フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「小泉八雲」の341件の記事

2018/01/04

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(28) 禮拜と淨めの式(Ⅵ)

 

 他の國に於ける祖先崇拜の高級な諸〻の形式の歷史は、吾々をして、神道祭祀の公の儀式の内には、淨めの式が多少必らず入つて居るに相違ないと想像させる。事實神道の儀式の内の最も重要なるものは淨めの式である。この淨めの式を稱して御祓ひといふが、その意は惡を投げ出し、若しくは逐ひ拂ふ事である……。古代のアゼンスに於ては、これと同じ式が每年行はれた。ロオマでは四年每に行はれた。御祓ひは每年二回――舊曆の六月と十二月とに行はれた。それはロオマの淨めの式と同樣義務的のものであり、其義務の背後にあつてその基礎となつて居た思想は、この事に關してのロオマ方を動かしたその思想と同樣なものであつた……。則ち生者の安寧が死者の意志に依ると、人々が信じて居た限り――世界に起る一切の事は、善惡各種の性質ある靈に依つて定められ――惡事は一々目に見えざる破壞の力に、更に別の權力を加へ與へるものであり、從つて公共の繁榮を危くするものである事を人々が信じて居た限り、公の淨めの必要は、世間共通の信仰箇條として行はれるのてある。只だ一人たりとも、或る社會に於て神々の意に悖つた人があれば、それが意識してであると、意ならずした事てあるとを問はず、それは公共の不幸、公共の危險となる。併しすべての人々が、或は思想に依り、或は言葉に依り、或は行爲に依つて、決して神々の心を煩はした事はなかつたといふほど立派に日を送つて居るといふ事は不可能な事である――或は激越した感情に依り、或は無智に依り、或は不注意に依り、さういふ事が起る。平田は言つて居る『各人は如何に深く注意して居ても、必らず偶然知らずしてする罪を犯すものである………惡行惡言には二種ある、意識してするのと、意識せずしてするのとの二種が……。吾々には恁ういふ意識して居ないで犯した罪があると假定して置く方が却つて良いと思ふ』と。さて舊日本の人に取つて――古のギリシヤ、ロオマの市民に取つてと同樣に――宗教なるものは、主として無數の慣習を正確に守るといふにあり、またそれ故に幾種かの祭祀の務を爲す間に、人は思ひがけなくも、目に見えざる神の意に逆らふ事を果たしてしなかつたか、それを知る事は甚だ雖しいといふ事を、吾々は記憶して置かなくてはならない。從つて人々の宗教上の純潔を保持し且つそれを確實にする方法として、時を期しての淨めの式は、必要缺くべからざる事と考へられて居たのである。

[やぶちゃん注:「アゼンズ」Athens。アテネ。この英語はフランス語「Athènesが由来らしい。

 恒文社版の平井呈一氏の訳では、ここに平田篤胤の引用元の「玉襷」の「六之卷」の原文が示されてある(平井氏のよる中略有り)。以下に恣意的に漢字を正字化して示す(仮名遣いはママ)。

   *

然(サ)るは何(イカ)に其行(オコナ)ひを慎(ツツシ)む人なりとも。自(ミヅ)から知て犯(オカ)す事こそ無(ナカ)るめれ。心に得知(エシ)らで過犯す事は。必有りとは心得べし。(中略)善(ヨカ)らぬ事と知つゝ行ふを惡といひ。知らずして善らぬ事あるを過(アヤマチ)と云ふ。然れば惡と云までの事はなくとも。誰(タレ)しの人も。過なしとは云がたし。(中略)其は己も隨分に過犯し無らむと力めて。木にも草にも心おけども。心ならずも知りて犯す罪さへ有れば。況(マシ)て得知らぬ過犯しの罪は多からむと。常に安からず思う事にしあればなり。心あらむ人よく思うべし。

   *]

 極古い時代から神道は嚴密に淸潔といふ事を要望した――實に、身體の不潔を以て道德上の不潔と同じ名のとなし、神々に對して許すべからざるものと考へて居たと云つて差支ない位であつた。神道は常に洗淨の宗教であつたし、今日でも同樣である。日本人の淸潔を愛することは――日々に入浴すること、家庭の點のうち處のない狀態等に依つても解るのであるが――その宗教に依つて維持され、恐らくそれから教へられたものであらう。一點の汚れもとどめない淸潔といふ事が、祖先崇拜の祭典に求められて居て、――神社に於ても、祭司の一身に於ても、また家庭に於ても――純潔に關するこの規定は、自然だんだんと生存のあらゆる狀態に押し擴められて行つた。そして一定の時期に於ける淨めの式の外に、幾多の不淨拂ひの式が祭祀に要求された。記憶すべき事には、斯ういふ事が、古いギリシヤ、ロオマの文明の内にもあつて、その市民はその生活の殆どあらゆる重大な時期には、淨めの式に從はせられたのてある。則ち誕生、結婚、死亡等に際しては、淨めが必要缺くべからざるものとされて居た。戰爭に出る前にも同樣てあつた。一定の時を期して住居、土地、地方、その都會の淨めもあつた。そして日本に於けると同樣、豫め手を洗はずして宮に近づく事は決して許されなかつた。併し昔の神道はギリシヤ、ロオマの祭祀以上にそれを要望した、神道は則ち誕生のために特別な家――分娩の家、結婚完了(床入)のための特別な家――婚儀の家、竝びに死者のための特別な家――喪屋等の建立を要求した。以前婦人はその月經期問、竝びに産褥期間、別居する事を求められて居たのである。この種の古い嚴しい慣習は、一二の遠隔の地に於けると、神官の家族に於けるとの場合以外、今は殆どなくなつてしまつた、併し淨めの式竝びに聖處に近づくのを禁ずる時日及び事情等に關しては、今日なほ到る所でそれが守られて居る。身體上の純潔は、心の純潔と等しく強要され、每六箇月目に行はれる淨めの大きな式は、勿論道德上の淨めとなるのである。それはただに大きな神社に於て、竝びに氏神に於て行はれるのみならず、またすベての家庭に於ても行はれるのてある。

[やぶちゃん注:以下、原註は底本では四字下げポイント落ちである。]

 

註 神棚には大抵長方形の紙の箱が置かれてあるが、その内には國の大祓の式の時、伊勢の神官が用ひた棒り斷片が入つて居る。この箱は通例式の名則ち御祓といふ名を以て呼ばれて居り、伊勢の大神宮の名が記されてある。この品のあるといふ事は、家を保護するのだと考へられて居る、併しそれは六箇月の盡きた際には、新しい御祓に代へられる、何となればその祓の力は兩度の淨めの式の間だけつゞいて居るものと考へられて居るからである。伊勢の淨めの式の際に『惡魔を佛ふ』ために用ひられた幾本かの棒の斷片を、幾千といふ家庭に分配する事は、勿論高い神官の保護を、次の御祓の時までそれ等の諸家庭に擴めるといふ意味である。

 

2017/12/19

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(27) 禮拜と淨めの式(Ⅴ)

 

 今日では供物は『小山の竝んだやうに』積まれる事もなく、またそれは『山にまた海に住む一切のもの』を含みもしない、併し大袈裟な祭拜はなほ殘つて居り、儀式はいつも感銘を與へるものである。神聖な舞も亦少からず興味ある儀式の一部分である。神壇の前に置かれた食物と酒とを、神々が口にされて居る間に、乙女の巫女が、緋と白との衣をまとひ、太鼓と笛の音のつれて優雅に動く、――神の居ますまはりをまはつて、扇子を波のやうに動かし、小さい澤山の鈴の總をふり鳴らしながら動く。西洋の考からすれば、巫女のこの舞は、殆ど舞踊とは言はれないが、併し見た處では優雅なまた不思議な光景である―――何となればその一步その一姿勢は、何時の事か解らないほど古い傳統に依つて定められて居るのであるから。哀調のある音樂に就いては、西洋人の耳は、その内に何等眞の旋律らしいものを認める事は出來ないが、併し神々はその内に喜悦を見るのである。何となれば、今日なほこれは二十世紀も以前になされて居た通り、全く同じやうに行はれて居るのでも知れるからてある。

[やぶちゃん注:「二十世紀も以前に」言わずもがなであるが、「二千年もの昔に」の意。]

 私は特に出雲で見た儀式に銃いて語るのである、その式は祭祀の種類如何、竝びに地方に依つて多少の相違がある。私の見た伊勢、春日、琴平その他の社に於ては、通例巫女は子供である。そしてその子供等が結婚期に達すると、その仕事をやめる。杵築の巫女は成人の婦人であつて、その職務は代々後に傳へられるのである。そして結婚後でもその職をつとめる事を許されて居る。

 

 以前には、巫女は單なる祭典の執行者以上のものであつた。その今日なほ覺えなければならぬとされて居る歌は、もとこの巫女が花嫁として神々に捧げられたものである事を示して居る。今でも巫女の觸れたるものは神聖なるものである。その手に依りて播かれか種子は神の祝福を受けたものである。過去に於ける或る時代にあっては、巫女は神々の用をする女と考へられて居たらしい。神々の靈が巫女にのり移り、その唇を通して神が口をきいたのである。この最も古い宗教のあらゆる詩的な情緒は、この小さい巫女――亡靈の幼少なる花嫁――の翩翻として舞ふ其姿を中心として起される。その姿は實に見るべからざる神の神壇の前に於ける、驚くべき白と排の蝶のやうである。近代の萬事の變化した世にあつては、この少女も公立の學校に行かなければならないが、而もなほ日本の少女の樂しうに見える一切をそれは代表して居る。何となればその家庭に於ける修練は、少女をして尊嚴を保ち、無邪氣に、その何事を爲すにも可憐ならしめ、神々の愛するものたるの價値をもたしめるからである。

2017/12/17

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(26) 禮拜と淨めの式(Ⅳ)

 

 大きな神社に於ける祭典の儀式の中の大事な事項は、供物を扨捧げる事、祝詞を讀む事、竝びに巫女の舞である。これ等のことには、それぞれ傳統に依つて、堅くその事に結びついた特別な性質が件なつて居る。食物の供御は、琺瑯を引いてない素燒の古風な器(大抵は赤色の土器――かはけ)を以てせられ、炊いた白飯は棒砂糖のやうに圓錐形に押しけられ、それに加へるに、魚、食用海草、果實、鳥類、それから太古からの形そのままの德利に入れて捧げられたる酒がある。これ等の供物は不思議な形をした白木の盆の上にのせて神託に運ばれる、――それを運ぶ人の顏は兩眼以下、白紙を以て蔽はれて居る、それはその人が神々の食物を汚さないやうにとの爲めである、そして同樣な理由から、盆も十分に腕をのばして持ち運ばなければならないのてある……。古代にあつては供物の内に、食物よりもつと遙かに高價な名のが含まれて居たらしく思はれる、――恐らく日本語に於ける現存して居る最古の文書である、神這の儀典則ち祝詞の證明する處を信賴し得るとすれば、次に擧げる龍田の風祭神に向つて爲された祝詞の、サトウ氏の飜譯の抄錄は興味あるものである。それは祝詞の言語の立派な一例としてのみならず、また上古に於ける大儀式の特賀と供物との性質とを示す名のとして興味があるのである、――

[やぶちゃん注:以下、底本では全体が四字下げでポイント落ち。底本は総ルビであるが、一部に限った。]

 

 奉るうづの幣帛(みてぐら)は、男神(ひこがみ)に御服(みそ)は明妙(あかるたへ)照妙(てるたへ)和妙(にぎたへ)荒妙(あらたへ)五色(いついろ)の物、楯(たて)戈(ほこ)御馬(みうま)に御鞍(みくら)具へて、品品(いろいろ)の幣帛(みてぐら)獻(たてまつ)る。女神(ひめかみ)に御服(みそ)備へ、金(こがね)の麻笥(をけ)、金の揣(たたり)、金の挊(かせひ)、明妙照妙和妙荒妙五色の物、御馬に御鞍具へて、雜(くさぐさ)の幣帛奉りて、御酒(みき)は壞開高知り、𤭖(みか)の腹滿(はらみ)て雙(なら)べて 和稻(にぎしね)荒稻(あらしね)に、山に住む物は、毛の和物(にぎもの)毛の荒物(あらもの)、大野の原に生ふる物は、甘菜(あまな)辛菜(からな)、靑海原に住む物は、鰭(はた)の廣物(ひろもの)鰭の狹物(さもの)、奧(おき)つ藻菜(もは)邊(へ)つ藻菜に至るまでに、橫山のごと打ち積み置きて、奉る此のうづの幣帛を、安幣帛(やすみてぐら)の足幣帛(たらしみてぐら)と、皇神(すめがみ)の御心(みこころ)に平(たひら)けく聞(きこ)し食(め)して、天(あめ)の下(した)の公民(おほみたから)の作りと作る物を、惡(あし)き風荒き水に遭はせ賜はず、皇神(すめかみ)の成し幸(さち)はへ賜はゞ、初穗に𤭖(みか)の上(へ)高知(かたし)り、𤭖(みか)の腹滿て雙べて、汁にも頴(かひ)にも、八百稻(やほしね)千稻(ちしね)に引き居(す)ゑ据(お)きて、秋の祭(まつり)に奉らむと、王卿等(おほきみまへつきみたち)、百官人等(もものつかさのひとたち)、倭(やまと)の國の六(むつ)の御縣(みあがた)の刀彌(とね)、男女(をとこをみな)に至るまでに、今年四月(うづき)(七月(ふみづき)には今年七月(ふみづき)と云ふ)諸參(もろまゐ)り集(つど)ひて、皇神(すめかみ)の前に、うじもの頸根(うなね)衝拔(つきぬ)きて、今日(けふ)の朝日の豐榮登(とよさかのぼり)に、稱辭(たたへごと)竟(を)へ奉る。皇御孫命(すめみまのみこと)のうづの幣帛を神主祝部(はふり)等(ラ)受賜(うけたまは)りて、堕(お)つる事なく奉れと宣(の)りたまふ命(みこと)を、諸(もろもろ)聞(きこ)し食(め)せと宣(の)る。

譯者註先生の引用したのはサトウ氏の飜譯てある。これは祝詞の其條下を讀みよくした譯文で、有朋堂の叢書から取つたものである。

[やぶちゃん注:私は祝詞の総ての意味を理解している訳ではない。但し、私の所持する平井呈一氏の訳ではアーネスト・サトウの訳が、前の本文にちゃんと載っており、これは非常に分かり易い。やや長いが、以下の引用して参考に供しておく。万一、著作権侵害を指摘された場合は、除去する。

   《引用開始》

「若い男神に供える大きな供物として、わたくしはいろいろの供物をおそなえいたしました。衣服には明るい布、光った布、柔らかな布、あらい布、――五いろの物、タテ、ホコ、鞍をつけた馬。――また若い女神には、規定の衣服、黄金の糸ばこ、黄金のタタリ、黄金のカセヒ、明るい布、光った布、柔らかな布、あらい布、五いろの物、鞍をつけた馬など、いろいろの供物をおそなえいたしました。――酒は高い壺と低い壺にいっぱい入れ、柔らかな穀粒にあらい穀粒、――山に住むものは、毛の柔らかなものに毛の剛いもの、――大きな野原にはえるものは、甘い菜に辛い菜、――青い海原に住むものは、幅のひろい魚に幅のせまい魚から――沖の海藻に岸の海藻に至るまで。そして、山のように積み上げたこの大きな供物を、もし神厳な神々が平らかなみ心で、平和な供物、満足された供物としてお受けなさるなら――神厳な神々が、天が下の国の大いなる民のつくったこれらの物に、悪い風や荒い水のこないように、よいみのりとお恵みを下さるならば、秋には初なりの果物を、高い壺や低い壺にいっぱい入れて供え、またそれを汁や実に、幾百の稲や幾千の稲にひいてお供えいたしましょう。そしてこの目的のために、王侯、諸卿、百官、ヤマトの国六県の男女の使役人どもが、この年四月に来たり集まって、神厳なる神々のみ前で、鵜のように首をつきさげて、きょうの太陽が輝かしくのぼるときに、賞讃のことばをささげまつります‥‥」

   《引用終了》

「揣(たたり)」は古代の祭儀用具と思われ、方形の台に三十六センチメートル強の柱を立てたものと推定されている(語源は「立在」の義とする説がある)。「挊(かせひ)」は或いは「挊木」(かせき/かせぎ))で紡錘(つむ)で紡(つむ)いだ糸をかけて巻きつけるための「工」の字形をした器具のことではあるまいか。]

 

2017/11/04

柴田宵曲 續妖異博物館 「鰻」 附 小泉八雲“A Matter of Custom”原文及び田部隆次訳

 

 

 

 魚王行乞譚といふのは柳田國男氏の命名されたものであらう。見識らぬ人が來て殺生に關する異見をして歸る。途にその異見に從はず、釣りに出て獲た魚の腹を割くと、最前の客に供した食べ物が出て來たので、さてはこの魚が人に化けたのであつたかといふのが大體の型である。魚の種類は鰻が多いが、土地によつて岩魚になつてゐるのもあり、腹中から現れる食べ物も、蓼飯や采飯の外に團子などといふこともある。この人に化けた鰻なり岩魚なりは必ず大きなものなので、中には特にこれこれの大きな鰻があつたら殺すなと注意してゐるのもあるから、それを魚族の代表者と見て、魚王の名を與へられたものと思ふ。

[やぶちゃん注:「魚王行乞譚といふのは柳田國男氏の命名されたものであらう」柳田國男が昭和五(一九三〇)年一月に『改造』に発表した論文に「魚王行乞譚」がある。これは世年後の昭和九年六月小山書店から刊行した論集「一つ目小僧その他」に収録された。宵曲が柳田國男が本タイプの話群への「魚王行乞譚」の名付け親というのは、恐らくは正しいかと思われる。但し、「魚王行乞譚」は表題だけで、論文内にはこの名称は出ない。因みに「魚王行乞譚」について、平凡社の「世界大百科事典」では、魚が昔話や伝説の不可欠の構成要素とされているものに、助けた魚が女の姿となって女房になり幸運を与える(「魚女房」)、動物が尾で魚を釣ろうとして氷に閉じられしっぽを失う(「尻尾の釣り」)などがあり、魚を捕らえて帰る途中で怪しいことが起こり、復讐を受ける(「おとぼう淵」「よなたま」)といった「物言う魚」の伝説譚は、魚が水の霊の仮の姿であるという信仰があったことを物語っているとし、淵の魚をとりつくす毒流し漁を準備しているとき、それを戒める旅僧に食物を与えたところ、獲物の大魚の腹からその食物が現れ、漁に参加した者が祟りを受けたという話や、川魚どもの首領が人に姿を変えて現れて毒流しを準備する人々に中止を求めるも住民はそれを聴かず、食物を与えて帰す。いざ、毒流しで多くの魚を捕ってみると、その中の特に巨大な魚の腹から先に与えた食物が出てきたので、人々はこの行為を悔いたという話(毒のあることは知りながら、それを用いることを忌むために発生した説話と考えられる)などを特に「魚王行乞譚」と称し、以上のような水神=魚という古い信仰の流れの末に位置する説話である、とする。現在、私は「一つ目小僧その他」の電子化注行っているが、生憎、注に手間取るため、遅々として進まず、後、三章後である。当該部分の電子化注が終わったところで、改めて、ここにリンクを張る。]

 

 狂言の「釣狐」は伯父の白藏主(はくざうす)に化けて殺生を戒めに來る。狐はそのまゝ古家に歸らうとして、一應異見に從ふかに見えた甥の罠にかゝるのである。「釣狐」には饗應の食べ物がないから、後に腹を割いて確證を得るわけに往かず、罠にかゝつた狐を以て伯父に化けたものと斷定しがたいが、殺生を戒めに來た者が先づ捕はれる點は、ほゞ徑路を同じうしてゐる。もし狐族代表としてこの擧に出たものとすれば、「釣狐」の老狐が狐王といふことになるのであらう。

[やぶちゃん注:「釣狐」ウィキの「釣狐」より引く。『鷺流での名称は「吼噦(こんかい)」』で、『「猿に始まり、狐に終わる」という言葉があり、これは』「靭猿(うつぼざる)」(大名狂言。大名が太郎冠者を連れて狩りに出かける途中、猿引が連れている毛並みのよい猿を見て、「矢を携帯する靱(箙(えびら)に同じい)の皮にしたいから猿を譲れ」という。猿引が断ると、大名は弓矢で脅し、無理に承知させる。猿引が猿を殺そうと杖を振り上げると、無邪気な猿はその杖を取って、舟の櫓を漕ぐ真似をするので,憐れを催し、手が下(くだ)せない。大名も無心な猿の姿に心打たれ、命を助ける。猿引は喜んで猿歌を歌い、猿に舞わせる。大名も上機嫌で猿に戯れて舞う真似をし、扇・刀・衣服を褒美として与えるというストーリー。狂言師を目指す子弟は、この猿の役で、幼少時に初めて舞台に立つことで知られる)の『猿役で初舞台を踏んだ狂言師が』、この「釣狐」の『狐役を演じて初めて一人前として認められるという意味である』。『白蔵主の伝説』(原型の伝承では、南北朝の永徳元(一三八一)年に、和泉(現在の堺市堺区)にある(現存)臨済宗萬年山少林寺塔頭の、耕雲庵の住僧として実在した僧の法名とされる。ウィキの「白蔵主」を参照されたい)『を元に作られたとされており』、『多くの狂言師が、上演する際に白蔵主稲荷を祀る大阪府堺市の少林寺に參詣し、この稲荷の竹を頂いて小道具の杖として使っている』。シテが老狐、アドが猟師で、『猟師に一族をみな釣り取られた老狐が、猟師の伯父の白蔵主という僧に化けて猟師のもとへ行く。白蔵主は妖狐玉藻の前の伝説を用いて』、『狐の祟りの恐ろしさを説き、猟師に狐釣りをやめさせる。その帰路、猟師が捨てた狐釣りの罠の餌である鼠の油揚げを見つけ、遂にその誘惑に負けてしまい、化け衣装を脱ぎ身軽になって出直そうとする。それに気付いた猟師は罠を仕掛けて待ち受ける。本性を現して戻って来た狐が罠にかかるが、最後はなんとか罠を外して逃げていく』というストーリーである。]

 

「魚王行乞譚」に擧げられた話は「耳囊」が二つ、「想山著聞奇集」が二つ、「老媼茶話」が一つ、それに岩手縣に傳はつた話が「聽耳草紙」から一つ、すべて網羅されてゐるので、蛇足の加へやうがない。最後に支那の例として「廣古今五行記」及び「朝野僉載」の二話が「太平廣記」から引かれてゐるが、「廣古今五行記」のもう一つの例が洩れてゐる。似たやうなものではあるが、こゝに補足して置くことにしたい。

[やぶちゃん注:「魚王行乞譚」先の柳田國男の論文。

「耳囊」は私が古くに全電子化訳注を完遂している。「二つ」とあるが、これは「卷之八 鱣魚の怪の事」にカップリングしてあるものを指す。参照されたい。

「想山著聞奇集」も私が全電子化注を完遂している。これも「二つ」とあるが、こちらも「卷の參 イハナ坊主に化たる事 幷、鰻同斷の事」の最初の「イハナ坊主に化たる事」の中に書かれてある岩魚の変化(へんげ)の二例(後の鰻のケースではないので注意)を指す。参照されたい。

「老媼茶話」は現在、私が電子化注をしている最中であるが、幸いにも当該話は既に終わっている。「卷之弐 只見川毒流(どくながし)」である。参照されたい。

『「聽耳草紙」から一つ』「聽耳草紙」は柳田に師事し、「遠野物語」の提供者として知られる岩手遠野の、作家であり、在野の民俗学研究者でもあった佐々木喜善(実際には「遠野物語」は彼が採集したものを聴き取りしたのであって、柳田國男の作品とは言えないと私は考えている)の民話集。以下に引く。二話カップリングになっており、ここに後者もここに注するに相応しいので、丸ごと示す。底本はちくま文庫の同書を用いた。最後の丸括弧による佐々木氏の注は底本ではポイント落ちで、全体が一字下げである。

   *

 

   一〇二番 鰻の旅僧(その一)

 

 昔、滝沢と鵜飼との境に、底知れぬといわれた古沼があった。ある時この沼の近所の若 者達が七八人でカラカを作って、一生懸命に臼で搗いていると、そこへどこからか一人の汚い旅僧が来て、その木ノ皮の粉は何にするもんだと訊いた。若者達はこれは細谷地の沼へ持って行って、打ッて見る算段だが、そうしたら鯉だの鮒だの鰻だのが、なんぼう大漁だか、お前達[やぶちゃん注:「達」はママ。複数形ではなく、敬称であろう。]にも見せてやりたいほどだと言った。するとそのお坊様は悲しそうな顔して、そうか、だがその粉を揉れたら、沼の中の魚は大きいのも小さいのも有るも無いも皆死ぬべが、親魚だらともかく一寸下の小魚などでは膳の物にもなるまいし、また生物の命を取るということは、なんぼ罪深いことだか知れないから、早く思い止まりませと言って頼んだ。

 すると若者達は口を揃えて、何この乞食坊主が小言をぬかせや、今日は盆の十三日だ、赤飯をケルから[やぶちゃん注:「呉れてやるから」の意か。]、早くさっさと影の明るいうちにどこさでも行きやがれ。そして同じクタバル(死ぬ)なら俺が領分でおんのめるな。後片付けに迷惑するからと言った。すると旅僧も何も言わずにその小豆飯をもらって食って、そこを立ち去った。

 翌日若者達は、沼へ行ってカラカを揉んだ。するとあてにしていたように、しこたまの大漁であった。泥を搔き分けて行くと、最後にひどく大きな鰻を捕った。体が胡麻ぼろで[やぶちゃん注:胡麻を蒔いたように老成して表皮が転々と剥げて斑(まだら)になっていることか。]、まわりが一尺長さが六尺もあった。あんまり珍しいものだから仲間して人数割に、ズブギリ(輪切り)にして分配することにした。そして腹を割って見ると中から赤飯が出た。そこで初めて昨日の族僧がこの沼の主であったことが分った。

(岩手郡滝沢村字滝沢、細谷地の沼。カラカとは山村でよくやる山椒の木の皮を天日に干して、細かに切り、臼で搗いて粉にし、それに灰を交ぜて、川沼で揉み魚を捕るもの、地方によってはナメともいう。昭和二年十月十六日、大坊直治翁来翰その三。)[やぶちゃん注:「カラカ」は「辛皮」である。]

 

     (その二)

 

 この鰻の旅僧の話は他にもあった。和賀郡黒沢尻駅近くに見える和野という所の田圃の中に、こんもりとした森がある。これを浮島というのである。

 昔この和野に長老があった。極めて貪欲無道な人であって、財宝が家倉に積み余っているくせに多くの下男下女をこき使うことが甚しかった。雨降りの日などにはお前達は今日は働かないから、これでいいとて、アメた[やぶちゃん注:岩手方言で「腐った」の意。]飯や腐った魚肴を食わした。

 しかし長老は、館の前に、多くの金をかけて大きな池を造って、その他の四季の景色を眺めて楽しんでいた。ある時いつものように池を眺めていると、門前へ貧乏たらしい旅僧が訪れて来て、何か食物をクモれやと乞うた。長者はお前にはこれがちょうどよいと言って、猫の食い残しの汚飯を投げ与えた。

 しかしその旅僧は、そんな汚い飯をさもうまそうに食べおえてから、さてさて長老殿の家もあと一年の運だなアと嘆いて、すごすごとそこを立ち去った。

 果して一年たつと、門前の池の水が涸れて一滴もなくなった。その時不思議にも口中に飯粒を一杯入れた大きな鰻魚が死んでいた。それからというものは長者の家は災難続きで、だんだんと貧乏になり、ついに跡形なく滅びてしまった。

 今ある浮島の森は、その池の中にあったものだといわれている。

(村田幸之助氏の御報告の分。黒沢尻中学の二年生、高橋定吉氏の筆記摘要。)

   *

「廣古今五行記」唐の竇維(とうい)の撰になる志怪小説集。柳田國男が引いているのは、「太平廣記」の「水族六 水族爲人」の「廣古今五行記」を出典とする「晉安民」。

   *

晉安郡民斷溪取魚、忽有一人著白、黃練單衣、來詣之、即同飲饌。饌畢、語之曰、「明日取魚、當有大魚甚異、最在前、愼勿殺。」。明日、果有大魚、長七八丈。逕來衝網。其人卽賴殺之。破腹、見所食飯悉有。其人家死亡略盡。

   *

今一つは、

「朝野僉載」「ちょうやせんさい」(現代仮名遣)と読む。「遊仙窟」の作者として知られる唐の文人張鷟(ちょうさく)の伝奇小説集。同じく柳田國男が引いているのは、「太平廣記」の同じく「水族六 水族爲人」の「朝野僉載」を出典とする「萬頃陂(ばんけいは)」。

   *

唐齊州有萬頃陂。魚鼈水族。無所不有。咸亨中。忽一僧持鉢乞食。村人長者施以蔬供。食訖而去。於時漁人網得一魚。長六七尺、緝鱗鏤甲、錦質寶章、特異常魚。欲齎赴州餉遺、至村而死、遂共剖而分之。於腹中得長者所施蔬食、儼然並在。村人遂於陂中設齋過度、自是陂中無水族、至今猶然絶。

   *]

 

 隋の開皇の末の事である。大興城の西南に於て、村民が佛會を營んでゐるところへ一人の老人が現れた。晉安郡の民が魚を捕る場合に出た老人は「著白黃練單衣」とあつたが、大興城のは全くの白裝束で、食を求めて去る。誰も識つた者が居らぬので、ひそかに後をつけて行つたところ、二里ばかりにして見えなくなつた。たまたまそこに堤があり、水中に白魚が泳いでゐる。丈餘の白魚に從つて無數の小魚の泳ぐのを見、人爭つてこれを射る。中には弓が折れ弦の切れた者もあつたが、遂にその白魚を射て腹を割いて見たら、飯の出て來たことは「魚王行乞譚」の諸例と同じであつた。後數日にして洪水があり、魚を射た者の家は皆溺死したとある。

[やぶちゃん注:「隋の開皇の末」「開皇」は隋の初代皇帝文帝(楊堅)の治世に行われた年号。隋朝最初の年号で、五八一年から六〇〇年に相当する。

「大興城」隋の都。隋の文帝が、五八三年に旧長安城の東南に築いた。

「晉安郡の民が魚を捕る場合に出た老人」柳田國男の「魚王行乞譚」に「太平廣記」から紹介されたもので、谷川を堰き止めて漁をしようとしていた人の前に現われた魚の変じた老人のこと。前段の私の注の原典を参照。

「著白黃練單衣」前段の私の注の原典を参照。白い袷(あわせ)に、黄色の練り絹の単衣(ひとえ)を着ている。

「二里」隋代のそれなら、一里は五百三十一メートルであるが、これも実は「廣古今五行記」が元で(後掲)、同書は唐代の作品だから、一里は五百六十メートル弱で採らなくてはおかしい。従って一キロメートル強となる。

 以上は「太平廣記」の同じく「水族六 水族爲人」の「廣古今五行記」を出典とする「大興村」。

   *

隋開皇末、大興城西南村民設佛會、一老翁皓首白裙襦、求食而去。衆莫識。追而觀之。行二里許、遂不見。但有一陂。水中有白魚長丈餘。小而從者無數、人爭射之、或弓折弦斷、後竟中之。割其腹。復秔米飯。後數日、漕梁暴溢、射者家皆溺死。

   *

 

「太平廣記」に收められた三つの話のうち、晉安民の話だけが、明日魚を取らば、當(まさ)に大魚の甚だ異なる者があつて、最も前に在るだらう、愼みて殺すなかれ、と戒めてゐる。他は皆食を了つて去るだけであるが、晉安の民は一家ほゞ死亡し盡し、大興城の人は溺死する。萬頃陂の話にはかういふ祟りは見えぬが、その代り「これより陂中水族なし」といふことになつてゐる。日本の話はせいぜいその魚を食はなかつたとか、爾來鰻釣りを止めたとかいふ程度の結末が多い中に在つて、「老媼茶話」の一例だけが、慶長十六年七月に只見川の毒流しを行ひ、同年八月二十一日に大地震があつて山が崩れ、翌年五月十四日には毒流しの主謀着である蒲生秀行が亡くなつた。魚王の祟りも決して馬鹿にならぬ。たゞ日本の話は先づ命乞ひの人に逢ひ、忽ちにして魚腹の食べ物を見るので、魚群の最も先頭にゐたり、無數の小魚を從へたりするやうな、魚王の實を示す話はない。支那の話でも「萬頃陂」の中には魚王らしい一條が見えぬやうである。

[やぶちゃん注:「慶長十六年」一六一一年。以下の話については、既に「卷之弐 只見川毒流(どくながし)」の私の注で、細かく検証している。是非、参照されたい。]

 

 鰻は生きながら割いたのを燒いて食膳に供するせゐか、昔から種々の妖異譚が傳へられてゐる。馬琴が「兎園小説」に書いた話などは、いさゝか因緣纏綿し過ぎた嫌ひがあるが、鰻屋が仕入れて來た中に、すぐれて大きな鰻が二尾あつて、その一つを割かうとすると、主人が錐で怪我をする。代つて割かうとした甥も、手に卷き付かれたり、尾で打たれたりして弱つたが、因果を含めてどうにか割き了つた。併し折角苦心して割いた鰻も、客は判串食べただけで、氣持が惡いと云つて食はなかつたのみならず、その夜中に生簀(いけす)の方で何か大きな音がする。手燭を秉(と)つて生簀の蓋を取つて見た時、多くの鰻が一齊に頭をもたげて睨むやうにした。もう一尾殘つてゐた筈の大鰻は、いつの間にか姿を消してゐたさうである。この出來事に驚かされた鰻屋の甥は、次の日逐電してしまつたといふのであるが、筆者が筆者だけに草雙紙趣味が加はつてゐるやうな氣がする。尤も馬琴は天保三年十一月十三日の晩に、關係者の一人からこの話を聞いたので、「浮きたる事にはあらずかし」と力説してゐるから、事實とするより仕方があるまい。

[やぶちゃん注:以上は、「兎園小説餘錄」の「第二」にある「鰻鱧(バンレイ)の怪」(「鱧」はハモ(条鰭綱 Actinopterygii ウナギ目 Anguilliformes ハモ科 Muraenesocidae ハモ属ハモ Muraenesox cinereus)のことであるが、ここはこの二字で、ウナギ(ウナギ目 Anguilliformes ウナギ亜目 Anguilloidei ウナギ科 Anguillidae ウナギ属ニホンウナギ Anguilla japonica)を指している。その逆に、これでハモだけを指す用法もある)である。吉川弘文館随筆大成版を参考に、例の仕儀で加工して示す。【 】は割注。適宜、句読点や記号を変更・追加し、直接話法は改行し、一部にオリジナルに読みを歴史的仮名遣で附した。なお、宵曲は作話性が臭うと批評しているが、私は「兎園小説」の中ではかなり好きな一話である

   *

   ○鰻鱧の怪

 吾友鈴木有年、名は秀實、俗字は一郎【東輪王寺の御家臣。】。叔父某乙は、沙翫[やぶちゃん注:左官。]の頭領【有年の實父は、伊勢の龜山侯の家臣にて、下谷の邸にあり。今玆七十二歳にて、十月廿四日に歿したり。有年は東台の儒臣鈴木翁の養嗣たり。件の叔父は則實父の弟也。】。

 わかゝりし時、放蕩なりしかば、浮萍(うきくさ)のごとく東西南北して、竟に沙翫になりしといふ。

 いまだ泥匠[やぶちゃん注:左官に同じ。]ならざりし時、某町なるうなぎ屋の養嗣になりて、しばらくその家に在りける程、養父とともに鰻鱧の買出しに千住へもゆき、日本橋なる小田原河岸へゆくこともしばしば也。凡(およそ)鰻鱧は一笊(ざる)の價、何ほどと定め、手をもて、ひとつひとつに引あげ見て、利の多少を推量(おしはか)ること也とぞ。

 かくて、あるあした、又、養父と共にかひ出しに赴きて、かたのごとく、うなぎを引あげ見つゝ、損益をはかりて、幾笊か買とりしを、輕子(かるこ)[やぶちゃん注:魚市場や船着き場などで荷物運搬を業(なりわい)とする人足。繩を編んで畚(もっこ)のようにつくった軽籠(かるこ)と呼ばれる運搬具を用い、これに荷物を載せて棒を通し、担いで運んだ。]に荷なはして、かへり來つ。

 しばらくして、養父なるもの、件(くだん)のうなぎを生簀箱(いけすばこ)に入けるに、特に大きなる鰻鱧、ふたつ、ありけり。養父、いぶかりて、有年の叔父なりける某乙に、

「かゝる大うなぎあり。今朝、買とる折には、かくまで大うなぎはなしと思ひしが、いかにぞ。」

といふに、某乙も亦、訝りて、

「宣ふごとく、こはおぼえず候へども、こはめづらしきものにこそ侯へ。折々來給ふ得意の何がしどのは、鰻鱧の大きなるを好み給へば、かこひ置(おき)て賣(うら)ばや。」

といふに、養父、うなづきて、

「寔(まこと)に。さる事あり。かの人にまゐらせなば、價を論ぜず、よろこばれん。かこひおくこそよかめれ。」

といひけり。

 かくて、その次の日、彼(かの)大うなぎを好む得意の町人、ひとりの友とともにうなぎを食(くは)んとて來にければ、あるじはしかじかと告知(つげし)らするに、その人、歡びて、

「こは。いとめづらかなるもの也。とく燒(やき)て出(いだ)せ。」

とて、友人とともに二階に登りたり。

 その時、あるじは、件の大鰻鱧を、ひとつ、生簀より引出して、裂(さか)んとしつるに、年來(としごろ)、手なれしわざなるに、いかにか、しけん。うなぎ錐(きり)にて手をしたゝかにつらぬきけり。

 既にいたみに堪(たへ)ざれば、有年の叔父某乙を呼びて、

「われは、かゝる怪我をしたり。汝、代りて裂くべし。」

とて、左手を抱へて退(の)きければ、某乙、やがて立代(たちかは)りて、例のごとく裂んとせしに、その大うなぎ、左の手へ、

「きりきり。」

と、からみ付(つき)て、締(しめ)ること甚しく、既にして動脈の得(え)かよはずなるまでに、麻癱(しび)るゝ痛みに堪ざれば、少し手をひかんとせしに、その大うなぎ、尾をそらして、腔(ひばら)[やぶちゃん注:脾腹。]を、

「ほた。」

と打(うち)たりける。是にぞ息も絶(たゆ)るばかりに、痛みをかさねて難儀しつれど、人を呼(よば)んはさすがにて、なほも押へて些(いささか)も緩めず、ひそかにうなぎに打向ひて、

「汝、われを惱すとても、助かるべき命にあらず。願ふは、首尾、克裂(かつれつ)[やぶちゃん注:鮮やかにしっかりと裂けること。]してくれよ。しからば、われはこの家を立去(たちさ)りて、後々まで、かゝる渡世をすべからず。思ひ給(たまへ)よ。」

と、しのびねにかきくどきたりければ、そのこゝろをうけひきけん、からみたる手をまきほぐして、やすらかに裂(さけ)にけり。

 扨、燒立(やきた)て、出(いだ)せしに、得意の客もその友も、

「心地、例ならず。」

とて、これをたうべす[やぶちゃん注:ママ。「食(たう)べず」。]。

 初(はじめ)、かの得意の客は、わづかに半串、たうべしに、

「死人の如きにほひして、胸わろし。」

とて、吐きにけり。

 かくて、その夜さり、丑三の頃、うなぎの生簀のほとりにて、おびたゞしき音のしてければ、家の内のもの、みな、驚き覺(さめ)て、

「何にかあらん。」

と訝る程に、某乙、はやく起出(おきいで)て、手燭を秉(とり)て生簀船(いけすぶね)を見つるに、夜さりは石を壓(おもし)におく。その石ももとのまゝにて、異(い)なる事のなけれども、

「さりとも。」

と思ひて、生簀船の蓋を開きて見ぬるとき、あまたのうなぎの、蛇の如くに、頭をもたげてにらむに似たり。

 只、この奇異のみならで、ひとつ殘りし大うなぎは、いづちゆきけん、あらずなりけり。某乙、ますます驚き怕(おそ)れて、次の日、養家を逐電しつゝ、上總の所、親がり[やぶちゃん注:実の親の元へと。]、赴きて、一年ばかり歷(ふ)るほどに、養父は去歳(さるとし)より大病にて、今はたのみなくなりぬ。

「とく、立かへり給へ。」

とて、飛脚到來してけるに、既に退身(たいしん)[やぶちゃん注:勝手に逐電して退去したことを指す。]したれども、いまだ離緣に及ばざれば、已むことを得ずかへり來て、養父の看病せんとしつるに、養母は密夫を引入(ひきい)れて、商賣にだも、身を入れず、病臥したる良人をば、奧なる三疊の間にうち措(おき)て、看(み)とるものもなかりしを、某乙、その怠りをたしなめて、病人を納戸に臥(ふせ)さしつ。藥をすゝめ、粥を薦(すすむ)るに、いさゝかも飮(のま)ず、くらはず、只、好みて水を飮む、のみ。

 ものいふことも得(え)ならずして、鰻鱧のごとく、頤(おとがひ)をふくよかにして、息をつくあさましき體(てい)たらく、又、いふべくもあらざりけり。

 かゝる業病(ごふびやう)也ければ、病むこと稍(やや)久しくして、竟(つゐ)に、むなしくなりし折、某乙は後の事など叮嚀にものしつゝ、扨、養母と養母の親族に身の暇(いとま)を乞ひ、離緣の後(のち)、料(はか)らず、泥匠のわざを習ふて、その世渡りになすよし也。

 こは天明年間[やぶちゃん注:一七八一年から一七八九年。「兎園小説餘錄」の馬琴の附記のクレジットは天保三(一八三二)年。]の事なりければ、さすがに叔父のうへながら、有年はかゝる事のありしともしらざりしに、今より五、七年以前に、家を作り替ぬる折、その壁一式を叔父にうちまかせしかば、叔父は弟子を日每に遣し、その身も、をりをり來つるにより、ある日の晝食に、鰻鱧の蒲燒を出せしに、叔父はいたく忌嫌(いみきら)ひて、

「われは、うなぎを見んとも思はず。とく退(の)けて給ひね。」

といふ事、頻(しきり)なりければ、有年夫婦、いぶかりて、よのつねなる職人ならぬ叔父なればこそ、心を用(もちひ)、ひとり[やぶちゃん注:特に別して。]よせたりける物なれども、嫌ひとあるに強(しひ)かねて、

「ほいなかりき。」

と呟きしを、叔父は、

「さこそ。」

と慰めて、

「わが、うなぎを忌嫌ふは、大かたのことならず。この儀は、和郎(わろ)[やぶちゃん注:二人称代名詞。男性に対して(ここは)親しみを込めて呼ぶ語。おまえ。]が未生(みしやう)以前の事なりければ、しらぬなるべし。懺悔(さんげ)の爲に説示(ときしめ)さん。その故は箇樣(かやう)々々。」

と、彼(かの)怪談に及びしとぞ。

 其叔父の名も養父の家名も、しるすに易き事なれども、よき祥(きざし)にしもあらざれば、あなぐりもせず[やぶちゃん注:敢えて探索してここに示すようなことはしない。]。有年の話せるまゝに錄するのみ。彼(かの)大うなぎは稀なるものにて、かの折、腕を三まき卷(まき)て、尾をもて、瞎[やぶちゃん注:「かため」(片目)と訓ずるか。しかし、先に鰻が打ったのは「腔(ひばら)」である。「瞎」と「腔」は草書で書くと間違え易いようにも思われるから、現行から活字に起こした際の誤りかも知れぬ。]を打(うち)たるにて、その長さを推量るべし。打れし迹はうち身になりて、今も寒暑の折は發(おこ)[やぶちゃん注:痛みが。]るといふ。うなぎ渡世をするものは、末よからずといふよしは、常に聞くことながら、こは正しき怪談也。浮(うき)たる事にはあらずかし【天保壬辰[やぶちゃん注:天保三(一八三二)年。]の冬閏十一月十三日の夜、關潢南に招れて、彼處に赴きし折、有年は、なほ、喪中ながら、はからずも來て、まとひに[やぶちゃん注:「圓居に」で、その集まりの場の車座の中に。]入りけり。その折、有年の、「かゝる事しもありけり」とて、話せられしを、こゝにしるすもの也。有年は關の親族也。】。

   *]

 

 佐藤成裕なども「中陵漫錄」の中に鰻の奇談を書いてゐるが、備中國玉嶋の鰻屋の者が一夜妙な夢を見た。村から仕入れた鰻の中に胡麻斑の大きなのがあつて、自分は人につかまつてこゝに來た、定めて近日割かれることであらうが、同じ死ぬのなら夫婦一緒に死にたい、お前にその氣があるなら、明日中につかまへて來てくれぬか、と語る夢なのである。鰻の女夫(めをと)心中などは正に黃表紙物であるが、そこが夢物語の夢物語たる所以であらう。翌朝起きて生簀を見ると、成程胡麻斑のやつがゐる。これは殺さぬことにして置いて、一二日したら仕入れた中に、やほり胡麻斑のがあつた。試みに一緒にして見るのに、殊の外よろこんで戲れる樣子である。よつて二尾ともに殺さず、もとの水中に放ち、ふつつり鰻屋家業をやめてしまつた。

[やぶちゃん注:以上と次段の話は「中陵漫錄」の「卷之九」の「鰻鱺(うなぎ)の奇話」。吉川弘文館随筆大成版を参考に、例の仕儀で加工して示す。前と同じ処理をした。

   *

  ○鰻鱺の奇話

 薩州の西に鰻鱺池[やぶちゃん注:「鰻池」のことであろう。私は一泊したことがある。]と云(いふ)あり。此池に生(うまる)るは、只、半片なり。昔、大なるを得て、半片(はんかた)、裂(さき)たるに踊走(をどりはしり)て地中に入(いり)て、皆、半片の鰻鱺となる。今俗に是を「片平鰻鱺」と云。土人、恐(おそれ)て取るものなし。

 又、肥前島原の北、直子村、大手川上に、大なるあり。其(その)大さ、臼のごとし。大旱(おほひでり)の時、民人、雨を祈る。果して應(こたふ)る事あり。是れに依(よつ)て、「雨守大明神」と敬號す。

 又、東都にて、尤(もつとも)、大なるもの、得て食す。狂氣して遂に死す。

 薩州にて大なるを食す。遂に病となる。

 又、江戸の麻布に鰻鱺を貨(う)るものあり。或日、狂亂して其板の上に臥し、庖丁にて咽の處に立て、腹より裂(さき)て自ら云く、

「我は鰻鱺也。」

とて死す。此時、皆人、云く、

「數十年の間、生物を裂きたる爲なり」と云。餘が少年の時に聞(きけ)り。

 又、備中の玉島に鰻鱺を貨るものあり。一日、村中より、多く持來(もちきた)る。中に大にして胡麻斑(ごまふ)なるあり。此夜、家内のもの、皆、夢に此鰻鱺、自(みづから)云く、

「夫婦(めをと)一處に居りたるに、我(われ)獨り、人の手に逢(あふ)て、こゝに來る。定(さだめ)て近き内に裂(さか)れて死すならん。何卒(なにとぞ)、一處に死したし。其意あらば、明日中に人の手に入(いれ)て來てくれまひか。」

と、其婦に語る、夢なり。明朝、起き、

「ふしぎなる。」

とて見れば、果して、胡麻斑のもの、あり。

「是れは。先(まづ)、殺さずおくべし。」

とて、一、二日、置きければ、又、村中より多く持來る中に、一樣なる胡麻斑のもの、あり。されば、

「一處に入(いれ)て見るべし。」

とて、一處に入(いる)れば、殊の外、相悦(あひよろこび)て互に戲る。

「扨、是れは、本(もと)の取りたる水中に放つべし。」

とて、本の處に返すと云(いふ)。是れより、此鰻鱺の家業を止むと云。

 又、近頃、聞く。鰻鱗を貨る處にて、夜半、頓(しきり)に噪動(さうどう)して、さわぐ事あり。果して、人、求(もとめ)に來(きた)ると云(いひ)、其人の來るをしつて、我も我もと下にもぐり入ると云。鰻鱺家の主人、自(みづから)、語れり。

   *]

 

「中陵漫錄」はこの話に續いて、こんな事を書いている。鰻屋で夜中に生簀の鰻が俄かに騷ぐ事があるが、さういふ時には必ず人が買ひに來る。人が來るのを知つて、我も我もと下へもぐり入るのだといふ。これは或鰻屋の主人の話ださうである。こゝに至つて吾々は小泉八雲の書いた「尋常の事」といふ一文を想ひ起さざるを得ぬ。或僧が若い修行時代に山寺へ行つて一宿を乞ふと、主僧は不在で七日間は歸らぬ、留守は老尼一人だから人を泊めることは出來ない、と云つて斷られた。倂し此方は非常に疲勞して居り、食物は要らぬ、眠る所さへあればよろしい、と切に賴んだので、老尼も同情して泊めてくれた。然るに夜中になつて、念佛の聲と木魚の音で目がさめた。寺の中は眞暗であるのに、誰が今頃そんなお勤めをするのかと不審に思ひながら、またぐつすり寢込んでしまつた。翌朝老尼に一宿の禮を述べて、御住持は昨夜お歸りになりましたね、と聞いて見たら、昨日申しました通り、七日間は歸りません、と云ふ。實は夜中に木魚の音と念佛の聲が聞えたので、御住持がお歸りになつたかと思つたのです、と云つたところ、あゝ、それなら住持ではありません、檀家です、檀家に死人がありました時は、その佛が木魚を敲いて念佛を唱へに參ります、と老尼は説明した。彼女は長い間に慣れてしまつて、何でもない事と思つてゐるやうな口ぶりであつた。そこで八雲はこの文章に「尋常の事」と題したのである。

[やぶちゃん注:『小泉八雲の書いた「尋常の事」これは小泉八雲の「骨董」(Kottō)の中の小品「A Matter of Custom」である。原文を引く。

   *

A Matter of Custom

 

THERE is a nice old priest of the Zen sect, — past-master in the craft of arranging flowers, and in other arts of the ancient time, — who comes occasionally to see me. He is loved by his congregation, though he preaches against many old-fashioned beliefs, and discourages all faith in omens and dreams, and tells people to believe only in the Law of the Buddha. Priests of the Zen persuasion are seldom thus sceptical. But the scepticism of my friend is not absolute; for the last time that we met we talked of the dead, and he told me something creepy.

 

“Stories of spirits or ghosts,” he said, “I always doubt. Sometimes a danka comes to tell me about having seen a ghost, or having dreamed a strange dream; but whenever I question such a person carefully, I find that the matter can be explained in a natural way.

“Only once in my life I had a queer experience which I could not easily explain. I was then in Kyūshū, — a young novice; and I was performing my gyō, — the pilgrimage that every novice has to make. One evening, while travelling through a mountain-district, I reached a little village where there was a temple of the Zen sect. I went there to ask for lodging, according to our rules; but I found that the priest had gone to attend a funeral at a village several miles away, leaving an old nun in charge of the temple. The nun said that she could not receive me during the absence of the priest, and that he would not come back for seven days. . . .  In that part of the country, a priest was required by custom to recite the sutras and to perform a Buddhist service, every day for seven days, in the house of a dead parishioner. . . .  I said that I did not want any food, but only a place to slpep : moreover I pleaded that I was very tired, and at last the old nun took pity on me. She spread some quilts for me in the temple, near the altar; and I fell asleep almost as soon as I lay down. In the middle of the night — a very cold night! — I was awakened by the tapping of a mokugyo and the voice of somebody chanting the Nembutsu, close to where I was lying. I opened my eyes ; but the temple was utterly dark, — so dark that if a man had seized me by the nose I could not have seen him [hana wo tsutnarété mo wakaranai] ; and I wondered that anybody should be tapping the mokugyo and chanting in such darkness. But, though the sounds seemed at first to be quite near me, they were somewhat faint ; and I tried to persuade myself that I must have been mistaken, — that the priest had come back and was performing a service in some other part of the temple. In spite of the tapping and chanting I fell asleep again, and slept until morning. Then, as soon as I had washed and dressed, I went to look for the old nun, and found her. After thanking her for her kindness, I ventured to remark, ‘So the priest came back last night ?’ ‘He did not,’she answered very crossly — ‘I told you that he would not come back for seven days more.’‘Please pardon me,’ I said ; ‘last night I heard somebody chanting the Nembutu, and beating the mokugyo, so I thought that the priest had come back.’‘Oh, that was not the priest!’ she exclaimed; ‘that was the danka.’‘Who ?’ I asked ; for I could not understand her. ‘'Why,’she replied, ‘the dead man, of course!’That always happens when a parishioner dies ; the hotoké comes to sound the mokugyo and to repeat the Nembutsu. . . . She spoke as if she had been so long accustomed to the hing that it did not seem to her worth while mentioning.”

 

   *

 次に、こちらにあるPDFの田部隆次氏の訳を電子化する。

   *

 

    尋常の事

 

 時々私をおとづれる禪宗の老僧、――生花その外古い藝術の名人――がある。色々の古風な信仰に反對の説教をして緣起や夢合などを信じないやうに説き、ただ佛の教をのみ信ずるやうに勸めて居るが、それでも檀家には評判がよい。禪宗の僧でこんなに懷疑的なのも少ない。しかしこの私の友人の懷疑も絶對ではない、先日遇つた時、話は死者の事に及んだが、何だか氣味の惡い事を聞かされた。

 

『幽靈だの、お化だのと云ふ事は愚僧は信じない』僧は云つた、『時々檀家の人が來て幽靈を見た、不思議な夢を見た、と云つて來る、しかし詳しく尋ねて見るとそれには相應の説明のつく事が分つて來る。

『ただ、愚僧は一生に一度中々説明のつかない妙な經驗をした事がある。その頃九州にゐて若い沙彌であつた、若い時にはだれもやらねばならぬ托鉢をやつてゐた。或晩山地を旅して居る間に禪寺のある村に着いた。きまり通りそこへ行つて宿を賴んだが、主僧は何里か離れた村へ葬式に出かけて、一人の老尼だけが留守に殘つてゐた。尼は主僧の留守中、人を入れる事はできない、それから主僧は七日間は歸るまいと云つた。……檀家に死人があれば、僧が行つて七日の間、毎日讀經して佛事を行ふ習慣となつてゐた。……愚僧は食物はいらない、ただ眠る所さへあれば結構と云つた。その上非常に疲勞して居る事を話して賴んだので、尼はたうとう氣の毒がつて、本堂の須彌壇の近くに蒲團を敷いてくれた。橫になると愚僧はすぐに眠つてしまつた。夜中に――大層寒い晩であつたが――愚僧の休んで居る近くの所で木魚をたたく音と、誰かが唱へる念佛の聲で眼がさめた。眼を開けたが、寺は眞暗で――鼻をつままれても分らない程の暗さであつた、それで愚僧は不思議に思つた。こんな暗がりのうちで木魚をたたいたり、讀經をしたりするのは一體誰だらう。しかし響きは初めは餘程近いやうだが、何だかかすかでもあつた、それでこれは自分の思ひちがひに相違ないとも考へて見た、――主僧が歸つて來て寺のどこかでお勤めをして居るのだとも考へて見た。木魚の音と讀經の聲に頓着なく、愚僧は又寢込んで、そのまま朝まて眠りつづけた。それから起きて顏を洗つて着物を整へるとすぐに老尼をさがしに行つた。それから昨晩の御禮を云つたあとで「昨夜あるじは御歸りになりましたね」と云つて見た。「歸りません」老尼の答は意地惡さうてあつた。「昨日申しました通り、もう七日間は歸りません」「ところで昨晩誰か、念佛を唱へて木魚をたたくのを聞いたのて、それで、あるじが御歸りになつた事と思ひました」と愚僧は云つた。「ああそれならあるじぢやありません、それは檀家てす」と老尼は叫んだ。愚僧は分らなかつたから「誰です」と尋ねた。「勿論死んだ人です。檀家の人が死ぬといつでもさう云ふ事がおります。そのほとけは木魚をたたいて念佛を唱へに來ます」……老尼はそんな事には長い間慣れて來たので、云ふまでもない事と思うて居るやうな口振で云つた』

            (田部隆次譯)

 A Matter of Custom.Kotto.

 

   *]

 

 この話の僧といふのは實在の人物で、丹羽雙明といふ牛込富久町道林寺の住職である。八雲はこの人からいろいろの話を聞いたらしい。雙明老師は幽靈やお化は信じないが、一生に一度だけ、説明の付かぬ妙な經驗をした、と云つた。それが今の話なのである。この説明が付かぬならば、人が買ひに來る前に生簀の鰻が騷ぐ話も容易にわからぬ。もし尋常の事であるならば、鰻の事も怪しむに足らぬであらう。人と鰻との相違はあつても、天から與へられた生命に變りはないからである。

[やぶちゃん注:「丹羽雙明」不詳。識者の御教授を乞う。

「牛込富久町道林寺」現在の新宿区富久町(とみひさちょう)小泉八雲の旧居があった町でもある((グーグル・マップ・データ))が、この名の禅寺は、周辺には現存しない模様である。]

2017/09/11

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(25) 禮拜と淨めの式(Ⅲ)

 

 公然に行ふ奉祭の性質は、神々の位に從つて相違して居る。供物と祈禱とはすべての神神に捧げられたのてあるが、大きな神々は非常な儀式を以て禮拜された。今日では通例供物は、食物と酒と、昔から風習として供へられて居た高價な織物を表はす象徴的の品物から成つて居る。又儀式には行列、音樂、歌謠及び舞踊が入つて居る。極小さな社では儀式も少い――只だ食物が供へられるのみてある。併し大きな神社には神官と女の神官(巫女)――通例神官の娘である――との一團の司祭があり、儀式も念が入り嚴肅である。かかる儀式の古風な趣を尤も都合よく研究し得るのは、伊勢の大廟(この神宮の婦人の高い神官は天皇の娘であつた)か、出雲の大社に於ててある。佛教の大波は、一時古い信仰を殆ど葬り去つたのであるが、それにも拘らず、この伊勢と出雲とに於ては、何十世紀以前のままに萬事が殘つて居る、――この特別な聖い境内にあつては、神仙談の中にある魔の宮殿に於けるが如く、過ぎ行く時も眠つて居たのかと思はれるやうである。建築の形そのものが、不思議に高く聳え、その見なれない姿で、人の目を驚かす。この社の内にはすべてが、さつぱりとして何もなく、至純である、目に見るべき物の姿もなければ裝飾もなく、象徴もない、――只だ供物の象徴であり、また目に見えないものの不思議な御幣が、眞直ぐな棒にかけられてあるのみである。奧にあるそれ等の御幣の數に依つて、その場所に捧げてある神々の數を知る事が出來る。其處には空間と、緘默と、過去の暗示との外、何も人の心を動かすものはない。最奧の神壇には幕がかかつて居る、恐らくその内には、靑銅の鏡と古い劍と、八重に包まれて居る何か他の品があるのであらう。それだけである。蓋しこの信仰は諸〻の偶像よりも古いのであるから、人の姿などを要しないのである。其神は亡靈である。そしてその社の何もない靜けさは、耳目に觸れ得る代表物に依つて起こされうるよりも、遙かに深い嚴肅の感を起させる。少くとも西洋人の眼には、其奉祭、禮拜の型、神聖なる品物の形は、いづれも甚だ異樣に感じられる。神火は決して近代式の方を以て點ぜられるのではない――神々の食物を料理するその火は、それは木をもつて作つた火を發しさせる錐のやうなものを以て尤も古い仕方で默火される。神官の長は神聖な色――白――の上衣を着、今日では他所には見られない形の頭の裝をつける、――昔の大公、王子等の着けた高い帽子である。ぞの補助の人達はその位に應じて各種の色をつける。そしていづれの人の顏も全く髯を剃つたのはない――或る人はすつか顎髯を生やし、また或るものは口髯のみを生やして居る。この種の教僧の行動も、態度も、威嚴を備へて居るが、而も一寸文字にあらはせない程に古風な處がある。その身の動かし方は、一々古くからの傳統に依つて定められてあるので、神主たる職務を十分に行ふには、長い準備の訓練が要せられるのである。この職務は父子相傳で、その訓練は少年の時代に始まる。そしてやがてその感情を表現しない樣子が習得されるのであるが、それは實際驚くべきものである。その職を行つて居る神主は。人間といふよりも、むしろ立像のやうに見える、――目に見えない何物かに依つて動かされて居る姿である――そして神と同じく神主は目ばたきをしない……。嘗て長い神道の行列に際し、多くの日本の友人と共に、私は、どれ位長い間、若い神主が目ばたきをしないで居られるかを見ようと思つて、その馬上の姿を注目して居た。而も私共の一人も、吾々が見て居た間に、神主の馬が止つてしまつたに拘らず、その眼若しくは眼瞼の最小の運動たりとも發見したものはなかつた。

[やぶちゃん注:「高價な織物を表はす象徴的の品物」所謂、「幣帛(へいはく)」である(但し、これには広義には前に出る食物と酒も含まれる)。本来は織り上げた衣服・漉いた和紙及び農耕具などを飾った。ここで言うのは「布帛(ふはく)」で絹を主として古くは木綿や麻でできた布地(きれじ)であったが、実際にはこれが本文でも述べている通り、シンボル化して幣(ぬさ)となったものである。今の日本人のどれだけの者が、御幣が、そうした具体な供物の象徴物の変形したものであると知っているだろうか? 我々は素直に小泉八雲の足下に跪かねばならないと私は思う。

「(この神宮の婦人の高い神官は天皇の娘であつた)」これは訳が不全である。原文は“(where, down to the fourteenth century the highpriestess was a daughter of emperors)”であるから(この“highpriestess” “High Priestess”で「女教皇」「女祭司長」の意)、「ここでは、十四世紀末に於いては、その最高位の司祭長としての巫女(みこ)は天皇の娘であった」という意味であり、この「十四世紀末」(頃まで)「に於いては」がないと、事実として非常おかしくなる。所謂、斎宮(いつきのみや)のことである。ウィキの「斎宮」によれば、『平安時代末期になると、治承・寿永の乱(源平合戦)の混乱で斎宮は一時途絶する。その後復活したが(もう一つの斎王であった賀茂斎院は承久の乱を境に廃絶)、鎌倉時代後半には卜定』(ぼくじょう:先代の斎宮が退下(たいげ)すると、未婚の内親王又は女王から候補者を亀卜(きぼく:亀の甲を火で焙って出来た罅で判断する卜占)により新たな斎宮を定めたことを指す)『さえ途絶えがちとなり、持明院統の歴代天皇においては置かれる事もなく、南北朝時代の幕開けとなる延元の乱により、時の斎宮祥子内親王(後醍醐天皇皇女)が群行』(狭義には斎宮が任地伊勢国へ下向することを指す語)『せずに野宮』(ののみや:斎宮や斎院に卜定された後に一定期間籠る施設で、宮城内に設けられた)『から退下したのを最後に途絶した』(退下は建武三(一三三六)年)とある。八雲の「十四世紀末」の謂いはかなり正確であると言える。

「この社の内にはすべてが、さつぱりとして何もなく、至純である、目に見るべき物の姿もなければ裝飾もなく、象徴もない、――只だ供物の象徴であり、また目に見えないものの不思議な御幣が、眞直ぐな棒にかけられてあるのみである。」原文は“Within, ail is severely plain and pure : there are no images, no ornaments, no symbols visible — except those strange paper-cut-tings (gohei), suspended to upright rods, which are symbols of offerings and also tokens of the viewless.”。「目に見えないものの不思議な御幣」は日本語として生硬でよくない(但し、全体を読むと言わんとする意味は解る)。平井呈一氏の訳は、『社殿の内部は、これまた万事が峻厳なくらいに簡素で、純潔で、神の像だの、装飾など、目に見える象徴物などは何一つなく、ただまっすぐな木の棒に、白い紙を切った奇妙な物(御幣)が下がっているだけで、この御幣が供え物をかたどったもので、目に見えない物のしるしとなっている』と訳しておられ、非常に自然に神社の屋内の情景が髣髴としてくるのである。戸川秋骨の訳のまずい部分は、正確に訳そうとする結果、やや英単語の逐語的意味に拘り過ぎ、実際に小泉八雲が描こうとしている実景を再現するという基本的立ち位置を忘れてしまっている点にあると私は思っている。

「其神は亡靈である」確かに原文は“its gods are ghosts ;”ではある。あるが、しかし、やはりしっくりこない。この“ghosts”は「亡くなった人の霊」である。私はやはり平井氏の『その神とは、御霊』(みたま)『である』がしっくりくるのである。

「其奉祭」「其の奉祭」で、その、神を奉って供物を捧げる祭儀全体のこと。]

2017/07/07

柴田宵曲 續妖異博物館 「茶碗の中」 附 小泉八雲「茶碗の中」原文+田部隆次譯

 

 茶碗の中

 

[やぶちゃん注:本文にも出る通り愛する小泉八雲が“In a Cup of Tea”(「茶碗の中」)に英文翻案した、私の偏愛するところの、正体不明の妖しい者たちがわけも分らずに波状的に出現してくる異様に截ち切れたような(少なくとも八雲のそれはそうであり、そこがまた私はすこぶる附きで好きなのである)怪奇である。従って、注には特に力を入れた。]

 

 天和四年正月四日と明かに年月日が書いてある。中川佐渡守が年禮に出た時、その供に堀田小三郎といふ人が居つた。本郷の白山の茶店に休息し、そこで召し連れた關内といふ者が水を飮むと、茶碗の中に美しい若衆の顏がうつつた。その水は地に打ち明け、新しい水を汲んだところ、やはり同じやうな顏が見える。仕方がないので今度は飮んでしまつたが、その晩關内の部屋に一人の若衆が訪れた。晝間はじめて御意を得申した、式部平内と申す者でござる、と云ふ。關内はびつくりして、私に於ては全然おぼえがない、そなたは表の門をどうして通つて來られたか、不審である、よもや人間ではあるまい、と云ふなり拔き打ちに斬り付けた。逃げ出すのを追駈けて鄰家の境まで行つたが、途に若衆を見失つてしまつた。家中の人々が出て來て、關内の話を聞いたけれど、誰にもどういふわけだかわからなかつた。然るにその翌晩また關内をたづねて來た者があり、誰かと問へば、式部平内の使ひ松岡平藏、岡村平六、土橋文藏と申す者である、折角思ひを寄せて來たものを、いたはるほどの事はなくとも、手を負はせるとは何事であるか、平内は疵養生のため湯治に參つたが、十六日には歸るであらう、その時恨みを酬いるから、と云ふ。關内は心得たりと脇差を拔いて斬り付けると、鄰りの境まで逃げて行き、壁に飛び上つたと見る間に消え失せた。その後は遂に何も來なかつた。

[やぶちゃん注:「天和四年正月四日」グレゴリオ暦一六八四年二月十九日。第五代将軍徳川綱吉の治世であるが、善政としての「天和の治」は終りを告げ、この年以降、綱吉は大老を置かずに側用人牧野成貞や柳沢吉保らを重用し、老中らを遠ざけるようになった。なお、この年は二月二十一日(グレゴリオ暦四月五日)に貞享に改元している。

「中川佐渡守」豊後岡藩第四代藩主中川久恒(寛永一八(一六四一)年~元禄八(一六九五)年)であるが、ウィキの「中川久恒」によれば、この事件があったとされる二年前の天和二年には、『生来』、『病弱だったため』、『弟たちによって藩政が代行されている』とある。

「本郷の白山」現在の東京都文京区白山(はくさん)。江戸幕府によって開園された小石川御薬園(おやくえん)、現在の小石川植物園を含む一帯。寺院が多い。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「堀田小三郎」一般に「ほったこさぶろう」(現代仮名遣)と読まれているようである。この人物名は小泉八雲のIn a Cup of Teaには登場しない。以下、人名の表記や読みはウィキの「茶碗の中」及び平川祐弘編小泉八雲「怪談・奇談」の解説などを参照した。

「關内」ネットでは平然と「かんない」の読みを振るものが多く見られるが、原典は「せきない」で、小泉八雲の表記も“Sekinai”である

「式部平内」一般に「しきぶへいない」と読まれている。小泉八雲もIn a Cup of Tea“Shikibu Heinai”とする。

「松岡平藏」小泉八雲のIn a Cup of Teaでは“Matsuoka Bungo”で、各種の和訳では「文吾」を当てるものが多い。

「岡村平六」In a Cup of Tea“Okamura Heiroku”

「土橋文藏」原典には「つちばし」と濁音でルビが振られてある。In a Cup of Tea“Tsuchibashi Bungo”と変わっている。訳では「土橋文吾」を当てるものが多い。

 次の段に出る通り、これは「新著聞集」の「卷五」の「奇怪篇 第十」の「茶店(さてん)の水椀(すいわん)若年(じやくねん)の面(をもて)を現(げん)ず」である。吉川弘文館随筆大成版を加工データとしつつ、オリジナルに漢字を増やし(一つは原典の歴史的仮名遣が誤っているのを隠すためもある)、一部に読みも添えた。その際、サイト「富山大学学術情報リポジトリ」内の「ヘルン文庫」の小泉八雲旧蔵本である本「新著聞集」の原本PDF版(カラー)を参考視認した。また、読み易さを考え、句読点と記号及び改行をオリジナルに変更・追加しておいた。

   *

 天和四年正月四日に、中川佐渡守殿(さどのかみとの)、年禮におはせし供(とも)に、堀田(ほつた)小三郎といふ人、參り、本郷の白山の茶店(ちやだな)に立(たち)より休らひしに、召仕(めしつかひ)の關内(せきない)といふ者、水を飮(のみ)けるが、茶碗の中に、最(いと)麗(うるは)しき若年の顏、うつりしかば、いぶせ思ひ、水を捨てて、又、汲(くむ)に、顏の見えしかば、是非なく飮てし。

 其夜、關内が部屋へ若衆(わかしう)來り、

「晝は初(はじめ)て逢(あひ)參らせつ。式部平内といふ者也。」

關内、驚き、

「全く、我は覺え侍らず。扨(さて)、表の門をば何として通り來れるぞや。」

『不審(いぶかし)きも物なり。人にはあらじ。』と思ひ、拔き打ちに切りければ、逃出(にげいで)たりしを、嚴しく追(をひ)驅(か)くるに、隣の境(さかひ)まで行(ゆき)て見失ひし。

 人々、出合)いであ)ひ、其由を問ひ、

「心得がたし。」

とて、扨、やみぬ。

 翌晩、

「關内に逢はん。」

とて、人、來る。

「誰(たれ)。」

と問(とへ)ば、

「式部平内が使ひ松岡平藏・岡村平六・土橋(つちばし)文藏といふ者なり。思ひ寄りて參りしものを、勞(いたは)るまでこそなくとも、手を負(をは)せるは、如何(いかゞ)ぞや。疵(きず)の養生(やうじやう)に湯治(たうぢ)したり。來(きた)る十六日には歸りなん。其時、恨(うらみ)をなすべし。」

といふを見れば、中々、荒けなき形(かた)なり。關内、

「心得たり。」

とて、脇指を拔き斬りかゝれば、逃げて、隣の壁(かべ)に飛(とび)上がりて、失(うせ)侍りし。後、又も來(きた)らず。

   *

「荒けなし」の「なし」は「無し」ではなく「甚だし」の意の接尾語で、意味は「ひどく荒々しい・乱暴である」の意である。]

 

「新著聞集」に出てゐるこの話は、小泉八雲が「茶碗の中」といふ題で紹介した。勿論原話通りではない。八雲一流の想像でいろいろ補つたところもある。最初茶碗の中に現れた美しい顏から云つても、二度目に來た三人の言葉に「思ひよりて參りしもの」とあることから云つても、當然衆道に結び付かなければならぬのに、八雲の説明はこれを缺いてゐるため、何だか靴を隔てて痒きを搔く憾みがある。もう一つはかういふ顏が幻に現れる以上、關内の方からその若衆に思ひを寄せるのが當然で、茶碗の水に現れた若衆が關内をたづねて來るのは、順序が逆のやうに思はれる。吾々はこゝでこの話を種に使つたらしい野呂松(のろま)狂言の「水鏡」を擧げなければならぬ。

[やぶちゃん注:「衆道に結び付かなければならぬのに、八雲の説明はこれを缺いてゐるため、何だか靴を隔てて痒きを搔く憾みがある」宵曲は後の方でも、原話の「新著聞集」も含めて「畫龍點晴」(がりょうてんせい)を欠くなどと暗示的に述べて、小泉八雲の脚色に異様に不満たらたらなのであるが、私はそうした理由不明の怪異の出来(しゅったい)の持つ突き放された感じにこそ、真正怪談の凄さがあると感ずる人種である。亡魂の恨みの内実や怪異出来の真の動機・原因が論理的(仏教的な因果論であっても)に明らかにされてしまった瞬間、怪談は鮮やかに怖くなくなるのである。怪異を丸ごとわけの判らぬものとして体感する時にのみ、真の怪談の怖さは発揮される。宵曲がかく文句を言うその顔に、私は、男色でニンマリする大人のえげつないほくそ笑みしか、見えないのである。そうしてまた、そのような若衆道をあからさまに示すような筋立てにしてしまった時、本話は永久に少年少女の読む怪談集から外されしまい、大人の隠微な怪談集でしか読めない、完全封印作品となってしまったに違いなく、私が少年期、この話から受けた半端ない恐怖の衝撃も、あり得なくなったに違いないと断ずるものである。

 ではまず、満を持して、小泉八雲の明治三二(一九〇二)年刊のKottō: Being Japanese Curios, with Sundry Cobwebs(「骨董――ぞわぞわとした蜘蛛の巣に塗れた日本の骨董品」)の中のIn a Cup of Teaの原文を示す。冒頭の作者の附言が、これまた、ゴシック・ロマン風にお洒落である。“Internet Archives”こちらで原典画像を視認した。原注の欄外注は[ ]で当該段落末に配した。

   *

 

In a Cup of Tea

 

HAVE you ever attempted to mount some old tower stairway, spiring up through darkness, and in the heart of that darkness found yourself at the cobwebbed edge of nothing?  Or have you followed some coast path, cut along the face of a cliff, only to discover yourself, at a turn, on the jagged verge of a break ?  The emotional worth of such experience ― from a literary point of view ― is proved by the force of the sensations aroused, and by the vividness with which they are remembered.

   Now there have been curiously preserved, in old Japanese story-books, certain fragments of fiction that produce an almost similar emotional experience. . .  Perhaps the writer was lazy;  perhaps he had a quarrel with the publisher; perhaps he was suddenly called away from his little table, and never came back; perhaps death stopped the writing-brush in the very middle of a sentence.

   But no mortal man can ever tell us exactly why these things were left unfinished. . . .  I select a typical example.

 

*     *

 

   On the fourth day of the first month of the third Tenwa,― that is to say, about two hundred and twenty years ago, ― the lord Nakagawa Sado, while on his way to make a New Year's visit, halted with his train at a tea-house in Hakusan, in the Hongō district of Yedo.While the party were resting there, one of the lord's attendants, ― a wakatō 1 named Sekinai,― feeling very thirsty,filled for himself a large water-cup with tea. He was raising the cup to his lips when he suddenly perceived, in the transparent yellow infusion, the image or reflection of a face that was not his own. Startled,he looked around, but could see no one near him. The face in the tea appeared, from the coiffure, to be the face of a young samurai :it was strangely distinct, and very handsome, delicate as the face of a girl. And it seemed the reflection of a living face for the eyes and the lips were moving.Bewildered by this mysterious apparition,Sekinai threw away the tea, and carefully examined the cup. It proved to be a very cheap water-cup, with no artistic devices of any sort. He found and filled another cup and again the face appeared in the tea. He then ordered fresh tea, and refilled the cup; and once more the strange face appeared, ― this time with a mocking smile. But Sekinai did not allow himself to be frightened. “Whoever you are,”he muttered,“you shall delude me no further!”― then he swallowed the tea, face and all, and went his way, wondering whether he had swallowed a ghost.

[1The armed attendant of a samurai was thus called. The relation of the wakatō to the samurai was that of squire to knight.]

 

   Late in the evening of the same day, while on watch in the palace of the lord Nakagawa, Sekinai was surprised by the soundless coming of a stranger into the apartment. This stranger,a richly dressed young samurai, seated himself directly in front of Sekinai, and, saluting the wakatō with a slight bow, observed: ―

   “I am Shikibu Heinai ― met you to-day for the first time. . . .  You do not seem to recognize me.”

   He spoke in a very low, but penetrating voice. And Sekinai was astonished to find before him the same sinister, handsome face of which he had seen, and swallowed, the apparition in a cup of tea. It was smiling now, as the phantom had smiled;  but the steady gaze of the eyes, above the smiling lips, was at once a challenge and an insult.

   “No, I do not recognize you,”returned Sekinai, angry but cool; ― “and perhaps you will now be good enough to inform me how you obtained admission to this house ?”

   [In feudal times the residence of a lord was strictly guarded at all hours; and no one could enter unannounced, except through some unpardonable negligence on the part of the armed watch.]

   “Ah, you do not recognize me !”exclaimed the visitor, in a tone of irony, drawing a little nearer as he spoke. “No, you do not recognize me! Yet you took upon yourself this morning to do me a deadly injury ! . . .”

   Sekinai instantly seized the tantō1 at his girdle, and made a fierce thrust at the throat of the man. But the blade seemed to touch no substance. Simultaneously and soundlessly the intruder leaped sideward to the chamber-wall, and through it! .  .  .  The wall showed no trace of his exit. He had traversed it only as the light of a candle passes through lantern-paper.

[1The shorter of the two swords varried by samurai, the longer swoed was called katana.]

 

   When Sekinai made report of the incident, his recital astonished and puzzled the retainers.

No stranger had been seen either to enter or to leave the palace at the hour of the occurrence; and no one in the service of the lord Nakagawa had ever heard of the name “Shikibu Heinai.”

 

  On the following night Sekinai was off duty, and remained at home with his parents. At a rather late hour he was informed that some strangers had called at the house, and desired to speak with him for a moment. Taking his sword, he went to the entrance, and there found three armed men, ― apparently retainers, ― waiting in front of the door-step. The three bowed respectfully to Sekinai; and one of them said :―

   “Our names are Matsuoka Bungo, Tsuchibashi Bungō, and Okamura Heiroku.We are retainers of the noble Shikibu Heinai. When our master last night deigned to pay you a visit, you struck him with a sword. He was much hurt, and has been obliged to go to the hot springs, where his wound is now being treated. But on the sixteenth day of the coming month he will return; and he will then fitly repay you for the injury done him. . . ."

   Without waiting to hear more, Sekinai leaped out, sword in hand, and slashed right and left, at the strangers.  But the three men sprang to the wall of the adjoining building, and flitted up the wall like shadows,  and  . . .

 

*     *

 

   Here the old narrative breaks off; the rest of the story existed only in some brain that has been dust for a century.

   I am able to imagine several possible endings; but none of them would satisfy an Occidental imagination.  I prefer to let the reader attempt to decide for himself the probable consequence of swallowing a Soul.

 

   *

 次に、田部(たなべ)隆次氏の訳を電子化する。原本は古谷綱武編「小泉八雲集 上巻」(昭和二五(一九五〇)年新潮文庫刊)のものでこちらPDF化されたものを視認した。太字は底本では傍点「ヽ」。

   *

 

    茶碗の中

 

 讀者はどこか古い塔の階段を上つて、眞黑の中をまつたて[やぶちゃん注:「真縦」の意か。]に上つて行つて、さてその眞黑の眞中に、蜘蛛の巢のかかつた處が終りで外には何もないことを見出したことがありませんか。或は絶壁に沿うて切り開いてある海ぞひの道をたどつて行つて、結局一つ曲るとすぐごつごつした斷崖になつて居ることを見出したことはありませんか。かういふ經驗の感情的價値は――文學上から見れば――その時起された感覺の強さと、その感覺の記憶の鮮かさによつてきまる。

 ところで日本の古い話し本に、今云つた事と殆んど同じ感情的經驗を起させる小の斷片が、不思議にも殘つて居る。……多分、作者は不精だつたのであらう、或は出版書肆と喧嘩したのであらう、いや事によれば作者はその小さな机から不意に呼ばれて、かへつて來なかつたのであらう、或は又その文章の丁度眞中で死の神が筆を止めさせたのであらう。とにかく何故この話が結末をつけないで、そのままになつて居るのか、誰にも分らない。……私は一つ代表的なのを選ぶ。

          *

        *

          *

 天和四年一月一日[やぶちゃん注:ママ。原文では天和三年となっていて「新著聞集」の原典クレジットを変えてある。小泉八雲が改変した理由は不詳。或いは、前に注した改元との絡みで、八雲は天和四年はないと誤認したからかも知れぬ。]――卽ち今から二百二十年前――中川佐渡守が年始の廻禮に出かけて、江戸本郷、――白山の茶店に一行とともに立寄つた。一同休んで居る間に、家來の一人――關内と云ふ若黨が餘りに渇きを覺えたので、自分で大きな茶碗に茶を汲んだ。飮まうとする時、不意にその透明な黃色の茶のうちに、自分のでない顏の映つて居るのを認めた。びつくりしてあたりを見廻したが誰もゐない。茶の中に映じた顏は髮恰好から見ると若い侍の顏らしかつた、不思議にはつきりして、中々の好男子で、女の顏のやうにやさしかつた。それからそれが生きて居る人の顏てある證據には眼や唇は動いてゐた。この不思議なものが現れたのに當惑して、關内は茶を捨てて仔細に茶碗を改めて見た。それは何の模樣もない安物の茶碗であつた。關内は別の茶碗を取つてまた茶を汲んだ、[やぶちゃん注:読点はママ。]また顏が映つた。關内は新しい茶を命じて茶碗に入れると、――今度は嘲りの微笑をたたへて――もう一度、不思議な顏が現れた。しかし關内は驚かなかつた。『何者だか知らないが、もうそんなものに迷はされはしない』とつぶやきながら――彼は顏も何も一呑みに茶を飮んで出かけた。自分ではなんだか幽靈を一つ呑み込んだやうな氣もしないでもなかつた。

 

 同じ日の夕方おそく佐渡守の邸内で當番をして居る時、その部屋へ見知らぬ人が、音もさせずに入つて來たので、關内は驚いた。この見知ちぬ人は 立派な身裝[やぶちゃん注:「みなり」。]の侍であつたが、關内の眞正面に坐つて、この若黨は輕く一禮をして、云つた。

『式部平内でござる――今日始めてお會ひ申した……貴殿は某を見覺えならぬやうでござるな』

 甚だ低いが、鋭い聲で云つた。關内は茶碗の中で見て、呑み込んてしまつた氣味の惡い、美しい顏、――例の妖怪を今眼の前に見て驚いた。あの怪異が微笑した通り、この顏も微笑して居る、しかし微笑して居る唇の上の眼の不動の凝視は挑戰であり、同時に又侮辱でもあつた。

『いや見覺え申さぬ』 關内は怒つて、しかし冷やかに答へた、――『それにしても、どうしてこの邸へ御入りになつたかお聞かせを願ひたい』

〔封建時代には、諸侯の屋敷は夜晝ともに嚴重にまもられてゐた、[やぶちゃん注:読点はママ。]それで、警護の武士の方に赦すべがらざる怠慢でもない以上、無案内で入る事はできなかつた〕

『あゝ、某に見覺えなしと仰せられるのですな』その客は皮肉な調子で、少し近よりながら、叫んだ。『いや。某を見覺えがないとは聞えぬ。今朝某に非道な害を御加へになつたではござらぬか……』

 關内は帶の短刀を取つてその男の喉を烈しくついた。しかし少しも手答がない。同時に音もさせずその闖入者は壁の方へ橫に飛んで、そこをぬけて行つた。……壁には退出の何の跡をも殘さなかつた。丁度蠟燭の光が行燈の紙を透るやうにそこを通り過ぎた。

 

 關内がこの事件を報告した時、その話は侍達を驚かし、又當惑させた。その時刻には邸内では入つたものも出たものも見られなかつた、それから佐渡守に仕へて居るもので『式部平内』の名を聞いて居るものもなかつた。

 

 その翌晩、關内は非番であつたので、兩親とともに家にゐた。餘程おそくなつてから、暫時の面談をもとめる來客のある事を、取次がれた。刀を取つて玄關に出た、[やぶちゃん注:読点はママ。]そこには三人の武裝した人々――明かに侍達――が式臺の前に立つてゐた。 三人は恭しく關内に敬禮してから、そのうちの一人が云つた。

『某等は松岡文吾、土橋久藏、岡村平六と申す式部平内殿の侍でござる。主人が昨夜御訪問いたした節、貴殿は刀で主人をお打ちになつた。怪我が重いから疵の養生に湯治に行かねばならぬ。しかし來月十六日にはお歸りになる、その時にはこの恨みを必ず晴らし申す……』

 それ以上聞くまでもなく、關内は刀をとつてとび出し、客を目がけて前後左右に斬りまくつた。しかし三人は隣りの建物の壁の方へとび、影のやうにその上へ飛び去つて、それから……

          *

        *

          *

 ここで古い物語は切れて居る、話のあとは何人かの頭の中に存在してゐたのだが、それは百年このかた塵に歸して居る。

 私は色々それらしい結末を想像することができるが、西洋の讀者の想像に滿足を與へるやうなのは一つもない。魂を飮んだあとの、もつともらしい結果は、自分で考へて見られるままに任せて置く。

              (田部隆次譯)

          
In a Cup of TeaKotto.

 

   *

「野呂松(のろま)狂言」江戸前期の人形浄瑠璃の道化人形の遣い手野呂松勘兵衛(のろまつ かんべえ 生没年不詳)なる人形遣が、頭が平たくて顔の青黒い「のろま人形」なるキャラクターを使って演じて評判になったという滑稽な新作(改作)狂言。寛文から延宝(一六六一年~一六八一年)頃、上方では「そろま」、江戸では「のろま」と呼ばれた道化人形の上演記録が確認されてはいるが、この野呂松勘兵衛も江戸の和泉太夫座や土佐座という人形座に出演していた道化人形遣の一人であろうと推測されている。菊岡沾凉の随筆「近代世事談」(享保一八(一七三三)年刊)では「野郎松勘兵衛」という者を「のろま人形」の創始者としているが、資料的には貞享頃(一六八四年~一六八七年)の人形遣い「のろま治兵衛」によって「のろま人形」が有名になったと言われている(「朝日日本歴史人物事典」に拠る)。

「水鏡」不詳。ネット検索でも掛かってこない。]

 

 野呂松狂言の主人公は浪人者で、東海道を上る途中、美しい若衆を見かけ、あとを慕つて來るうちに、茶屋の一段が出て來る。それも若衆の飮んだ茶碗をすゝがずに水を一杯くれと所望するので、これなら若衆の顏が茶碗に現れても不思議はない。浪人は祇園の二軒茶屋ではじめて言葉を交し、明日は出立するといふので、夜明けに大津で待ち受けたが、遂に逢ふことが出來ず、五十三次を江戸まで戾つて來た。「新著聞集」と「男色大鑑」とを搗き交ぜた形である。失望の餘り病氣になつたところへ、知り合ひの者がやつて來て、委細の話を聞いた末、その若衆は自分のところに逗留中であると云ふ。これからの滑稽は野呂松狂言には肝要なところであらうが、話の本文には格別の關係はない。ただ最後に若衆が化け猫となり、浪人と立𢌞りをする一段は畫龍點晴といふべきもので、最初の式部平内を鄰家の境で見失ひ、翌晩の三人もその邊で壁に飛び上つて消えるあたり、どうしても妖怪でなければ納まりの付かぬ話である。八雲は「茶碗の中」の書き出しに、塔の階段を上つて行つて、眞黑な中で蜘蛛の巣以外に何もないところが終りになつてゐることや、海沿ひに切り開かれた道が斷崖に盡きることなどを擧げ、日本の古い書物にはそれに似た氣持を起させる斷片があると云ひ、作者は無性であつたか、出版書肆と喧嘩したか、不意に誰かに呼ばれて机を離れたまゝ戾らなかつたか、或は文章の眞中で死の神が筆を止めさせたかであらうと云つてゐる。ぷつりと切れたやうな「新著聞集」の記載に滿足して居らぬことは明かである。八雲に野呂松狂言を見せたにしても、化け猫の結末ではやはり滿足しなかつたかも知れぬ。たゞいさゝか物足らぬ話の筋を補つた一つの空想として、こゝに附け加へるまでである。

[やぶちゃん注:「男色大鑑」(なんしょくおおかがみ:現代仮名遣)は井原西鶴による浮世草子。貞享四(一六八七)年四月刊。全八巻・各巻五章・計四十章。詳しくは参照したウィキの「男色大鑑」などを読まれたいが、その「概略」の項には「男色大鑑 本朝若風俗」正式書名で、前半四巻二十章は、『主に武家社会における衆道を取り上げており、総じて非職業的男色の世界』を後半の四巻二十章は『町人社会に属する職業的な歌舞伎若衆を取り上げている』とある。「男色大鑑」では『武家社会と町人社会という二つの社会において、習俗として公認されていた男色が総合的に描かれている。武家社会は戦国の余風として男色をたしなみ、しかも武士道における義理を男色のモラルとし、衆道(若衆道)と称するに至った。歌舞伎界においては、元禄期まで若女方(わかおんながた)・若衆方など、若くて美貌の歌舞伎若衆は、早朝から夕刻までは舞台を勤め、夜は茶屋で客の求めに応じて男色の相手をするのがしきたりであった。なお男色における弟分である「若衆」は』、十八、九歳で『元服して前髪を剃り落とすまでで、それ以後に月代頭さかやきあたま(野郎頭)になってからは兄分である「念者」』(ねんじゃ)『になるのが、武家社会・町人社会を通じての一般的なルールであった』とある。

「無性」「ぶしやう」。無精。]

 

「茶碗の中」に似た話が支那になかつたかどうか、吾々の見た範圍に於ては「酉陽雜俎」中の一話があるに過ぎぬ。江淮に士人の住ひがあり、その子の二十歳餘りになるのが病臥してゐた時、父親が茶を飮まうとして、茶碗の中から泡が盛り上るのを見た。透き通つた泡の上に、一寸ばかりの人が立つて居り、子細に視るとその衣服から容貌に至るまで、病中の子にそつくりである。忽ちその泡が碎けて何も見えなくなり、茶碗ももとの通りであつたが、今までになかつた小さな疵が出來たといふのである。「新著聞集」のやうに錯綜した話ではない。茶碗の泡の中に我が子の幻を認めるといふに過ぎぬけれど、對比すれば若干の共通性を見出し得るやうな氣がする。

[やぶちゃん注:以上は「酉陽雜俎」の「卷十」の「物異」の中の「瓷碗」(じわん)である。

   *

江淮有士人莊居、其子年二十餘、常病魔。其父一日飮茗、甌中忽起如漚、高出甌外、瑩凈若琉璃。中有一人、長一寸、立於漚、高出甌外。細視之、衣服狀貌、乃其子也。食頃、爆破、一無所見、茶碗如舊、但有微璺耳。數日、其子遂著神、譯神言、斷人休咎不差謬。

   *

但し、宵曲はケリのつかない話と見せかけるために、最後の一文を訳していない

「数日後のこと、その病臥(別な伝本では或いは「夜魘(うな)されること」とあるようだ)していた子は、そのまま神霊が憑りついて、神の言葉を語るようになり、人々の吉凶を断ずるに正確で、そのお告げには少しの誤りも違いもなかった。」

と終わっているのである。ずるいぜ、柴田さんよ!

2017/06/02

柴田宵曲 續妖異博物館 「佛と魔」(その3) 附小泉八雲“Common Sense”原文+田部隆次譯 / 「佛と魔」~了

 

 佛徒が佛を奉ずるのはさる事ながら、信に徹せざる輩は往々にして魔に致される虞れがある。「宇治拾遺物語」にある伊吹山の念佛僧などはその適例であらう。この想は阿彌陀佛の外は何も知らず、多年念佛ばかり唱へて居つたが、或夜深く念佛の際、空に聲あつて「汝ねんごろに我をたのめり、今は念佛の數多く積りたれば、明日の未(ひつじ)の時に必ず必ず來りて迎ふべし、ゆめゆめ念佛怠るべからず」と告げた。僧は歡喜に堪へず、水を浴み香を焚き花を散らし、弟子どもにも念佛を唱へさせながら西に向つてゐると、佛像より金色の光りを放つさま、秋の月の雲間より現れ出づるが如くである。さまざまの花を降らし、白毫(びやくがう)の光りは僧の身を照らす。觀音が蓮を上げて僧の前に寄れば、紫雲厚くたなびき、僧は蓮臺に乘つて西の方に去る。坊に殘つた弟子達は、泣く泣く有難がつて居つたところ、七八日たつて奧山へ薪を探りに行つた下衆法師(げすほふし)が、遙かな瀧のところに差出た木の梢に何者か縛り付けられてゐるのを發見した。木登り上手の一人が登つて見たら、極樂へ迎へられた筈の師匠が裸のまま縛り付けてあつた。僧はこの期(ご)に及んでも佛に迎へられたことを信じ、縛を解くのを拒んだが、構はず坊に連れ歸つた。氣の毒な念佛僧は、人心地もなしに二三日を過して亡くなつた。「宇治拾遺物語」は「智慧なき聖はかく天狗にあざむかれけるなり」と評し、この最期を魔往生と稱へてゐる。

[やぶちゃん注:「伊吹山」現在の滋賀県米原市・岐阜県揖斐郡揖斐川町・不破郡関ケ原町に跨る伊吹山地の主峰。標高千三百七十七 メートル。山頂は滋賀県米原市に属し、滋賀県の最高峰でもある。記紀に於いて倭建命がここの山の神との誤認の戦いによって致命的病態に陥って以来の古来の霊峰で、修験道の開祖役小角、白山開山の泰澄を始めとした連中によって山岳信仰のメッカとなり、九世紀に伝わった密教と結びついて修験の場として多くの寺院が山中に建立され隆盛を極めた(後の戦国時代の兵火で殆んどが焼失して残っていない。以上はウィキの「伊吹山」に拠る)。

「未(ひつじ)の時」午後二時前後。

 これは「宇治拾遺物語」の第百六十九話「念佛僧、魔往生の事」。

   *

 昔、美濃國伊吹山に久く行ひたる聖(ひじり)有けり。阿彌陀佛よりほかの事しらず。他事なく念佛申てぞ、年經(へ)にける。

 夜深く、佛の御前に念佛申てゐたるに、空に聲ありて告げて云く、

「汝、念比(ねんごろ)に我れを賴めり。今は念佛の數(かず)、多く積りたれば、明日(あす)の未の時に、かならずかならず來たりて迎ふべし。ゆめゆめ念佛おこたるべからず。」

と言ふ。その聲を聞きて、限りなく念比に念佛申して、水を浴(あ)み、香をたき、花を散らして、弟子どもに、念佛もろともに申させて、西にむかひてゐたり。

 やうやうひらめくやうにする物あり。手を摺りて、念佛を申して見れば、佛の御身より、金色(こんじき)の光を放ちて、さし入りたり。秋の月の、雲間よりあらはれ出たるごとし。さまざまの花を降らし、白毫の光、聖の身を照らす。此時、聖、尻をさかさまになして拜み入る。數珠(ずず)の緒(を)も切れぬべし。觀音、蓮臺(れんだい)をさし上げて、聖の前に寄り給ふに、紫雲あつく棚引く。聖、はひ寄りて蓮臺に乘りぬ。さて、西の方(かた)へ去り給ひぬ。さて、坊に殘れる弟子共、なくなく貴(たうと)がりて、聖の後世(ごぜ)をとぶらひけり。

 かくて、七日、八日、過ぎて後、坊の下種(げす)法師原(ばら)、

「念佛の僧に湯わかして、浴(あ)むせ奉らん。」

とて、木こりに、奧山に入りたりけるに、はるかなる瀧に、さし掩(おほ)ひたる杉の木あり。その木の梢に、さけぶ聲、しけり。怪しくて、見上げたれば、法師を裸になして、梢に縛りつけたり。木登りよくする法師、登りて見れば、極樂へ迎へられ給ひし我が師の聖を、葛(かづら)にて縛り付けて置きたり。此の法師、

「いかに我師は、かかる目をば御覽ずるぞ。」

とて、寄りて、繩を解きければ、

「『今、迎へんずるぞ。その程、しばしかくてゐたれ』とて、佛のおはしまししをば、なにしにかく解きゆるすぞ。」

といひけれども、寄りて解きければ、

「阿彌陀佛、我れを殺す人あり。をうをう。」

とぞ、叫びける。されども法師原、あまた登りて、解きおろして、坊へ具して行きたれば、弟子ども、

「心うき事なり。」

と歎き惑ひけり。聖は、人心もなくて、二、三日斗(ばか)りありて死にけり。

 智惠なき聖は、かく天狗に欺かれけるなり。

   *]

 

「十訓抄」にあるのは千手陀羅尼の持者となつてゐるけれど、ところも同じ伊吹山で、高い木の梢に縛り付けられるのだから、全く同じ話であらう。三善淸行なども噂を聞いて、この僧に逢つて話をしたことがあり、この人は行德あるやうに見えるが、無智であるから、終には魔界のためにたぶらかされるであらう、と云つたさうである。正にその言の通りであつた。

[やぶちゃん注:「千手陀羅尼」千手観音の徳について説いた梵語の呪文。これを唱えれば、千手観音の功力(くりき)によって救済されると信じられた。

「三善淸行」(きよゆき/きよつら 承和一四(八四七)年~延喜一八(九一九)年))は公卿・漢学者。ウィキの「三善清行」によれば、『淡路守三善氏吉の三男。正義感に溢れた経世家で権威に屈せず、そのために官位が停滞したと言われている』。『巨勢文雄に師事。大学寮に入って紀伝道』(大学寮に於ける歴史(主に中国史)を教授した学科)を修め、二十七歳で文章生(もんじょうしょう:漢文学学科有資格者)、翌年には文章得業生(とくごうしょう:同文章生中の優秀生二名に与えられる文章博士(大学寮紀伝道教官)の候補生)となり、三十七歳で方略式(大学寮の最難関の国家資格試験)に『合格した。一度官吏の登用試験に落ちたが、この時の試験官が菅原道真で、後にことあるごとに道真と対立することになる。また紀長谷雄等代々の文章博士との激しい論争でも知られる』。仁和三(八八七)年、大内記(中務省直属の官で詔勅・宣命・位記の起草・天皇の行動記録を職掌としていた内記の長官職)に属したに任ぜられ、同年の阿衡(あこう)事件(阿衡の紛議:宇多天皇が即位した際に藤原基経を関白とする勅書の中の「よろしく阿衡の任を以て、卿の任となすべし」の語について基経が阿衡は位のみで職掌を伴わないとして政務を放棄してしまい、遂に天皇が勅書を書き改めた事件)に『際しては藤原佐世・紀長谷雄とともに所見を述べ、橘広相の説を退けた』(最初の勅書(書き換えがあって二度出ている)は殷代の故事を橘広相が引用したものであった)。昌泰三(九〇〇)年に晴れて文章博士に就任、翌年には大学頭となった』。その頃、藤原時平と対立、『朝廷内で孤立を深めつつあった菅原道真に対して書簡を呈して引退を勧告したが、道真は長年の確執からこれを退けてしまう。ただし、書簡を受け取る』前、『道真は既に幾度も、政治家をやめ』、『学業に専念したいので辞退したい、と宇多天皇に上申していたが、悉く却下されている。やがて清行の危惧は』的中し、昌泰の変(昌泰四(九〇一)年一月に左大臣藤原時平の讒言によって醍醐天皇が右大臣菅原道真を大宰府へ左遷し、道真の子供や右近衛中将源善(みなもとのよし)らを左遷又は流罪にした事件)で失脚してしまう。なお、この時、『清行は時平に対して、道真の関係者全てを連座の対象とすると、道真の祖父清公以来の門人が全て処罰の対象となり』、『朝廷が機能停止に陥る事を指摘し、処分を道真の親族と宇多上皇の側近のみに留めたことや、清行が道真の嫡男高視の失脚で後任の大学頭に就いたことから、清行の政変への関与も指摘されている』。『陰陽天文に明るく』、昌泰四年は『讖緯説による辛酉革命の年に当たると指摘、「延喜」と改元することを提唱して革命勘文・辛酉改元の端緒を開』いている。その後、「延喜格式」の『編纂に参加。文章博士・大学頭・式部大輔の三儒職を兼任』、延喜一四(九一四)年には朝廷の求めに応じ、「意見封事十二箇条」を上奏した後、七十一歳で『参議に昇り、宮内卿を兼ねた』とある。

 これは「十訓抄」の「第七 可專思慮事」(思慮を專らにすべき事)の中の以下の一条。

   *

 延喜年中頃、美濃國伊吹の山に、千手陀羅尼の持者住みけり。二三十日なれども、斷食にて、驗得のかたがた、不思議多かりける間、遠近の貴賤集まり拜みける時に、善宰相淸行卿、これを聞き亙りて、彼(か)の所へおはして、この僧に對面して物語し給ひけるが、かたはらの人々に語りて云く、

「この人は、かく行德あるやうなれども、無智の間、終(つひ)には魔界のためにたぶらかさるべし。」

と云ひて、歸り給ひにけり。

 その後(のち)、ほど經て、或る時に、諸(もろもろ)の天女、紫雲に乘りて、妓樂をなし、玉の輿を飾り來て、この僧を迎へ取りて去りにけり。見る者、幾(いくば)く、皆、奇異の思ひをなしたりけるほどに、四、五日ありて、樵父(きこり)の、山へ入りたりければ、遙かに高き木の上に、蚊の鳴くやうにて、人のうめく聲聞えけるを、怪しみて、人に告げたりければ、近邊の住人、集りて是れを見るに、人の樣(やう)には見なしたれども、たやすく昇るべき木ならねば、鷹の巣下(おろ)す者をやとひて、のぼせたりければ、法師を木の末に結ひ付けたり。やうやうに支度をして、解き下したるを見るに、この千手陀羅尼の持者なりけり。あさましとも愚かにて、具し歸り、さまざまあつかひければ、命ばかりは生きたりけれども、惚々(ほれぼれ)として、云ふかひなければ、行德施すにも及ばず。

 これは、かの僧のすすめることにはあらず、天魔の所爲なれども、愚かなるより起れる上、先のこと[やぶちゃん注:「十訓抄」のこの話の直前の話。実は「續妖異博物館 「空を飛ぶ話」(3)」に梗概が出、私が注で原話を既に電子化してある。参照されたい。そっちの方が映像的に遙かに面白い。]に相ひ似たる間、註(しる)す。

 これらは扨ておきつ。然(しか)るべき人の習ひとして、心をはかり見むために、何ごとをも、あらはに見せ知らせず、心を𢌞らして、つくりも出だし、云ひもせられたらむを、能々(よくよく)案じ𢌞らして、不覺せぬやうに振舞ふべし。萬(よろづ)に付けて用意深くして、人のあざむき、たばからむことなどをも、能々思慮すべし。その案に墜つまじきなり。

   *]

 

「宇治拾遺物語」にあるもう一つの例は「獵師佛を射る事」である。愛宕山に年久しく住む聖が普賢菩薩を目のあたり拜むといふ話を懇意な獵師に聞かせ、そなたも今夜泊つて拜んだらよからう、と勸めた。聖に使はれてゐる童も已に五六度拜んだといふ。獵師は果して自分に拜めるだらうかと疑ひながら、その夜は寢ずに待つてゐると、九月二十日の月が東の山から出るらしく、坊の内が明るくなつて來た。その時白象に乘つた普賢菩薩が坊の前に現れたので、聖は淚を流して禮拜する。倂し獵師は合點が往かなかつた。多年修行を積み經を讀む聖の目に見えるのは不思議もないが、この童や自分にまで菩薩が見えるのはいぶかしい。一つ試して見ようと尖り矢を弓につがへ、禮拜しつゝある聖の上から差越すやうにひようと射た。矢は菩薩の胸に中(あた)つた樣子で、今までの光りは一時に消え失せた。何といふことをしてくれたのだ、と聖は泣き惑ふこと限りもなかつたが、獵師はしづかにかう云つた。あなた方なればこそ菩薩も拜まれませうが、私のやうな罪深い者にまで拜まれるのが不審なので、試しに矢を射て見たのです、まことの佛ならば矢は立ちますまい、立つた以上は怪しい者に相違ありません。――

[やぶちゃん注:「愛宕山」(あたごやま)は現在の京都府京都市右京区の北西部の嵯峨、山城国と丹波国の国境に跨る山で、山頂に愛宕神社があり、古来より火伏せの神として信仰を集め、全国各地に愛宕権現信仰として広がっている。

 ここと次の段に続く以上のそれは、私が幼少時より、後に出る小泉八雲のそれを皮切りとしてひどく偏愛してきた話である。まず、ここの「宇治拾遺物語」のそれは、第百四話「獵師、佛を射る事」である。

   *

 昔、愛宕の山に久しく行ふ聖(ひじり)ありけり。年比(としごろ)行ひて、坊を出づる事なし。西の方(かた)に、獵師あり。この聖を貴(たうと)みて、常にはまうでて、物奉りなどしけり。久しく參らざりければ、餌袋(ゑぶくろ)[やぶちゃん注:元来は鷹狩の鷹の餌を入れて携帯する袋を指したが、後に人の食糧を入れて携行するものとなった。]に干飯(ほしいひ)など入れて、まうでたり。聖、悦びて、日比のおぼつかなさ[やぶちゃん注:遇わずにいた間の相互の消息や心配事。僧の生活の不如意の謂いとする訳もあるようだが、私は採らない。それでは初めっから、バカ坊主になるからである。]などの給ふ。その中にゐよりてのたまふやうは、

「この程、いみじく貴き事あり。此年來(としごろ)、他念なく經をたもち奉りてある驗(しるし)やらん、この夜比(よごろ)、普賢菩薩、象に乘りて見え給ふ。今宵、とどまりて拜給へ。」

といひければ、この獵師、

「よに貴きことにこそ候なれ。さらば、泊りて拜み奉らん。」

とて、とどまりぬ。

 さて、聖の使ふ童(わらは)のあるに、問ふ、

「聖のたまふやう、いかなることぞや。おのれもこの佛をば、拜み參らせたるや。」

と問へば、

「童は、五、六度ぞ、見奉りて候ふ。」

と言ふに、獵師、

「われも見奉ることもやある。」

とて、聖の後(うしろ)に、いねもせずして起きゐたり。

 九月二十日の事なれば、夜も長し、今や今やと待つに、夜半(よは)過ぎぬらんとおもふ程に、東の山の峰より、月の出づるやうに見えて、峰の嵐もすさまじきに、この坊の内、光さし入たるやうにて、明(あか)くなりぬ。見れば、普賢菩薩、白象(びやうざう)に乘りて、やうやう、おはしてはべり、坊の前に立ち給へり。

 聖、泣く泣く拜みて、

「いかに、ぬし殿は拜み奉るや。」

と言ひければ、

「いかがは。この童も拜み奉る。をいをい、いみじう貴し。」

とて[やぶちゃん注:と狩人は申し上げながらも。]、獵師、思ふやう、

「聖は、年比、經をも、たもち、讀み給へばこそ、その目ばかりに見え給はめ、この童、我が身などは、經の向きたるかたもしらぬに、見え給へるは、心得られぬこと也。」

と心のうちに思ひて、

「このこと、試みてむ、これ、罪(つみ)得べきことにあらず。」

と思ひて、尖(とが)り矢を弓につがひて、聖の拜み入りたる上よりさし越して、弓を強く引きて、ひやう、と射たりければ、御胸の程にあたるやうにて、火をうち消(け)つごとくにて、光も失せぬ。谷へとどろめきて、逃げ行く音す。

 聖、

「これはいかにし給へるぞ。」

と言ひて、泣き惑ふ事かぎりなし。

 男、申しけるは、

「『聖の目にこそみえ給はめ、わが罪深き者の目に見え給へば、試み奉らむ』と思ひて射つるなり。まことの佛ならば、よも矢は立ち給はじ。されば、怪しき物なり。」

と言ひけり。

 夜明けて、血をとめて[やぶちゃん注:血糊の跡を問い求めて。]、行きて見ければ、一町[やぶちゃん注:百九メートル。]ばかり行きて、谷の底に大きなる狸(たぬき)の、胸より尖り矢を射通されて、死して伏せりけり。

 聖なれど、無智なれば、かやうに化(ば)かされけるなり。獵師なれども、慮(おもんぱかり)ありければ、狸を射害(いがいし)[やぶちゃん注:射殺(いころ)し。]、その化けをあらはしけるなり。

   *]

 

 夜が明けてから血の跡を辿つて行くと、一町ばかり行つた谷の底に、大きな狸が胸を射通されて死んでゐた。「聖なれど無智なればかやうにばかされけるなり、獵師なれども慮ありければ狸を射害、そのばけをあらはしけるなり」といふのが「宇治拾遺物語」の批評であるが、小泉八雲は「骨董」の中にこの話を書いて「常識」と題した。「慮」といふ言葉が常識に當るらしい。

[やぶちゃん注:「慮」「おもんぱかり」。考えをめぐらすこと。思慮。

『小泉八雲は「骨董」の中にこの話を書いて「常識」と題した』以下に見る通り、英文原題は。Common Sense(「常識」)である。柴田は「慮」の訳語としては不満がありそうな口吻であるが、しかし、私はこの題が与えられたことによって、この本邦の古い伝承は永劫に優れた名品として、多くの人に読み継がれることとなったのだと思う。八雲先生に快哉!!!

 小泉八雲のそれは一九〇二年刊のKottō: Being Japanese Curios, with Sundry Cobwebs(「骨董――ぞわぞわとした蜘蛛の巣に塗れた日本の骨董品」)の中の、Common Senseである。まず、原文を示す(普賢菩薩の注は我々には不要と考え、除去した)。

   *

 

Common Sense

 

ONCE there lived upon the mountain called Atagoyama, near Kyōto, a certain learned priest who devoted all his time to meditation and the study of the sacred books. The little temple in which he dwelt was far from any village ; and he could not, in such a solitude, have obtained without help the common necessaries of life. But several devout country people regularly contributed to his maintenance, bringing him each month supplies of vegetables and of rice.

   Among these good folk there was a certain hunter, who sometimes visited the mountain in search of game. One day, when this hunter had brought a bag of rice to the temple, the priest said to him : —

   " Friend, I must tell you that wonderful things have happened here since the last time I saw you. I do not certainly know why such things should have happened in my unworthy presence. But you are aware that I have been meditating, and reciting the sutras daily, for many years ; and it is possible that what has been vouchsafed me is due to the merit obtained through these religious exercises. I am not sure of this. But I am sure that Fugen Bosatsu comes nightly to this temple, riding upon his elephant. . . .  Stay here with me this night, friend ; then you will be able to see and to worship the Buddha."

   " To witness so holy a vision," the hunter repHed, " were a privilege indeed !  Most gladly I shall stay, and worship with you."

   So the hunter remained at the temple. But while the priest was engaged in his religious exercises, the hunter began to think about the promised miracle, and to doubt whether such a thing could be. And the more he thought, the more he doubted. There was a little boy in the temple, — an acolyte, — and the hunter found an opportunity to question the boy.

   "The priest told me," said the hunter, "that Fugen Bosatsu comes to this temple every night. Have you also seen Fugen Bosatsu ? "

   " Six times, already," the acolyte replied, " I have seen and reverently worshipped Fugen Bosatsu."

   This declaration only served to increase the hunter's suspicions, though he did not in the least doubt the truthfulness of the boy. He reflected, however, that he would probably be able to see whatever the boy had seen ; and he waited with eagerness for the hour of the promised vision.

 

   Shortly before midnight the priest announced that it was time to prepare for the coming of Fugen Bosatsu. The doors of the little temple were thrown open ; and the priest knelt down at the threshold, with his face to the east. The acolyte knelt at his left hand, and the hunter respectfully placed himself behind the priest.

   It was the night of the twentieth of the ninth month, — a dreary, dark, and very windy night; and the three waited a long time for the coming of Fugen Bosatsu. But at last a point of white light appeared, like a star, in the direction of the east; and this light approached quickly, — growing larger and larger as it came, and illuminating all the slope of the mountain. Presently the light took shape — the shape of a being divine, riding upon a snow-white elephant with six tusks. And, in another moment, the elephant with its shining rider arrived before the temple, and there stood towering, like a mountain of moonlight, — wonderful and weird.

   Then the priest and the boy, prostrating themselves, began with exceeding fervour to repeat the holy invocation to Fugen Bosatsu. But suddenly the hunter rose up behind them, bow in hand ; and, bending his bow to the full, he sent a long arrow whizzing straight at the luminous Buddha, into whose breast it sank up to the very feathers.

   Immediately, with a sound like a thunder-clap, the white light vanished, and the vision disappeared. Before the temple there was nothing but windy darkness.

   " O miserable man ! " cried out the priest, with tears of shame and despair, " O most wretched and wicked man ! what have you done ? — what have you done ? "

   But the hunter received the reproaches of the priest without any sign of compunction or of anger. Then he said, very gently : —

   "Reverend sir, please try to calm yourself, and listen to me. You thought that you were able to see Fugen Bosatsu because of some merit obtained through your constant meditations and your recitation of the sutras. But if that had been the case, the Buddha would have appeared to you only — not to me, nor even to the boy. I am an ignorant hunter, and my occupation is to kill ; — and the taking of life is hateful to the Buddhas. How then should I be able to see Fugen Bosatsu ?  I have been taught that the Buddhas are everywhere about us, and that we remain unable to see them because of our ignorance and our imperfections. You — being a learned priest of pure life — might indeed acquire such enlightenment as would enable you to see the Buddhas ; but how should a man who kills animals for his livelihood find the power to see the divine ?  Both I and this little boy could see all that you saw. And let me now assure you, reverend sir, that what you saw was not Fugen Bosatsu, but a goblinry intended to deceive you — perhaps even to destroy you. I beg that you will try to control your feelings until daybreak. Then I will prove to you the truth of what I have said."

   At sunrise the hunter and the priest examined the spot where the vision had been standing, and they discovered a thin trail of blood. And after having followed this trail to a hollow some hundred paces away, they came upon the body of a great badger, transfixed by the hunter's arrow.

   The priest, although a learned and pious person, had easily been deceived by a badger. But the hunter, an ignorant and irreligiousman was,gifted with strong common sense; and by mother-wit alone he was able at once to detect and to destroy a dangerous illusion.

 

   *

次にこちらにある、同作の田部隆次(パブリック・ドメイン)氏訳になる「常識」を電子化しておく。画像は新潮文庫昭和二五(一九五〇)年発行初版の古谷綱武編「小泉八雲集 上巻」である。

   *

 

   常 識

 

 昔、京都に近い愛宕山に、默想と讀經に餘念のない高僧があつた。住んでゐた小さい寺は、どの村からか遠く離れてゐた、そんな淋しい處では誰かの世話がなくては日常の生活にも不自由するばかりであつたらうが、信心深い田舍の人々が代る代るきまつて每月米や野菜を持つて來て、この高僧の生活をささへてくれた。

 この善男善女のうちに獵師が一人ゐた、この男はこの山へ獲物をあさりにも度々來た。或日のこと、この獵師がお寺ヘ一袋の米を持つて來た時、僧は云つた。

『一つお前に話したい事がある。この前會つてから、ここで不思議な事がある。どうして愚僧のやうなものの眼前に、こんな事が現れるのか分らない。しかし、お前の知つての通り、愚僧は年來每日讀經默想をして居るので、今度授かつた事は、その行ひの功德かとも思はれるが、それもたしかではない。しかし、たしかに每晩、普賢菩薩が白象に乘つてこのお寺へお見えになる。……今夜愚僧と一緒に、ここにゐて御覽。その佛樣を拜む事ができる』

『そんな尊い佛が拜めるとはどれほど有難いことか分りません。喜んで御一緒に拜みます』と獵師は答へた。

 そこで獵師は寺にとどまつた。しかし僧が勤行にいそしんで居る間に、獵師はこれから實現されようと云ふ奇蹟について考へ出した。それからこんな事のあり得べきかどうかについて疑ひ出した。考へるにつれて疑は增すばかりであつた。寺に小僧がゐた、――そこで獵師は小僧に折を見て聞いた。

『聖人のお話では普賢菩薩は每晩この寺へお見えになるさうだが、あなたも拜んだのですか』獵師は云つた。

『はい、もう六度、私は恭しく普賢菩薩を拜みました』小僧は答へた。獵師は小僧の言を少しも疑はなかつたが、この答によつて疑は一層增すばかりであつた。小僧は一體何を見たのであらうか、それも今に分るであらう、かう思ひ直して約束の出現の時を熱心に待つてゐた。

 

 眞夜中少し前に、僧は普賢菩薩の見えさせ給ふ用意の時なる事を知らせた。小さいお寺の戸はあけ放たれた。僧は顏を東の方に向けて入口に跪いた。小僧はその左に跪いた、獵師は恭しく僧のうしろに席を取つた。

 九月二十日の夜であつた、淋しい、暗い、それから風の烈しい夜であつた、三人は長い間普賢菩薩の出現の時を待つてゐた。やうやくのことで東の方に、星のやうな一點の白い光が見えた、それからこの光は素早く近づいて來た――段々大きくなつて來て、山の斜面を殘らず照した。やがてその光は或姿――六本の牙のある雪白の象に乘つた聖い菩薩の姿となつた。さうして光り輝ける乘手をのせた象は直ぐお寺の前に着いた、月光の山のやうに、――不可思議にも、ものすごくも、――高く聳えてそこに立つた。

 その時僧と小僧は平伏して異常の熱心をもつて普賢菩薩への讀經を始めた。ところが不意に獵師は二人の背後に立ち上り、手に弓を取つて滿月の如く引きしぼり、光明の普賢菩薩に向つて長い矢をひゆつと射た、すると矢は菩薩の胸に深く、羽根のところまでもつきささつた。

 突然、落雷のやうな音響とともに白い光は消えて、菩薩の姿も見えなくなつた。お寺の前はただ暗い風があるだけであつた。

『情けない男だ』僧は悔恨絶望の淚とともに叫んだ。『何と云ふお前は極惡非道の人だ。お前は何をしたのだ、何をしてくれたのだ』

 しかし獵師は僧の非難を聞いても何等後悔憤怒の色を表はさなかつた。それから甚だ穩かに云つた。――

『聖人樣、どうか落ちついて、私の云ふ事を聞いて下さい。あなたは年來の修業と讀經の功德によつて、普賢菩薩を拜む事ができるのだと御考へになりました。それなら佛樣は私やこの小僧には見えず――聖人樣にだけお見えになる筈だと考へます。私は無學な獵師で、私の職業は殺生です、――ものの生命を取る事は、佛樣はお嫌ひです。それでどうして普賢菩薩が拜めませう。佛樣は四方八方どこにでもおいでになる、ただ凡夫は愚痴蒙昧のために拜む事ができないと聞いて居ります。聖人樣は――淨い生活をして居られる高僧で居らせられるから佛を拜めるやうなさとりを開かれませう、しかし生計のために生物を殺すやうなものは、どうして佛樣を拜む力など得られませう。それに私もこの小僧も二人とも聖人樣の御覽になつたとほりのものを見ました。それで聖人樣に申し上げますが、御覽になつたものは普賢菩薩ではなくてあなたをだまして――事によれば、あなたを殺さうとする何か化物に相違ありません。どうか夜の明けるまで我慢して下さい。さうしたら私の云ふ事の間違でない證據を御覽に入れませう』

 日出とともに獵師と僧は、その姿の立つてゐた處を調べて、うすい血の跡を發見した。それからその跡をたどつて數百步離れたうつろに着いた、そこで、獵師の矢に貫かれた大きな狸の死體を見た。

 

 博學にして信心深い人であつたが僧は狸に容易にだまされてゐた。しかし獵師は無學無信心ではあつたが、強い常識を生れながらもつてゐた、この生れながらもつてゐた常識だけで直ちに危險な迷を看破し、かつそれを退治する事ができた。

               (田部隆次譯)
       
                  Common Sense.Kotto.

 

   *]

 

 神通自在の天狗ならばまだしも、狸に致されるに至つては、その信に間隙ありと見倣さざるを得ぬ。伊吹山の聖の話は「今昔物語」には三修禪師といふ名が出てゐる。愛宕山で獵師に射られるのも「今昔物語」では猪である。猪が狸に化けるのは奇拔だが、異説として附け加へて置く。

[やぶちゃん注:『伊吹山の聖の話は「今昔物語」には三修禪師といふ名が出てゐる』「三修禪師」は実は実在した法相宗の碩学で、小学館「古典文学全集」版の「今昔物語集」(馬淵・国東・今野訳注/昭和五四(一九七九)年刊(第五版))の注によれば、『菅野氏。東大寺の僧』で『少年にして出家、霊山を巡礼修行し、仁寿年中』(八五一年~八五四年)、『伊吹山に登山止住。元慶二』(八七八)『年二月十三日、三修の奏請によって伊吹山護国寺が定額寺』(じょうがくじ:奈良・平安時代に官大寺・国分寺に次ぐ寺格を有した仏教寺院)『に列せられた。寛平六』(八九四)『年維摩会講師、同七年』には『任権律師』となり、『昌泰三』(九〇〇)『年五月十二日没。年七十二』。『湖東三山の一、西明寺』の草創者でもあり、『後代』には『身軽きこと三朱(約五グラム)の飛行自在の三朱沙門と称せられた』とある知られた高僧である(下線やぶちゃん)。何故、そんな彼がここで無能な僧とされて、ここに描かれているのか? これはどうも寺門間の法論に関わる対立が原因らしい。興味のある方は、田中徳定論文「三修禅師魔往生譚の流伝をめぐって『三国伝燈記』の記事を手掛りとして―」(PDF)を読まれたい。以上は、先の「宇治拾遺物語」に先行する酷似した同源の話。「今昔物語集」の「卷第二十」の「伊吹山三修禪師得天狗迎語第十二」(伊吹の山の三修(さむしゆ)禪師、天狗の迎へを得る語(こと)第十二)である。煩を厭わず示す。

   *

 今は昔、美濃の國に伊吹の山と云ふ山有り。其の山に久しく行ふ聖人(しやうにん)有り。心に智り無くして、法文(ほふもん)を不學(まなば)ず。只、彌陀の念佛を唱ふるより外の事、不知(しらず)。名をば三修禪師とぞ云ひける。他念無く念佛を唱へて、多くの年を經にけり。

 而る間、夜(よ)深く念佛を唱へて、佛の御前に居たるに、空に音(こゑ)有りて、聖人に告げて云く、

「汝、懃(ねむごろ)に我れを憑(たの)めり。念佛の員(かず)多く積りにたれば、明日の未(ひつじ)の時に、我れ來たりて、汝を迎ふべし。努々(ゆめゆめ)、念佛怠る事無かれ。」

と。聖人、此の音(こゑ)を聞て後、彌よ心を至して念佛を唱へて、怠る事無し。

 既に明くる日に成りぬれば、聖人、沐浴し淸淨(しやうじやう)にして、香を燒き、花を散(ちら)して、弟子共に告げて、諸共(もろとも)に念佛を唱へて、西に向ひて居たり。

 而る間、未の時下(さが)る程[やぶちゃん注:午後三時頃。]に、西の山の峰の松の木の隙(ひま)より、漸(やうや)く曜(かかや)き光る樣に見ゆ。聖人、此れを見て、彌(いよい)よ念佛を唱へて、掌(たなごころ)を合せて見れば、佛の綠の御頭(おほんかしら)、指し出で給へり。金色(こんじき)の光を至せり。御髮(みぐし)の際(きは)は金(こがね)の色を磨(みが)けり。眉間は秋の月の空に曜くが如くにて、御額(ひたひ)に白き光りを至せり。二つの眉は三日月の如し。二つの靑蓮(しやうれん)の御眼見(まみ)延びて[やぶちゃん注:離れたところから見えて。]、漸く月の出づるが如し。又、樣々の菩薩、微妙(みめう)の音樂を調べて、貴(たふと)き事限り無し。又、空より樣々の花降る事、雨の如し。佛、眉間の光りを差して、此の聖人の面(おもて)を照らし給ふ。聖人、他念無く禮(をが)み入りて、念珠の緒も可絶(たゆべ)し。

 而る間、紫の雲厚く聳えきて、庵の上に立ち渡る。其の時に、觀音、紫金(しこん)[やぶちゃん注:紫磨金(しまごん)。紫色を帯びた純粋の黄金。]の臺を捧げて、聖人の前に寄り給ふ。聖人、這ひ寄りて、其の蓮華(れんぐゑ)に乘りぬ。佛、聖人を迎へ取りて、遙かに西を差して去り給ひぬ。弟子等(ら)、此れを見て、念佛を唱へて貴ぶ事、限り無し。其の後(のち)、弟子等、其の日の夕(ゆふべ)より、其の坊にして、念佛を始めて、彌よ聖人の後(あと)を訪(とぶら)ふ[やぶちゃん注:後世(ごぜ)・冥福を祈る。]。

 其の後(のち)、七八日を經て、其の坊の下僧(げそう)等、念佛の僧共(ども)に沐浴せしめむが爲に、薪(たきぎ)を伐りに奧の山に入りたるに、遙かに谷に差し覆ひたる高き椙(すぎ)の木有り。其の木の末に、遙かに叫ぶ者の音(こゑ)有り。吉(よ)く見れば、法師を裸にして、縛りて、木の末(すゑ)に結(ゆ)ひ付けたり。此れを見て、木昇り爲(す)る法師、卽ち昇りて見れば、極樂に被迎(むかへら)れ給ひし我が師を、葛(かづら)を斷りて縛り付けたる也けり。法師、此れを見て、

「我が君は何(いか)で此(かか)る目は御覽ずるぞ。」

と云ひて、泣々(なくな)く寄りて解(と)きければ、聖人、

「佛の、『今、迎へに來たらむ。暫く、此(か)くて有れ』と宣ひつるに、何の故に解き下(おろ)すぞ。」

と云ひけれども、寄りて解きければ、

「阿彌陀佛、我れを殺す人有りや、をうをう。」

とぞ、音(こゑ)を擧げて叫びける。

 然れども、法師原(ばら)、數(あま)た昇りて、解き下して、坊に將(ゐ)て行たりければ、坊の弟子共、心踈(う)がりて[やぶちゃん注:嘆き、悲しがって。]、泣き合へり。聖人、移し心[やぶちゃん注:正気。]も無く、狂心(わうしん)のみ有りて、二、三日許り有ける程に、死にけり。

 心を發(おこ)して、貴き聖人也と云へども、智惠無ければ、此くぞ天宮(てんぐ)[やぶちゃん注:「天狗」に同じい。]に被謀(たばかられ)ける。

 弟子共、又、云ふ甲斐無し。

 如此(かくのごとき)の魔緣[やぶちゃん注:天魔の眷属。]と、三寶(さんぽう)の境界(きやうがい)とは、更に似ざりける事を、智(さと)り無きが故に不知(しら)ずして、被謀(たばからる)る也、となむ語り傳へたるとや。

   *

『愛宕山で獵師に射られるのも「今昔物語」では猪である』「今昔物語集」の「卷第二十」の「愛宕護山聖人被謀野猪語第十三」(愛宕護(あたご)の山(やま)の聖人、野猪(くさゐなぎ)に謀(たばか)らるる語(こと)第十三)。(この注の先の引用の直続きである)やはり、否、好きな話だから、煩を厭わず示す。なお、字面だけを見ると、宵曲のように「猪」(いのしし)であるが、この原典のルビ(但し、これは後人が附したものと推定されている)は不祥な読みで、今のイノシシではなく狸・貉(むじな/アナグマ)の古称かともされることは言い添えておく。

   *

 今は昔、愛宕護の山に久しく行なふ持經者(ぢきやうしや)の聖人有りけり。年來(としごろ)、法花經を持(たも)ち奉りて、他(ほか)の念(おもひ)無くして、坊の外に出づる事、無かりけり。智惠無くして、法文(ほふもん)を學ばざりけり。

 而るに、其の山の西の方に、一人の獵師、有りけり。鹿・猪(ゐのしし)を射殺すを以つて役(やく)とせり。然(しか)れども、此の獵師、此の聖人をなむ懃ろに貴びて、常に自らも來たり、折節には可然物(しかるべきもの)などを志(こころざし)ける。

 而る間、獵師、久しく此の聖人の許(もと)に不詣(まうで)ざりければ、餌袋(ゑぶくろ)に可然(しかるべき)菓子(くだもの)など入れて、持て詣でたり。聖人、喜びて、日來の不審(いぶか)しき事共など云ふに[やぶちゃん注:こちらの方が良い。互いに遇わなかった間の安否・消息を問うたのである。]、聖人、居寄りて、獵師に云く、

「近來(このごろ)、極めて貴き事なむ侍る。我れ、年來(としごろ)、他(ほか)の念(おもひ)無く、法花經を持(た)もち奉りて有る驗(しるし)にや有らむ、近來、夜々、普賢なむ現じ給ふ。然(しか)れば、今夜(こよ)ひ留(とどま)りて、禮(をが)み奉り給へ。」

と。獵師、

「極めて貴き事にこそ候ふなれ。然(さ)らば、留りて、禮み奉らむ。」

と云ひて、留りぬ。

 而る間、聖人の弟子に幼き童(わらは)有り。此の獵師、童に問ひて云く、

「聖人の『普賢の現じ給ふ』と宣ふは、汝もや、其の普賢をば、見奉る。」

と。童、

「然(し)か。五、六度許りは見奉たり。」

と答ふ。獵師の思はく、

「然らば、我も見奉る樣も有りなむ。」

と思ひて、獵師、聖人の後(しりへ)に、不寢(いね)ずして居たり。

 九月(ながつき)廿日餘りの事なれば、夜(よ)、尤も長し。夕(ゆふべ)より、今や今やと待ちて居たるに、夜中は過ぎやしぬらむと思ふ程に、東の峰の方(かた)より、月の初めて出づるが如くて、白(しら)み明くる。峰の風、吹き掃ふ樣にして、此の坊の内も、月の光の指し入りたる樣に、明るく成りぬ。

 見れば、白き色の菩薩、白象(びやくざう)に乘りて、漸(やうや)く下り御ます。其の有樣、實(まこと)に哀れに貴し。菩薩、來りて、房に向ひたる所に近く立ち給へり。

 聖人、泣々(なくなく)禮拜恭敬(らいはいくぎやう)し、後(しりへ)に有る獵師に云く、

「何ぞ。主(ぬし)は禮(おが)み奉り給ふや。」

と。獵師、

「極めて貴く禮み奉る。」

と答へて、心の内に思はく、

「聖人の、年來(としごろ)、法花經を持(たも)ち奉り給はむ目に見え給はむは、尤(もつとも)可然(しかるべ)し。此の童・我が身などは、經をも知り不奉(たてまつら)ぬ目(め)に、此(か)く見え給ふは、極めて怪しき事也。此れを試み奉らむに、信(しん)を發(おこ)さむが爲(ため)なれば、更に罪(つみ)可得(うべき)事にも非じ。」

と思ひて、鋭鴈矢(とがりや)[やぶちゃん注:獣殺傷用の鋭く尖った征矢(そや)の鏃(やじり)に、箭(せん)に四枚の羽の附けてある矢。]を弓に番(つが)ひて、聖人の禮(おが)み入りて、低(ひ)れ臥したる上より差し越して、弓を強く引きて射たれば、菩薩の御胸(おほんむね)に當る樣にして、火を打ち消(け)つ樣に、光りも失せぬ。谷(たに)ざまに、動(どよ)みて、逃げぬる音(おと)す。

 其の時に、聖人、

「此(こ)は何(いか)にし給ひつる事ぞ。」

と云ひて、呼ばひ泣き迷(まど)ふ事、限り無し。

 獵師の云く、

「穴鎌(あなかま)給へ[やぶちゃん注:「穴」「鎌」ともに当て字。人声や物音をたてることをことを制止する際の発語で、ここは「どうか、お静かになさりませ!」の意。]。心も得ず怪しく思(おぼ)えつれば、『試みむ』と思ひて射つる也。更に罪(つみ)得給はじ。」

と懃ろに誘(こしら)へ云けれども[やぶちゃん注:宥めすかしたけれども。]、聖人の悲しび不止(やま)ず。

 夜明けて後(のち)、菩薩の立ち給へる所を、行きて見れば、血、多く流れたり。其の血を尋ねて、行きて見れば、一町許り下(くだ)りて、谷底に大きなる野猪(くさゐなぎ)の、胸より鋭鴈矢(とがりや)を背に射通されて、死に臥せりけり。聖人、此れを見て、悲びの心、醒めにけり。

 然(しか)れば、聖人也と云へども、智惠無き者は、此く被謀(たばからる)る也。役(やく)と[やぶちゃん注:副詞。専ら。]罪を造る獵師也と云へども、思慮(おもぱかり)有れば、此く野猪(くさゐなぎ)をも射(い)顯(あら)はす也けり[やぶちゃん注:その化けの皮を剝いで正体を暴露させることも出来るのである。]。此樣(かやう)の獸(けだもの)は、此く人を謀(たばか)らむと爲(す)る也。然(さ)る程に、此く命を亡ぼす、益(やく)無き事也、となむ語り傳へたるとや。

   *]

 

 倂し菩薩來迎の話は必ずしも日本の愛宕山にはじまるものではない。唐の代州に一女あり、兄は遠く征途に上つてゐるので、母と共に家を守つてゐると、忽然として雲に乘つた菩薩が現れ、母に向つて、汝の家甚だよろし、我れこゝに居らんと欲す、速かに修理すべし、と告げた。修理は忽ち村人の手によつて行はれ、菩薩は五色の雲と共にその室に下つた。「宇治拾遺」の普賢菩薩は聖と小僧とが禮拜しただけだから、廣く世間に知れ渡らなかつたが、この方は最初から村人を煩はしたので、彼等はそれからそれへと奇瑞を傳へ、信心の輩は次ぎ次ぎに集まつて來た。然るにその菩薩が女と私通するといふ事實があり、馬脚ではない狐脚をあらはしかけたところで、兄の歸還といふ段取りになつた。菩薩は男子を見るを欲せずと云ひ、母をしてこれを逐はしめた爲、兄は家に入ることが出來ない。そこで財を傾けて道士を求め、道士が祕法を修した結果、菩薩は一老狐に過ぎぬことが明かになつた。老狐は斬られて事が終るのである(廣異記)。

[やぶちゃん注:「代州」山西省北東部の古称。

 以上は「廣異記」の「代州民」。

   *

唐代州民有一女、其兄遠戍不在、母與女獨居。忽見菩薩乘雲而至、謂母曰、「汝家甚善、吾欲居之、可速修理、尋當來也。」。村人競往。處置適畢、菩薩馭五色雲來下其室。村人供養甚眾。仍敕眾等不令有言、恐四方信心、往來不止。村人以是相戒、不説其事。菩薩與女私通有娠。經年、其兄還、菩薩云、「不欲見男子。」。令母逐之。兒不得至、因傾財求道士。久之、有道士爲作法、竊視菩薩、是一老狐、乃持刀入、砍殺之。

   *]

 

 この菩薩は愛宕山で普賢菩薩となつて現れた狸よりも更に程度が低い。村人の信仰を集め得たあたりで消え去れば、一時の榮華で身を全うすることが出來たのに、慾にからんで一所に執著したのが誤りであつた。娘との關係の暴露するのを恐れ、母親をして兄の入るを拒ましめるに至つては、この種の徒に屢々見る最後のあがきに外ならぬ。これだけの狂言を書く以上、年ふる狐だつたには相違ないが、その質は上等ではなかつたのであらう。早く身の破滅を招いたのは眞正の菩薩の崇りかも知れぬ。

 

2017/05/24

小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(24) 禮拜と淨めの式(Ⅱ)

 

 朝の禮拜の務は、その内に書牌(お札)の前に供物を置く事も入つて居るのであるが、それは一家の祭祀の唯一の務ではない。神道の家に於ては、祖先と高い神々とが、別々に禮拜されるのであるが、祖先の神壇はロオマの Lararium(家族の神)と似て居るらしい、一方その大麻、御幣(特に家族の崇敬する高い神々の象徴てある)のある神棚はラテンの慣習に依つて Penates(家の爐邊の神)の禮拜に與へられた場所と比べられ得る。この兩種の神道の祭祀には、その特殊の祭日がありへ祖先祭祀の場合には、祭日は宗教上の集合の時であり――一族の親戚が、家の祭拜を爲すために集まる時である……。神道家はまた氏神の祭りをあげ、國家の祭記に關する九種の國家の大祭を祝するに、少くともその助力をしなければならない、國家の大祭は十一種あるが、その内この九種は皇室の祖先を禮拜する機會なのてある。

[やぶちゃん注:「Lararium(家族の神)」「ララリウム」は古代ローマで信じられた守護神的な神々ラレース(LasesLares:単数形:Lar(ラール))を祭祀した壇。古代ローマ人の各家の中や街角に、壁を掘ったごくつつましい空間に素朴な絵で彩りを施して作られた小さな祭壇。家庭・道路・海路・境界・豊饒・無名の英雄の祖先などの守護神とされていた。共和政ローマの末期まで二体の小さな彫像という形で祭られるのが一般的であった(ウィキの「レースに拠った。家庭内祭祀の細かな解説もリンク先にある)。

「大麻」「たいま」。幣(ぬさ)を敬っていう語。「おほぬさ(おおぬさ)」と訓じてもよい。

Penates(家の爐邊の神)」「ペナーテース」はローマ神話に登場する神で、元々は「納戸の守護神」であったが、後に「世帯全体を守る家庭神」となった。先のラレースや、ゲニウス(geniusi:擬人化された精霊で、守護霊或いは善霊と捉えられた)レムレース(lemures:騒々しく有害な死者の霊或いは影を意味し、騒がしたり怖がらせたりするという意味で悪霊 larva:ラルヴァ)に近いとされる)と関係が深い。ローマの各氏族の権勢とも関連付けられており、「祖先の霊」とされることもある。古代ローマの各家庭の入口には女神ウェスタ(Vesta:女神でもとは「竃の神」であったものが転じて家庭の守護神となった)の小さな祠があったが、この祠の中にはこのペナーテースの小さな像が安置されていた(以上はウィキの「ペナーテースと、そのリンク先の記載に拠った)。

「國家の祭記に關する九種の國家の大祭を祝するに、少くともその助力をしなければならない、國家の大祭は十一種あるが、その内この九種は皇室の祖先を禮拜する機會なのてある」よく分らないが、ウィキの「「皇室祭祀」の天皇自ら親祭する大祭日(だいさいじつ)の古式(それでも明治以降)のものを数えてみると、①元始祭(天皇が宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿)に於いて皇位の元始を祝ぐ儀式)・②紀元節祭(「日本書紀」で初代天皇とする神武天皇の即位日)・③神武天皇祭・④神嘗祭・⑤新嘗祭・⑥春季皇霊祭/春季神殿祭・⑦秋季皇霊祭/秋季神殿祭(「皇霊祭」は歴代天皇・皇后・皇親の霊を祭る儀式)・⑧先帝祭(先帝の崩御日)・⑨先帝以前三代の式年祭・⑩先后の式年祭・⑪皇妣(こうひ:崩御した皇太后)である皇后の式年祭で、十一が数えられ、この内、①から③及び⑥から⑪の九種の祭祀は、まさにその内容から「皇室の祖先を禮拜する」祭祀であると言える。もし、間違っていれば、御指摘あれ。]

 

2017/05/09

柴田宵曲 續妖異博物館 「死者の影」 附 小泉八雲 “A DEAD SECRET”+同戸川明三譯(正字正仮名)+原拠「新選百物語/紫雲たな引密夫の玉章」原文

 

 死者の影

 

 東晉の董壽が誅せられた夜、壽の妻が燈下にひとり坐つてゐると、自分の傍に夫が立つてゐる。どうして今時分お退(さが)りになつたかと聞いても、彼は一言も答へなかつた。彼がそこを出て鷄籠の周圍を𢌞つて行く時、籠の中の鷄が俄かにけたゝましく騷ぎ立てる。火を照らして見たら、籠の傍には血が流れてゐる。壽の妻は夫の上に凶事のあつたことを直感したが、夜が明けると壽の死が傳へられた。

 かういふ話が「搜神後記」に出てゐる。これはマクベスの前に現れたバンコーの姿のやうなものである。大饗宴の席を外して扉口に出たマクベスが、刺客からの報告を聽取して戾る途端、バンコーがどこからか入つて來て、マクベスの掛けるべき椅子に腰をおろす。マクベスはまだ氣が付かずに、これであのバンコーさへ來てくれられれば、國中の名族は悉く一室内に集まつたわけなのだが、などと云つてゐる。この際バンコーの事で頭が一杯になつてゐるのはマクベス一人なのだから、愈々亡靈と顏を見合せて棒立ちになるのは當然であらう。亡靈は他人には少しも見えず、一度消えてまた現れる。マクベスが取り亂した結果、折角の大饗宴は滅茶滅茶になつてしまふ。董壽の場合と違つて衆人環視の中の出來事であり、バンコーの姿は他の何人にも見えぬだけに、マクベスの言動が餘計に目立つわけである。

[やぶちゃん注:先の「搜神後記」のそれは「第三卷」の「董壽之」。

   *

董壽之被誅、其家尚未知。妻夜坐、忽見壽之居其側、歎息不已。妻問、「夜間何得而歸。」。壽之都不應答。有頃、出門、繞雞籠而行、籠中雞驚叫。妻疑有異、持火出戸視之、見血數升、而壽之失所在。遂以告姑、因與大小號哭、知有變。及晨、果得凶問。

   *

「マクベス」(Macbeth)はウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare 一五六四年~一六一六年)の一六〇六年頃に成立した彼の四台悲劇の一つ。「バンコー」(Banquo:現行では「バンクォー」と音写することが多い)はマクベスの友人であった将軍であるが、疑心暗鬼に陥ったマクベスの放った暗殺者によって殺されてしまう。ここは第三幕第四場のそれで、バンクォー暗殺を何食わぬ顔をして受けるマクベスが、髪を血に染めたバンクォーの亡霊が宴席の自分の席にいるのを幻視する、圧巻のシークエンスである。]

 倂しこの二つの話はいづれも血を伴つてゐる。事が行はれて忽ちに亡靈が現れるのもそのためと解せられるが、もつと平凡な場合にも同樣の話がないことはない。鵜殿式部といふ家の召仕ひで、病氣のため暫く宿に歸つてゐた女が、お蔭で永い間養生致しました、と云つて挨拶に來た。見れば顏色もよくないから、もつと養生したらよからうと云ふと、いえ、もうこの分ならば御奉公も出來ますことと存じます、これはうちで拵へた品でございますから、と云つて重箱に入れた團子を差出した。それなら養生旁々勤めたらよからう、といふことになつて、女は次の間へ立つて行つた。鵜殿の老母が勝手へ出てこの話をしたところ、家の者は、おや、いつ參りましたか、一向存じません、と云ふ。方々搜しても更に姿は見えぬ。それにしても慥かに土産があつた筈と、前の重箱を取り出して見たら、重箱に變るところはなかつたが、中に詰めてあるのは全部白い團子であつた。慌てて宿へ人を遭つた結果、はじめてその女が二三日前に亡くなつたといふ消息を知り得た。

「耳囊」に出てゐるこの話は、下女が死後に挨拶に來たといふまでで、怨みも何もある次第ではない。たゞ幻に見えただけでなく、佛前に供へるやうな白い團子を重箱に詰めて持參したといふのが話の山であらう。氣味が惡いには相違ないが、多少卽(つ)き過ぎた嫌ひがあるかも知れぬ。そこへ往くと「怪談登志男」の中の一話は稍々離れ得てゐる。

[やぶちゃん注:以上の「耳囊」の話は「卷之四 女の幽靈主家へ來りし事」である。私の電子化訳注でどうぞ。]

 築地の本願寺近くに住む岩崎といふ老人は、閑散なるまゝに謠や仕舞を何よりの樂しみにして居つたが、或日の午後、日も西に傾く頃になつて、小網町に住む彦兵衞といふ町人がこの隱居を訪ねて來た。彦兵衞は岩崎老人の講仲間で、かねてこの人を通じて京都に仕舞の扇が誂へてあつた。一別以來の挨拶が濟むと、彦兵衞は扇の事を云ひ出し、疾くに出來上つてゐたのに、道中の間違ひで遲延したことを詫び、今日漸う到著致しました、と云つて註文の品を差出した。倂し彦兵衞の樣子が何となく元氣がない。岩崎老人は扇の出來をよろこんで、若侍などを呼び集め、一しきり酒を酌み交した果ては、主人は立ち上り今の扇をかざして舞ふ。彦兵衞も御屆出來の御祝儀にと、續いて舞ひ出したが、いつの間にかその姿が見えなくなつた。座に在る者は主人と若侍と小坊主ばかりで、彦兵衞はどこへ行つたものかわからない。八方搜索しても知れぬので、狐でも化けて入り込んだものかなどと話してゐたところ、翌日彦兵衞の倅藤七なる者が扇を屆けて來た。昨日持參の扇と寸分違はぬやうだが、あれはどうしたと尋ねても更に見當らぬ。藤七の話で彦兵衞が昨日亡くなつたことがわかり、末期(まつご)に近い頃、京都からの荷物が到著し、扇を一見して滿足の笑みを漏らし、自分が亡くなつたら佛事供養より前にこれを持參してお詫びを申せと遺言した話を聞いては、皆昨日の幻の偶然ならぬことを感じたのである。

 同じ亡靈の出現にしても、扇をかざして一さし舞ふなどは大分風流で、重詰の白團子の比ではない。

[やぶちゃん注:以上は「卷之二」にある「八 亡魂の舞踏」で、国立国会図書館デジタルコレクションのこちらから視認出来る。]

「怪談登志男」は寛延三年版であるが、それより三十年餘りおくれて出た「諸越の吉野」(天明三年)にも「幽靈芭蕉の舞を奏て實演を告る事」といふのがある。人名その他に相違はあるけれど、全體の筋は同じである。「怪談登志男」の話を蒸し返したまでのものか、當時何かこんな話が行はれてゐたのか、その邊はよくわからない。

[やぶちゃん注:「寛延三年」一七五〇年。

「諸越の吉野」天明三(一七八四)年板行の奇談集「近古奇談 諸越の吉野」。詳細不祥。所持もしないし、国立国会図書館デジタルコレクションにもない。「幽靈芭蕉の舞を奏て實演を告る事」、これ、是非とも中身を知りたいのだが。]

 小泉八雲の「葬られたる祕密」は、「新選百物語」にある「紫雲たなびく密夫の玉章」に據つたものださうである。丹波國の富裕な一商人稻村屋源助の娘でお園といふのが、一族の商人に嫁して四年後に亡くなつた。お園の結婚後の生活には何の問題もなかつたのに、葬式の晩から彼女の姿が二階の部屋に現れる。第一にこれを發見したのは、彼女の小さい子供であつた。お園は何も口を利かず、子供を見て微笑したといふ。簞笥の前に立つてゐる彼女の姿は外の人にも見えた。結局これは簞笥の中の物に執著があるためだらうといふ解釋の下に、中の品物は悉く寺に約められた。抽匣(ひきだし)は空虛になつたが、お園は依然として姿を現し、簞笥を凝視することをやめぬ。この話は彼女の姑によつて檀那寺の大玄和尚に告げられた。和尚はお園の部屋にひとり坐つて經を誦することにした。夜半を過ぎてお園の姿は現れたが、無論何も云はぬ。氣がかりな事があるやうに、簞笥を見据ゑてゐるだけである。和尚は立つて簞笥の中を丹念に點檢したが、どの抽匣にも何もなかつた。或は抽匣の中を貼つた紙の下に隱されてゐるかも知れぬといふ氣がしたので、それを剝がして行くと、四番目の抽匣の貼り紙の下から一通の手紙が出て來た。和尚は彼女の影に向つて、あなたの心を惱ましたものはこれかと念を押し、誰にも見せることなしに寺で燒き棄てることを約した。彼女は微笑して消えてしまつた。お園は結婚する前に、藝事を修業するために京都へ出てゐたことがあり、この手紙はその頃貰つた艷書であつた。「新選百物語」では數十通とあるのを、八雲が一通にしたのださうである。

[やぶちゃん注:「葬られたる祕密」は小泉八雲の名作Kwaidan : stories and studies of strange things(一九〇四年)の中の一篇A DEAD SECRETである。原文(ネット上で最も信頼出来ると判断したものを選んで加工データとし、例の通り、いつも厄介になっている“Internet Archive”原典画像を視認して本文を作製した原注は邦人には不要と考え、除去した)及び戸川(秋骨)明三訳(こちらにある昭和二五(一九五〇)年新潮文庫刊古谷綱武編「小泉八雲集 上巻」の当該訳画像)のものを以下に示す。なお、後者の第一段落の「ながらやと云ふ」は、底本は「ながらや云とふ」であるが、誤植と断じて訂しておいた。また、後者の第六段落目は底本の版組(改頁行頭から始まっており、前頁最終行は空行でない)から詰っているが、シークエンスからも、原典に則り、空行を施した

*   *   *

 

A DEAD

SECRET

 

 A long time ago, in the province of Tamba , there lived a rich merchant named Inamuraya Gensuké. He had a daughter called O-Sono. As she was very clever and pretty, he thought it would be a pity to let her grow up with only such teaching as the country-teachers could give her: so he sent her, in care of some trusty attendants, to Kyōto, that she might be trained in the polite accomplishments taught to the ladies of the capital. After she had thus been educated, she was married to a friend of her father's family ― a merchant named Nagaraya;― and she lived happily with him for nearly four years. They had one child, ― a boy. But O-Sono fell ill and died, in the fourth year after her marriage.

   On the night after the funeral of O-Sono, her little son said that his mamma had come back, and was in the room upstairs. She had smiled at him, but would not talk to him: so he became afraid, and ran away. Then some of the family went upstairs to the room which had been O-Sono's; and they were startled to see, by the light of a small lamp which had been kindled before a shrine in that room, the figure of the dead mother. She appeared as if standing in front of a tansu, or chest of drawers, that still contained her ornaments and her wearing-apparel. Her head and shoulders could be very distinctly seen; but from the waist downwards the figure thinned into invisibility;― it was like an imperfect reflection of her, and transparent as a shadow on water.

   Then the folk were afraid, and left the room. Below they consulted together; and the mother of O-Sono's husband said: "A woman is fond of her small things; and O-Sono was much attached to her belongings. Perhaps she has come back to look at them. Many dead persons will do that, ― unless the things be given to the parish-temple. If we present O-Sono's robes and girdles to the temple, her spirit will probably find rest."

   I was agreed that this should be done as soon as possible. So on the following morning the drawers were emptied; and all of O-Sono's ornaments and dresses were taken to the temple. But she came back the next night, and looked at the tansu as before. And she came back also on the night following, and the night after that, and every night; ― and the house became a house of fear.

 

   The mother of O-Sono's husband then went to the parish-temple, and told the chief priest all that had happened, and asked for ghostly counsel. The temple was a Zen temple; and the head-priest was a learned old man, known as Daigen Oshō. He said: "There must be something about which she is anxious, in or near that tansu." ― "But we emptied all the drawers," replied the woman; ― "there is nothing in the tansu." ― "Well," said Daigen Oshō, "to-night I shall go to your house, and keep watch in that room, and see what can be done. You must give orders that no person shall enter the room while I am watching, unless I call."

 

   After sundown, Daigen Oshō went to the house, and found the room made ready for him. He remained there alone, reading the sutras; and nothing appeared until after the Hour of the Rat.   Then the figure of O-Sono suddenly outlined itself in front of the tansu. Her face had a wistful look; and she kept her eyes fixed upon the tansu.

   The priest uttered the holy formula prescribed in such cases, and then, addressing the figure by the kaimyō of O-Sono, said: ― "I have come here in order to help you. Perhaps in that tansu there is something about which you have reason to feel anxious. Shall I try to find it for you?" The shadow appeared to give assent by a slight motion of the head; and the priest, rising, opened the top drawer. It was empty. Successively he opened the second, the third, and the fourth drawer; ― he searched carefully behind them and beneath them;― he carefully examined the interior of the chest. He found nothing. But the figure remained gazing as wistfully as before. "What can she want?" thought the priest. Suddenly it occurred to him that there might be something hidden under the paper with which the drawers were lined. He removed the lining of the first drawer:― nothing! He removed the lining of the second and third drawers:― still nothing. But under the lining of the lowermost drawer he found ― a letter. "Is this the thing about which you have been troubled?" he asked. The shadow of the woman turned toward him, ― her faint gaze fixed upon the letter. "Shall I burn it for you?" he asked. She bowed before him. "It shall be burned in the temple this very morning," he promised;― "and no one shall read it, except myself." The figure smiled and vanished.

 

   Dawn was breaking as the priest descended the stairs, to find the family waiting anxiously below. "Do not be anxious," he said to them: "She will not appear again." And she never did.

   The letter was burned. It was a love-letter written to O-Sono in the time of her studies at Kyotō. But the priest alone knew what was in it; and the secret died with him.

 

*   *   *

 

    葬られたる祕密

 

 むかし丹波の國に稻村屋源助といふ金持ちの商人が住んで居た。此人にお園といふ一人の娘があつた。お園は非常に怜悧で、また美人であつたので、源助は田舍の先生の教育だけで育てる事を遺憾に思ひ、信用のある從者をつけて娘を京都にやり、都の婦人達の受ける上品な藝事を修業させるやうにした。かうして教育を受けて後、お園は父の一族の知人――ながらやと云ふ商人に嫁(かたづ)けられ、殆んど四年の間その男と樂しく暮した。二人の仲には一人の子――男の子があつた。然るにお園は結婚後四年目に病氣になり死んでしまつた。

 その葬式のあつた晩にお園の小さい息子は、お母さんが歸つて來て、二階のお部屋に居たよと云つた。お園は子供を見て微笑んだが、口を利きはしなかつた。それで子供は恐はくなつて逃げて來たと云ふのであつた。其處で、一家の内の誰れ彼れが、お園のであつた二階の部屋に行つてみると、驚いたことには、その部屋にある位牌の前に點(とも)された小さい燈明の光りで、死んだ母なる人の姿が見えたのである。お園は簞笥則ち抽斗になつて居る箱の前に立つて居るらしく、其簞笥にはまだお園の飾り道具や衣類が入つて居たのである。お園の頭と肩とは極く瞭然(はつきり)見えたが、腰から下は姿がだんだん薄くなつて見えなくなつて居る――恰もそれが本人の、はつきりしない反影のやうに、又、水面における影の如く透き通つて居た。

 それで人々は、恐れを抱き部屋を出てしまひ、下で一同集つて相談をした處、お園の夫の母の云ふには『女といふものは、自分の小間物が好きなものだが、お園も自分のものに執著して居た。多分、それを見に戾つたのであらう。死人でそんな事をするものも隨分あります――その品物が檀寺にやらずに居ると。お園の著物や帶もお寺へ納めれば、多分魂も安心するであらう』

 で、出來る限り早く、この事を果すといふ事に極められ、翌朝、抽斗を空(から)にし、お園の飾り道具や衣裳はみな寺に運ばれた。しかしお園はつぎの夜も歸つて來て、前の通り簞笥を見て居た。それからそのつぎの晩も、つぎのつぎの晩も、每晩歸つて來た――爲にこの家は恐怖の家となつた。

 

 お園の夫の母はそこで檀寺に行き、住職に事の一伍一什を話し、幽靈の件について相談を求めた。その寺は禪寺であつて、住職は學識のある老人で、大玄和尚として知られて居た人であつた。和尚の言ふに『それはその簞笥の内か、又はその近くに、何か女の氣にかかるものがあるに相違ない』老婦人は答へた――『それでも私共は抽斗を空(から)にいたしましたので、簞笥にはもう何も御座いませんのです』――大玄和尚は言つた『宜しい、では、今夜拙僧(わたし)が御宅へ上り、その部屋で番をいたし、どうしたらいいか考へて見るで御座らう。どうか、拙僧が呼ばる時の外は、誰れも番を致して居る部屋に、入らぬやう命じて置いて戴き度い』

 

 日沒後、大玄和尚はその家へ行くと、部屋は自分のために用意が出來て居た。和尚は御經を讀みながら、其處にただ獨り坐つて居た。が、子の刻過ぎまでは、何も顯れては來なかつた。しかし、その刻限が過ぎると、お園の姿が不意に簞笥の前に、何時となく輪廓を顯した。その顏は何か氣になると云つた樣子で、兩眼をじつと簞笥に据ゑて居た。

 和尚はかかる場合に誦するやうに定められてある經文を口にして、さてその姿に向つて、お園の戒名を呼んで話しかけた『拙僧(わたし)は貴女(あなた)のお助けをするために、此處に來たもので御座る。定めしその簞笥の中には、貴女の心配になるのも無理のない何かがあるのであらう。貴女のために私がそれを探し出して差し上げようか』影は少し頭を動かして、承諾したらしい樣子をした。そこで和尚は起ち上り、一番上の抽斗を開けて見た。が、それは空であつた。つづいて和尚は、第二、第三、第四の抽斗を開けた――抽斗の背後(うしろ)や下を氣をつけて探した――箱の内部を氣をつけて調べて見た。が何もない。しかしお園の姿は前と同じやうに、氣にかかると云つたやうにぢつと見つめて居た。『どうして貰ひたいと云ふのかしら?』と和尚は考へた。が、突然かういふ事に氣がついた。抽斗の中を張つてある紙の下に何か隱してあるのかも知れない。と、其處で一番目の抽斗の貼り紙をはがしたが――何もない! 第二、第三の抽斗の貼り紙をはがしたが――それでもまだ何もない。然るに一番下の抽斗の貼り紙の下に何か見つかつた――一通の手紙である。『貴女の心を惱まして居たものはこれかな?』と和尚は訊ねた。女の影は和尚の方に向つた――その力のない凝視は手紙の上に据ゑられて居た。『拙僧がそれを燒き棄てて進ぜようか?』と和尚は訊ねた。お園の姿は和尚の前に頭を下げた。『今朝すぐに寺で燒き棄て、私の外、誰れにもそれを讀ませまい』と和尚は約束した。姿は微笑して消えてしまつた。

 

 和尚が梯子段を降りて來た時、夜は明けかけて居り、一家の人々は心配して下で待つて居た。『御心配なさるな、もう二度と影は顯れぬから』と和尚は一同に向つて云つた。果してお園の影は遂に顯れなかつた。

 手紙は燒き棄てられた。それはお園が京都で修業して居た時に貰つた艷書であつた。しかしその内に書いてあつた事を知つているものは和尚ばかりであつて、祕密は和尚と共に葬られてしまつた。

         (戸川明三譯)
    
A Dead Secret.Kwaidan.

 

   *

「新選百物語」「新撰百物語」とも。全五巻合冊。編者・板行年ともに不詳(書肆は大阪の吉文字屋市兵衛。序文及び後付(本文の一部を含む)が欠損しているため)。であるが、江戸後期の明和三(一七六六)年刊と推定される浮世草子。本“A Dead Secret”は「卷三」の第三話目の「紫雲たな引(びく)密夫(みつふ)の玉章(たまづさ)」が原話である。以下にJAIRO(ジャイロ:Japanese Institutional Repositories Onlineで入手した原典(影印)PDF画像(ここで全巻をダウンロード出来る)を視認して電子化した。判読出来ないところや疑義のある部分は、一九九〇年講談社学術文庫刊の小泉八雲作・平川祐弘編「怪談・奇談」の「原拠」を参考にした。踊り字「〱」は正字化した。但し、読みは私が振れると判断した一部に留め、読み易くするために句読点を私の判断で打ち、シークエンスごとに改行し、一部を直接話法と成して改行したのも私である。また、本文の誤字や歴史的仮名遣の誤りはママである。なお、本書の「卷二」の「嫉妬にまさる梵字の功力(くりき)」は、やはり、小泉八雲の「骨董」Kottō)の中の第六話「お龜の話」(The Story of 0-Kameの種本でもある。

   *

 小夜衣(さよごろも)など書(かき)やりしは、嗚呼(あゝ)貴(たつと)むべし、貞女とも節女とも古今(こゝん)に秀(ひいで)し稀者(まれもの)、末世までも、その名を殘せり。かゝる賢女を當世に、不膵(ぶすい)といひ、練(ねれ)ぬといひ、白いといひ、土といふ、これ、皆、西南の蚯蚓(みゝず)[やぶちゃん注:田舎者の蔑称の隠喩か?]にして、惡(にく)むべし。人をして惡に導(みちびく)の罪人なり。かくのごときものをば鼠といふと、その所以(ゆへ)を問ヘば、食ふ事のみを好んで、人前(にんぜん)へ出る事あたはざるがゆへなりと。宜(むべ)なるかな、子は親の心にならふものなれば、假令(かりそめ)にも不義淫亂のことをいはず、女子(によし)は取(とり)わけ、孝を第一にしてつゝしみを教(おしゆ)べし。芝居の御姫さまの、かちや、はだして出奔(しゆつぼん)なされ後(のち)には、傾城やへ賣(うら)れ給ふのイヤ私夫(まぶ)のといふ名は勿論、聞(きか)すも毒なるに、母親(はゝご)の好(すき)とて、娘子(むすめこ)を鰹汁(だし)にして、一番太鞁(たいこ)のならぬ中(うち)から幼(いとけ)なき子の手を引(ひい)てしこみ給ヘば、曆々(れきれき)の黑き膵(すい)と成(なつ)て、男の子は代々の家(いへ)をもち崩し、辻だちの狂言するやうになり、女子(によし)は密夫(まおとこ)の種(たね)と成(なる)ものぞかし。

 今はむかし、丹波の國に稻村や善助とて呉服商賣する人ありて、お園といふ娘をもちしが、只ひとりの娘といひ、諸人(しよにん)にまされる容色なれば、父母の寵愛すくなからず、

「田舍育(いなかそだち)となさんも惜し。」

と、一年のうち、大かたは京大坂に座敷をかり、乳母(うば)婢(こしもと)を多くつけ置(おき)、

「地下(ぢげ)でも堂上(たうしやう)まさりじや。」

と、名にたつ師をとり、

「和歌を學(まなば)せ茶の湯も少し知(しら)いでは。」

と、利休流の人へたのみ、長板(ながいた)[やぶちゃん注:茶道で風炉・水指などを載せる長方形の板。ここは細かなところまで、という喩えであろう。]までも、たてまへ覺へ𢌞(まは)り、炭(すみ)に心をくだけは、

「お精(せい)がつきやう。」

と、婢とも琴(こと)三絃(さんげん)を取出(とりいだ)し、

「明日は芝居にいたしましよ。」

と、女形の容貌(すがた)に氣をつけ、聲音(こはいろ)をうつし、仕立(したて)あけたる盛(さかり)の年、二九からぬ目もと口もと、田舍にまれなるうつくしさ、引手(ひくて)あまたの其中に、長良(ながら)や淸七とて、これも、をとらぬ身代(しんだい)がら、兩替商賣目利(めきゝ)の嫁子(よめご)白無垢娘、二世かけて夫婦の中(なか)は黃金(わうごん)はだヘ、振手形(ふりてがた)なきむつましさ、はや、其としに懷妊して玉のやうなる和子(わこ)をもふけて、世話にすがたも變らねは、

「下地(したぢ)のよいのは各別。」

と、讃(ほめ)そやされし身なりしが、秋の末にはあらねども、いつともなしにぶらぶらと、さして病氣といふにもあらず、只、何(なに)となく面瘦(おもやせ)て、氣むつかしげに衰へて、物おもはしき氣色なれば、兩親(ふたをや)、舅姑(しうとしうとめ)、聟(むこ)、にはかに驚き、醫者へも見せ、

「藥よ鍼(はり)よ。」

と、騷ぎたち、諸神(じん)諸佛へ立願(りふぐはん)をかけ奉る。御寶前に肝膽(かんたん)をくだき、いのれども、終に此世の緣つきて、會者定離(ゑしやでうり)とは知りながら、戀(こひ)こがれしもあだし野の露と消ゆく花ざかり、鳥(とりべ)部の山に植(うへ)かへて、涙の種となりけらし。

 ふしぎや、野邊(のべ)に送りし夜(よ)より、お園が姿ありありと、影のごとくにあらはれて、物をもいはず、しよんぼりと單笥(たんす)のもとにたゝずめり。みなみな傍に立よりて、

ノフなつかしや。」

と取(とり)すがれと、たゝ、雲雰(くもきり)のごとくにて、手にもとられぬ水の月、「何ゆへこゝに來りしぞ。」

と尋ぬれども、返事もせず、淚にむせぶ斗(ばかり)にて樣子もしれねバ、詮かたなく、

「可愛(かわい)や、わが子が淸七にこゝろ殘りて迷ひしならん。」

と、さまさまの佛事をなし、跡(あと)ねんごろに吊る(とむら)へども、所も違はす、姿もさらず、

「扨(さて)は單笥の衣類の中(うち)か、手道具などにも執着(しうじやく)せしか。」

と、殘らず、寺へ送れども、猶も姿はしほしほと、はじめにかはらぬ有樣なれば、一門中(もんちう)、ひそかにあつまり、衣類手道具、寺へおくり、かたのごとく、佛事をなせども、すこしもしるしのなき時は、なかなか凡慮の及はぬ所、

「道得(どうとく)知識のちからならでは、此妖怪は退(しりぞ)くまじ。」

と、其ころ、諸國に名高き禪僧太元(だいげん)和尚に、くはしく語れば、和尚、しばらくかんがへて、

「後ほど參り、ようすを見とゞけ迷ひをはらし得さすべし。」

と、初夜(しよや)[やぶちゃん注:午後八時前後。]すぐる比(ころ)、たゞ一人、長良やに來られしに、見れば、一家(け)の詞ことば)にちがはず、亡者のすがた、霞のごとく、簞笥のもとにあらはれて、目をもはなさず、簞笥をながめ、淚をながし、かなしむ有さま、和尚、始終をよくよく見て、亡者の躰(てい)を考(かんがふ)るに、

「ひとつの願ひあるゆへなり。暫く、此間(ま)の人をはらひ、障子ふすまをたて切(きる)べし。いかやうの事ありとも一人も來(きた)るべからず。追付(おつつけ)しるしを見せ申さん。」

と其身は亡者のすがたに向ひ、いよいよ窺(うかゞ)ひ居(ゐ)たりしが、立(たち)あがり、簞笥の中、一々に、よくあらため、顧(かへりみ)れとも、始(はしめ)にかはらず、とてもの事に、簞笥の下(した)をと引(ひき)のくれば、不義の玉章(たまづさ)數(す)十通ひとつに封じ、かくしたり。

「これぞ迷ひの種なるべし。」

と幽靈にさしむかひ、

「心やすく成佛すべし。此(この)ふみ共は燒(やき)すてゝ、人目には見せまじ。」

と約束かたき誓ひの言葉。亡者のすがたは、うれしげに合掌するぞと見へけるが、朝日に霜のとくるがごとく、消(きへ)て、かたちは、なかりけり。

 和尚は歡喜あさからず、一門のこらず呼出(よびいだ)し、

「亡者はふたゝび來るまじ。猶、なき跡を吊ふべし。」

と、立歸(たちかへ)り、彼(かの)ふみども、佛前にて燒すつる煙(けふり)の中(うち)にまざまざと亡者は再び姿をあらはし、

「大悟(たいご)知識の引導(いんだう)にて、則(すなはち)、たゞ今、佛果を得たり。」

と、紫雲に乘じて飛(とび)されりと、大元和尚の宗弟(しうてい)の物がたりぞと聞(きゝ)およぶ。

   *

辛気臭い説教風の前後がカットされ、退屈な娘の花嫁修業の前振りも払拭、柴田宵曲も述べている通り、どろどろした濃厚な江戸趣味の生々しさの恋文「數十通」の禍々しい束が、ただ「一通」となって、お園の過ち(過ちであろうか?)がただ一度であったことを暗示させて、まさに小泉八雲の名筆によって、原話が美しく浄化されていると言ってよい。また、最初のお園の霊を見るのを夫から子に変えている辺り、幼少期に生き別れ、永遠に失われた母の思い出に生きた小泉八雲の気持ちがそうさせたのだと、私は思うのである。]

「新選百物語」の刊行年代はよくわからぬが、似た話が「耳囊」にも出てゐる。この方は富家の娘といふだけだから、まだ結婚しては居らぬらしい。歿後或成座敷の隅に髣髴と現れることは八雲の書いたのと同じである。父母大いに歎き悲しみ、當時飯沼の弘經寺にゐた祐天和尚に成佛得脱の事を賴んだ。和尚はその出る場所は每日變つてゐるかどうかを尋ねた上、必ず退散させようと引き受けた。一間に入つて讀經することは大玄和尚と同じであつたが、簞笥の抽匣を丹念にしらべたりはしない。亡靈の毎日佇むところに梯子をかけ、天井の板を放して、そこに澤山あつた艷書を取り出し、火鉢に抛り込んで燃してしまつた。祐天和尚は累(かさね)を濟度した人だから、こんな事には適役であつたかも知れぬ。

[やぶちゃん注:以上は囊 之三 明德の祈禱其依る所ある事。幾つかの私の語注も含め、以上の私の電子化訳注を参照されたい。]

 以上のやうな話も普通に幽靈として取り扱はれてゐる。幽靈には違ひないが、累やお岩の怨靈談にあるやうな魔氣がない。何とか區別した方がよささうな氣がする。

[やぶちゃん注:宵曲はこの手の「魔氣」がないものを、怪談としては格が下がると思っているようである(でなければ最後の不遜めいた一文は、到底、吐けない)。私はこうしたしみじみとした霊譚こそ、極上の怪談と思う人種であることをここに表明して終りとする。

 

2017/04/21

柴田宵曲 續妖異博物館 「ノツペラポウ」 附 小泉八雲「貉」原文+戸田明三(正字正仮名訳)

 

 ノツペラポウ

 

「東京の、赤坂への道に紀國坂といふ坂道がある――これは紀伊の國の坂といふ意である。何故それが紀伊の國の坂と呼ばれて居るのか、それは私の知らない事である。この坂の一方の側には昔からの深い極めて廣い濠があつて、それに沿つて高い綠の堤が高く立ち、その上が庭地になつて居る、――道の他の側には皇居の長い宏大な塀が長くつづいて居る。街燈、人力車の時代以前にあつては、その邊は夜暗くなると非常に寂しかつた」――小泉八雲の「貉」はかういふ風に書き出されてゐる。

[やぶちゃん注:「ノツペラポウ」(のっぺらぼう)は「野箆坊」などと漢字表記し、通常は顔に目・鼻・口のない妖怪を指す。ウィキの「のっぺらぼう」によれば、明和四(一七六七)年の怪談集「新説百物語」には、『京都の二条河原(京都市中京区二条大橋付近)に、顔に目鼻や口のない化け物「ぬっぺりほう」が現れ、これに襲われた者の服には太い毛が何本も付着していたという、何らかの獣が化けていたことを髣髴させる描写がある』。しかし諸怪談の同形(目鼻口総て或いは孰れかの複数欠損)の妖怪(多出する)の場合は正体が不明の場合も多く、寛文三(一六六三)年の初期江戸怪談集の白眉とも言える「曾呂利物語」では、『京の御池町(現・京都市中京区)に身長』七尺(二メートル強)の『のっぺらぼうが現れたとあるが、正体については何も記述がない』。『民間伝承においては大阪府』、『香川県の仲多度郡琴南町(現・まんのう町)などに現れたと伝えられている』とある。

「紀國坂」(きのくにざか)は現在の東京都港区元赤坂一丁目から、旧赤坂離宮の外囲りの堀端を喰違見附(くいちがいみつけ:ここ(グーグル・マップ・データ))まで登る紀伊国坂(きのくにざか)。ここ(グーグル・マップ・データ)。坂の西側の現在の赤坂御用地及び迎賓館の位置に、江戸時代を通じて、紀州徳川家の広大な屋敷があったことが名の由来。また、「茜坂(あかねざか)」「赤坂(あかさか)」は、この紀伊国屋坂の別名であって、それは根を染料とする茜(キク亜綱アカネ目アカネ科アカネ属アカネ Rubia argyi)が生えていた赤根山(現在の迎賓館付近の高台)に登る坂であることに由来し、付近一帯の広域地名である「赤坂」の由来にもなっている。

「貉」(むじな)は、実在生物である穴熊(食肉(ネコ)目イヌ型亜目クマ下目イタチ小目イタチ上科イタチ科アナグマ属ニホンアナグマ Meles anakuma)や貍(食肉目イヌ科タヌキ属ニホンタヌキNyctereutes procyonoides viverrinus)などの古称としてもあるが、民俗伝承中では専ら、狐や狸と併称される人を騙す通力を持った妖怪・妖獣としての怪奇生物の通称で、伝わるところの一般形状は狸に近い。但し、八雲がここで言った「むじな」はまさにそうした人を化かすところの妖狐・妖狸を中心とした妖怪獣類の総称として捉えるのがよい。因みに、後で示す原話の一つと目されるものでは「貉」ではなく「獺(かわうそ)」となっている。獺(食肉目イタチ科カワウソ亜科カワウソ属日本本土亜種ニホンカワウソ Lutra lutra nippon。他に北海道亜種 Lutra lutra whiteleyi もいた。ともに生物学的には絶滅したと考えざるを得ず、環境省も二〇一二年八月の「レッド・リスト」改訂でやっと正式に絶滅を宣言した。但し、愛媛県は二〇一四年十月更新の「愛媛県レッドデータブック2014」では依然として「絶滅危惧種」として指定している)も、本邦の民俗社会では年古ると通力を持つ妖獣と考えられていたのである。]

 八雲に從へば、この邊によく徘徊する貉(むじな)を見た最後の人は、京橋方面に住む商家の老人であつた。或晩おそく紀國坂を登つて行くと、濠の緣にんで泣いてゐる女がある。老人は咄嵯に身を投げるのではないかと判斷し、近寄つて聲をかけた。倂し女は依然として泣きやまぬ。ここは夜若い御婦人などの居るべき場所ではない、泣かずに事情を話して貰ひたい、と繰り返した時、女は泣きながら徐(おもむ)ろに立ち上つた。さうして今まで顏を掩つてゐた袖を下に落し、手で自分の顏を撫でたのを見ると、目も鼻も口もない。女を救ふ筈であつた老人は、きやツと叫ぶなり、一目散に逃げ出して紀國坂を駈け登つた……。

[やぶちゃん注:「蹲んで」「しやがんで」と読みたくなるが、後に出る戸川の訳では「かがんで」である

 小泉八雲の「狢」は原題が“Mujina”でかの名作品集“Kwaidan”(「怪談」一九〇四年刊)中の知られた一篇。まず、原文を示す。加工データはネット上にある原文ベタ・テクストを複数用い、それを、底本として“Internet Archive”原本画像を使用して校合した。なお、原注(“O-jochū”soba)は除去した。

   *

 

MUJINA

 

   ON the Akasaka Road, in Tōkyō, there is a slope called Kii-no-kuni-zaka, ―which means the Slope of the Province of Kii. I do not know why it is called the Slope of the province of Kii. On one side of this slope you see an ancient moat, deep and very wide, with high green banks rising up to some place of gardens; ―and on the other side of the road extend the long and lofty walls of an imperial palace. Before the era of street-lamps and jinrikishas, this neighborhood was very lonesome after dark; and belated pedestrians would go miles out of their way rather than mount the Kii-no-kuni-zaka, alone, after sunset.

   All because of a Mujina that used to walk there.

 

   The last man who saw the Mujina was an old merchant of the Kyōbashi quarter, who died about thirty years ago. This is the story, as he told it :―

   One night, at a late hour, he was hurrying up the Kii-no-kuni-zaka, when he perceived a woman crouching by the moat, all alone, and weeping bitterly. Fearing that she intended to drown herself, he stopped to offer her any assistance or consolation in his power. She appeared to be a slight and graceful person, handsomely dressed; and her hair was arranged like that of a young girl of good family. “O-jochū,”he exclaimed, approaching her,―“O-jochū, do not cry like that! . . .  Tell me what the trouble is; and if there be any way to help you, I shall be glad to help you.” (He really meant what he said; for he was a very kind man.) But she continued to weep,―hiding her face from him with one of her long sleeves. “O-jochū,” he said again, as gently as he could,―“please, please listen to me! . . .  This is no place for a young lady at night!  Do not cry, I implore you!―only tell me how I may be of some help to you!” Slowly she rose up, but turned her back to him, and continued to moan and sob behind her sleeve. He laid his hand lightly upon her shoulder, and pleaded:―“O-jochū!―O-jochū!―O-jochū! . . .  Listen to me, just for one little moment! . . . O-jochū!―O-jochū!”. . .  Then that O-jochū turned round, and dropped her sleeve, and stroked her face with her hand;―and the man saw that she had no eyes or nose or mouth,―and he screamed and ran away.

   Up Kii-no-kuni-zaka he ran and ran; and all was black and empty before him. On and on he ran, never daring to look back; and at last he saw a lantern, so far away that it looked like the gleam of a firefly; and he made for it. It proved to be only the lantern of an itinerant soba-seller, who had set down his stand by the road-side; but any light and any human companionship was good after that experience; and he flung himself down at the feet of the old soba-seller, crying out, "Aa!―aa!!― aa!!!

   “Koré! Koré”roughly exclaimed the soba-man. "Here! what is the matter with you?  Anybody hurt you?"

   “No―nobody hurt me,”panted the other,――“only. . . Aa!―aa!”. . .

   “―Only scared you?”queried the peddler, unsympathetically.  “Robbers?”

   “Not robbers,―not robbers,”gasped the terrified man. . . . “I saw . . .  I saw a woman―by the moat;―and she showed me . . . Aa! I cannot tell you what she showed me!”. . .

   “Hé! Was it anything like THIS that she showed you?”cried the soba-man, stroking his own face―which therewith became like unto an Egg. . . .  And, simultaneously, the light went out.

 

   *

 次にこちらにある、同作の戸川明三(戸川秋骨の本名。パブリック・ドメイン)氏訳になる「狢」(PDF)を視認して電子化しておく。画像底本は新潮文庫昭和二五(一九五〇)年発行初版の古谷綱武編「小泉八雲集 上巻」である。一部、記号に不審がある箇所は恣意的に訂した

   *

 

    貉

 

 東京の、赤坂への道に紀國坂といふ坂道がある――これは紀伊の國の坂といふ意である。何故それが紀伊の國の坂と呼ばれて居るのか、それは私の知らない事である。この坂の一方の側には昔からの深い極はめて廣い濠(ほり)があつて、それに添つて高い綠の堤が高く立ち、その上が庭地になつて居る、――道の他の側には皇居の長い宏大な塀が長くつづいて居る。街燈、人力車の時代以前にあつては、その邊は夜暗くなると非常に寂しかつた。ためにおそく通る徒步者は、日沒後に、ひとりでこの紀國坂を登るよりは、むしろ幾哩も廻り道をしたものである。[やぶちゃん注:「廻」は底本の用字。]

 これは皆、その邊をよく步いた貉のためである。

 

 貉を見た最後の人は、約三十年前に死んだ京橋方面の年とつた商人であつた。當人の語つた話といふのはかうである、――

 この商人がある晩おそく紀國坂を急いで登つて行くと、ただひとり濠(ほり)の緣(ふち)に踞(かが)んで、ひどく泣いている女を見た。身を投げるのではないかと心配して、商人は足をとどめ、自分の力に及ぶだけの助力、若しくは慰藉を與へようとした。女は華奢な上品な人らしく、服裝(みなり)も綺麗であつたし、それから髮は良家の若い娘のそれのやうに結ばれて居た。――『お女中』と商人は女に近寄つて聲をかけた――『お女中、そんなにお泣きなさるな!……何がお困りなのか、私に仰しやい。その上でお助けをする道があれば、喜んでお助け申しましせう』(實際、男は自分の云つた通りの事をする積りであつた。何となれば、此の人は非常に深切な男であつたから。)しかし女は泣き續けて居た――その長い一方の袖を以て商人に顏を隱して。『お女中』と出來る限りやさしく商人は再び云つた――『どうぞ、どうぞ、私の言葉を聽いて下さい!……此處は夜若い御婦人などの居るべき場處ではありません! 御賴み申すから、お泣きなさるな!――どうしたら少しでも、お助けをする事が出來るのか、それを云つて下さい!』徐ろに女は起ち上つたが、商人には背中を向けて居た。そして其袖のうしろで呻き咽びつづけて居た。商人はその手を輕く女の肩の上に置いて説き立てた――『お女中!――お女中!――お女中! 私の言葉をお聽きなさい。只一寸でいいから!……お女中!――お女中!』……するとそのお女中なるものは向きかへつた。そして其袖を下に落し、手で自分の顏を撫でた――見ると目も鼻も口もない――きやツと聲をあげて商人は逃げ出した。

 一目散に紀國坂をかけ登つた。自分の前はすべて眞暗で何もない空虛であつた。振り返つてみる勇氣もなくて、ただひた走りに走りつづけた擧句、やうやう遙か遠くに、螢火の光つて居るやうに見える提燈を見つけて、其方に向つて行つた。それは道側(みちばた)に屋臺を下して居た賣り步く蕎麥屋の提燈に過ぎない事が解つた。しかしどんな明かりでも、どんな人間の仲間でも、以上のやうな事に遇つた後には、結構であつた。商人は蕎麥賣りの足下に身を投げ倒して聲をあげた『あゝ!――あゝ!!――ああ!!!』……

『これ! これ!』と蕎麥屋はあらあらしく叫んだ『これ、どうしたんだ? 誰れかにやられたのか?』

『否(いや)、――誰れにもやられたのではない』と相手は息を切らしながら云つた――『ただ……あゝ!――あゝ!』……

『――只おどかされたのか?』と蕎麥賣りはすげなく問うた『盜賊(どろばう)にか?』

『盜賊(どろばう)ではない――盜賊(どろばう)ではない』とおぢけた男は喘ぎながら云つた『私は見たのだ……女を見たのだ――濠の緣(ふち)で――その女が私に見せたのだ……あゝ! 何を見せたつて、そりや云へない』……

『へえ! その見せたものはこんなものだつたか?』と蕎麥屋は自分の顏を撫でながら云つた――それと共に、蕎麥賣りの顏は卵のやうになつた……そして同時に燈火は消えてしまつた。

               (戸川明三譯)

          
 Mujina.Kwaidan.

 

   *

ここで、柴田宵曲は原話の後半部の二度目のオドシ(一般に「再度の怪」と称される怪談の駄目押し構成の常套法の一つ)の梗概を示していないが、後段でそれをごく手短に示している。これは別に忘れた訳ではなく、読んでいくと判るが、話柄の展開上、男の「のっぺらぼう」を出したくなかったのである

 さて、本作の種本については柴田は問題としていないのであるが、平川祐弘編の小泉八雲「怪談・奇談」(一九九〇年講談社学術文庫刊)の「解説」では、小泉八雲は明治二七(一八九四)年七月刊の町田宗七編「百物語」の「第三十三席 御山苔松」の怪奇咄を原拠に比定している。但し、落語ネタとしてはもっと古くからあったものと想像され得るもので、江戸随筆等を丹念に探れば、より古式の原話或いは類話を見出し得るように思われる。取り敢えず、同書の「原拠」に出るそれを、恣意的に漢字を正字化して示しておく。底本は総ルビであるが、読みはごく一部に留めた。本文の拗音表記はその儘にしておいた。踊り字「〱」は正字化した。一部の原典の誤記と思われる漢字を恣意的に変更した

   *

 拙者の宅に年久しく仕へまする佐太郎といふ實直な老僕が御坐りますが、この男が若い時に遭遇した話しださうで御坐いますが、或日のこと赤坂から四谷へ參る急用が出來ましたが、生憎雨は降(ふり)ますし殊に夜中の事で御坐いますからドットいたしません次第で御坐いますが、急用ゆゑ致方なくスタスタとやッて參り紀の國坂の中程へ差掛ッた頃には雨は車軸を流すが如くに降(ふつ)てまゐり風さへ俄(にはか)に加はりまして物凄きこと言はむ方も御坐りませんからなんでも早く指(さ)す方(かた)へまゐらうと飛ぶが如くに駈出(かけだ)しますと、ポント何やら蹴付(けつけ)たものがありますから、ハット思ッて提灯(てうちん)を差し付(つけ)て見ると、コハ如何(いかに)高島田にフサフサと金紗(きんしや)をかけた形姿(みなり)も賤しからざる一人の女が俯向(うつむけ)に屈(かゞ)んで居(を)りますから、驚きながらも貴女(あなた)どうなさいましたト聞(きく)と俯向(うつむい)たまゝ持病の癪(しやく)が起りましてといふからヲヽ夫(それ)ハ嘸(さぞ)かしお困り、ムヽ幸ひ持合せの薄荷(はつか)がありますから差上(さしあげ)ませう、サヽお手をお出しなさいと言ふと、ハイ誠に御親切樣にありがたう御坐いますと禮を述(のべ)ながら、ぬッと上(あげ)た顏を見ると顏の長さが二尺もあらうといふ化物、アッと言(いつ)て逃出したのなんのと夢中になッて三四町もまゐると、向ふの方(はう)から蕎麥うわウイーチンリン蕎麥うわウイーチンリンと一人の夜鷹(たか)蕎麥屋がまゐりましたから、ヤレ嬉しやと駈寄(かけよつ)て、そゝ蕎麥屋さん助けてくれト申しますと蕎麥屋も驚きまして、貴郎(あなた)トど如何(どう)なさいました。イヤもうどうのかうのと言(いつ)て話しにはならない化物に此(この)先(さき)で遭ひました。イヤ夫(それ)は夫はシテどんな化物で御坐いました。イヤモどんなと言(いつ)て眞似も出來ませんドヾどうかミヽ水を一杯下さいト言ふとお易い御用と茶碗へ水を汲(くん)でくれながら、モシその化物の顏ハこんなでハ御坐いませんかト、言ッた蕎麥屋の顏が、また弐尺、今度はあッと言(いつ)た儘(まゝ)氣を失ッてしまひまして、時過(ときすぎ)て通りかゝツた人に助けてもらひましたが、後(のち)に聞(きゝ)ますると、それハ御堀(おほり)に栖(す)む獺(かはうそ)の所行(しはざ)だらうといふ評判で御坐いましたが、この説話は決して獺(うそ)の皮ではないさうで御坐います。

   *]

 かういふ顏の持ち主を普通にノツベラボウと宿してゐる。支那にも同類はあると見えて、某家の下男が夜茶を取りに行くと、若い女が木の蔭に向うむきに立つてゐる。暗くてよくわからぬが、どうやら同じ家の女中らしく思はれたので、笑談半分にその臂を捉へた。途端に女が振向いた顏を見ると、白粉を塗つたやうに眞白で、然も目も鼻も口もない。下男は絶叫して地に朴れたと「閲微草堂筆記」にある。

[やぶちゃん注:「茶を取りに行く」訳が不全。原文を見て戴くと判るが、別棟に「茶道具」をとりに行ったのである。

以上は「閲微草堂筆記」の「第八卷如是我聞二」の以下の太字で示した部分。

   *

崔莊舊宅廳事西有南北屋各三楹、花竹翳如、頗爲幽僻。先祖在時、奴子張雲會夜往取茶具、見垂鬟女子潛匿樹下、背立向墻隅。意爲宅中小婢於此幽期、遽捉其臂、欲有所挾。女子突轉其面、白如傅粉、而無耳目口鼻。絶叫仆地。眾持燭至、則無睹矣。或曰、「舊有此怪。」。或曰、「張雲會一時目眩。」。或曰、「實一黠婢、猝爲人阻、弗能遁。以素巾幕面、僞爲鬼狀以自脱也。」。均未知其審。然自此群疑不釋、宿是院者恒凜凜、夜中亦往往有聲。蓋人避弗居、斯鬼狐入之耳。又宅東一樓、明隆慶初所建、右側一小屋、亦云有魅。雖不爲害、然婢媼或見之。姚安公一日檢視廢書、於簏下捉得二。眾曰、「是魅矣。」。姚安公曰、「弭首爲童子縛、必不能爲魅。」。然室無人迹、至使野獸爲巢穴、則有魅也亦宜。斯皆空穴來風之義也。後西廳析屬從兄垣居、今歸從姪汝侗。樓析屬先兄睛湖、今歸姪汝份。子姪日繁、家無隙地、魅皆不驅自去矣。

   *

原典の後の部分は一九七一年平凡社刊の中国古典文学大系第四十二巻の訳によれば(拠った底本が異なるものか、訳が必ずしも明確には一致しない)、続く部分は、張雲のその怪異目撃事件への解三つ(実際に化物が出来した・張雲の錯覚・あの婢は性質(たち)の悪い奴で密会を見つけられて逃げられなかったことから白い巾(きれ)を被って化物の真似をした)を示す。最後のパートは、この邸宅は実はここだけでなく、他にも怪異の出来する棟があり、ある日、姚安(ようあん)公が書籍整理中、『竹籠(つづら)の下にいたムジナのような動物を二匹つかまえた』(下線やぶちゃん)。人々はこれこそ化物の正体であると騒いだが、姚安は「だったら、こんなに子どもの手を捻るのようにやすやすと捕えられてしまうはずもないと否定した。しかし、野獣の巣窟に成したというこの状況に至らせてしまった以上は、魑魅魍魎がここに巣食っているというべきである。それは「空穴來風の義」(「穴が開けばそこには当然、風が吹き込むものだ」式の道理。「荘子」に基づく諷喩)であるとそれに反論附記している(筆者袁枚のそれと採っておく。中文サイトではこれを姚安の続く言として採っている)。最後の部分は、その後、この邸宅の人の住んでいなかった建物には、ことごとく親族らが住むようになり、『空地がなくなったので、化物どもはすべて、追い払われなくても自分から出て行ってしまったろう』とある。柴田は何故、このムジナ(原文「」。現代中国語では「アナグマ」を指すから、まさに「貉」である)を出さなかったのか? まあ、事例があまりにも無抵抗でショボいからやめたものでもあろう。]

「夜譚隨錄」に出てゐる話は十何人も集まつて酒を飮んだ擧句であつた。大分いゝ機嫌になつて或地點まで歸つて來ると、これは月夜だつたので、紅い衣を著た婦人が牆(かきね)の邊にうづくまつてゐるのが見えた。醉ひに乘じてうしろから袖を引いたのは「閲徽草堂筆記」と同じであり、振向いた顏に眉目口鼻のないことも同じである。たゞ見る白面模糊として、豆腐の如く然りと記されてゐる。この男はよほどびつくりしたらしく、地上に仆れて氣絶してしまつた。仲間が駈け付けて介抱したので、暫くして漸く蘇つた。

[やぶちゃん注:以上は「夜譚隨錄」の「卷二紅衣婦人」。

   *

西十庫在西安門内、例有披甲人宿其中。某甲與同十餘人、沽酒夜飲、皆半酣。二更後、甲起解手、至庫旁永巷中、於月光下、隱隱見一紅衣婦人、蹲身牆邊、如小遺狀。甲醉後心動、潛就摟之、婦人囘其首、別無眉目口鼻、但見白面模糊、如豆腐然。甲驚僕地上。同人遲其來、往覘之、氣已絶矣、舁至鋪中救之、逾時始蘇、自述所遭如此。

   *]

 この三つの話は全く同工異曲である。夜の事だから、少し隔たつてゐれば顏などはよくわからない。うしろから臂を捉へたり、袖を引いたりするほどの近距離で、おもむろに振り向く顏に目鼻がないといふところに、この話の人を驚倒せしむる一大要素がある。

 併しノツペラポウを見るのは、悉く以上のやうな狀態に限られたわけではない。「近代異妖篇」(岡本綺堂)にある話は、文久三年の七月といふ時代がはつきり書いてある。夜の十時頃に高輪の海端を歩いて來ると、田町の方から盆燈籠の灯が近付いて來た。摺れ違ひざまに見ると、草履を穿いて稚い兒を背負つた女である。盆燈籠はその兒の手に持つてゐるのであつたが、その女の顏がノツペラボウであつた。擦れ違つたのは武士であるから、思はず刀の柄に手をかけたが、世の中には病氣か大火傷(やけど)などでこんな顏になる者がないとも限らぬと、思ひ返して躊躇するうちに、女は見返りもせずに行き過ぎてしまつた。このノツペラボウの女は、同じ晩に札の辻のところで蕎番屋の出前持が出逢つて居り、その男は恐怖の餘り自分の店の暖簾をくゞるや否や氣を失つて倒れた。翌朝品川の海岸に浮き上つた女の死髓は、二つばかりの女の兒を背負ひ、女の兒は紙が洗ひ去られて殆ど骨ばかりになつた盆燈籠を手にしてゐた。こゝで話は當然ノツペラボウの女に結び付かなければならぬが、水死者は目も鼻も口も尋常だつたさうである。

[やぶちゃん注:「文久三年」一八六三年。

 『「近代異妖篇」(岡本綺堂)にある話』は大正六(一九一七)年一月号『新小説』初出の「父の怪談」の一節。短いので「青空文庫」版からコピー・ペーストしておく。

   *

 その翌々年の文久三年の七月、夜の四つ頃(午後十時)にわたしの父が高輪の海ばたを通った。父は品川から芝の方面へむかって来たのである。月のない暗い夜であった。田町の方から一つの小さい盆燈籠が宙に迷うように近づいて来た。最初は別になんとも思わなかったのであるが、いよいよ近づいて双方が摺れ違ったときに、父は思わずぎょっとした。

 ひとりの女が草履をはいて、おさない児を背負っている。盆燈籠はその児の手に持っているのである。それは別に仔細はない。ただ不思議なのは、その女の顔であった。彼女は眼も鼻もない、俗にいうのっぺらぼうであったので、父は刀の柄に手をかけた。しかし、又考えた。広い世間には何かの病気か又は大火傷(おおやけど)のようなことで、眼も鼻もわからないような不思議な顔になったものが無いとは限らない。迂闊なことをしては飛んだ間違いになると、少しく躊躇しているうちに、女は見返りもしないで行き過ぎた。暗いなかに草履の音ばかりがぴたぴたと遠くきこえて、盆燈籠の火が小さく揺れて行った。

 父はそのままにして帰った。

 あとで聞くと、父とほとんど同じ時刻に、札の辻のそばで怪しい女に出逢ったという者があった。それは蕎麦屋の出前持で、かれは近所の得意先へ註文のそばを持って行った帰り路で一人の女に逢った。女は草履をはいて子供を背負っていた。子供は小さい盆燈籠を持っていた。すれ違いながらふと見ると、女は眼も鼻もないのっぺらぼうであった。かれはびっくりして逃げるように帰ったが、自分の店の暖簾(のれん)をくぐると俄かに気をうしなって倒れた。介抱されて息をふき返したが、かれは自分の臆病ばかりでない、その女は確かにのっぺらぼうであったと主張していた。すべてが父の見たものと同一であったのから考えると、それは父の僻眼(ひがめ)でなく、不思議な人相をもった女が田町から高輪辺を往来していたのは事実であるらしかった。

「唯それだけならば、まだ不思議とはいえないかも知れないが、そのあとにこういう話がある。」と、父は言った。

 その翌朝、品川の海岸に女の死体が浮きあがった。女は二つばかりの女の児を背負っていた。女の児は手に盆燈籠を持っていた。燈籠の紙は波に洗い去られて、ほとんど骨ばかりになっていた。それだけを聞くと、すぐにかののっぺらぼうの女を連想するのであるが、その死体の女は人並に眼も鼻も口も揃っていた。なんでも芝口辺の鍛冶屋の女房であるとかいうことであった。

 そば屋の出前持や、わたしの父や、それらの人々の眼に映ったのっぺらぼうの女と、その水死の女とは、同一人か別人か、背負っていた子供が同じように盆燈籠をさげていたというのはよく似ている。勿論、七月のことであるから、盆燈籠を持っている子供は珍らしくないかも知れない。しかしその場所といい、背中の子供といい、盆燈籠といい、なんだか同一人ではないかと疑われる点が多い。いわゆる「死相」というようなものがあって、今や死ににゆく女の顔に何かの不思議があらわれていたのかとも思われるが、それも確かには判らない。

   *]

「近代異妖篇」の著者は、ノツペラボウの女がいはゆる死相を現じてゐたものではないかといふ説を持ち出してゐる。死相の事は何ともわからぬが、病氣や大火傷で不思議な顏になる方は想像出來ぬでもない。「雲萍雜志」に見えた有馬温泉の話などはその一例である。日暮れ方の湯桁(ゆげた)の中に、耳も目も鼻もない瘦法師のひとり入つてゐるのを見て、物蔭から窺つてゐるうちに、匆々に出て行つたが、その姿は繪にかいた骸骨同樣であつた。狐狸の仕業かと疑ひ、宿の主人に尋ねたら、その答へは實に意外なもので、その人は伏見屋といふ大坂の唐物一商人の娘、美人の聞えがあつたのを、姑の病中に鄰りより火事が起り、誰も助け出す者のなかつた時、火の中に飛び込んで抱へ出した。その火傷のために、目は豆粒ほどに明いて僅かに物を見、口は五分ほどあつて何か食べるには事缺かず、今年七十ばかりになるといふのである。かういふ人物に薄暗い浴槽などで出くはしたら、何人も妖異として恐れざるを得ぬであらう。

[やぶちゃん注:『「雲萍雜志」に見えた有馬温泉の話』は「卷之一」にある以下。吉川弘文館随筆大成版を参考に、例の仕儀で加工して示す。

   *

有馬に湯あみせし時、日くれて湯桁の中に耳、目、鼻のなき瘦法師の、ひとりほとほとと入りたるを見て、予は大いに驚き、物かげより窺ふうち、さうさう湯あみして、出行く姿、骸骨の繪にたがふところなし。狐狸どもの我をたぶらかすにやと、その夜は湯にも入らで臥しぬ。夜あけて、この事を家あるじに語りければ、それこそ、折ふしは來り給ふ人なり。彼女尼は大坂の唐物あき人、伏見屋てふ家の娘にて、しかも美人の聞えありけれども、姑の病みておはせし時、隣より失火ありて、火の早く病牀にせまりしかど、たすけ出さん人もなければ、かの尼、とびいりて抱へ出しまゐらせし人なり。その時、燒けたゞれたる疵にて、目は豆粒ばかりに明て、物見え、口は五分ほどあれど食ふに事たり。今年はや七十歳ばかりと聞けりといへるに、いとあり難き人とおもひて、後も折ふしは、人にもかたりいでぬ。

   *

この話は岡本綺堂も「温泉雜記」(『朝日新聞』昭和六(一九三一)年七月(連載)初出)の「四」で疑似怪談の珍奇な例として挙げている(「青空文庫」のこちらで読める)。それにしても、これは……なにか……ひどく哀しい真相ではないか…………]

 話の上に現れたノツベラポウはすべて女性である。紀國坂の先生だけは、もう一度夜蕎麥賣りとなつて、卵のやうな顏を見せるけれども、これは最初の女からして貉の化けたものなのだから、別問題として考へなければなるまい。

「子不語」の「陳州考院」にあるのは、偶然通りがかりに出くはすやうな單純なものでないが、身長二丈、面の長さ二尺、目なく口なく鼻なしといふから、やほりノツぺラボウの一味であらう。二尺ぐらゐの髮が逆さに直立してゐるなど、なかなか物凄い。これもまた女鬼であつた。

[やぶちゃん注:

 以上は「子不語」の「卷四」の「陳州考院」。以下に示す。

   *

河南陳州學院衙堂後有樓三間封鎖、相傳有鬼物、康熙中、湯西崖先生以給諫視學其地、亦以老吏言、扃其樓如故。時盛暑、幕中人多屋少、杭州王秀才煚、中州景秀才考祥、居常以膽氣自壯、欲移居高樓。湯告以所聞、不信。斷鎖登樓、則明窗四敞、梁無點塵、愈疑前言爲妄。景榻於樓之外間、王榻於樓之間、讓中一間爲起坐所。

漏下二鼓、景先睡、王從中間持燭歸寢、語景曰、「人言樓有祟、今數夕無事、可知前人無膽、為書吏所愚。」。景未答、便聞樓梯下有履聲徐徐登者。景呼王曰、「樓下何響。」。王笑曰、「想樓下人故意來嚇我耳。」。少頃、其人連步上、景大窘、號呼、王亦起、持燭出。至中間、燈光收縮如螢火。二人驚、急添燒數燭。燭光稍大、而色終靑綠。樓門洞開、門外立一青衣人、身長二尺、面長二尺、無目無口無鼻而有髮、髮直豎、亦長二尺許。二人大聲喚樓下人來、此物遂倒身而下。窗外四面啾啾然作百種鬼聲、房中什物皆動躍。二人幾駭死、至雞鳴始息。

次日、有老吏言、先是溧陽潘公督學時、試畢、明日當發案、潘已就寢。將二更、忽聞堂上擊鼓聲。潘遣僮問之、堂吏曰頃有披髮婦人從西考棚中出、上階求見大人。吏以深夜、不敢傳答。曰、「吾有冤、欲見大人陳訴。吾非人、乃鬼也。」。吏驚仆、鬼因自擊鼓。署中皆惶遽、不知所爲。僕人張姓者、稍有膽、乃出問之。鬼曰、「大人見我何礙。今既不出、卽煩致語、我、某縣某生家僕婦也。主人涎我色奸我、不從、則鞭撻之。我語夫、夫醉後有不遜語、渠夜率家人殺我夫喂馬。次早入房、命數人抱我行奸。我肆口詈之、遂大怒、立捶死、埋後園西石槽下。沉冤數載、今特來求申。」。言畢大哭。張曰、「爾所告某生、今來就試否。」。鬼曰、「來、已取第二等第十三名矣。」。張入告潘公。公拆十三名視之、果某生姓名也、因令張出慰之曰、「當爲爾檄府縣査審。」。鬼仰天長嘯去。潘次日卽以訪聞檄縣、果於石槽下得女屍、遂置生於法。此是衙門一異聞、而樓上之怪、究不知何物也。王後舉孝廉、景後官侍御。

   *

原典は「身長二尺」であるが、他の身体サイズと齟齬が生ずるので柴田が「二丈」(六メートル強)としたのは判る気はする。中国文学者小山裕之氏のサイト内の「子不語」の現代語訳注ページのこちらの「陳州の考院」で、柴田の語っていない、後半部の、この女性の「鬼」(死者)の恨みの悲惨極まりない(!)真相がよく判る。必読!!

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art | Caspar David Friedrich | Miscellaneous | Иван Сергеевич Тургенев | 「プルートゥ」 | 「一言芳談」【完】 | 「今昔物語集」を読む | 「北條九代記」 | 「宗祇諸國物語」 附やぶちゃん注【完】 | 「新編鎌倉志」【完】 | 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳【完】 | 「明恵上人夢記」 | 「栂尾明恵上人伝記」【完】 | 「澄江堂遺珠」という夢魔 | 「無門關」【完】 | 「生物學講話」丘淺次郎【完】 | 「甲子夜話」 | 「第一版新迷怪国語辞典」 | 「耳嚢」【完】 | 「諸國百物語」 附やぶちゃん注【完】 | 「進化論講話」丘淺次郎 | 「鎌倉攬勝考」【完】 | 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記)【完】 | 「鬼城句集」【完】 | アルバム | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」【完】  | ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ | 中島敦 | 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 | 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 | 伊東静雄 | 佐藤春夫 | 八木重吉「秋の瞳」【完】 | 北原白秋 | 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編【完】 | 南方熊楠 | 博物学 | 原民喜 | 和漢三才圖會 禽類 | 和漢三才圖會 蟲類【完】 | 土岐仲男 | 堀辰雄 | 増田晃 | 夏目漱石「こゝろ」 | | 夢野久作 | 大手拓次詩集「藍色の蟇」【完】 | 宇野浩二「芥川龍之介」【完】 | 富永太郎 | 小泉八雲 | 尾形亀之助 | 山之口貘 | 山本幡男 | 山村暮鳥全詩【完】 | 忘れ得ぬ人々 | 怪奇談集 | 映画 | 杉田久女 | 村上昭夫 | 村山槐多 | 松尾芭蕉 | 柳田國男 | 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 | 柴田宵曲 | 梅崎春生 | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注【完】 | 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注【完】 | 橋本多佳子 | 武蔵石寿「目八譜」 | 毛利梅園「梅園介譜」 | 毛利梅園「梅園魚譜」 | 江戸川乱歩 孤島の鬼【完】 | 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」【完】 | 津村淙庵「譚海」 | 海岸動物 | 火野葦平「河童曼陀羅」【完】 | 片山廣子 | 生田春月 | 由比北洲股旅帖 | 畑耕一句集「蜘蛛うごく」【完】 | 畔田翠山「水族志」 | 神田玄泉「日東魚譜」 | 立原道造 | 篠原鳳作 | 肉体と心そして死 | 芥川多加志 | 芥川龍之介 | 芥川龍之介 手帳 | 芥川龍之介「上海游記」【完】 | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)【完】 | 芥川龍之介「北京日記抄」【完】 | 芥川龍之介「江南游記」【完】 | 芥川龍之介「河童」決定稿原稿【完】 | 芥川龍之介「長江游記」【完】 | 芥川龍之介盟友 小穴隆一 | 芸術・文学 | 萩原朔太郎 | 蒲原有明 | 藪野種雄 | 西東三鬼 | 詩歌俳諧俳句 | 貝原益軒「大和本草」より水族の部 | 野人庵史元斎夜咄 | 鈴木しづ子 | 鎌倉紀行・地誌 | 音楽 | 飯田蛇笏