまだ奢侈品であった。江戸前期、大坂の豪商である淀屋辰五郎は、天井にとりつけた舶来物のガラス製の大きな水槽の中に金魚を泳がせ、下から眺めることにより暑気払いをしたと伝えられている。江戸中期にはメダカとともに庶民の愛玩物として広まり、金魚売りや金魚すくいなどの販売形態も成立した。俳句においては夏の季語となっている』(本「大和本草」の刊行は宝永六(一七〇九)年で江戸中期の最初期に当たる)。『金魚愛好が広まったのは』、延享五(一七四八)年に『出版された金魚飼育書である安達喜之』の「金魚養玩草」の『影響が大きいといわれている』。『ただ当時は現代のような飼育設備もなかったために、屋敷に池を持っているような武士・豪農・豪商でもなければ金魚を長く生かし続けることは不可能で、庶民は金魚玉と呼ばれるガラス製の球体の入れ物に金魚を入れ』、『軒下に吊るして愉しんだり』、盥(たらい)や『陶器・火鉢などに水を張って飼育したりしたようである。ガラスが普及する前は桶などに入れていたため、金魚を上から見た見た目が重要視された』。『化政文化期には現在の三大養殖地で大量生産・流通体制が確立し、金魚の価格も下がったことから』、『本格的な金魚飼育が庶民に普及する。品評会が催されるようになったほか、水槽や水草が販売され始めるなど飼育用具の充実も見られた。このころには歌川国芳の戯画「金魚づくし」(天保年間)をはじめ、当時の浮世絵や日本画の画題としても広く取り上げられている。幕末には金魚飼育ブームが起こり、開国後日本にやってきた外国人の手記には、庶民の長屋の軒先に置かれた水槽で金魚が飼育されているといった話や金魚の絵などが多く見られる』とある。

「孑〻蟲(ほうふりむし)」言わずと知れた、蚊の幼虫であるボウフラ。

「餌(えば)」「えさ」の古称。「餌食(えば)み」の略。

「麪餅(むぎもち)」麦の粉を水で湿らせて小さく丸めたもの。]

大和本草卷之十三 魚之上 目髙 (メダカ)

 

【同】[やぶちゃん注:同前。]

目髙 長五六分至一寸首大ニ目高ク出タリ池塘

 小溝ニ多シ水上ニ浮游ス不堪食漢名未詳或曰

 後苦鮒トナル未審

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

目髙 長さ、五、六分〔より〕一寸に至る。首、大に、目、高く出でたり。池塘・小溝に多し。水上に浮游す。食ふに堪へず。漢名、未だ詳らかならず。或いは曰ふ、『後、「苦鮒(しぶな)」となる』〔と〕。未だ審〔(つまび)〕らかならず。

[やぶちゃん注:条鰭綱ダツ目 Beloniformes メダカ科Adrianichthyidae メダカ亜科メダカ属 Oryzias で、本邦産種は以下の二種。

キタノメダカ Oryzias sakaizumii(本州日本海側及び東北・北陸地方の淡水から汽水域)

ミナミメダカ Oryzias latipes(本州太平洋側及び中国・四国・九州地方と南西諸島の淡水から汽水域)

 ホタルやムツゴロウなどの安易な自然保護活動による生態学的考慮なしの移植が、逆に、在来の弱い近縁種や目立たない生物種(微小貝類等)を知らないうちに多数絶滅させてしまい、また、深刻な遺伝子プールの攪乱を惹起していることは、私はもう二十数年前から高校教師時代、再三、警告を発してきたが、メダカもその例に漏れないウィキの「メダカ」(そのウィキ自体は属レベルの解説である)の「メダカの地理的変異と保護活動の問題」の項から引く。『絶滅危惧種であるメダカを守ろうとする保護活動が、メダカの遺伝的多様性を減少させる遺伝子汚染という新たな問題を起こしている』。『メダカの生息水域ごとの遺伝的な違いは詳しく研究されており、アロザイム分析により遺伝的に近いグループごとにまとめると、北日本集団と南日本集団に大別される』。二〇〇七年八月の『レッドリスト見直しの際は、メダカの絶滅危惧II類(VU)の指定が「メダカ北日本集団(Oryzias latipes subsp.)」と「メダカ南日本集団(Oryzias latipes latipes)」の』二群に、二〇一三年二月の第四次『レッドリストでは、「メダカ北日本集団(Oryzias sakaizumii)」と「メダカ南日本集団(Oryzias latipes)」の』二種に『分けて記載された』。『北日本集団と南日本集団は遺伝的には別種といってよいほど』の『分化がみられるが、飼育下での生殖的隔離は認められておらず、両者の分布境界にあたる丹後・但馬地方ではミトコンドリアDNAの遺伝子移入が確認されている』。『この大きな遺伝的分化は』、『少なくとも数百万年前には発生していたといわれて』おり、『アロザイム』(酵素(enzyme)としての活性がほぼ同じであるにも拘らずタンパク質分子としては別種である(アミノ酸配列が異なる)ような酵素の中で、同じ種類の遺伝子(但し、別個体の遺伝子又は同一個体中の対立遺伝子であって配列がわずかに異なるもの)に由来するものを指す)『分析によれば、南日本集団については生息している水域ごとに「東日本型」、「東瀬戸内型」、「西瀬戸内型」、「山陰型」、「北部九州型」、「大隅型」、「有明型」、「薩摩型」、「琉球型」の』九『種類の地域型に細分されるとの結果がでて』おり、『さらに、ミトコンドリアDNAの解析からもこれらの水域ごとに遺伝的な違いが検出されている』。『絶滅危惧に指摘されたことで、にわかに保護熱が高まった結果、こうした遺伝的な違いなどへの配慮をせずにメダカ池やビオトープ池を作り、誤って本来その地域に放流すべきでない他の地域産のメダカや、観賞魚として品種改良を施された飼育品種であるヒメダカ』(緋目高:メダカの突然変異型品種の一つ)『を放流した例が多数ある』(私はプロとして誤まるはずのない専門組織がそれをやってしまった事実を実際に知っている)。『実際に、関東地方の荒川・利根川水系に生息する個体群のほとんどは、瀬戸内地方や九州北部に分布するはずのメダカであることが判明している』。『現在は、地域ごとに遺伝的に大きな多様性を持った地域個体群の局所的な絶滅の進行が危惧されており、遺伝的多様性に配慮した保護活動が望まれている。メダカの保護には生息地の保全がまず重要とされ、安易な放流は慎むことが求められる』。『生態系全体を考慮したうえでやむを得ず放流が必要な場合は、日本魚類学会が示した「生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン」などを参考にしつつ、専門家の意見を聞くべきである』とある。

「食ふに堪へず」ウィキの「メダカ」によれば、『新潟県の見附市や阿賀町などでは佃煮にして冬場のタンパク質源として保存食にする習慣があり』、『新潟県中越地方では』「うるめ」『とよばれている。新潟市にある福島潟周辺でも、メダカをとって佃煮にしていた。少量しかとれず、少し季節がずれると味が苦くなるので、春の一時期だけ自家で消費した』。『長岡市付近では、味噌汁の具にも使われていた』とあり、『愛知県ではメダカを生きたまま飲み込むと婦人病に効くとの伝承があった。その他、地域によっては泳ぎがうまくなる、目がよくなるなどの伝承もあったらしい』とある。

「漢名、未だ詳らかならず」現代中国では「メダカ属」を「青鱂屬」とし、ミナミメダカにその漢名を当てている。

「苦鮒(しぶな)」コイ目コイ科コイ亜科フナ属Carassius auratus亜種ギンブナ Carassius auratus langsdorfii の異名。勿論、迷信。]

大和本草卷之十三 魚之上 岸睨(きしにらみ) (オヤニラミ/二重同定)

 

【同】[やぶちゃん注:同前。]

岸睨 山中ノ河ニアリ五六寸或七八寸形ハヱニ

 似テ扁シ又鯽ニ似タリ目四アリ其内二ノ目ハ小ナリ

 非眞眼色褐黑漢名不知

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

岸睨(キシニラミ) 山中の河にあり。五、六寸、或いは七、八寸。形、「はゑ」に似て、扁〔(ひらた)〕し。又。鯽〔(ふな)〕に似たり。目、四つ、あり。其の内、二〔つ〕の目は小なり。眞眼に非ず。色、褐黑。漢名、知らず。

[やぶちゃん注:これは名前と、体幹が有意に平たく、ちょっと見がフナに似ていいて、「目」が「四つ」あって「其の内」の二つ「の目は小」さい(但し、こっちが本物)。残りの二つは「眞眼に非ず」で、体「色」が「褐黑」となれば、これはもう、既に「大和本草卷之十三 魚之上 水くり(オヤニラミ)」で同定比定した、条鰭綱新鰭亜綱棘鰭上目スズキ目スズキ亜目スズキ上科ペルキクティス科Percichthyidae オヤニラミ属オヤニラミ Coreoperca kawamebari としか思えない。益軒が、どのような点を以って区別し、別種として挙げたかは私には判らない。]

大和本草卷之十三 魚之上 ムギツク

 

【同】[やぶちゃん注:前項「ワカサギ」の「和品」を指す。訓読ではそれに代えた。]

コモツヽキ 西州ニコモツヽキト云魚アリ恰ワカサキニ似テ

 不同池溝小流ニアリ首小ニウロコ細シ長二三寸ニ不

 過ハヱニ似テ圓シ可食

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

こもつゝき 西州に「こもつゝき」と云ふ魚あり。恰〔(あたか)〕も「わかさぎ」に似て、同じからず。池・溝・小流〔れ〕に在り。首、小に〔して〕、うろこ、細し。長さ、二、三寸に過ぎず。「はゑ」に似て、圓〔(まろ)〕し。食ふべし。

[やぶちゃん注:これは条鰭綱コイ目コイ科カマツカ亜科ヒガイ族ムギツク属ムギツク Pungtungia herzi の異名。本種には「ビナシュ」「ビナス」「ギナショ」「トンガリ」がある。また、関西に於いては「クチボソ」「クチソボ」「ソボクチ」などの異名があるが、これはコイ科モツゴ属モツゴ Pseudorasbora parva の異名として、恐らくは関東に於いて広汎に用いられるので注意が必要である。少なくとも私は少年期を関東で過ごし、今や消失してしまった裏山の溜池や用水路で「モッゴ」(モツゴ:漢字表記「持子」「脂魚」)を漁った。そうして誰もが大抵、「モッゴ」と「クチボソ」が同種の異名であることを知っていた。また、モツゴは基本、全身が銀白色であるのに対し、ムギツクは背側が褐色(腹側は白色)であり、成長期に一時期に見られる吻端から尾鰭の基底まで体軸及び側線に沿った一本の太い黒色縦帯が、モツゴの側線に見られる細いそれとは明らかに異なる

 ムギツクは「麦突」で、吻端が細長く尖ること(モツゴと同じ)、下顎に一対の髭を有すること、背部の色や幼魚の鰭の色が麦の穂に似ていること等によるものであろう。ウィキの「ムギツク」によれば、分布は本邦では福井県・三重県と、淀川水系以西の本州と四国(香川・徳島)及び『九州』(大分・熊本・佐賀・長崎・福岡・宮崎)』であるが、『琵琶湖内とその流入河川でもまれに』『天然分布』として『見られる』。また、国外では朝鮮半島にも棲息する。全長は十~十五センチメートル。先に示した黒色縦帯は、十センチメートル『以上の成熟した個体になるに伴い』、『消失する。稚魚は各鰭が橙色に染まる』。『流れの緩やかな河川、用水路等に生息する。数尾から十数尾からなる小規模な群れを形成し』、『生活する。昼行性。性質は臆病で』、『石の下や水草等の物陰に潜んでいることが多い』。『食性は動物食傾向の強い雑食で、水生昆虫や藻類などを石をつつきながら食べる』。四~六月に『石の下、水草等に卵を産みつける』が、時に『オヤニラミ』(条鰭綱棘鰭上目スズキ目ペルキクティス科オヤニラミ属オヤニラミ Coreoperca kawamebari)『やドンコ』(スズキ目ハゼ亜目ドンコ科ドンコ属ドンコ Odontobutis obscura:日本産ハゼ類では珍しい純淡水魚)等『に托卵することもある』。『受精卵は、水温』二十二~二十五度では約四、五日で『孵化する』。『開発による生息地の改変に伴い、本来の生息地では生息数の減少がみられるところが多い。一方で、人為的』『に、関東地方に移入されている』。『一般的ではないものの、食用とされることもある。肉は淡白で、塩焼き・唐揚げ・甘露煮などにできる。肉質は良い』が、『内部寄生虫(肝吸虫』(扁形動物門吸虫綱二生亜綱後睾吸虫目後睾吸虫亜目後睾吸虫上科後睾吸虫科後睾吸虫亜科 Clonorchis 属カンキュウチュウ Clonorchis sinensis:旧称「肝臓ジストマ」)『等)を保持する可能性があり、生食は薦められないとされる』。『観賞魚として飼育されることもある。鮮やかな縦帯と橙色の鰭をもつので、日本国内に分布する淡水魚では人気が高く、飼育も容易とされている。本来の生息地ではない地域でも販売されているが、野外へ流出した場合、モツゴと雑種を形成することによる遺伝子汚染や、病気の伝播等の危険性が指摘されている。加えて、本種を含めた国内移入種』『による生態系の攪乱が懸念されている』とある。

「はゑ」「鰷(はや)」複数(現行では概ね六種)の魚を指す。先行する「大和本草卷之十三 魚之上 ※(「※」=「魚」+「夏」)(ハエ) (ハヤ)」を参照されたい。]

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art Caspar David Friedrich Miscellaneous Иван Сергеевич Тургенев 「プルートゥ」 「一言芳談」【完】 「今昔物語集」を読む 「北條九代記」【完】 「宗祇諸國物語」 附やぶちゃん注【完】 「新編鎌倉志」【完】 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳【完】 「明恵上人夢記」 「栂尾明恵上人伝記」【完】 「澄江堂遺珠」という夢魔 「無門關」【完】 「生物學講話」丘淺次郎【完】 「甲子夜話」 「第一版新迷怪国語辞典」 「耳嚢」【完】 「諸國百物語」 附やぶちゃん注【完】 「進化論講話」丘淺次郎【完】 「鎌倉攬勝考」【完】 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記)【完】 「鬼城句集」【完】 アルバム ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」【完】  ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ【完】 中原中也詩集「在りし日の歌」(正規表現復元版)【完】 中島敦 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 伊東静雄 伊良子清白 佐藤春夫 八木重吉「秋の瞳」【完】 北原白秋 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編【完】 南方熊楠 博物学 原民喜 和漢三才図会巻第三十九 鼠類【完】 和漢三才図会巻第三十八 獣類【完】 和漢三才圖會 禽類【完】 和漢三才圖會 蟲類【完】 和漢三才圖會卷第三十七 畜類【完】 国木田独歩 土岐仲男 堀辰雄 増田晃 夏目漱石「こゝろ」 夢野久作 大手拓次詩集「藍色の蟇」【完】 宇野浩二「芥川龍之介」【完】 宮澤賢治 富永太郎 小泉八雲 尾形亀之助 山之口貘 山本幡男 山村暮鳥全詩【完】 忘れ得ぬ人々 怪奇談集 映画 杉田久女 村上昭夫 村山槐多 松尾芭蕉 柳田國男 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 柴田宵曲 栗本丹洲 梅崎春生 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注【完】 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注【完】 橋本多佳子 武蔵石寿「目八譜」 毛利梅園「梅園介譜」 毛利梅園「梅園魚譜」 江戸川乱歩 孤島の鬼【完】 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」【完】 津村淙庵「譚海」 海岸動物 火野葦平「河童曼陀羅」【完】 片山廣子 生田春月 由比北洲股旅帖 畑耕一句集「蜘蛛うごく」【完】 畔田翠山「水族志」 神田玄泉「日東魚譜」 立原道造 篠原鳳作 肉体と心そして死 芥川多加志 芥川龍之介 芥川龍之介 手帳【完】 芥川龍之介「上海游記」【完】 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)【完】 芥川龍之介「北京日記抄」【完】 芥川龍之介「江南游記」【完】 芥川龍之介「河童」決定稿原稿【完】 芥川龍之介「長江游記」【完】 芥川龍之介盟友 小穴隆一 芸術・文学 萩原朔太郎 蒲原有明 藪野種雄 西東三鬼 詩歌俳諧俳句 貝原益軒「大和本草」より水族の部 野人庵史元斎夜咄 鈴木しづ子 鎌倉紀行・地誌 音楽 飯田蛇笏