フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「貝原益軒「大和本草」より水族の部」の181件の記事

2020/08/06

大和本草卷之十三 魚之下 海鷂魚(ヱイ) (アカエイ・マダラトビエイ)

 

海鷂魚 其尾ニ毒アリ人ヲサセハ大ニ痛ミ腫テ死ス

樟腦或楠木奇南香ヲタキテフスヘテヨシ甚妙ナリ

是所不載醫書漁人不可不知甚大ナルハ七八人ニテ

コレヲニナフ如此ナルハマレ也凡種類多シ○關東ニ鳥

ヱイト云魚アリ西州ニモアリ異物ナリ其形鳥ノ翼ヲ

張ルガ如ク頭モ鳥ニ似タリ背ハ黑ク乄海鰌ノ黒皮ノ如

ク腹白シ大小アリ   大ナルハ方五尺尾小ニ乄

長シ大ナルハ尾長      キ叓六七尺ニ餘ル

アリ尾ノ形婦

人ノ絲ヲヨル□    ニ似テ末小ニ尖ル耳廣クシテ

両傍ニ貫通ス脂アリ味好シ

 

Wei

 

[やぶちゃん注:終わりの方の四行の途中の空隙部分に以上の挿絵が入っている。以下に国立国会図書館デジタルコレクションの画像をトリミングして示す。なお、後ろから二行目の「□」の部分は判読出来なかった漢字であるが、それを含めて画像を切り取ってある。ルビは明らかに「ツム」であり、所謂、「錘・紡錘」(つむ)で、糸を紡ぐと同時に、糸に撚(よ)りをかけながら巻き取る細く尖った形状の木製道具(巻き取り始めると、糸が紡錘型になる)を指していることは間違いない。当初は当て字で「尾」としているのだろうと踏んでいたのであるが、実は前に「大なる尾」とあるのと比較すると、明らかに違う字であると判断された。しかし、「つむ」と読む当該字を探し得なかったため、□で示した。感触的には、不思議な(かんむり)=〔「天」の字の最終第四画を除いたもの〕があり、それが左への(はらい)となっていて、(つくり)の下部に「毛」の字があるような字体である。

○やぶちゃんの書き下し文

海鷂魚(ヱイ) 其の尾に毒あり。人をさせば、大〔(おほい)〕に痛み、腫れて死す。樟腦〔(しやうなう)〕或いは楠木〔(くすのき)〕・奇南香〔(きなんかう)〕をたきて、ふすべて、よし。甚だ妙なり。是れ、醫書に載せざる所、漁人、知らざるべからず。甚だ大なるは、七、八人にて、これを、になふ。此くのごときなるは、まれなり。凡そ、種類、多し。

○關東に「鳥ゑい」と云ふ魚あり、西州にもあり。異物なり。其の形、鳥の翼を張るがごとく、頭も鳥に似たり。背は黑くして海鰌〔(くじら)〕の黒皮のごとく、腹、白し。大・小あり。大なるは方五尺、尾、小にして、長し。大なるは、尾、長き事、六、七尺に餘るあり。尾の形、婦人の絲〔(いと)〕をよる□(つむ)に似て、末、小〔(わづか)〕に尖〔(とが)〕る。耳、廣くして両傍に貫通す。脂〔(あぶら)〕あり。味、好し。

[やぶちゃん注:軟骨魚綱板鰓亜綱エイ上目エイ亜区 Batoidea の、

シビレエイ目 Torpediniformes

ノコギリエイ目 Pristiformes

ガンギエイ目 Rajiformes

トビエイ目 Myliobatiformes

に含まれるエイ類の総論であるが、以下を見るに、アカエイとマダラトビエイの記載と考えてよい。なお、「エイ」の歴史的仮名遣は「エヒ(えひ)」が正しい

「其の尾に毒あり。人をさせば、大〔(おほい)〕に痛み、腫れて死す」総てのエイに有毒棘があるわけではない。知られる危険種の代表は、

トビエイ目アカエイ科アカエイ属アカエイ Dasyatis akajei

である。ウィキの「アカエイ」によれば、『尾を含めた全長は最大で2メートルに達する。多くのエイに共通するように、体は上から押しつぶされたように平たく、座布団のような形をしている。左右の胸鰭は緩やかな曲線を描くが、吻は尖っている。背面は赤褐色-灰褐色で、腹面は白いが、鰭や尾など辺縁部が黄色-橙色になる点で近縁種と区別できる。背面に目があり、噴水孔が目の後方に近接して開く。腹面には鼻孔、口、5対の鰓裂、総排出腔がある』。『体表はほとんど滑らかだが、背中の正中線付近には小さな棘が並び、尾に続く。尾は細長くしなやかな鞭状で、背面に短い棘が列を成して並ぶ。さらに中ほどには数-10センチメートルほどの長い棘が』一、二本、『近接して並ぶ。この長い棘には毒腺があり、刺されると激痛に襲われる。数週間も痛みが続いたり、アレルギー体質の人は』アナフィラキシー・ショック(anaphylactic shock)により『死亡することもある。棘には鋸歯状の「返し」もあり、一度刺さると抜き難い。刺されたら』、まず、『毒を絞り、患部を水または湯で洗い流した後、早急に病院で治療を受ける必要がある。生体を扱う際は、尾を鞭のように払って刺そうとするので充分注意しなければならない。生体が死んでも毒は消えないため、死体を扱う際にも尾には注意が必要である』。『クロコダイル・ハンターとして著名な』オーストラリアの動物園経営者で環境保護運動家でもあったスティーブ・アーウィン(Steve Irwin/本名 Stephen Robert Irwin 一九六二年~二〇〇六年九月四日)は、『番組の収録中に棘に刺され』、『死亡した』。私はその番組(まさにグレート・バリア・リーフでのドキュメンタリー番組で題名は“Ocean's Deadliest”(「海の致死危険種リスト」)であった。刺された部位が胸で死因は心停止)を直後に見ており、非常なショックを受けた。なお、『漁業価値は高くないが、エイ類としては多く漁獲され、利用頻度も高』く、『刺身、湯引き、煮付け、煮こごりなどで食用になる。鰭の軟骨を干物にしたり、魚肉練り製品の原料にも使われる。身は脂肪が少なく繊維質が強く、エイの中で最も美味といわれる』。『生の身はピンク色だが、湯引きすると白色になる。肉質はしっかりしていて悪くないが、軟骨魚類の例に漏れず』、『漁獲後に時間が経つとアンモニア臭が発生する。日本では酢味噌やショウガ、酒などを用いて臭みを消す料理が一般的である』とある。食べたいとずっと思っているが、残念なことに、本種はエイヒレ以外は食したことがない。

「樟腦」クスノキ目クスノキ科ニッケイ属クスノキ Cinnamomum camphoraの水蒸気蒸留して得られる精油で、分子式 C10H16Oで表される二環性モノテルペン・ケトン(monoterpene ketone)の一種。特異な芳香のある無色透明の板状結晶で昇華しやすい。水に溶けず、アルコールなどの有機溶媒に溶ける。セルロイドや無煙火薬の製造原料、及び、香料・防虫剤・医薬品などに用いる。「カンフル」「カンファー」(フランス語:camphre/ドイツ語:Kampfer/英語:camphor)とも呼ぶ。

「奇南香」狭義には香料の一つである伽羅(きゃら梵語の漢訳。狭義には香木として有名な沈香(じんこう:例えばアオイ目ジンチョウゲ科ジンコウ属アクイラリア・アガローチャ Aquilaria agallocha 等)の別名)の異名であるが、中国では香木を総称する語である。

「になふ」「荷(にな)ふ」。担(かつ)ぐ。

「鳥ゑい」軟骨魚綱板鰓亜綱トビエイ目トビエイ科マダラトビエイ Aetobatus narinari かと思われる。本種は最大で全長五メートル、体盤幅三メートル、体重二百三十キログラムにもなる。また、腹鰭の直後に二~六本の毒棘を有するので、臆病な性質で積極的に人を襲うことはないが、注意が必要である。私の『毛利梅園「梅園魚譜」 海鷂魚(マダラトビエイ?)』の本文と私の詳注を参照されたい。そこで使用した国立国会図書館デジタルコレクションの画像もここに添えておく。

Image_20200806094601

「異物なり」これは以下の叙述から考えて、関東と西日本の「鳥ゑい」なるものが異種であるという意味ではなく(今まで益軒はしばしば異種の意で「異物」を使ってはいる)、「異」様な形をした魚とも思えぬ代「物」の意であるように思われる。大方の御叱正を俟つ。

「海鰌」クジラ。

「味、好し」梅園は『赤ヱイの内の』(これは分類学上は全くの誤り)『最下品なり。味、佳(よ)からず』と言っている。]

大和本草卷之十三 魚之下 文鰩魚(とびうを)

 

文鰩魚 鰭長シテ能飛フ乾テ遠ニ寄ス無毒病人

食之而無傷婦人産前ニモ可食薩摩ノ産ヲ美トス

四月中旬ヨリ五月下旬マテ多シ故漁人曰文鰩魚

多ケレバ鯛魚少シ盖鯛ハ三四月ニ多シ五月以後ス

クナケレハナリ

○やぶちゃんの書き下し文

文鰩魚(とびうを) 鰭(ひれ)長くして、能く飛ぶ。乾(ほし)て遠〔(とほく)〕に寄す。毒、無し。病人、之れを食ひて傷〔(きづつく)〕る無し。婦人産前にも食すべし。薩摩の産を美〔(よし)〕とす。四月中旬より五月下旬まで多し。故、漁人曰はく、「文鰩魚、多ければ、鯛魚、少なし」〔と〕。蓋〔(けだ)〕し、鯛は、三、四月に多し。五月以後、すくなければなり。

[やぶちゃん注:ダツ目トビウオ科 Exocoetidae のトビウオ類。当時の本邦では、

ハマトビウオ属ハマトビウオ Cypselurus pinnatibarbatus japonicus

ホソトビウオ Cypselurus hiraii

アヤトビウオ Cypselurus poecilopterus

アリアケトビウオ Cypselurus starksi

トビウオ(ホントビウオ)Cypselurus agoo agoo

ツクシトビウオ Cypselurus heterurus doederleini

アカトビ Cypselurus atrisignis

カラストビウオ Cypselurus cyanopterus(一説に Cheilopogon 属に分類される)

オオメナツトビ Cypselurus unicolor(同前)

ニノジトビウオ属ニノジトビウオ Hirundichthys speculiger

ホソアオトビ Hirundichthys oxycephalus

サヨリトビウオ属サヨリトビウオ Oxyporhamphus micropterus

ツマリトビウオ属バショウトビウオ Parexocoetus mento

イダテントビウオ属イダテントビウオ Exocoetus volitans

などを挙げておけばよかろう。

「文鰩魚」「文」は「紋」であろう。飛翔時の大きな胸鰭は美しい文様のように見える。なお、「鰩」はトビウオ以外にエイをも指す。但し、「文鰩魚」は、元は「山海經」の「西山經」に、

   *

又西百八十里、曰泰器之山。觀水出焉、西流注于流沙。是多文鰩魚、狀如鯉魚、魚身而鳥翼、蒼文而白首、赤喙、常行西海,遊於東海、以夜飛。其音如鸞雞、其味酸甘、食之已狂、見則天下大穰。

   *

と載る自在に飛翔するコイに似た怪魚の名である。

「薩摩の産」ハマトビウオとみてよかろう。]

大和本草卷之十三 魚之下 梭魚(かます) (カマス/イカナゴ誤認)

 

【外】

梭魚 閩書南產志ニノセタリ其形布ヲル梭ニ似タリ

大ナル者尺餘觜長ク身マルクアフラ多シ肉餻トシ水ニ

煮テ油ヲ去テ蒸炙テ食スヘシ其苗俗名イカナゴ尼

崎兵庫等ノ海ニテ網ニテ多クトル大ナル假屋ヲ海邊

ニ作リ釜ヲ多クナラベカマス子ヲ煎シテ油ヲトリテウ

ル燈油トス其煎シカスモウル賤者ノ食トス或田圃ノ

糞トス此魚本草ニ不載脂多シ食之發病病人服藥

人不可食其苗亦不佳于病人倭俗用魳字

○やぶちゃんの書き下し文

【外】

梭魚(かます) 「閩書〔(びんしよ)〕南產志」にのせたり。其の形、布をる[やぶちゃん注:ママ。]梭〔(ひ)〕に似たり。大なる者、尺餘。觜〔(くちばし)〕長く、身、まるく、あぶら、多し。肉餻〔(にくだんご)〕とし、水に煮て、油を去りて、蒸し炙〔(あぶ)〕つて食すべし。其の苗〔(なへ)〕、俗名「いかなご」。尼崎〔(あまがさき)〕・兵庫等の海にて、網にて多くとる。大なる假屋〔(かりや)〕を海邊に作り、釜を多くならべ、「カマス子(ご)」を煎〔(せん)〕じて油をとりて、うる。燈油とす。其の煎じかすも、うる。賤者の食とす。田圃の糞〔(こやし)〕とす。此の魚、「本草」に載らず。脂、多し。之れを食へば、病ひを發す。病人、藥を服する人、食ふべからず。其の苗も亦、病人に佳〔(よ)〕からず。倭俗、「魳」の字を用ゆ。

[やぶちゃん注:スズキ目サバ亜目カマス科カマス属 Sphyraena に含まれる多種及び或いは類似した形態を持つも全く異なる別亜目別科の種群で概ね口が大きい魚に附される。カマス科Sphyraenidaeのカマス類(一属二十一種が認められている)は細長い円筒形の体型を持ち、全長は二十~三十センチメートルほどの種から、二メートルに達することもある大型種まで多様であるものの、口が大きく、下顎がやや突き出ており、鋭く強靭な歯(人間に対して攻撃性を持ち、大型個体では咬まれると危険である)を備えている。「カマス」は「叺」(国字)で、「蒲簀(かます)」の意。古くはガマ藁で作った。藁莚を二つ折りにし、縁を縫いとじた長方形の袋のこと。穀類・塩・石炭・肥料などの貯蔵・運搬に用いる。梱包する前の口部分が有意に大きい。一般に魚体がスマートだが、口が大きな魚にこの名が附される傾向があるように思われる。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の『「カマス」と呼ばれるもの一覧』を見られたいが、当時の本邦産に限った場合は、

アカカマス Sphyraena pinguis(異名「本カマス」。全長五〇センチメートルほど)

オオメカマス Sphyraena forsteri(全長七〇センチメートルほど)

ヤマトカマス Sphyraena japonica (異名「青カマス」「水カマス」(身に水分が多いためで、この異称は広汎に用いられる)。全長三五センチメートルほど)

オオカマス Sphyraena putnamae(全長一メートルほど)

オニカマス Sphyraena barracuda(全長が二メートル近くなり、カマス類では特に大きな口と鋭い歯を持ち、国外では負傷例も多い。嘗ては食用に供されたが、非常に強い神経毒シガトキシン(ciguatoxin:摂取したある種の有毒渦鞭毛藻類由来)を持つ個体がいるため、現在は食品衛生法で販売禁止とされている)

を挙げておけばよいか。

「閩書南產志」明の何喬遠撰になる福建省の地誌。その記載は『似蚝魚稍大、如織梭、豐肉脆骨』。

「梭」機織りに於いて緯(よこ)糸を巻いた管を入れて、経(たて)糸の中を潜らせる、小さい舟形の器具。シャトル(shuttle)。個人的には「叺」より「梭」だろうとは思う。

「肉餻〔(にくだんご)〕」「餻」(音(カウ(コウ))で、本来は米粉・小麦粉などを練って蒸した食品を指すが、ここはかく当て訓しておいた。

「苗〔(なへ)〕」稚魚。

「いかなご」カマスの稚魚ではなく、れっきとした種であるスズキ目イカナゴ亜目イカナゴ科イカナゴ属イカナゴ Ammodytes personatus を指し(関東では稚魚を「コウナゴ」(小女子)と呼ぶ)、益軒の誤認である。この誤認は「カマスゴ」の異名があるためであるが、これは、古くからの産地である阪神地区・播磨地区に於いて、春先に漁獲した後、直ちに釜揚げにされ、さらにそれを乾燥させたもの(「カナギちりめん(小女子縮緬)」)を棕櫚や藁で編んだ叺に封入して各地に運んだことによる。

「魳」漢語では「老魚」・「ブリ」・「毒魚の名」とする。国字としてのみカマスを指す。]

2020/08/05

大和本草卷之十三 魚之下 石首魚(ぐち) (シログチ・ニベ)

 

石首魚 下品ナリ夏月味可也頭ニ碁石ノ如ナル小

石二アリ故石首ト名ツク西土ニテハグチ云小ナル

ヲタチト云大キナルヲ鮸ト云ニヘハ四五尺六七尺アリ

赤色ナリ鱗大ナリ首ノ石ハ刀ワキサシノ目貫ニ用テ

ヨシニベハ腸中ニアル白鰾ヲ膠トスル叓本草ニ見エタリ

是ヲニベト云乾タルヲ鮝ト云本艸ニ載ス

○やぶちゃんの書き下し文

石首魚(ぐち) 下品なり。夏月、味、可なり。頭〔(かしら)〕に碁石のごとくなる小石、二つ、あり。故、「石首〔(いしもち)〕」と名づく。西土にては「ぐち」と云ふ。小なるを「たち」と云ひ、大きなるを「鮸(にべ)」と云ふ。「にべ」は、四、五尺、六、七尺あり。赤色なり。鱗、大なり。首の石は刀・わきざしの目貫〔(めぬき)〕に用ひて、よし。「にべ」は腸〔(はらわた)の〕中にある白鰾(みづぶくろ)を膠〔(にかは)〕とする事、「本草」に見えたり。是れを「にべ」と云ふ。乾したるを「鮝〔(しやう)〕」と云ふ。「本艸」に載す。

[やぶちゃん注:現行では「イシモチ」(漢字表記「石持」「石首魚」「鰵」)と言った場合、

スズキ目スズキ亜目ニベ科シログチ属シログチ Pennahia argentata

を指すのが一般的で、本文中に出る「鮸(にべ)」は大きさの違いではなく、同科の別属である、

ニベ科ニベ属ニベ Nibea mitsukurii

を指す。「石持」(イシモチ)は彼ら(以下に示す有意に大きな耳石を持つ種群)の総称旧称であって標準和名としては魚類分類学では機能しない。但し、業者や寿司屋ではイシモチの名が生きており、その場合、上記二種が別物でありながら、混在して卸売り業者が扱っているものの、寿司屋で「いしもち」と言った場合は、普通はシログチであると考えてよい(但し、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のシログチのページに、シログチは『内耳にある扁平石(耳石のいちばん大きいもの)が大きく、頭部を食べていると口にあたるため』、実は『1950年代まではイシモチが標準和名だった』とある)。ニベ科 Sciaenidae の魚類は、頭骨内にある石のような耳石(平衡石:脊椎動物の内耳にある炭酸カルシウムの結晶からなる組織。いわゆる平衡胞に含まれる平衡石であり、平衡感覚と聴覚に関与する。特に本種群に代表される魚類の持つものが有名で、その断面は木の年輪と似た同心円状の輪紋構造が形成されており、しかもこれが一日に一本ずつ形成される。これを「日輪(にちりん)」と呼び、年齢推定を日単位で知ることが出来る後述するリンク先を参照)が非常に大きく特に目立ったため、かく呼ばれたのである。

 シログチは「白愚痴」で、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のシログチのページの解説によれば、『浮き袋』(本文では「白鰾(みづぶくろ)」と出る)『を使ってググっと鳴く。これが愚痴を言っているよう』に聴こえることに由来し(ニベも同じく鳴く)、『また「白」はニベを「黒ぐち」、「黄ぐち」』と呼んだのに対して、本種は体色が白いことからの呼称であるとある。体長は四〇センチメートル前後にもなる。「福井県水産試験場」公式サイト内の「耳石」(複数のページで細かく書かれてある)の中のこちらで本種の摘出過程と、耳石を見ることが出来る。

 一方、ニベは確かに有意に大きくなり(但し「四、五尺、六、七尺あり」は誇張し過ぎ)、約八〇センチメートルにも達する。外見上、よく似て見えるものの、鰓蓋上部の黒色斑の有無(ニベにはない)や、体側の小黒色斑点列の有無(ニベにはある)で区別が可能である。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のニベと上記とを比較されたい。ウィキの「ニベ」によれば、『この魚の鰾(うきぶくろ)を煮詰めて作る膠』(にかわ:Animal glue(アニマル・グルー)は『きわめて粘着力が強』く、『この膠自体も「鰾膠」』と書いて「にべ」と『称する。特に江戸時代には高級な膠の原料になった』ことで知られ、『そのべたべたした性質から愛想や世辞を表す言葉』へと転じて、『無愛想な様子を表す「にべもない」という慣用句の「ニベ」も、この「鰾膠」』由来である、とある。前者リンク先に『シログチが内湾に多いのに対して、外洋に面した浅場に』ニベは『いる』とある。但し、益軒の「赤色なり」というのは不審。

「目貫」この場合は、刀の柄(つか)を刀身に固着させるために挿した釘を覆い隠すための装飾具。

『「にべ」は腸〔(わた)の〕中にあるを膠〔(にかは)〕とする事、「本草」に見えたり。是れを「にべ」と云ふ。乾したるを「鮝〔(しやう)〕」と云ふ。「本艸」に載す』「本草綱目」の「鱗之三」の「石首魚」の項の「集解」中に、

   *

時珍曰、『生東南海中。其形如白魚、扁身弱骨、細鱗黄色如金。首有白石二枚、瑩潔如玉。至秋化爲冠鳬、卽野鴨有冠者也。腹中白鰾可作膠』。

   *

とあり、その前の「釋名」の中に、

   *

『乾者名「鮝魚」【音「想」。亦作「鱶」「養」。】。時珍曰、『鮝、能養人、人恒想之、故字從養』。羅願云、『諸魚薨乾皆爲鮝、其美不及石首、故獨得專稱。以白者爲佳、故呼白鮝。若露風則變紅色、失味也』。

   *

とあった。ここでは「鮝」は膠にするそれではなくて人を補益する食品としての干物とするという下りと読めるのだが、思うに、さっき不審に思った益軒がニベを赤いとしたのは、ここの露や風に打たれて赤い色に変じてしまい、正味をも失ってしまったシログチの干物の部分を誤読したのではあるまいか?]

大和本草卷之十三 魚之下 鱵魚(さより)

 

鱵魚 形小クシテ圓ク長シ上ノクチハシ短ク下ノ喙長

シ性平ニシテ毒ナシ病人可食又スヽト云魚アリサヨリ

ニ似タリクチハシ上下共ニ其長サヒトシ又サヨリニホ

ネノアヲキコト緑青ノコトクナルアリ味モ性モ不好

不可食西州ニテヱイラクト云又ナガサレト云

○やぶちゃんの書き下し文

鱵魚(さより) 形、小さくして、圓〔(まろ)〕く、長し。上のくちばし、短く、下の喙〔(くちばし)〕、長し。性〔(しやう)〕、平にして、毒、なし。病人、食ふべし。又、「すゝ」と云ふ魚あり、「さより」に似たり。くちばし、上下共に其の長さ、ひとし。又、「さより」に、ほねの、あをきこと、緑青〔(ろくしやう)〕のごとくなる〔もの〕あり。味も性も好からず、食ふべからず。西州にて「ゑいらく」と云ひ、又、「ながされ」と云ふ。

[やぶちゃん注:条鰭綱ダツ目ダツ亜目トビウオ上科サヨリ科サヨリ属サヨリ Hyporhamphus sajoriウィキの「サヨリ」より引く。『沿岸の海面近くに生息する細長い魚で、食用魚でもある。季語、三春』。『全長は最大40センチメートルほどで、同じダツ目』Beloniformes『のサンマ』(ダツ上科サンマ科サンマ属サンマ Cololabis saira)『とよく似た細長い体型をしている。サヨリ科一般の特徴として下顎が長く突き出し、上顎は小さな三角形の弁状にしか過ぎないが、この一見アンバランスな形の口器の適応的意義はよくわかっていない。ただ、同じトビウオ上科』Exocoetoidea『のトビウオ類』(トビウオ科 Exocoetidae)『も、稚魚のときに同じような下顎の伸張が起こることが知られている。この下顎の先端は生きているときには赤い。背中は青緑色だが』、『腹側は銀色に輝き』(表層近くを遊泳する魚種に広く見られる空中からの鳥類、及び、遊泳層下層からの肉食性魚類に見え難くする保護色の一種。多くの種群で共通して見られるのは収斂進化の産物である)『筋肉は半透明である』。『腹膜は真っ黒で俗に「見かけによらず腹黒い人」の代名詞とされることもあるが、これは筋肉が半透明で光を透過しやすい魚によく見られる現象で、恐らく腹腔内に光が透過するのを防ぐ適応とみられる。同様に腹膜が黒いコイ科の淡水魚ハクレン』(条鰭綱コイ目コイ科クセノキプリス亜科 Oxygastrinaeハクレン属ハクレン Hypophthalmichthys molitrix)『では、成長に伴って食物が動物プランクトンから植物プランクトンに移行する時期に急速に腹膜が黒変することが知られているが、この移行時期に強い日光を浴びると、消化管に取り込まれた植物プランクトンが光合成を行って酸素の気泡が発生し、消化管が膨れ上がって水面に腹を上にして浮かぶなどの障害が発生することが報告されている。サヨリも後述のように成長に従って海藻も食べるようになるため、あるいは摂食した海藻の光合成を抑制する意味があるのかもしれない』。『沿岸性で、樺太の西側から台湾にかけての北西太平洋、日本海、黄海、渤海湾の陸地近海に分布する。海面すれすれを群れをなして泳ぎ、動物プランクトンを捕食したり、浮遊する海藻の断片を摂食する。危険を感じるとよく空中にジャンプする。サヨリ科』Hemiramphidae『には淡水域にまで侵入する種が多く知られるが、サヨリは汽水域までは進入するものの』、『純淡水域にまでは進入しない』。『4月中旬から8月中旬が産卵期であり、群れで藻場に入り込み、メダカの卵に似た直径2.2ミリメートル程度の大粒の卵を、粘着糸で海藻や海草に絡み付ける。孵化直後の仔魚は全長7ミリメートル程度で、これが2.5センチメートル程度まで成長すると下顎の伸張が始まる。下顎はいったん成魚よりも全長比で長く伸張するが、次第に体の他の部分の成長が著しくなり、全長27センチメートル程度になると、ほぼ成魚と同じプロポーションになる。寿命は2年余りと考えられている』。『春から秋にかけて漁獲されるが、旬は3月から5月にかけてとされる』とある。

『「すゝ」と云ふ魚あり、「さより」に似たり。くちばし、上下共に其の長さ、ひとし』すす」は現在の和歌山・兵庫・大阪府堺でサヨリの異名である(由来は不詳だが、個人的には体腔内の黒さから「煤」なのではなかろうかと考えた。釣ったことがあるが、捌いた母に見せて貰ったその黒さには吃驚した記憶があるからである)。しかし、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のサンマのページ一箇所「スス」をサンマの異名としても出る。当該サイトで単に『参考文献より』と出る場合は、三省堂刊の日本魚類学会編「日本産魚名大辞典」が引用元である。されば、敢えて「くちばし、上下共に其の長さ、ひとし」とあるのに拘るなら、サンマの稚魚・幼魚を指すか(但しサヨリにはあまり似ていない)。画像を幾つか見た中では、棘鰭上目トゲウオ目ヨウジウオ亜目サギフエ科サギフエ属サギフエ Macroramphosus scolopax の稚魚は、それよりはサヨリに似ている。体は側扁し、尖った口吻は上下ではなく管状であるが、一見、そう思えなくもない。しかもサギフエは成魚のように赤くなく、銀色をしている点でもサヨリに近いのである。

「ほねの、あをきこと、緑青〔(ろくしやう)〕のごとくなる〔もの〕あり。味も性も好からず、食ふべからず」これは普通に新鮮なサヨリの骨は青緑色をしているし、ダツ亜目ダツ上科ダツ科ダツ属ダツ Strongylura anastomella や、その仲間のダツ類も骨は青色や緑色をしている。刺身しか知らない御仁は一見、気持ち悪く思うかも知れぬが、肉は孰れも半透明で美味い。益軒の知ったかぶりがバレた感じがする。

「ゑいらく」この異名は現在は見出せない。しかし、何となく私にはしっくりくる気がした。釣った直後の生きているサヨリの下顎の先端は鮮やかに赤い(弱って死ぬと同時にこれは消え去る)。陽光に背中が青緑色に、腹が銀色に輝き、その肉は半透明で、骨は黄緑色である。まさにそれは玉珠をつらぬいた頸飾り「瓔珞」(えいらく/やうらく(ようらく):後者の読みが一般的。珠玉や貴金属に糸を通して作った装身具で、元は古代インドで上流階級の者が使用したものの漢訳語。後に仏教で仏像の身を飾ったり、寺院の内陣の装飾として用いた)のようなのである(私は自身で初めて釣り上げたサヨリに見惚れた中学時代の自分を忘れない)。

「ながされ」北九州でかく呼ぶことが、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のサンマのページにある。なお、ダツ亜目ダツ上科ダツ科ダツ属ダツ Strongylura anastomella や、その仲間のダツ類も同じく「ナガサレ」の異名を持つ。サヨリもダツも流線形の魚体をしており、産卵と稚魚の成育場所は流れ藻の下であるから、この異名は腑に落ちる。]

大和本草卷之十三 魚之下 䱾鯘(あいのうを) (アイゴ)

 

【和品】

䱾鯘 其色黃褐ナリ長一尺許味ヨカラス一二月ノ

比トル俗民ノ說ニ此魚多ケレハ民飢饉スト云䱾鯘

ハ俗字ナリ未詳所出

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

䱾鯘(あいのうを) 其の色、黃褐なり。長さ一尺許り。味、よからず。一、二月の比〔(ころ)〕とる。俗民の說に「此の魚、多ければ、民、飢饉す」と云ふ。䱾鯘は俗字なり。未だ出づる所を詳らかにせず。

[やぶちゃん注:「䱾」は音「ロウ・ル」で第一義はコイ(鯉)の一種で大形で青い色をしているものを指すという(種不詳)。但し、「鰜」(音「ケン」)と同義の部分があり、この「鰜」には前の鯉の意以外に、体が扁平なヒラメ・カレイなどの側扁した魚の総称でもある。また、「鯘」は「鮾」と同義で(孰れも音は「ダイ・ナイ」で、訓は「あざる」「魚肉などが腐る」意である。さすれば、私はこれは体が側扁した(ヒラメ・カレイのようにではなく、体幹の横方向に平たいの意)、身が腐りやすいか、或いは独特の臭みを持つ種であろうと推理した。而して生き残りそうな異名「アイノウオ」で調べると、以上にマッチする一種を見出すことが出来た。

スズキ目ニザダイ亜目アイゴ科アイゴ属アイゴ Siganus fuscescens

である。ウィキの「アイゴ」によれば、『西太平洋の暖海域に生息する沿岸性の海水魚である。鰭の棘に毒をもち刺されるとひどく痛むが、食用にもなる』。『成魚は全長30cmほどで、体は木の葉のように左右に平たい。体色は緑褐色の地に褐色の横縞が数本あり』、『全身に白っぽい斑点があるが、この斑点は環境や刺激によって素早く変化する。口は小さいが』、『唇は厚い。皮膚は比較的厚く丈夫である』。『背鰭・腹鰭・臀鰭の棘条は太く鋭く発達していて、それぞれに毒腺を備える。この棘に刺されると毒が注入され、数時間』から時に数週間に亙って『痛む。刺された場合は40-60℃ほどの湯に患部を入れると、毒素のタンパク質が不活性化するので痛みを軽減させることができる。冬場は肌寒いこともあり』、『痛みが和らぎにくい。アイゴが死んでも棘の毒は消えないので、漁獲したら刺されないようはさみなどでとげを切断しておくのが望ましい』。地本名は『イタイタ(富山)、ヨソバリ(小笠原)、シャク(静岡)、バリ(西日本各地)、アイ(関西・三重)、シブカミ(アイゴの老生魚・和歌山)、アイノウオ(島根)、モアイ(広島)、モクライ、アイバチ(山口)、イバリ(福岡)、ヤー、ヤーノイオ、ヤノウオ(長崎・天草)、ウミアイ、バリ、バリゴ(熊本・宮崎)、エーグヮー、アーエー、シラエー(沖縄)など、日本各地に様々な地方名がある』。『イタイタ、アイバチ、ヤーノイオなどは毒の棘をもつことに因んだ呼称である。また』、『身の磯臭さを「小便くさい」と捉えたことに由来するのが「バリ」や「エエバリ」などの系統の方言呼称で、小便の別称「ばり」「いばり」に由来する。和歌山の「シブカミ」は老生魚の皮膚の質感が渋紙(柿渋を塗った丈夫な紙)に似ることに由来する』。『毒の棘を』持つ上に、『肉が磯臭いので人や地域により嫌われるが、徳島県や和歌山県などでは美味な魚として珍重する』。『磯臭さを除けば』、『肉質は悪くない。歯ごたえのある白身で刺身・洗い、塩焼き、煮付けなどで食べられる。磯臭さは内臓から身に移るので新鮮なうちに内臓を傷つけずに処理し、ショウガや柚子胡椒でくさみを消すとよい。皮を引かずにさくにとり、カツオのたたき(土佐作り)のように表面を焼いて刺身にすると』、『厚い皮も味わえる』とある(下線太字は私が附した)。また、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のアイゴのページには、アイゴという和名は『東京での呼び名』で、漢字では『藍子、阿乙呉』などと書き、『アイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」という。ここから「あい」は』「棘のある」で、『「ご」は魚を表す語尾』とする。こちらでも磯臭さの記載が複数見られる。また、「アイノウオ」「アエノウオ」で島根県・福岡県採取とし、「アイタロウ」で島根県浜田・山口県下関市が挙っている。

「黃褐なり」ウィキの「アイゴ」では、『体色は緑褐色の地に褐色の横縞が数本あり』、『全身に白っぽい斑点があるが、この斑点は環境や刺激によって素早く変化する』とある。画像検索をかけると、薄い黄色・黄緑色を呈した個体が確認出来る。

「長さ一尺許り」アイゴは成魚で全長30cm程度である。

「一、二月の比〔(ころ)〕とる」アイゴの産卵期は七~八月で、釣りの対象としても夏から秋にかけて人気があるが、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のアイゴのページでは、味が良くなるのは『秋から冬ではある』とあるから、問題ない。

『俗民の說に「此の魚、多ければ、民、飢饉す」と云ふ』出所と由来不詳。

「䱾鯘は俗字なり。未だ出づる所を詳らかにせず」私も確認出来なかった。]

2020/08/04

大和本草卷之十三 魚之下 水母(くらげ) (杜撰なクラゲ総論)

 

水母 一名海蛇泥海ニアリ故備前筑後等ヨリ出無

毒能消宿食病人食スヘシ生ナルヲ取クヌギノ葉ヲ多

クキサミテクラケノ内ニ包ミ塩ヲ不用木ノ葉ヲマシヱ

桶ニ入フタヲオホヒ水ヲ入時〻水ヲカユル久クアリテ不

敗水ナケレハヤクルヤクルトハ枯テ不可食ナリ又唐クラケ

アリ水母ヲ白礬水ヲ以テ制乄簾ニヒロケ乾シテ白

クナリタル也味又ヨシ水蛇ハクラケニ似タリ食スヘカラ

ス是ハ泥海ニハ生セス水母無目以蝦為目トイヘリ

○やぶちゃんの書き下し文

水母(くらげ) 一名「海蛇」[やぶちゃん注:ママ。「蛇」は「」の誤字。後注を見よ。]。泥海にあり。故〔(ゆゑ)〕に備前・筑後等より出づ。毒、無し。能〔(よ)〕く宿食〔(しゆくしよく)〕を消す。病人、食すべし。生〔(なま)〕なるを取り、くぬぎの葉を多くきざみて、くらげの内に包み、塩を用ひず、木の葉をまじゑ[やぶちゃん注:ママ。]、桶に入れ、ふたをおほひ、水を入れ、時々、水をかゆる[やぶちゃん注:ママ。]。久しくありて、敗〔(くさ)ら〕ず。水、なければ、やくる。「やくる」とは枯れて食ふべからず〔なること〕なり。又、「唐〔(から)〕くらげ」あり。水母を白礬水〔(はくばんすい)〕を以つて制して、簾〔(すだれ)〕にひろげ乾〔(ほ)〕して、白くなりたる〔もの〕なり。味、又、よし。「水蛇(みづくらげ)」は「くらげ」に似たり。食すべからず。是れは泥海には生ぜず。水母に、目、無し。蝦を以つて目と為〔(な)す〕といへり。

[やぶちゃん注:刺胞動物門ヒドロ虫綱 Hydrozoa・十文字クラゲ綱 Staurozoa・箱虫綱 Cubozoa・鉢虫綱 Scyphozoa に属するクラゲ類についての、極めて杜撰な総論。マニアックな広義のクラゲ様生物群の細かな分類学的な私の見解は、寺島良安「和漢三才圖會 卷第五十一 魚類 江海無鱗魚」の「(くらげ)」の注で示してあるので、是非、参照して頂きたい。

「海蛇」じゃあ、ないっつーの! 海! これは音は「カイタ・カイダ」。「」一字でクラゲを指す漢語である。

「備前・筑後等より出づ」というのは、

鉢虫綱根口クラゲ目ビゼンクラゲ科ビゼンクラゲ属ビゼンクラゲ Rhopilema esculent

或いは

ビゼンクラゲ科エチゼンクラゲ属エチゼンクラゲ Nemopilema nomurai

を指すようには読める。但し、益軒は食用クラゲとしての対象物として記しており、両者ともに古くから中華用食材とされてきたが、本邦では後者の食用加工の歴史がないので、益軒の在留地からも前者ビゼンクラゲのみを指すと考えるべきところである。なお、近年、有明海産のビゼンクラゲは他の海域のものと別種の可能性が浮上してきており、現在、研究が進められている。

「宿食」食べた物が消化しないで胃の中に溜まる症状を言う。読みは「しゅくじき」も可。

「くぬぎ」ブナ目ブナ科コナラ属クヌギ Quercus acutissima。なお、現行の加工法は、食用にする「傘」の部位以外の触手や附属器を取り除いて、真水で汚れやぬめりをよく洗浄し、

食塩と明礬(ミョウバン:硫酸カリウムアルミニウム十二水和物)で二~四日間漬け込むことで食用となるが、この後、二次加工で一週間程度さらに漬け込んだり、さらに三次加工で十日程度漬け込む場合もある。平城京出土の木簡に備前産クラゲについての記述があることから、クラゲの食習慣は古くからあったことが判り、江戸時代には既に食品として定着していた。

「水をかゆる」漬け込んである水を新鮮なものに交換する。

「やくる」「枯れて食ふべからず〔なること〕なり」「燒くる」であろう。乾燥が極度に進んでがりがりのミイラのようになることを謂うか。

「唐〔(から)〕くらげ」辞書類はビゼンクラゲの異名とするが、それでは益軒に失礼だろう。私は益軒はエチゼンクラゲ属エチゼンクラゲを指して、かく言っている可能性が高いように思う。エチゼンクラゲは東シナ海・黄海・渤海(後の二所が繁殖地と考えられている)から日本海にかけて分布し、時に、その中国沿海で大量発生するが、それらの個体群の一部が海流に乗って日本海に流入し、対馬海流に乗って津軽海峡から太平洋へと移動したり、豊後水道附近でも確認された例があるからである。これはもう「唐くらげ」にピッタシじゃないか。

「白礬水」天然明礬(カリ明礬石製)を温水に溶かして冷やしたもの。

「水蛇(みづくらげ)」「水䖳」でお馴染みの鉢虫綱旗口クラゲ目ミズクラゲ科ミズクラゲ属ミズクラゲ Aurelia aurita。食用に加工して食べた御仁の記載が幾つかはあるが、処理が如何にも面倒であり、食後によろしくない状況が起こったとする記載もあった。想像するに、よほど多量のミズクラゲを一気に処理しないと食品にはなりそうに思われず、その処理中、外部の有害物質が混入する可能性が非常に高い気がする。私は少なくとも加工に挑戦する気にはならないし、味も決して美味いとは思われない。誰も本格的に行ったケースがない以上、やめた方がいいと存ずる。

「水母に、目、無し。蝦を以つて目と為すといへり」クラゲに目はある。眼点である。例えば、最も一般的なミズクラゲでさえも、傘の外縁に八箇所の感覚器が附属しており、一つの感覚器に二基の眼点を有するので、あのひ弱に見える彼らでさえ十六個の眼点を有し、光の強弱をそれらで識別している。箱虫綱 Cubozoa のクラゲ類の眼点にはレンズもあり、光に対して有意に反応する。箱虫綱アンドンクラゲ目イルカンジクラゲ科 Carukiida ヒクラゲ(火水母)属ヒクラゲ Morbakka virulenta は正の走光性を持ち、夜間のライトに集まっても来る。青森から九州の太平洋岸の湾内に棲息する日本固有種のカミクラゲ(髪水母)に至っては、その多数の触手の根元部分に百基もの眼点を有する。持たない種もいるが、そうした種でも光に反応する(如何なるメカニズムで光を感知するのかは未だに判っていない)。後の部分は、恐らくはエチゼンクラゲなどに寄生して一緒に旅をするクラゲモエビ Latreutes anoplonyx のことを指しているものと思われる。彼らは防衛・移動・摂餌を受け、地域差があるものの、共生関係が密接であるらしく(林健一・坂上治郎・豊田幸調らの共同論文「日本海および東北地方の太平洋岸に出現した工チゼンクラゲに共生するクラゲモエビ」(『CANCER』第十三巻・二〇〇四年・PDF)に拠る)、仮に彼らがクラゲの体表の有害な物質や生物を除去・掃除などしているとするならば(但し、そのような事実は上記論文に載っていない)、数少ない共生寄生となるのかも知れない(小学生の頃に盛んに「共生である」と図鑑に載っていたそれらも、後に実は宿主の体の一部を食っていたり、宿主の寿命が有意に短かったり、苦しんだりするという事実を知るにつけ、私は「共生」はヒトの考えた感性的な夢であり、その殆どが実は全くの「寄生」であり、「片利共生」(この言い方自体が「共生」でないのだから、非科学的な用語として廃止すべきと考えている。「片利寄生」でよい)か、宿主を弱らせるタイプのゆゆしい「寄生」が殆んどであると考えている。「共生」というバラ色的概念は、自然界の一般的な短い個体生命体の間にあっては、極めて稀れなものであると思う。自然史的な長いドライヴの中での寄生が、宿主の器官の一部に組要み入れられてゆくというような仮説(例えばミトコンドリア寄生生物説のような)としての例外は――まあ、あり得るかも知れぬと思うにしても――である)。]

大和本草卷之十三 魚之下 章魚(たこ) (タコ総論)

 

章魚【本草】大タコ小タコクモダコ井ヽダコアリ海中ニテ人ニ

スイ付テハナレス血イヅ人ツハキヲ以テヲトスニヨク

ヲツタコヲ煑ル法牛旁カ大根ヲ以ヨク打テ久シク

[やぶちゃん注:「ヨク」は底本では、白く飛んで読めなかったため、国立国会図書館デジタルコレクションの画像で確認した。]

煑熟シ風吹所ニカケテ明日或即日ノ中冷シテ後

又久シク煮ルヘシ○脾胃虚有積聚及患瀉痢人服

藥人並不可食難消化○小八梢魚似八梢魚而小

俗名絡蹄【東醫寳鑑】本草章魚集解時珍曰石距亦其

類身小而足長コレ足ナガダコナリ○但馬ニアル大ダ

コハ甚大ナリ或牛馬ヲトリ又夜泊ノ小舟ニ手ヲノヘ

行人ノ有無ヲサグルト云又夜ヒカル丹後熱松ノ海ニ

テ蟒ト章魚トタヽカヒツイニ蟒ヲウミヘ引入蟒傍ノ木

ニマキツキタレトモ松ノ枝サケテ引シツメラル今ニ松殘

レリト云諸州ニテ大ダコ人ヲトル叓アリ○閩書曰鱆

魚一名望湖魚紫色腹圓無頭頭在腹下多足而

長皆環口上有圓文星聯凸起腹内有白粒如大

麥味美又有石距似鱆魚又有章舉一名紅舉似

烏鰂而差大○今案イヒダコ白粒ヲ食ツテ腹痛不止

者多シ不可食若欲食薑醋テ可食

○やぶちゃんの書き下し文

章魚(たこ)【「本草」。】「大だこ」・「小だこ」・「くもだこ」「井々〔(ゐゐ)〕だこ」あり。

海中にて、人にすい付つきて、はなれず、血、いづ。人、つばきを以つて、をとす[やぶちゃん注:ママ。]に、よく、をつ。

たこを煑る法、牛旁〔(ごばう)〕か大根を以つて、よく打ちて、久しく煑熟〔(にじゆく)〕し、風〔の〕吹く所にかけて、明日或いは即日の中〔(うち)〕、冷して後、又、久しく煮るべし。

○脾胃〔の〕虚、積聚〔(しやくじゆ)〕有る〔もの〕及び瀉痢を患〔(わづら)〕ふ人、藥を服する人、並びに、食ふべからず。消化し難し。

○「小八梢魚(くもだこ)」、「八梢魚(たこ)」に似て、小なり。俗名「絡蹄〔(らくてい)〕」【「東醫寳鑑」。】。「本草」、「章魚」〔の〕「集解」に、時珍曰はく、『石距も亦、其の類〔(るゐ)〕なり。身、小にして、足長』〔と。〕これ、「足ながだこ」なり。

○但馬にある「大ダコ」は甚大なり。或いは牛馬をとり、又、夜泊の小舟に手をのべ、行人〔(かうじん)〕の有無をさぐると云ふ。又、夜、ひかる。丹後熱(あつ)松の海にて、蟒(うはばみ)と章魚とたゝかひ、ついに[やぶちゃん注:ママ。]蟒を、うみへ引き入る。蟒、傍(かたはら)の木にまきつきたれども、松の枝、さけて、引〔(ひき)〕しづめらる。今に、松、殘れりと云ふ。諸州にて、「大だこ」、人をとる事あり。

○「閩書」に曰はく、『鱆魚〔(しやうぎよ)〕。一名「望湖魚」。紫色。腹、圓〔(まどか)〕にして、頭〔(かしら)〕無し。頭は腹の下に在り。足、多くして長し。皆、口〔の〕上に環(めぐ)れり。圓文〔(ゑんもん)〕の、星のごとく聯〔(つらな)〕り、凸起〔(とつき)〕する有り。腹内に白〔き〕粒有り、大麥〔(おほむぎ)〕のごとし。味、美〔(よ)〕し。又、「石距」有り、「鱆魚」似て、又、章舉〔(しやうきよ)〕有り。一名「紅舉」。「烏鰂〔(いか)〕」に似て、差〔(さしわたし)〕、大〔なり〕』〔と〕。

○今、案ずるに、「いひだこ」の白〔き〕粒を食つて、腹痛、止まざる者、多し。食ふべからず。若し食〔はんと〕欲せば、薑醋〔(しやうがず)〕にて食ふべし。

[やぶちゃん注:頭足綱鞘形亜綱八腕形上目八腕(タコ)目 Octopoda の総論。

「くもだこ」標準和名種としては八腕目無触毛亜目マダコ亜目マダコ科マダコ亜科 Paroctopus 属クモダコ Paroctopus longispadiceus 及びエゾクモダコ Paroctopus araneoides がいるが、現行でも食用にする内、小型のタコ類をかく俗称し、また、瀬戸内海では卵を持っているマダコ(マダコ科マダコ亜科マダコ属マダコ亜属マダコ Octopus (Octopus) sinensis を「モチ」、ないものを「スボ」=「クモダコ」と呼ぶらしいし、神奈川県横須賀市佐島(さじま)では500g以下のマダコを「クモダコ」と呼ぶという記載もあった。

「井々〔(ゐゐ)〕だこ」歴史的仮名遣は「いひだこ」が正しい。マダコ属イイダコ Octopus ocellatus としておく。和名のそれは「飯蛸」で、産卵直前の♀の胴部に詰まった卵胞が米飯に似ているとされることに由来するというのが、よく知られた有力説である。方言としても「コモチダコ」がある。さすれば、歴史的仮名遣では「いひだこ」でなくてはならない。

「つばき」唾。

「積聚〔(しやくじゆ)〕」所謂、「差し込み」で、胸部から腹部にかけての強い痛みを指す。「瀉痢」下痢。

「小八梢魚(くもだこ)」四字へのルビ。

「八梢魚(たこ)」三字へのルビ。

『「絡蹄〔(らくてい)〕」【「東醫寳鑑」。】』「東醫寳鑑」(とういほうかん/トンイボガム)は李氏朝鮮時代の医書。全二十三編二十五巻から成る。御医(王の主治医)であった許浚(きょしゅん)著。ウィキの「東医宝鑑」によれば、一六一三年に『刊行され、朝鮮第一の医書として評価が高く、中国・日本を含めて広く流布した』とある。「絡蹄」の「絡」は「まといつく・からむ・からまる」で、「蹄」は「ひづめ」でタコの吸盤を喩えたか。現代韓国語では「낙제」(ナッチェ)。

「本草」以下。

   *

章魚【「綱目」。】

釋名章舉【韓文。】。𠑃魚。【音「佶」。「臨海志」。】

集解頌曰、『章魚・石距二物、似烏賊而差大、味更珍好。食品所重、不入藥用。』。時珍曰、『章魚、生南海。形如烏賊而大、八足、身上有肉。閩・粤人多採鮮者、薑醋食之、味如水母。韓退之所謂「章舉馬甲柱、鬬以怪自呈」者也。石距亦其類、身小而足長、入鹽燒食極美。』。

氣味甘、鹹、寒、無毒。時珍曰、『按、李九華云、「章魚冷而不泄」。』。

主治養血益氣【時珍】。

   *

「石距」「足ながだこ」マダコ科Callistoctopus属テナガダコ Callistoctopus minor (Sasaki, 1920)であるが、本種はシノニムが多い。

Octopus minor (Sasaki, 1920) (英文ウィキではこれを筆頭に掲げる。これだと、マダコ属マダコ亜属となる)

Polypus macropus Wülker, 1910

Polypus macropus minor Sasaki, 1929

Polypus variabilis pardalis Sasaki, 1929

Polypus variabilis typicus Sasaki, 1929

Polypus variabilis var. minor Sasaki, 1929

Polypus variabilis var. pardalis Sasaki, 1929

Polypus variabilis var. typicus Sasaki, 1929

『但馬にある「大ダコ」……』このホラー性の強力な具体性には甚だ興味があるのだが、この伝承、調べてみたが確認出来ない。識者の御教授を乞う。この手の伝承は実際に多い。私の特にお薦めなのは、私の「佐渡怪談藻鹽草 大蛸馬に乘し事」である。是非、読まれたい。

「丹後熱(あつ)松の海にて、蟒(うはばみ)と章魚とたゝかひ、ついに蟒を、うみへ引き入る。……」こちは原拠を見つけた。「義残後覚」(ぎざんこうかく:愚軒(事績未詳。豊臣秀次の側近の「お伽の者」の一人かとも推定されている)の作になる雑談集。写本七巻。識語に文禄五(一五九六)年暮春吉辰とある)の巻四の「大蛸の事」である。国立国会図書館デジタルコレクションの「續史籍集覽」第七冊(近藤瓶城(へいじょう)編近藤出版部(昭和五(一九三〇)年刊)の画像を視認して以下に電子化するが、殆どがひらがなのベタ書きで非常に読み難い。そこで、句読点を打ち、一部を恣意的に正字漢字に推定で直し(その読みは一部で添えるに留めた)、段落も成形した。踊り字「〱」「〲」は正字化又は「々」とした。疑問の方は原本を見られたい。

   *

  大蛸の事

 爰に丹後の國、奇妙なる松あり。一方(はう)は、蒼海滿々として際(きわ[やぶちゃん注:ママ。])もなし。水際(みきは)の方(かた)は、靑嶺(りん)、峨々(がゝ[やぶちゃん注:ママ。])とそびえて、苔、なめらなり。この巖(いはほ)の上に、彌々(いよいよ)うへにありて、えだ葉、海のうへゝ、投げ掛けたり。

 これ、いかんと申(まうす)に、ちかきころの事なるは、六月なかばに、大虵(だいじや)の山よりいでゝ、この松にまとひつきて、甲(こう[やぶちゃん注:ママ。])を干(ほ)して、あそべり。そのたけは、十五、六尋(ひろ)もありぬべし。眼(まなこ)・口際(くちぎは)のすさまじさは、ものにたとへんかたなし。[やぶちゃん注:「靑嶺」(せいりん)の「嶺」は中国音で「リン」である。「十五、六尋」短い換算値でも二十三~二十四メートルとなる。)

 かゝる所に、海中より、大浪(なみ)、小浪(こなみ)、蹴(け)だてゝ、氣負(きほ)ひたるものあり。なにあるらんと見ければ、そのあたまは、一間(けん)四方(はう)を圓(まろ)めたるほどなる、蛸の八の手を、うちかけ、うちかけ、大浪、小浪、押しきつて、この巖のかたへ來たりて、大虵(じや)を、[やぶちゃん注:「一間(けん)」約一・八二メートル。]

「きつ」

と見て、いかにして是をとるべき氣色(きしよく)なり。

 大虵は、また、この蛸をみて、とつて、のむべき氣色(けしき)なり。兩方、うたがひに狙ひ合ひけるが、なにと思ひけるやらん、蛸はすこし退(しりぞ)くやうに見えけるが、大虵は、飛び掛かる氣色(きしよく)にて、頭(かしら)をさしのべ、手をいだすところを、蛸は[やぶちゃん注:「うたがひ」はママ。「お互い」の誤りであろう。]

「ヘたへた」

と手をいだして、虵(じや)を、まきけり。虵は蛸の頭(あたま)をくらいつかんと、手をのぶる。しかれども、虵は、この松を五纏(まと)ひほど纏ふ。

 蛸は又、虵を、八ツの手にて、

「ひたひた」

と卷く。虵は蛸を卷きあげんとす。

 蛸は虵を海へ引(ひき)落とさんとす。

 蛸の力(ちから)や、强かりけん、松ともに下へ引落とし、海へつゐに[やぶちゃん注:ママ。]大虵を引こみける。

 なかにては、虵を、何(なに)としたるも知らず、松はこの時、根をかへしてけり。[やぶちゃん注:「なかにては」そのシークエンスの半ばでは。]

 しかれども、かた枝のかたなる根の、いさゝか、岩(いは)にとり付(つき)て、大木となりて枝葉榮(さか)へけり。

 世の中に蛸といふもの、大なるは有(あり)といへども、かゝる大虵を卷き込むほどの蛸は、つゐに我が朝(てう)にて、きゝ及(をよ)ばず。

 或る人の曰く、

「船に『あやかし』といふものゝつく時は、かいしき、船が動かずして、なにともならず、迷惑する事あり。その『あやかし』といふは、此(この)蛸なり。」[やぶちゃん注:「かいしき」「皆式・皆色」で副詞。近世語で、多くは後に打消の語を伴って、「全く・まるっきり・皆目」の意である。]

と云へり。

 「龍虎の勝負(せうぶ[やぶちゃん注:ママ。])はあり」と昔よりいへども、蛸と大虵の勝負は、まことに珍しき物語りなれば、こゝに記すなり。

 又、四國遍路したる人の曰く、

「四國のうちにて雨の晴れ間に、水際(みぎは)のかたへ出でゝ、

『空の景色いかゞあるべき』

と同行(どうぎやう)とも見る所に、あけ舟に乘(のり)たる船頭の、[やぶちゃん注:「あけ舟」早朝に出た舟か。]

『なふ、旅人たち、はやく舟におはせよ、奇特(くとく)なる事を見せん。』

と云ふほどに、蘆原(あしはr)を二三間(げん)、が間(あひだ)、蹈み分て、舟に乘りて見ければ、長さ六、七尺もあるらんと見えける大虵(くちなわ[やぶちゃん注:ママ。])の水中にて、

『きりきり』

と、舞ふ事、世の常ならず。

 半時ばかり舞ふてければ、筒中(つつなか)[やぶちゃん注:蛇の胴体の中央の謂いか。]と覺しきところ、焙烙(ほうろく)の大きさに圓(まろ)く膨(ふく)れり。

『不思議や』

と見る所に、又、

『きりきり』

舞ふほどに、暫くありて、後前(あとさき)二ツづゝに、裂(さ)けたり。

 見れば、手、四ツになりけり。[やぶちゃん注:原文は「手」は「て」。続きから「手」とした。]

 それより、又、舞ふ事、やゝ暫くありて、四ツの手さげて、八ツになりたり。めだゝきする内に、このくちなわ、蛸となりにけり。[やぶちゃん注:「めだゝき」瞬(まばた)き。]

 そのゝち、沖をさして、およぎゆきしなり。

 人々、

『さても不思議なる事を見つるものかな。かゝることもあるならひかや』

とて、よくよく見おきて物語りにしたりけり。」

   *

後半の話は蛇が蛸に化生する話で、これも枚挙に暇がないほどある。やはり私の「佐渡怪談藻鹽草 蛇蛸に變ぜし事」或いは「谷の響 二の卷 三 蛇章魚に化す」をお読みになられたい。

「閩書」明の何喬遠撰になる福建省の地誌「閩書南産志」。

「望湖魚」名の由来、知りたや。

「章舉」「章」は吸盤、「舉」は「擧(挙)」であるから、「吸盤を持った腕を差し上げるもの」の謂いだろうか?

「烏鰂〔(いか)〕」頭足綱鞘形亜綱十腕形上目 Decapodiformes のイカ類。

 なお、私の寺島良安「和漢三才圖會 卷第五十一 魚類 江海無鱗魚」の「章魚(たこ)」・「石距(てなかだこ)」・「望潮魚(いひたこ)」でもかなり詳しい注を附してあるので、是非、そちらも参照されたい。

大和本草卷之十三 魚之下 鞋底魚(くつぞこがれい) (シタビラメ・ムシガレイ・ヒラメ)

 

鞋底魚 中夏ノ名也クツノソコノ形ニ似タリ本邦ニテモクツゾコト云倭漢同名也又水カレイトモ云カレイト同類ニテ別ナリ肉ウスクホソ長シ味比目魚ニヲトル無毒病人無妨綱目ニ比目魚ト一物トス然レトモ相似テ別ナリ閩書ニ鰈魦魚形扁而薄名鞋底魚左目明右目晦昧今閩廣以此魚名比目不知比目又一魚也トイヘリ綱目ヨリ閩書ニ書ス處詳ナリ可從

○やぶちゃんの書き下し文

鞋底魚(くつぞこがれい[やぶちゃん注:ママ。]) 中夏の名なり。くつのそこの形に似たり。本邦にても「くつぞこ」と云ふ。倭・漢、同名なり。又、「水かれい」とも云ひ、「かれい」と同類にて別なり。肉、うすく、ほそ長し。味、比目魚(かれい)にをとる[やぶちゃん注:ママ。]。毒、無し。病人に妨げ無し。「綱目」に、比目魚と一物とす。然れども、相似〔(あひに)〕て、別なり。「閩書」に『鰈魦魚〔(てふさぎよ)〕、形、扁(ひら)く薄し。「鞋底魚〔(あいていぎよ)〕」と名づく。左の目は明〔(めい)〕に、右の目は晦昧〔(くわいまい)たり〕。今、閩・廣、此の魚を以つて「比目〔(ひもく)〕」と名づく。「比目」、又、一魚〔なるやを〕知らず』といへり。「綱目」より「閩書」に書す處、詳〔(つまびらか)〕なり。從ふべし。

[やぶちゃん注:「鞋底魚(くつぞこがれい)」前の「大和本草卷之十三 魚之下 比目魚(カレイ) (カレイ・ヒラメ・シタビラメ)」で既注であるが、独立項なので、再掲する。現行でもこの「クスゾコ」という異名は生きており、カレイ目カレイ亜目ウシノシタ上科ササウシノシタ科 Soleidae同科は右体側に目がある。ササウシノシタ科の殆んどの種は小さいため、殆んど漁獲対象とならず、獲れても捨てられる。従って流通にも出現しない。但し、食べられないわけではない。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」にはササウシノシタ属ササウシノシタ Heteromycteris japonica が載り、『じっくり揚げると丸ごと食べられる』とあるが、調べると、体長は十五センチメートル内外で如何にも小さい)及びウシノシタ科 Cynoglossidae同科は左体側に目がある)の種群に総称。特に後者のウシノシタ科に属する魚の総称としては「シタビラメ」(舌平目)が水産庁が「別表1 国産の生鮮魚介類の名称例」で公的にウシノシタ科の総称として認定し、以下の二種が例として載る。

ウシノシタ科イヌノシタ亜科タイワンシタビラメ属クロウシノシタ Paraplagusia japonica

(体長は最大で三十五センチメートルほど。単に「ウシノシタ」と呼ばれることもあるほか、「クツゾコ」「ゲンチョウ」「ゲタ」「セッタガレイ」「ゾウリ」「ゾウリウオ」「チヨオギンカレイ」「ベロ」など多彩な地方名をもつ)

イヌノシタ亜科イヌノシタ属アカシタビラメ Cynoglossus joyneri(体長は二十五センチメートル程度)

両種は共に「シタビラメ」の代表格として流通でお馴染みである。ウィキの「アカシタビラメ」によれば、『有明海地方では靴の底に似ていることから、「くつぞこ」が次第に訛り、「クチゾコ」、「クッゾコ」と呼ばれて』おり、『岡山県などの瀬戸内地方東部では「ゲタ」と呼ばれ、煮付けの定番魚の一つとなってい』て、『山口県ではアカシタビラメを「レンチョウ」と呼び煮付けなどにする』とある。また、近縁種が複数おり、『それぞれ色や産卵時期も異なるが、混称としてアカシタビラメやクチゾコなどと呼ばれる』として、以下の三種が挙っている。

イヌノシタ属イヌノシタ Cynoglossus robustus

イヌノシタ属カラアカシタビラメ Cynoglossus semilaevis

イヌノシタ属コウライアカシタビラメ Cynoglossus abbreviatus

追加しておくと、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」ではさらに、

イヌノシタ属コウライアカシタビラメ Cynoglossus abbreviates

イヌノシタ属デンベエシタビラメ Cynoglossus lighti(本邦国内では有明海固有種)

イヌノシタ属ゲンコ Cynoglossus interruptus

イヌノシタ属オキゲンコ Cynoglossus ochiaii

イヌノシタ属オタフクゲンコ Cynoglossus sp.

ウシノシタ科オオシタビラメ属オオシタビラメ Arelia bilineata

が挙っており、例外的に

ササウシノシタ科セトウシノシタ属セトウシノシタ Pseudaesopia japonica

も挙がっており、『白身でやや旨味に欠けるもの。バターや脂を使った料理に向いている』とある。

「中夏」夏の半ば。限定的には陰暦五月の呼称。仲夏。

「くつ」「鞋」は草履・草鞋(わらじ)の底でとって問題なく、庶民はそのイコールで認識していたし、シタビラメ類の形状からもしっくりくる。「鞋底魚」は中国由来であるので、一応、言っておくと、「鞋」(音「アイ」)は足首より下の部分のみを覆ったり、そこに固定する履き物をかく言い(代表はやはり草履や草鞋状のもの)、「靴」は足首より上から足全体を覆うものを称する。

「倭・漢、同名なり」前項「比目魚(カレイ)」で示した「本草綱目」の「比目魚」でも集解の筆頭に別名として「鞋底魚」を挙げている。

「水かれい」これも前項「比目魚(カレイ)」で挙げた、

カレイ科ムシガレイ属ムシガレイ Eopsetta grigorjewi

の方言名である。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のムシガレイのページによれば、「ミズガレイ」「ミズカレイ」として、北海道・宮城県仙台・石巻市石巻魚市場・愛知県・京都府久美浜・舞鶴市舞鶴魚市場・兵庫県但馬地方・島根県・広島県呉市と非常に広域で使用されていることが判る。「味わい」の項に『透明感のある白身でやや水分が多く、うま味は少なめ』とあるのでそれが由来であろう。

『「綱目」に、比目魚と一物とす』「本草綱目」のそれ(「比目魚」)は、前項「比目魚(カレイ)」の最後に挙げてある。

「閩書」明の何喬遠(かきょうえん)撰になる福建省地方の地方誌。以下は、

   *

鰈魦魚 形匾而薄、邵武名「鞋底魚」。又名漯沙。漯音「撻」、魚在江行漯漯也、又名「貼沙」。「吳越春秋」、「東海王餘」或是乎。左目明、右目晦昧。今閩・廣以此魚名比目、不知比目又是一魚也。

   *

「閩・廣」元来の「閩」は中国古代に長江の河口部の南に居住した民族を指した。ここは福建地方を中心とした広域地名。「廣」は広州で現在の広州市を中心とした広東地方。

『「比目」、又、一魚なるやを知らず』底本の訓点は実は「不ㇾ知」以外にはない。しかし、それに従わずに、かく読んだ。そのまま読んではどうも気持ちが悪く、不自然だからである。]

2020/08/03

大和本草卷之十三 魚之下 比目魚(カレイ) (カレイ・ヒラメ・シタビラメ)

 

比目魚 此魚背黑ク腹白クシテ魚ノ半片ノ如シカ

タワレイヲト云意ニテ畧乄カレイト名ツク目ハ一處ニ

二アリ近シ一名鰈二種アリ一種ハツネノカレイ也

一種ハ鞋底魚ト云關東ニテ平目ト云カレイクツゾコ

共ニ腹ヲ地ニスリテヲヨク或云丹後ノムカシカレイニ毒ア

リト云不然本無毒凡漁人カレイヲ取テハ塩水ニテ

蒸シ半熟乄海濵ニ多クアツメ沙上ニ置テワラ席ヲ

オホヒ温濕ノ氣ニテ蒸シテ後少ホス丹後ノムシガレイ

是也湿熱ノ氣ヲフクンテ正味ヲ失ナフ食スレハ或腹

痛ス故病人ニ害ヲナシコト有之其子モ同故其子

ヲ食スレハ腹痛スルコトアリ小兒不可食生カレイハ無

毒益人生ナルヲ如常蒸乄食ス最美シ性ヨシ

○やぶちゃんの書き下し文

比目魚(かれい[やぶちゃん注:ママ。]) 此の魚、背、黑く、腹、白くして魚の半片〔(はんぺん)〕のごとし。「かたわれいを」と云ふ意にて畧して「かれい」と名づく。目は一處に二〔つ〕あり、近し。一名「鰈」。二種あり。一種は、つねのかれいなり。一種は「鞋底魚(くつぞこがれい)」と云ふ。關東にて「平目〔(ひらめ)〕」と云ふ。「かれい」・「くつぞこ」共に腹を地にすりて、をよぐ[やぶちゃん注:ママ。]。或いは云はく、「丹後の『むしがれい』に毒あり」と云ふ〔も〕、然〔(しか)ら〕ず、本〔(もと)〕、毒、無し。凡そ漁人、かれひを取りては、塩水〔(しほみづ)〕にて蒸し、半熟して海濵に多く、あつめ、沙上に置きてわら席〔(むしろ)〕をおほひ、温・濕の氣にて蒸して後〔(のち)〕、少し、ほす。丹後の「むしがれい」是れなり。湿・熱に氣をふくんで、正味〔(しやうみ)〕を失なふ。食すれば、或いは腹痛す。故、病人に害をなすこと、之れ、有り。其の子も同じ。故、其の子を食すれば、腹痛することあり。小兒、食ふべからず。「生〔(なま)〕かれい」は、毒、無し。人を益す。生なるを常のごとく蒸して食す、最も美〔(うま)〕し。性〔(しやう)〕、よし。

[やぶちゃん注:魚上綱条鰭(硬骨魚)綱カレイ目カレイ亜目ヒラメ科ヒラメ属ヒラメ Paralichthys olivaceus に、カレイ目カレイ科 Pleuronectidae のカレイ類も含めた叙述である。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」の「ヒラメ」のページに、『東京での呼び名。もともとヒラメは東京近郊の限られた地域のみで使われていた呼び名。本来はカレイ、カレなどとされ、異体類(カレイ目で目が左右どちらかに移動している)は区別されていなかった』とあり、他にも『比目魚はヒラメも含めてカレイ類全般のことで、ヒラメもそのひとつ』に過ぎないとある。この事実は現在は関東の方言呼称でしかなかった「ヒラメ」が、今や、全国区まで幅を利かすようになり、誰もが異口同音に「左ヒラメに右カレイ」と鬼の首を捕ったように区別が叫ばれ(言っておくと、この分類法は厳密には正しくない。頭部の左側に目を持っているヌマガレイ属ヌマガレイPlatichthys stellatus がいるからである)、よく知られているとは思われないから、特に太字で示した。また、『「ひら」は』「平たい」こと、『「め」は魚』を表わす広汎な『接尾語』であり、『漢字「平目」』の本邦での初出は、医師で本草学者であった人見必大(ひとみひつだい 寛永一九(一六四二)年頃?~元禄一四(一七〇一)年)が元禄一〇(一六九七)年に刊行した本邦最初の本格的食物本草書「本朝食鑑」が最初であるようである。但し、ヒラメとカレイとを人見が弁別していたかどうかは定かではないと「本朝食鑑」東洋文庫(一六九七年刊)の島田勇雄氏の訳注にはある。ただ、ウィキの「ヒラメ」によれば、『ヒラメという名が現れたのは14世紀ごろだが、日本では19世紀以前にはカレイとヒラメは区別されておらず、大きいものをヒラメ、小さいものをカレイと呼んでいた。はっきりと別種として扱った文献は小野蘭山』述の「本草綱目啓蒙」(享和三(一八〇三)年)が『初出である』とある。「重訂本草綱目啓蒙」第四十八巻の「比目魚」(国立国会図書館デジタルコレクションの原本画像)で、その解説中の左頁の最後の部分で、ヒラメを『カレイノ一種ナリ形カレイヨリ狹長ニシテ薄シ故ニ クツソコ及ウシノシタノ名アリ唐山』(中国のこと)『ニテモ鞋底魚トナヅク一二寸ヨリ一尺四五寸ニイタル左一片ハ黑』(ここから次のコマ)『クシテ細鱗アリ兩ノ小目アリ』とある。一方、そのコマの左頁の後ろから三行目を見られたい。そこで『カレイハ形鯧魚(マナガツヲ)』(スズキ目イボダイ亜目マナガツオ科マナガツオ属マナガツオ Pampus punctatissimus。同種は側扁形の平べったい外見を成す)『ニ似テ狹ク扁』(ひらた)『クウスシ長サ一尺二寸ナレハ濶サヒレトモニ五寸五分バカリ頭小ク觜尖レリソノ身右一片ハ黑クシ』(ここから次のコマ)『テ細鱗あり雙眼相並テ近シ左一片ハ形平ニシテ色白シ鱗ナクシテ細紋アリ』(以下略)と述べていることから、蘭山が確かにヒラメ(但し、左体側に目を持つ多種(カレイ目カレイ亜目ウシノシタ上科ウシノシタ科 Cynoglossidae など)も含んでいるように読める)とカレイを識別していることが判る。

『「かたわれいを」と云ふ意にて畧して「かれい」と名づく』「片割れ魚・片破れ魚」で、「割れた一片、又は、対になっているものの一方」或いは「一つのものから分かれた分身」の魚の意。但し、この語言説は、或いは益軒の考えたものである可能性がある。「本草綱目啓蒙」では、ここ(右頁から終行から左頁初行)で『カタワレイヲヲ畧シテ カレイト名クト大和本草ニイヘリ』とあるからである。因みに、ウィキの「カレイ」を見ると、『日本語の「かれい」は「唐鱏」(からえい)または「涸れ鱏」の転訛とされる』とあり、『「鰈」の「枼」は葉に由来し』、『薄いものの意』ともある(恐らく、皆、誤認していると思うが、「蝶のような魚」の意ではない)。また、『王が魚を半分食べたところを水に放すと泳ぎだしたとの中国の故事から』「王余魚」「王餘魚」とも『書くが』、これらは皆、『ヒラメをも含めた言い方である』とし、『漢名は「鰈」であるが、ヒラメとの混称で「偏口魚」、「比目魚」などとも呼ばれる』と記す。

「鞋底魚(くつぞこがれい)」現行ではこれはヒラメではなく、

カレイ目カレイ亜目ウシノシタ上科ササウシノシタ科 Soleidae(同科は右体側に目がある。ササウシノシタ科の殆んどの種は小さいため、殆んど漁獲対象とならず、獲れても捨てられる。従って流通にも出現しない。但し、食べられないわけではない。「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」にはササウシノシタ属ササウシノシタ Heteromycteris japonica が載り、『じっくり揚げると丸ごと食べられる』とあるが、調べると、体長は十五センチメートル内外で如何にも小さい)及びウシノシタ科 Cynoglossidae(同科は左体側に目がある)の種群に総称。特に後者のウシノシタ科に属する魚の総称としては「シタビラメ」(舌平目)が水産庁が「別表1 国産の生鮮魚介類の名称例」で公的にウシノシタ科の総称として認定し、以下の二種が例として載る。

ウシノシタ科イヌノシタ亜科タイワンシタビラメ属クロウシノシタ Paraplagusia japonica

(体長は最大で三十五センチメートルほど。単に「ウシノシタ」と呼ばれることもあるほか、「クツゾコ」「ゲンチョウ」「ゲタ」「セッタガレイ」「ゾウリ」「ゾウリウオ」「チヨオギンカレイ」「ベロ」など多彩な地方名をもつ)

イヌノシタ亜科イヌノシタ属アカシタビラメ Cynoglossus joyneri(体長は二十五センチメートル程度)

両種は共に「シタビラメ」の代表格として流通でお馴染みである。ウィキの「アカシタビラメ」によれば、『有明海地方では靴の底に似ていることから、「くつぞこ」が次第に訛り、「クチゾコ」、「クッゾコ」と呼ばれて』おり、『岡山県などの瀬戸内地方東部では「ゲタ」と呼ばれ、煮付けの定番魚の一つとなってい』て、『山口県ではアカシタビラメを「レンチョウ」と呼び煮付けなどにする』とある。また、近縁種が複数おり、『それぞれ色や産卵時期も異なるが、混称としてアカシタビラメやクチゾコなどと呼ばれる』として、以下の三種が挙っている。

イヌノシタ属イヌノシタ Cynoglossus robustus

イヌノシタ属カラアカシタビラメ Cynoglossus semilaevis

イヌノシタ属コウライアカシタビラメ Cynoglossus abbreviatus

「丹後の『むしがれい』」丹後の名産品として知られるそれは、「笹がれい」(京都・関西)・「柳がれい」(関東)・現地では「若狭がれい」の呼称が古くから有名である。但し、これはヒラメ類ではなく、種としては、

カレイ目カレイ亜科カレイ科ヤナギムシガレイ属ヤナギムシガレイ Tanakius kitaharae

を用いたものを真正とする(同種は一時期、個体数が激減したが、近年は漁業者の努力により回復し、漁獲量は安定している)。因みに「むしがれい」の「むし」は「蒸し」ではなく、「蟲(虫)」であって、これは表側の左右に虫食い状の斑紋があることに由来する(カレイ科ムシガレイ属ムシガレイ Eopsetta grigorjewi では三対)。ウィキの「笹かれい」によれば、『若狭湾は、日本海の暖流と寒流が入り込むところで、リアス式海岸となっており、そこでとれるカレイは特に味が良いと言われ』四月中頃まで『漁が続けられる。若狭の笹かれいは、古くから高級食材として京都で珍重され』、「山海名産図会」(木村孔恭(こうきょう:号は兼葭堂(けんかどう))著で蔀関月(しとみかんげつ)画になる江戸後期の傑出した全国名産図会。但し、農林産物は少なく、水産と自然物採取が主。寛政一一(一七九九)年刊)にも、『「天下にまたとない朝廷の召し上がる珍味」と記されるほどの高い評判を得ていた』とある。また、『特にメスの笹かれいは橙色の卵巣が透けて見え、オスよりも美味しいとされ高値で販売されている』。『古くより小浜市を中心とする福井県若狭地方は、海に面していない京都へ日本海側で採れる魚類の供給地であり、若狭から京都へは笹かれいの他、浜焼き鯖や、ぐじ等も運ばれて食されていた』。製法は、『水揚げしたばかりの新鮮なヤナギムシガレイに淡塩を施し、串に刺して一晩、日陰干し(一夜干し)にするという単純なもの』とある。

「正味〔(しやうみ)〕を失なふ」本来の旨味を失うということで、不審。大変、美味である。どうも宵曲の好みは干物がダメで、刺身或いは蒸し物が好物であったらしい。

「其の子」胎内の卵。すっごい美味いのに!

 最後に「本草綱目」を示しておく。

   *

比目魚【「食療」。】

釋名【「鰈」、音「蝶」。】鞋底魚。時珍曰、『「比」、「並」也。魚各一目、相並而行也。「爾雅」所謂『東方有比目魚、不比不行、其名曰鰈』是也。段氏「北戶錄」謂之「鰜」、音「兼」。「吳都賦」謂之「魪」、音「介」、。「上林賦」謂之「魼」、音「墟」。鰈、猶屧也。「鰜」、「兼」也。「魪」、相介也。「魼」、相「胠」也。俗名「鞋底魚」。「臨海志」名「婢蓰魚」、「臨海風土記」名「奴屩魚」、「南越志」名「版魚」、「南方異物志」名「箬葉魚」。皆、因形也。』。

集解時珍曰、『按、郭璞云、「所在水中有之。狀如牛脾及女人鞋底。細鱗紫白色、兩片相合乃得行。其合處半邊平而無鱗、口近腹下」。劉淵林、以爲「王餘魚」、蓋不然。』。

氣味甘、平、無毒。

主治補虛益氣力。多食動氣【孟詵。】。

   *]

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art Caspar David Friedrich Memorandum Miscellaneous Иван Сергеевич Тургенев 「プルートゥ」 「一言芳談」【完】 「今昔物語集」を読む 「北條九代記」【完】 「宗祇諸國物語」 附やぶちゃん注【完】 「新編鎌倉志」【完】 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳【完】 「明恵上人夢記」 「栂尾明恵上人伝記」【完】 「澄江堂遺珠」という夢魔 「無門關」【完】 「生物學講話」丘淺次郎【完】 「甲子夜話」 「第一版新迷怪国語辞典」 「耳嚢」【完】 「諸國百物語」 附やぶちゃん注【完】 「進化論講話」丘淺次郎【完】 「鎌倉攬勝考」【完】 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記)【完】 「鬼城句集」【完】 アルバム ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」【完】  ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ【完】 中原中也詩集「在りし日の歌」(正規表現復元版)【完】 中島敦 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 伊東静雄 伊良子清白 佐藤春夫 八木重吉「秋の瞳」【完】 北原白秋 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編【完】 南方熊楠 博物学 原民喜 和漢三才図会巻第三十九 鼠類【完】 和漢三才図会巻第三十八 獣類【完】 和漢三才圖會 禽類【完】 和漢三才圖會 蟲類【完】 和漢三才圖會卷第三十七 畜類【完】 国木田独歩 土岐仲男 堀辰雄 増田晃 夏目漱石「こゝろ」 夢野久作 大手拓次詩集「藍色の蟇」【完】 宇野浩二「芥川龍之介」【完】 宮澤賢治 富永太郎 小泉八雲 尾形亀之助 山之口貘 山本幡男 山村暮鳥全詩【完】 忘れ得ぬ人々 怪奇談集 早川孝太郎「猪・鹿・狸」【完】 映画 杉田久女 村上昭夫 村山槐多 松尾芭蕉 柳田國男 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 柴田宵曲 栗本丹洲 梅崎春生 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注【完】 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注【完】 橋本多佳子 武蔵石寿「目八譜」 毛利梅園「梅園介譜」 毛利梅園「梅園魚譜」 江戸川乱歩 孤島の鬼【完】 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」【完】 津村淙庵「譚海」 海岸動物 火野葦平「河童曼陀羅」【完】 片山廣子 生田春月 由比北洲股旅帖 畑耕一句集「蜘蛛うごく」【完】 畔田翠山「水族志」 石川啄木 神田玄泉「日東魚譜」 立原道造 篠原鳳作 肉体と心そして死 芥川多加志 芥川龍之介 芥川龍之介 手帳【完】 芥川龍之介「上海游記」【完】 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)【完】 芥川龍之介「北京日記抄」【完】 芥川龍之介「江南游記」【完】 芥川龍之介「河童」決定稿原稿【完】 芥川龍之介「長江游記」【完】 芥川龍之介盟友 小穴隆一 芸術・文学 萩原朔太郎 蒲原有明 藪野種雄 西東三鬼 詩歌俳諧俳句 貝原益軒「大和本草」より水族の部 野人庵史元斎夜咄 鈴木しづ子 鎌倉紀行・地誌 音楽 飯田蛇笏