フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「和漢三才圖會 禽類」の88件の記事

2018/11/16

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鶯(うぐひす) (ウグイス)

Uguisu

うくひす 黃鳥 黃𪈹

     倉庚 青鳥

【鸎同】

     黧黃 黃袍

     搏黍 楚雀

イン 黃伯勞 金衣公子

 

本綱鶯狀大於鸜鵒雌雄雙飛体毛黃色羽及尾有黑色

相間黑眉尖觜青脚立春後卽鳴麥黃椹熟時尤甚其音

圓滑如織機聲乃應節趨時之鳥也【說文倉庚鳴則蠶生月令倉庚二月鳴】

冬月則藏蟄入田塘中以泥自裹如卵至春始出

肉【甘溫】此鳥感春陽先鳴所以補人食之令人不妒

三才圖會云州毎至冬月於田畝中得土堅圓如卵者

輙取以賣破之鶯在其中無羽毛候春始生羽破土而出

渚山記云鶯如鴝鵒而色蒼毎至正二月鳴曰春起至三

月止鳴曰春去採茶之候也呼爲報春鳥

 拾遺鶯の聲なかりせは雪消ぬ山里いかて春を知らまし

△按鶯【和名宇久比須】〕 出于和州奈良爲上信州奈良井之産

 次之形似目白鳥而肥黧黑而黃色腹灰白眼纎觜細

 尖而觜脚掌共灰黑色眉有三毛灰白長二三分吻有

 三髭長四五分雌及未老者其毛短鳴則揺尾冬月如

 曰喞喞似人舌皷至立春始囀季春止其聲清亮圓滑

 飛啼則急而長如曰法華經或如曰古計不盡或如曰

 月星日【謂囀三光】和州人畜鶯雛時教之以口笛竟令囀三

 光而後又置雛於側亦令習之今往往有之蓋鶯形色

 和漢大異也但立春始囀也聲清亮也古今詩歌稱美

 之者和漢不異也冬月蟄於土之説未知是非倩因土

 地物有異同也不唯鶯而蕪菁【湖東者微紅而長湖西者正白而圓】纔隔

 地異其形

 

 

うぐひす 黃鳥 黃𪈹〔(こうり)〕

     倉庚 青鳥

【「鸎」も同じ。】

     黧黃〔(りこう)〕

     黃袍〔(こうはう)〕

     搏黍〔(はくしよ)〕

     楚雀

イン 黃伯勞 金衣公子

 

「本綱」、鶯、狀、鸜鵒〔(はつかてう)〕より大なり。雌雄、雙飛〔(さうひ)〕す。体の毛、黃色。羽及び尾、黑色有り〔て〕相ひ間〔(まぢ)〕はる。黑き眉、尖れる觜、青き脚。立春の後、卽ち、鳴く。麥、黃ばみ、椹(くはのみ)、熟する時、尤も甚し。其の音〔(こゑ)〕、圓滑にして機〔(はた)〕を織る聲のごとし。乃〔(すなは)〕ち、節に應じて時を趨〔(お)ふ〕の鳥なり【「文」、『倉庚、鳴けば、則ち、蠶〔(かひこ)〕、生ず』〔と〕。「月令〔(がつりやう)〕」、『倉庚、二月に鳴く』〔と〕。】冬月には、則ち、藏蟄〔(ざうちつ)〕す。田の塘〔(つつみ)〕の中〔(うち)に〕入り、泥を以つて自〔(みづか)らを〕裹〔(つつ)み〕、卵のごとし。春に至り、始めて出づ。

肉【甘、溫。】此の鳥、春陽に感じて、先づ鳴く。人を補ふ所以なり。之れを食ひて、人をして妒(ねた)まざらしむ。

「三才圖會」に云く、『州、毎〔(つね)〕に冬の月に至りて、田畝の中に於いて土の堅-圓(かたまり)を得。卵のごとくなる者を、輙〔(すなは)ち〕取りて以つて賣る。之れを破れば、鶯、其の中に在りて、羽毛無し。春の始め、羽の生ふるを候〔(うかが)ひ〕て、土を破りて出づ』〔と〕。「渚山記」に云はく、『鶯、鴝鵒〔(はつかてう)〕のごとくして、色、蒼〔し〕。毎〔(つね)〕に、正、二月に至りて、鳴くを、「春起」と曰ふ。三月に至りて鳴き止む。〔これを〕「春去」と曰ふ。茶を採るの候なり。呼びて、「報春鳥」と爲す』〔と〕。

 「拾遺」

   鶯の聲なかりせば雪消えぬ山里いかで春を知らまし

△按ずるに、鶯【和名「宇久比須」。】〕は、和州奈良に出づ〔るを〕上と爲す。信州奈良井の産、之れに次ぐ。形、目白鳥に似て、肥え、黧黑(すゝぐろ)くして黃色。腹、灰白。眼、纎〔(ほそ)〕く、觜、細く尖りて、觜・脚・掌、共に灰黑色。眉〔に〕三毛有り〔て〕灰白、長さ二、三分。吻、三〔つの〕髭〔(ひげ)〕有り。長さ四、五分。雌及び未だ老いざる者は、其の毛、短し。鳴くときは、則ち、尾を揺〔(ゆる)〕かす。冬月、「喞喞(つゑつつゑつ)」と曰ふがごとし。人の舌皷〔(したつづみ)〕に似たり。立春に至り、始めて囀り、季春に止む。其の聲、清亮・圓滑、飛〔び〕啼〔くに〕、則ち、急に長く、「法華經」と曰ふがごとく、或いは「古計不盡(こけふじ)」と曰ふがごとく、或いは「月星日〔(つきほしひ)〕」と曰ふがごとし【「三光を囀る」と謂ふ。】。和州の人、鶯の雛を畜ひて、時々(をりをり)之れに教ふるに、口笛を以つてす。竟〔(つゐ)〕に「三光」を囀らしむ。後、又、雛を側に置きて、亦、之れを習はしむ。今、往往、之れ有り。蓋し、鶯の形色、和漢、大いに異〔(ことなる)〕なり。但し、立春に始めて囀や、聲〔の〕清亮なるや、古今〔の〕詩歌〔の〕之れを稱美するは、和漢、異ならざるなり。冬月、土に蟄(すごも)るの説、未だ是非を知らず。倩々〔(つらつらおもんみ)るに〕土地に因りて、物、異同有るや、唯〔(ただ)〕鶯のみならずして、蕪-菁(かぶら)【湖東は微紅にして長く、湖西は正白にして圓〔(まろ)〕し。】纔〔(わづ)〕かに地を隔〔つるも〕、其の形を異〔と〕す。

[やぶちゃん注:良安の言うのは、無論、スズメ目ウグイス科ウグイス属ウグイス Horornis diphone であるが(詳細亜種は後述)、前の「本草綱目」の叙述のそれは、大きさが有意に大きく、全身の主調色が黄色であったり、どぎつく黒い眉であったりという叙述に不審が起こる通り、スズメ目コウライウグイス科コウライウグイス属コウライウグイス Oriolus chinensis であって、これはウグイスとは全くの別種で、類縁関係はないので注意!(後述(引用中))

 私にとっては雀より遙かに親しい鳥で、春の到来は寝室のすぐ裏の山からの彼らの囀りで知り、二階にある書斎の窓の直近の山桜に飛来する彼らは、窓に倚る私を恐れない。本邦で見られるウグイスは以下の亜種(主にウィキの「ウグイス」に拠る。以下の引用もこちら)。

ウグイス Horornis diphone cantans(北海道から九州まで広く分布する普通種)

ハシナガウグイス Horornis diphone diphone(普通種と比較して、やや小型で嘴が長く、囀りは活発ではなく、縄張りは狭い)

ダイトウウグイス Horornis diphone restrictus(南大東島で大正一一(一九二二)年に二羽が発見・採集されたが、その後に記録がなく、絶滅したものと考えられていたが、二〇〇一年以降に沖縄本島と喜界島に棲息していることが確認された)

リュウキュウウグイスHorornis diphone riukiuensis(繁殖地は不明。越冬のため、冬に沖縄に飛来する。但し、現在、この種には有意に異なるグループが確認されており、分割される可能性があるようだ)

 日本三鳴鳥(日本に棲息する囀りが美しいスズメ目の三種を指す。ウグイスの他は、オオルリ(大瑠璃)Cyanoptila cyanomelana コマドリ(駒鳥)Erithacus akahige(リンク先はYou Tube の音声附動画)の一種。『種の範囲の定義により、分布域は多少変化するが、大まかにいって東アジアに生息する』。『現代的な分類でのウグイス(マンシュウウグイス』(Horornis diphone canturians)『を含み』、『チョウセンウグイス』(Horornis borealis:但し、現在の最新の分類学ではマンシュウウグイスとともに広義のウグイスに含められている)『を含まない)は、日本(南西諸島を含む)、サハリン、東部・中部中国で繁殖し、南部・東南部中国、台湾、東南アジアで越冬する』。『伝統的な(』二〇〇〇『年代までの)分類に基づく場合、「広義の (sensu lato) ウグイス」(チョウセンウグイスも含む)の繁殖地には南東シベリア、中国東北部、朝鮮半島が加わる。「狭義の (sensu stricto) ウグイス」(マンシュウウグイスも含まない)は、日本(南西諸島を含む)とサハリンのみで繁殖し、南部・東南部中国、台湾で越冬する』。『ハワイ諸島にも分布するが、これは日本から移入されたものである』。『日本ではほぼ全国に分布する留鳥。ただし』、『寒冷地の個体は冬季に暖地へ移動する。平地から高山帯のハイマツ帯に至るまで生息するように、環境適応能力は広い。笹の多い林下や藪を好むが』、『さえずりの最中に開けた場所に姿を現すこともある』。『英名の「Bush Warbler」は』、「藪で囀る鳥」を『意味している。警戒心が強く、声が聞こえても姿が見えないことが多い』。『体長はオスが』十六センチメートル、メスが十四センチメートルで、『スズメとほぼ同じ大きさ』。『翼開長はオスが』二十一センチメートル、メスが十八センチメートル。『体色は、背中がオリーブ褐色で、腹面は白色、全体的に地味である。雌雄同色』。『ウグイスの卵の長径は』一・八センチメートル、『ホトトギス』(カッコウ目カッコウ科カッコウ属ホトトギス Cuculus poliocephalus)『の卵の長径は二・二センチメートルで、『色はほぼ同じで、ホトトギスの托卵対象となる』(托卵については「林禽類 鳲鳩(ふふどり・つつどり)(カッコウ)」で詳述したので、参照されたい。なお、「杜鵑(ほととぎす)」は次項である)。『食性は雑食だが、夏場は主に小型の昆虫、幼虫、クモ類などを捕食し、冬場は植物の種子や木の実なども食べる』。『繁殖期は初夏で、オスは縄張りをつくり「ホーホケキョ」と』実に一日に一千回ほども『鳴くことがある』。『横穴式の壺形の巣をつくり』、四~六個の卵を産み、メスが雛を育てる』。『亜種のハシナガウグイスは』二~三『個の卵を産み、オスも雛への給餌を行う』。『さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケキョケキョ……」、地鳴きは「チャッチャッ」』。『さえずるのは縄張り内を見張っているオスで、「ホーホケキョ」が他の鳥に対する縄張り宣言であり、巣にエサを運ぶメスに対する「縄張り内に危険なし」の合図でもある。「ケキョケキョケキョ」が侵入した者や外敵への威嚇であるとされており、これを合図に、メスは自身の安全のためと、外敵に巣の位置を知られないようにするため』、『エサの運搬を中断し』、『身をひそめる』。『平地にて鳴き始める季節が早春であることから』、「春告鳥(はるつげどり)」の』『別名があ』り、『本州中部あたりでは 』二『月初旬頃からさえずり始め』、八『月下旬頃までが』、『よく聞かれる時期』であるが、十『月頃まで』、『弱いさえずりが聞かれることがある』。『「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞いた日を『ウグイスの初鳴日』と呼び、気象庁が生物季節観測に用いている』(以下は引用元の表現や引用に問題があるので、私がオリジナルに附した)。

 平安前期の歌人で書家としても知られた藤原敏行(?~延喜七(九〇七年)又は延喜元(九〇一)年:藤原南家巨勢麻呂流の陸奧出羽按察使藤原富士麻呂の子。従四位上・右兵衛督)は「古今和歌集」の巻第十 物名」の巻頭で(四二二番)、

    鶯(うぐひす)   藤原便行朝臣

 心から花のしづくにそぼちつつうくひずとのみ鳥の鳴くらむ

と詠じている。「心から」は「自(おのずか)ら」で「自分自身の意志で」の意。「うくひず」は「憂く干ず」と鶯」の掛詞。「自分から花の雫に濡れたのに、何ゆえに鶯よ、「厭だ! 乾かぬ!」とばかり鳴くのか? ということ(因みに、次も(四二三番)彼の歌で、

    郭公(ほとゝぎす)

 來べきほど時すぎぬれや待ちわびて鳴くなる聲の人をとよむる

とホトトギスと並べてある。「とよむる」は主説は「賛美して騒がせる」の意。以下、ウィキの引用に戻る。

『古くは鳴き声を「ウー、グイス」または「ウー、グイ」と聴いていて』、『和名の由来であるとする説がある』。『東京都台東区鶯谷の地名の由来は、元禄年間に京都の皇族の出である公弁法親王が「江戸のウグイスは訛っている」として、尾形乾山に命じて京都から』三千五百『羽のウグイスを取り寄せて放鳥し、以後鳴きが良くなりウグイスの名所となったという逸話に由来する』。『日本から持ち込まれたハワイに生息している種の鳴き声(さえずり)は日本に生息しているものと比較して単純化されている』、『と国立科学博物館の筑波研究施設が発表した』。『これはハワイでは縄張り争いや繁殖の争いが』、『日本に比べて激しくないためと推測されている』。「別名」の条。『春鳥(ハルドリ)、春告鳥(ハルツゲドリ)、花見鳥(ハナミドリ)、歌詠鳥(ウタヨミドリ)、経読鳥(キョウヨミドリ)、匂鳥(ニオイドリ)、人来鳥(ヒトクドリ)、百千鳥(モモチドリ)、黄鳥(コウチョウ)、金衣公子(キンイコウシ)、報春鳥(ホウシュンドリ)、黄粉鳥(キナコドリ)、禁鳥(トドメドリ)、初音(ハツネ)』『など多くの異称を持つ』(以下、下線やぶちゃん)。『「鶯」の漢字がさす鳥は』、『日本語と中国語では異なる。日本では、本記事のウグイスのことをさす』が、『古来』、『中国の漢詩等では別上科カラス上科のコウライウグイス』(高麗鶯:スズメ目コウライウグイス科コウライウグイス属コウライウグイス Oriolus chinensis:インド・インドネシア・カンボジア・シンガポール・韓国・中国・台湾・北朝鮮・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・ミャンマー・ラオス・ロシアに棲息し、日本には、主に日本海側に、渡りの途中、稀に飛来する旅鳥である。全長二十六センチメートル。嘴の基部から眼を通る筋模様(眼過線)が入る。眼過線は黒く、左右の眼過線が後頭部で繋がる。は全身が黄色い羽毛で覆われ、は羽毛が緑がかった黄色の羽毛で覆われる。平地から山地にかけての森林に棲息し、様々な鳴き声を上げるが、ウグイスとは全く異なる異様な(私にはその姿がグラサンを掛けた茶髪の不良少年のように見えるのと同じく、ウルトラ怪獣の異様な吠え声のように聴こえる)ものである(You Tube terumeMovie氏の「コウライウグイス」をリンクさせておく)。「黄鳥」等の名前で漢詩にも登場する(以上はウィキの「コウライウグイス」に拠った)しかし、これが本篇の「本草綱目」引用(冒頭標題の異名も総て含む)部(「巻四十九」禽部林禽類「鸎」。「本草綱目」の標題表記は「鶯」ではなく「鸎」であるので検索する場合は注意)での正体なのである! 則ち、その部分は本邦のウグイスではないコウライウグイスの記載として再読して戴く必要があるのである『のことである。両者とも美声を愛でられる鳥だが、声も外見も非常に異なり』、『分類的な類縁はない』(『現在の中国ではウグイス科』(Cettiidae)『は鶯科であり』、『ウグイスを「日本树莺」(日本樹鶯)と表記する。またコウライウグイス科』(Oriolidae)『は黄鸝科であり』、『コウライウグイスは「黄鸝」または「黄鳥」と表記する』)。ウグイスの『飼養は、古くから行なわれ、足利義政の頃に流行し、その弊害の大きさから法度において禁じられたが、江戸時代、とくに文化から弘化にかけて、流行し、徳川家治、徳川家斉もこれを愛し、小納戸役にお鳥掛という職を置いたほどであった』。その飼養法は、『一番子の雛を巣ごと持ち帰り、藁製の畚(ふご)に入れ、巣口を綿で覆い、その畚を小蒲団で包み、温かい室内に置き、雛が』、「ピピピ」と『鳴いて餌を求めたら』、『すり餌を与え、夜は暖房して寒さを防ぐ。羽翼が整って離巣するようになれば』、一『羽ずつ籠に移す。籠には親籠、雛籠、付籠、袖籠(付子の雛を持ち運ぶ)、旅籠(遠方に携行する)、水籠(水浴びさせる)などの種類がある。籠にいれたウグイスはさらに籠桶(こおけ)に入れる。籠桶はキリ製で、高さ』四十五センチメートル『ほど、幅』三十センチメートル『ほど、長さ』八十センチメートル『ほどで、正面は障子のけんどん』(倹飩:饂飩や蕎麦などの一杯盛りの食品を入れてきっちりと蓋をして落下しないように運ぶ箱のことを「倹飩箱」と称するように、上下又は左右に溝が切ってあって蓋の嵌め外しが出来るようになっている構造物の側面を指す『になっている。キリ製なのは、それ以外では、琴と同じく、鳴く音と調和しないからであるという。餌はすり餌が中心で、活き餌も用いる。すり餌は、玄米、米ぬか、青葉で作る。活き餌は、アオガエル、ヤナギの虫(ボクトウガの幼虫)、クサギの虫(コウモリガの幼虫)、エビヅルの虫(ブドウスカシバの幼虫)、イナゴなどである。その他、シンクイムシ、ミールワーム、ヨーロッパイエコオロギ、ヒメツメガエルなど』、『入手しやすい活き餌がある。時期的に早く鳴かせるには、夜飼法などの方法がある。これは夜、籠桶の障子をはずして燈火に向けるもので、これを鳥をあぶるという』。九『月中旬から始めて、冬から春にかけて鳴かせる。付子といって、親鳥が鳴く音を練習させる方法もある。親鳥の籠桶から約』二メートル『離れたところに雛の籠桶を置き、自然に鳴方を習得させるものである』とある。

 

「本綱……前に述べた通り、くどいが、ここは少なくとも「三才圖會」(ここ。国立国会図書館デジタルコレクションの当該原本の解説頁の画像。挿絵は前頁にあるので、左端の三角ボタンをクリック)パートまでは(「渚山記」(唐の元結の撰になる地理書)のそれは体色を「蒼」と称しており、或いは我々の言うウグイスを指している可能性があるので留保するが、恐らくは「鴝鵒〔(はつかてう)〕のごとくして」の部分からみて、同じくコウライウグイスと思われる)スズメ目コウライウグイス科コウライウグイス属コウライウグイス Oriolus chinensis の叙述と読み変えて、スズメ目ウグイス科ウグイス属ウグイス Horornis diphone の叙述に転じる良安の評言以下と、明確に区別して読まれたい。

「鸜鵒〔(はつかてう)〕」スズメ目ムクドリ科ハッカチョウ属ハッカチョウ Acridotheres cristatellus。さんざん述べたのであるが、「和漢三才図会」で良安は、この「鸜鵒」が如何なる種を指しているかについては混乱をきたしている。失礼ながら、東洋文庫版訳でもそれをはっきりと明示しておらず、言わせて貰うなら、そうした混乱があることに目を瞑って現代語訳しているとしか思われない(この「鸜鵒」という見慣れない鳥に東洋文庫は、まず、ルビを附していない。音読みさえ躊躇されるこれにルビがないというのは、まさに訳者がこれが現在の如何なる種であるを表記するのが難しいために、安易にソッポを向いて誤魔化しているのだとしか思われないということである)。その混乱・誤認については、「林禽類 鸜鵒(くろつぐみ)(ハッカチョウとクロツグミの混同)の注で私の推理を細かく示してあるので参照されたい。

「鸜鵒〔(はつかてう)〕より大なり。雌雄、雙飛〔(さうひ)〕す。体の毛、黃色。羽及び尾、黑色有り〔て〕相ひ間〔(まぢ)〕はる。黑き眉、尖れる觜、青き脚」総てがウグイスに当てはまらず、コウライウグイスに一致する形態である。

「節」時節。

「趨〔(お)ふ〕」東洋文庫訳では『趨(あわ)す』(「合わす」であろう)とルビするが、「趨」にはそのような意味はない。私は「追ふ」の意で採った。ある時節の到来を鋭く感知して(感応して)それに遅れることなく「追う」ように同時期に一斉に囀る、と採ったのである。

文」現存する中国最古の部首別漢字字典「説文解字」。後漢の許慎の作で、西暦一〇〇年)に成立、一二一年に許慎の子許沖が安帝に奉納した。本文十四篇・叙(序)一篇の十五篇からなり、叙によれば、小篆の見出し字九千三百五十三字、重文(古文字及び篆書体や他の異体字等)千百六十三字を収録する(現行本では、これより少し字数が多い)。漢字を五百四十の部首に分けて体系づけ、その成立を解説し、字の本義を記してある(ここはウィキの「説文解字」に拠った。判り切った書物なので、今まで出てきても注していなかったことから、ここで示した)。

「倉庚、鳴けば、則ち、蠶〔(かひこ)〕、生ず」春蚕(はるご)の孵化は太陽暦で四月上・中旬である。

「月令〔(がつりやう)〕」複数回既出既注。「礼記」の「月令」(がつりょう)篇(月毎の自然現象・古式行事・儀式及び種々の農事指針などを記したもの。そうした記載の一般名詞としても用いる)。

「藏蟄〔(ざうちつ)〕」穴籠り。巣籠りとしたくなるが、以下に見る通り、地面の中に卵状にメタモルフォーゼして冬眠するというので、文字通りなのである。なお、コウライウグイスは二股の枝の間にハンモック状に丸い籠状の巣を作る(この巣を見た古人は樹にロープを張ってハンモックを創始したともされる)。ウグイスは先の引用に『横穴式の壺形の巣』とするが、言わずもがなながら、土中ではないから、孰れでもこの叙述はおかしい。

「塘〔(つつみ)〕」堤。

「泥を以つて自〔(みづか)らを〕裹〔(つつ)み〕、卵のごとし」良安ばかりでなく、私たちにもこの記載は全く以って不審である。

「人を補ふ所以」漢方で人の精気を補益するところのもの。

「妒(ねた)まざらしむ」他者に対する妬(ねた)み心を消させる。順正な春の「陽」の気に依って、そうした精神安定の効験がある、というのである。一種の共感呪術である。

州」湖南・湖北地方の広称。

「毎〔(つね)〕に冬の月に至りて、田畝の中に於いて土の堅-圓(かたまり)を得」汎世界的に見られる、人間を含む生命の卵生説話の残滓か? 先の「陽」の気との関わりがあるように思われる。

「候〔(うかが)ひ〕て」雛自らが察して。

「渚山記」既注。

「拾遺」「鶯の聲なかりせば雪消えぬ山里いかで春を知らまし」「拾遺和歌集」の「巻第一 春」の、藤原朝忠(延喜一〇(九一〇)年~康保三(九六七)年:藤原北家三条右大臣藤原定方の五男)の一首(十番)、

   天曆十年三月廿九日内裏歌合に 中納言朝忠

 鶯の聲なかりせば雪消えぬ山里(やまざと)いかで春を知らまし

天曆十年はユリウス暦九一五年。「三月廿九日」はユリウス暦で三月十七日でグレゴリオ暦に換算すると三月二十二日に当たるから、現在なら、ウグイスの初音がもう聴こえている頃である。但し、当時はもっと気温が低かったから、或いはそれをまさに今かと待ち望む形の詠かも知れぬ。

「和州」大和。

「信州奈良井」現在の長野県塩尻市奈良井。木曾の三宿(奈良井宿・妻籠宿・馬籠宿)の一つとして知られる。ここ

「目白鳥」スズメ目メジロ科メジロ属メジロ Zosterops japonicus

「黧黑(すゝぐろ)く」「黧」(音「レイ・ライ・リ」)は訓で「つしむ・つじむ」と読み、「青黒い斑点が附く・さらの基底色に色が附いて滲む」の意。

「二、三分」六~九ミリメートル。

「吻、三〔つの〕髭〔(ひげ)〕有り。長さ四、五分」一・二~一・五センチメートル。ウグイスの頭部の拡大画像を幾つか見ると、個体によっては、確かに嘴の上部や下部の基部にツンと出た羽毛があり、それをかく言っているものかと思われる。

「喞喞(つゑつつゑつ)」「喞」(音「ショク・ソク」)はそれ自体が「鳴く。すだく。虫が集まって鳴く)の意があり、「喞喞」(ショクショク)は「虫がしきりに鳴くさま・悲しみ嘆くさま」に使用する。後者は「喞」に「かこつ・不平を言って歎く」の意があるからである。「喞」の現代中国音は「」(ヂィー)でこの「つゑつつゑつ」は不審。単なるオノマトペイアとしても、この漢字は当てられないように思われる。

「清亮」音が清らかで澄んでいること。

「圓滑」滑(なめ)らかで、角立(かどだ)たないこと。

「古計不盡(こけふじ)」よく判らぬが、「古へを計(おしはか)りて盡きず」の意か? 次の「月星日」辺りから、時空間を知る智を比喩するか? 識者の御教授を乞う。

『「月星日〔(つきほしひ)〕」と曰ふがごとし【「三光を囀る」と謂ふ。】』「三光鳥」の名を和名に持つのは、スズメ目カササギヒタキ科サンコウチョウ属サンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata(囀りが「ツキヒーホシ、ホイホイホイ」と聴こえることに由る)やスズメ目アトリ科イカル属イカル Eophona personata(異名。「キーコー、キー」と聴こえることに由る。本種は「林禽類 桑鳲(まめどり・まめうまし・いかるが)(イカル)で既出)がいるので、注意が必要。

「蕪-菁(かぶら)」(原典のルビは「蕪」にしかないが、かく判断した)アブラナ目アブラナ科アブラナ属ラパ変種カブ(アジア系)Brassica rapa var. glabra

「湖東は微紅にして長く、湖西は正白にして圓〔(まろ)〕し」ウィキの「カブ」に『胚軸及び根は多くの場合』、『白色だが、赤色で赤蕪と呼ばれるものもあり、東日本に多いとされる』とある。]

2018/11/13

和漢三才圖會第四十三 林禽類 連雀(れんじゃく) (ヒレンジャク・キレンジャク)

 

Hirenjyaku

 

れんしやく

 連雀

 

和名抄云連雀者唐雀也今俗所稱者雀之有冠毛也是

鳥希見疑異國之鳥矣

△按連雀今處處有狀如雀之大頭背胸灰赤色翅黑有

 黃白圓文羽尾瑞畧紅其尾短黑頂上有毛冠眼頷邊

 黑常棲山林成羣以形美人畜之樊中或披尾如舞畧

 似孔雀形勢但聲不好如曰比伊比伊蓋此與練鵲字

 同音而物異其練鵲卽帶鳥【尾長】也連雀卽冠鳥【有毛冠】

 也今人稱有毛冠之鳥不曰毛冠某鳥謂有連雀

黃連雀 形狀同連雀而羽尾瑞共黃

 

 

れんじやく

 連雀

 

「和名抄」に云はく、『連雀は唐雀なり。今、俗に稱する所は、雀の冠毛有る〔もの〕なり。是の鳥、希れに見る。疑ふらくは異國の鳥か』〔と〕。

△按ずるに、連雀、今、處處に有る。狀、雀の大〔なるが〕ごとし。頭・背・胸、灰赤色。翅、黑。黃白の圓文有り。羽尾の瑞、畧〔(ほぼ)〕紅。其の尾、短くして黑く、頂の上、毛冠有り。眼・頷の邊り、黑し。常に山林に棲み、羣を成す。形の美なるを以つて、人、之れを樊〔(かご)の〕中に畜〔(か)〕ふ。或いは尾を披〔(ひら)〕いて舞ふがごと〔くすれば〕、畧〔(ほぼ)〕孔雀の形勢を似〔す〕。但し、聲、好からず、「比伊比伊〔(ひいひい)〕」と曰ふがごとし。蓋し、此れ、練鵲〔(れんじやく)〕と、字、同音にして物〔としては〕異なり。其れ、練鵲は、卽ち、「帶鳥〔(おびどり)〕」【「尾長〔(おなが)〕」。】なり。連雀は卽ち、「冠鳥〔(かんむりどり)〕」【毛冠有り。】なり。今の人、毛冠の有る鳥を稱して、毛冠と曰はずして、『某(そ)の鳥に連雀有り』と謂ふ〔なり〕。

黃連雀(きれんじやく) 形狀、連雀に同じくして、羽〔の〕尾の瑞、共に黃なり。

[やぶちゃん注:スズメ目レンジャク科レンジャク属ヒレンジャク Bombycilla japonicaウィキの「ヒレンジャク」によれば、『北東アジアに生息』し、『日本では冬鳥として見られる』。『体長は約十八センチメートル、翼開長は約二十九センチメートル。『オスとメスはほぼ同色で、全体的に赤紫がかった淡褐色であるが、頭や羽などに特徴的な部位が多い。顔はやや赤褐色みを帯び、尖った冠羽、冠羽の縁まで至る黒い過眼線、黒いのど(メスは、黒斑の下端の境界が曖昧である)などである』。『初列風切は黒褐色で、外弁は灰色、オスは白斑があるが、メスは外弁にのみ白斑がある。次列風切に灰色で先の方は黒色、先端部は赤い。レンジャク族の英名「ワックスウィング」(Waxwing)の由来である、キレンジャク』(後述)『やヒメレンジャク』(レンジャク属ヒメレンジャク Bombycilla cedrorum:北アメリカ大陸に棲息し、本邦にはいない)『に見られる次列風切の先端にある赤い蝋状の突起物は、ヒレンジャクにはない。大雨覆』(おおあまおおい:「雨覆」は「雨覆羽(あまおおいばね:wing-coverts)のことで、翼の前面を数列に並んで覆っている羽毛を指す。風切羽の基部を覆い、前方からの空気の流れをスムースにしている。後列のものは大きく、「大雨覆」と呼んで区別するほか、上面のものを「上雨覆」、下面のものを「下雨覆」、前面を「前縁雨覆」などと称する)『の先端は暗赤色』。『腹は黄色みを帯びており(キレンジャクとは異なる)、腰から上尾筒は灰色、下尾筒は赤(キレンジャクは橙褐色)、尾は灰黒色で先端が赤色である。尾羽の枚数は』十二『枚であり、漢名「十二紅」の由来となっている』。『シベリア東部・中国北東部のアムール川・ウスリー川流域で繁殖するが、森林の減少と環境悪化によって絶滅が危惧されている』。『越冬地は日本のほか、サハリン、朝鮮半島、中国南部、台湾などだが、年によって飛来数が極めて不規則であり、まったく観察されない年があったり、越冬地でも一年を通してみられることもある。日本では沖縄県中部より北の地域に』、十一月~五月に『かけて滞在する。東日本に多いキレンジャクに対して、ヒレンジャクは西日本に多く渡来し、北海道ではほとんど見られない。越冬地は低地や、丘陵地の開けた森林・農地などであり、公園や家の庭などにも餌となる果実を求めて飛来する。なお』、『ヨーロッパでも目撃報告があるが、これは飼育されていた個体が逃げたものと見られている』。『日本などに飛来する冬の非繁殖期には主に果実類、ネズミモチ、イボタノキ、ニシキギ、ヤドリギ、ノイバラ、ヤツデなどを食するが、繁殖期である夏の間は昆虫食である。ヒレンジャクは基本的に数羽から数十羽の群れで行動するが、稀に』百『羽以上の大群となることもある。また、しばしばキレンジャクとの混群もみられる。鳴き声は甲高く「ヒーヒー」「チリチリ」などと鳴くが、囀りはない。巣は、樹上に小枝を用いたお椀状のものを作り、その中には草や苔などを敷く』。『キレンジャクとともに平安時代から「連雀(れんじゃく)」「唐雀(からすずみ)」などとして知られていた。連雀の名の由来は、群で行動するためである。キレンジャクとヒレンジャクを区別するようになったのは』、『江戸時代中期からで、それぞれ』、『漢名の「十二黄」と「十二紅」に相当すると「喚子鳥」』(よぶこどり:蘇生堂主人著の小鳥の飼育法を紹介した書。宝永七(一七一〇)年刊)『などに記されている。また、ヤドリギ(古名:ほや)を食することから「ほやどり」とも呼ばれていた』とある。You Tube caabj209氏の「ヒレンジャクの鳴き声・・・」をリンクさせておく。

『「和名抄」に云はく、『連雀は唐雀なり。今、俗に稱する所は、雀の冠毛有る〔もの〕なり。是の鳥、希れに見る。疑ふらくは異國の鳥か』〔と〕』「和名類聚鈔」巻十八の「羽族部第二十八」の「羽族名第二百三十一」に、

   *

連雀 「辨色立成」に云はく、連雀は【唐雀なり。時々、群飛す。今、案ずるに、雀に黃雀・靑雀・白雀・大雀等の名有り。出ずる所は未だ詳らかならず。但し、俗に今、稱する所の者の、雀の毛冠有るものなり。是の鳥、希れに見るは、疑ふらくは、異國の鳥獸か。】。

   *

とある。

「或いは尾を披〔(ひら)〕いて舞ふがごと〔くすれば〕、畧〔(ほぼ)〕孔雀の形勢を似〔す〕」時に尾を開いて舞うような仕草をすると、それはあたかも雄の孔雀(くじゃく)がかくするような姿勢に似せて見える。

「練鵲〔(れんじやく)〕」全くの別種であるスズメ目カラス科オナガ属オナガ Cyanopica cyana のこと。黒色の帽子を被ったように見える(但し、実際の頭部の羽毛は濃紺色である)が、冠状に立ってはいない。尾羽根は青灰色(二枚×五列)で扇状に開いた際に中央の二枚が最も長く(帯状に長く見えることがそれぞれの異名の由来である)、先端が白い(雌雄同色)。良安の謂いは正しい。

「某(そ)の鳥に連雀有り」これそれの鳥に連雀があるという言い方をする。

「黃連雀(きれんじやく)」レンジャク属キレンジャク Bombycilla garrulusウィキの「キレンジャクによれば、全長約十九・五センチメートル。『体はおもに赤みのある灰褐色で、頭部には冠羽がある。次列風切羽の先端部に、赤い蝋状の突起物があるのが特徴である。これは羽軸の先端と外弁の一部が変化したものとみられており、ヒレンジャクにはないが、キレンジャクのほかヒメレンジャクにも見られる。この蝋状の物質がレンジャク科の英名「ワックスウィング」(Waxwing) の由来である』。『平地や山地の林に生息し、おもに木の実を食べる。地上』二~六メートルの『枝の上に、小枝、枯草、蘚苔類で皿形の巣を作る』。五~七月に卵を』『産み、雌が抱卵』、十三~十四日で『雛鳥が生まれる。冬は』十~三十羽ほどで群れを成し、『時にはヒレンジャクと混群』して、百『羽以上の群れを作ることもある』。『北半球の寒帯に広く繁殖分布し、日本では冬鳥として見られるが、本州中部以北に多い。木の実を求めて』、『どの程度』まで『南下するかは』、『途中の木の実の量に影響され、またその年の木の実の豊凶によって繁殖数が変動する』という。因みに、本種は『旭川市の「市の鳥」でもある』とある。]

2018/10/31

和漢三才圖會第四十三 林禽類 練鵲(をながどり) (サンジャク)

Onagadori

をなかとり

      【俗云尾長鳥】

練鵲

 

レンツヤツ

 

本綱練鵲似鴝鵒而小黑褐色其尾鵒長白毛如練帶者

是也禽經云冠鳥性勇纓鳥性樂帶鳥性仁所謂帶鳥者

此練鵲之類也俗呼爲拖白練

肉【甘溫】主治益氣治風疾

△按練鵲大如鳩狀似山鵲而項黑如黑帽胸柹灰色

 背青碧尾長其中二尾最長一尺許端白成圓環形甚

 美嘴脛灰黑色將雨時羣飛其聲短其飛也不遠也關

 東山中多有之畿内曾不見之俗呼名尾長鳥

 

 

をながどり

      【俗に「尾長鳥」と云ふ。】

練鵲

 

レンツヤツ

 

「本綱」、練鵲、鴝鵒〔(くよく)〕に似て、小さくして、黑褐色なり。其の尾、〔鴝〕鵒〔より〕長く、白毛〔にして〕練〔れる〕帶のごとき者、是れなり。「禽經」に云はく、『冠鳥は、性、勇なり。纓鳥〔(えいてう)〕は、性、樂なり。帶鳥〔(たいてう)〕は、性、仁なり』〔と〕。所謂〔(いはゆる)〕帶鳥とは、此の練鵲の類なり。俗に呼びて、「拖白練〔(たはくれん)〕」と爲す。

肉【甘、溫。】主治、氣を益し、風疾を治す。

△按ずるに、練鵲、大いさ、鳩のごとく、狀、山鵲に似て、項〔(うなぢ)〕、純黑〔にして〕黑き帽のごとし。胸、柹灰色。背、青碧。尾、長く、其の中〔の〕二尾、最も長く、一尺許り。端〔(はし)〕に白く、圓環形を成し、甚だ美し。嘴・脛、灰黑色。將に雨〔(あめふ)〕らんとする時、羣飛す。其の聲、短し。其の飛ぶや、遠からざるなり。關東〔の〕山中、多く之れ有り。畿内に〔ては〕曾て之れを見ず。俗、呼んで「尾長鳥」と名づく。

[やぶちゃん注:さんざん、調べあぐねて、辿り着いたのが、高い高い山の梢であった。この「本草綱目」の記載するそれ(無論、こんな鳳凰みたような鳥は、関東どころか、日本にはいません!)は恐らく、

スズメ目カラス科サンジャク(山鵲)属サンジャク Urocissa erythrorhyncha

か、その近縁種であろうという結論にたどり着いた。ウィキの「サンジャク」によれば、分布域は中国・ベトナム・西ヒマラヤ地方で、全長七十センチメートルほどであるが、その体長の『大半は弾力のある長い尾羽で占められている。頭部は黒、体の上部と翼は金属光沢のある青、腹部と下尾筒は白い羽毛で包まれ、頭頂部に特徴的な白い斑紋がある。嘴と足は鮮やかな赤』で、『標高』二千百『メートルまでの山地の森林地帯に棲息』し、『通常は木の上で生活するが、採食は地上で行う事が多い。雑食性で昆虫やカタツムリ等の小動物、果実、他種の鳥の卵や雛などを食べる。高い木の枝に枯葉や小枝などを集めてカップ型の巣を作り、産卵・育雛する』とある。何より、画像を御覧あれ。中文ウィキ同種ページ蓝鹊(「紅嘴藍鵲」)の方の写真がよいかも。いや! 学名グーグル画像検索リンクさせておく。確かに。鵲(かささぎ)っぽくて、ド派手で、ありえへん二尾やがね!!

「鴝鵒〔(くよく)〕」良安先生の困ったちゃんが続くのだ。「本草綱目」の記載であり、これはスズメ目ムクドリ科ハッカチョウ属ハッカチョウ Acridotheres cristatellus を指すと考えねばならない。その経緯は鸜鵒(くろつぐみ) (ハッカチョウとクロツグミの混同)の私の注を見られたい。あ~あ、向後はこのメンドクサイ注は出来れば附したくないな!

「禽經」既出既注。春秋時代の師曠(しこ)の撰になるとされる鳥獣事典であるが、偽書と推定されている。全七巻。

「冠鳥」不詳。

「纓鳥」不詳。

「「拖白練〔(たはくれん)〕」「白練」真っ白な練絹のような白色を指し、「拖」は「ずるずると重い物を引きずる」の意であるから、賦には落ちる。

「風疾」漢方で中風・リウマチ・痛風などのこと。

「按ずるに、練鵲、大いさ、鳩のごとく……」この一条に二時間余りを費やしてしまった。私は良安が何をこの「練鵲」と誤認しているのかは判らぬ。記載はしかし、サンジャクにクリソツだ。山にも結構登ってきたが、私はこんな鳥が我が関東にいるのを見たことも聴いたことも、ない。これだよ、と同定される方がおられれば、御教授願いたい。]

和漢三才圖會第四十三 林禽類 𪃹(しなひ) (アカハラ・マミチャジナイ)

Sakahara

しなひ  正未詳

     一名赤腹

𪃹【鶺同】

    【俗云志奈比】

 

△按𪃹者百舌鳥之屬形大亦相似而背灰蒼色腹赤其

 聲短能羣飛故多易捕於其來處撒餌張罟或以囮取

 之炙食味美

 

 

しなひ  正しきは未だ詳らかならず。

     一名、「赤腹(あかはら)」。

𪃹【鶺も同じ。】

    【俗に「志奈比」と云ふ。】

 

△按ずるに、𪃹は、百舌鳥〔(つぐみ)〕の屬。形・大いさも亦、相ひ似て、背、灰蒼色。腹、赤。其の聲、短く、能く羣れ飛ぶ。故に多〔くは〕捕へ易し。其の來たる處に於いて、餌を撒き、罟(あみ)を張り、或いは囮(をとり)を以つて之れを取る。炙りて食〔へば〕、味、美なり。

[やぶちゃん注:スズメ目スズメ亜目ツグミ科ツグミ属アカハラ Turdus chrysolaus、及びよく似ている近縁種の、ツグミ属マミチャジナイ Turdus obscurus

であろう。ウィキの「マミチャジナイ」によれば、マミチャジナイは「眉茶鶇(眉茶鶫)」「眉茶𪃹」と漢字表記するとある。一方、ウィキの「アカハラ」によれば、アカハラは『古くは、茶鶫(チャジナイ)と呼ばれていた』とありこの二つの記載をカップリングすると、「𪃹」は「ジナイ」であり、それは「アカハラ(赤腹)」を指す語であると読める。しかし、「アカハラ」は腹部がオレンジ色を呈し、その体色は以下に見る通り、仲間の「マミチャジナイ」もよく似ているのであり、現代の分類学でも同じツグミ属である。しかも「鶫」は広く、古くは「しなひ」「しない」と呼ばれていたから、「赤いシナイ」「眉の茶のシナイ」でもあったのであるから、まずこの二種としてよかろう(既にツグミは前項に出ているからでもある)。但し、私は「アカハラ」は知っていたが、「マミチャジナイ」という種名は今日只今、初めて、知った。

 先にウィキの「アカハラ」から引く。全長は二十三・五~二十四センチメートルで、、『胸部から腹部側面にかけてオレンジ色の羽毛で覆われ、和名の由来になっている。腹部中央部から尾羽基部の下面(下尾筒)にかけて』、『白い羽毛で覆われる。頭部は暗褐色の羽毛で覆われ、顔や喉は黒ずむ』。『上嘴の色彩は黒く、下嘴の色彩は黄色みを帯びたオレンジ色。後肢の色彩は黄色みを帯びたオレンジ色』。『メスは喉が白い個体が多い』。『平地から山地にかけての森林に生息』し、『食性は動物食傾向の強い雑食で、主に昆虫類を食べるが』、『果実も食べる』。『山地の森林(北海道や東北地方では平地でも)に巣を作り卵を産む』。本邦には二亜種、

アカハラTurdus chrysolaus chrysolaus(中国南部・台湾・日本・フィリピン北部)

『夏季に日本で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や日本、フィリピン北部へ南下し越冬する。日本では繁殖のため本州中部以北に飛来(夏鳥)し、冬季になると本州中部以西で越冬(冬鳥)する』。『上面が暗い緑褐色の羽毛で覆われる』。

オオアカハラ Turdus chrysolaus orii(日本、ロシア(サハリン及び千島列島))

『夏季に千島列島で繁殖し、冬季になると日本へ南下し越冬する』。『上面が濃い緑褐色の羽毛で覆われ、頭部や喉の黒みが強い。嘴は太くて長い』。

がいる。

 次にウィキの「マミチャジナイ」を引く。インド・インドネシア・タイ・中華人民共和国(香港含む)・台湾・日本・バングラデシュ・フィリピン・ベトナム・マレーシア・ミャンマー・ラオス・ロシア東部に分布。『夏季に中華人民共和国北東部やロシア東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し』、『越冬する。日本では主に渡りの途中に飛来する(旅鳥)が、少数が冬季に西日本や南西諸島で越冬(冬鳥)する』。全長は二十一・五センチメートル、翼開長は三十七センチメートル。『背面や翼は褐色、胸部から体側面にかけてはオレンジ色、腹部は白い羽毛で覆われ』、『眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は白い』。『オスの頭部は灰褐色の羽毛で覆われ、メスは頭部に灰色味が少なく、喉は白く』、『暗色の縦縞が入る』。『森林に生息』し、『食性は雑食で、昆虫類や多足類、陸棲の貝類、果実(イチイ、クサギ、ナナカマド、ハゼノキ、ミズキ等)等を食べる』とある。

「鶺に同じ」これは正直、書いて貰いたくなかった。「鶺」は通常、「鶺鴒」セキレイ類を指すからである。本邦の種等は、第四十一 水禽類 鶺鴒(せきれひ/にはくなぶり) (セキレイ)第四十二 原禽類 白頭翁(せぐろせきれい) (セキレイ)の私の注を見られたい。こういうことをしなくてはならなくなるから、書いて欲しくなかったんよ! 良安先生!

「罟(あみ)」目の細かい網を指すものと思われる。所謂、カスミ網である。]

2018/10/30

和漢三才圖會第四十三 林禽類 百舌鳥(つぐみ) (ツグミ)

Tugumi

 

つくみ      反舌 𪆰

         舎羅【梵書】

百舌鳥

 鶫【音東】 馬鳥

        【和名豆久見】

ヘツシヱツニヤウ

 

本綱百舌鳥居樹孔窟穴中狀如鴝鵒而小身畧長灰黑

色微有斑喙亦尖黑行則頭俯好食蚯引立春後則鳴

囀不已夏至後則無聲十月後則藏蟄人或畜之冬月則

死此鳥陰鳥也能反舌囀又如百鳥聲故名百舌反舌周

書月令芒種後十日反舌無聲謂之陰息

按百舌鳥【俗云眞豆久見】狀如鸜鵒灰黑色京師毎除夜炙

 食之爲祝例矣倭名抄用鶫字又一名馬鳥【字義未詳】然其

 馬鳥又誤今稱鳥馬

 

 

つぐみ      反舌

 𪆰〔(かつかつ)〕

         舎羅【梵書。】

百舌鳥

 鶫【音、「東」。】

         馬鳥〔(まてう)〕

        【和名、「豆久見」。】

ヘツシヱツニヤウ

 

「本綱」、百舌鳥、樹〔の〕孔・窟穴の中に居〔(を)〕り。狀、鴝鵒〔(くよく)〕のごとくして小さく、身、畧(ほゞ)長く、灰黑色。微かに斑有り。喙も亦、尖り、黑し。行くときは、則ち、頭を俯す。好んで蚯引(みゝず)を食ふ。立春の後、則ち、鳴き囀り〔て〕已まず。夏至の後、則ち、聲、無し。十月の後、則ち、藏蟄〔(あなごもり)〕す。人、或いは之れを畜ふ。冬月には則ち、死す。此の鳥、陰鳥なり。能く、舌を反〔(かへ)〕して囀る。又、百鳥の聲のごとし。故に「百舌〔ひやくぜつ〕」「反舌」と名づく。「周書」の「月令〔(がつりやう)〕」に『芒種の後、十日、反舌、聲、無し。之れを「陰息」と謂ふ』〔と〕。

按ずるに、百舌鳥【俗に「眞豆久見〔(まつぐみ)〕」と云ふ。】の狀〔(かたち)〕、鸜鵒〔(くろつぐみ)〕のごとく、灰黑色。京師、毎除夜に之れを炙り食ひ、祝例と爲す。「倭名抄」、「鶫」の字を用ふ。又、一名「馬鳥」【字義、未だ詳かならず。】。然れども、其の「馬鳥」を又、誤りて、今、鳥馬(ちやうま[やぶちゃん注:ママ。])と稱す。

[やぶちゃん注:スズメ目ツグミ科ツグミ属ツグミ Turdus eunomus 及びハチジョウツグミ Turdus naumanniウィキの「ツグミ」によれば、中華人民共和国南部・台湾・日本・ミャンマー北部・ロシア東部に分布し、『夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部などへ南下し』、『越冬する』。本邦には『冬季に越冬のため』、『飛来(冬鳥)する』。『和名は冬季に飛来した際に聞こえた鳴き声が』、『夏季になると聞こえなくなる(口をつぐんでいると考えられた)ことに由来するという説がある』。全長二十四 センチメートル、翼開長三十九センチメートル。『色彩の個体変異が大きく、ハチジョウツグミとの中間型もいる』。『嘴の色彩は黒く、下嘴基部は黄色』。『後肢の色彩はピンクがかった褐色』。『頭頂から後頸の羽衣は黒褐色、背の羽衣は褐色』。『喉から胸部は淡黄色、胸部から腹部の羽衣は羽毛の外縁(羽縁)が白い黒や黒褐色』。『尾羽の色彩は褐色や黒褐色』。『翼の色彩は黒褐色で、羽縁は赤褐色』。『雌雄ほぼ同色である』。『平地から山地にかけての森林、草原、農耕地などに生息する』。『越冬地では』、『まず山地の森林に群れて生息し、その後に平地へ移動し分散する』。『鳴き声(地鳴き)が和名の由来になったとする説(この場合』、「ミ」は『「鳥」や「群れ」を指す』「メ」が『なまったとされる。)もある』。『食性は雑食で、昆虫、果実などを食べる』。『農耕地や河原などの開けた地表で採食を行う』。一方、ハチジョウツグミは『夏季にシベリア北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国北部へ南下し越冬する』。『日本では冬季に越冬のため』、『少数が飛来(冬鳥)する』。『和名は八丈島で捕獲されたことに由来する』。『上面の羽衣は緑褐色や灰褐色、黒褐色』。『下面の羽衣は赤褐色や赤みを帯びたオレンジ色で、胸部から腹部は羽縁が淡褐色』。『尾羽の色彩は赤褐色や赤みを帯びたオレンジ色で』、『中央尾羽の色彩は黒い』とある。

「鴝鵒〔(くよく)〕」大変、困るのであるが、「鸜鵒(くろつぐみ)(ハッカチョウとクロツグミの混同)」で見たように良安は「ハッカチョウ」と「クロツグミ」を混同している。しかも更にさらに困ったことに、良安はこれ以前に「原禽類 吐綬雞(とじゆけい)(ジュケイ類)」その他で、「鴝鵒」を「ヒヨドリ」(スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属ヒヨドリ Hypsipetes amaurotis)とも誤認してしまうという致命的なミスを犯してしまっているのである。これは「本草綱目」の記載であり、これはヒヨドリでもクロツグミでもなく、スズメ目ムクドリ科ハッカチョウ属ハッカチョウ Acridotheres cristatellus を指すと考えねばならないのである。

「十月の後」十月過ぎて。

「舌を反〔(かへ)〕して囀る」これは、鳴き声よりも、彼らが地上で摂餌する際、そり返るように胸を張って立ち止まる様子からの、それではないか? そもそも、どうも「百鳥の聲のごとし」『故に「百舌〔ひやくぜつ〕」』というのは納得が行かない。そんな物真似の天才ではない。寧ろ、他の鳥の真似を非常に器用によくするのは、私にとっての真正の「百舌」=スズメ目スズメ亜目モズ科モズ属モズ Lanius bucephalus である。時に、序でにフライングして言ってしまうと、良安が命名の由来は解らないとしている、ツグミの異名である「馬鳥」(まちょう)というのは、まさにこの独特の目立つ摂餌行動、両足を揃えて数歩ピョンピョンと歩いては、立ち止まり、胸をそらしては、静止するという独特のポーズ(実際には索餌と同時に外敵に対する周囲への警戒監視行動である)が、地面を跳ねるように見えることかから、かくついたと考えられる。

「周書」これは「礼記」の良安の誤りであろう。

「鸜鵒〔(くろつぐみ)〕」ここは良安の謂いで、叙述から見て、混同している内の、真正のスズメ目ツグミ科ツグミ属クロツグミ Turdus cardis であると断定してよい。]

2018/10/28

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鸜鵒(くろつぐみ) (ハッカチョウとクロツグミの混同)

Kurotugumi

くろつぐみ 鴝鵒  八哥

 哵哵鳥 寒

鸜鵒【渠欲】

      【俗云黒

       豆久見】

キユイ ヨッ

 

本綱鸜鵒巢於鵲巢樹穴及人家屋脊中身首俱黑兩翼

下各有白其舌如人舌剪剔能作人言五月五日去其

舌尖則能語聲尤清越也嫩則口黃也老則口白頭上有

幘者有無幘者好浴水其睛瞿瞿然故名鸜鵒天寒欲雪

則羣飛如告故名寒皐皐者告也又可使取火也

其目睛和人乳中研滴目中令人目明能見烟霄外之物

肉【甘平】主治五痔止血【炙食或爲散】又治老嗽【臘月臘日以作羮或炙食】

三才圖會云五月鸜鵒子毛羽新成取養之以教其語俗

謂之花鴝

按鸜鵒大如伯勞其頭背正黑色胸腹白而有黑斑脛

 黑觜黑其吻黃色能囀人畜之樊中賞之其雌者臆腹

 之斑色不鮮翮黑其裏柹色

眉白鸜鵒 形狀同鸜鵒而眉白者

 

 

くろつぐみ 鴝鵒〔(くよく)〕

      八哥〔(はつか)〕

 哵哵鳥〔(ははてう)〕

      寒〔(かんこう)〕

鸜鵒【〔音、〕「渠」「欲」。】

      【俗に「黒豆久見」と云ふ。】

キユイ ヨッ

 

「本綱」、鸜鵒は鵲〔(かささぎ)〕の巢、樹〔の〕穴、及び、人〔の〕家屋の脊〔(せ)〕の中に巢〔(すく)〕ふ。身・首、俱に黑。兩翼の下、各々、白有り。其の舌、人の舌のごとく、剪剔〔(せんてき)〕して能く人〔の〕言〔(ことば)〕を作〔(な)〕す。五月五日、其の舌の尖〔(とが)〕りを去るときは、則ち、語を能くす。聲、尤も清越なり。嫩〔(わか)〕きときは、則ち、口、黃なり。老するときは、則ち、口、白し。頭の上に幘〔(さく)〕有る者あり、幘無き者〔も〕有り。好く水に浴す。其の睛(ひとみ)、瞿瞿然〔(くくぜん)〕たり。故に「鸜鵒〔(くよく)〕」と名づく。天、寒くして、雪〔(ゆきふ)らんと〕欲〔(す)〕るときは、則ち、羣飛して、告ぐるがごとし。故に「寒皐」と名づく。「皐」とは「告ぐる」なり。又、「火を取らしむべし」〔と〕なり。

其の目-睛〔(ひとみ)〕を人の乳の中に和して、研〔(と)ぎ〕て目の中に滴〔(したた)らせ〕て、人をして、目を明〔(あきら)か〕にして、能く烟霄〔(えんせう)〕の外〔そと〕の物を見せしむ。

肉【甘、平。】主〔(つかさどる)に〕、五痔を治し、血を止む【炙り食ひ、或いは散と爲す。】。又、老嗽〔(らうさう)〕を治す【臘月臘日、以つて、羮〔(あつもの)〕に作し、或いは、炙り食ふ。】。

「三才圖會」に云はく、『五月、鸜鵒の子、毛羽、新たに成〔れるを〕取り、之れを養ひ、以つて、其の語を教ふ。俗、之れを「花鴝〔(くわく)〕」と謂ふ』〔と〕。

按ずるに、鸜鵒は大いさ、伯勞〔(もず)〕のごとく、其の頭・背、正黑色。胸・腹、白くして黑斑有り。脛、黑。觜、黑。其の吻、黃色。能く囀る。人、之れを樊〔(かご)の〕中に畜〔(か)〕ひ、之れを賞す。其の雌は、臆・腹の斑色、鮮かならず。翮〔(はねくき)〕、黑。其の裏、柹色。

眉白鸜鵒〔(まゆじろくろつぐみ)〕 形狀、鸜鵒に同〔じう〕して、眉、白き者なり。

[やぶちゃん注:「くろつぐみ」とするが、ここは二種の鳥を混同してしまっている。一つは真正の、

スズメ目ツグミ科ツグミ属クロツグミ Turdus cardis

であるが、異名として挙げる「八哥〔(はつか)〕」は面倒なことに、本邦でも「くろつぐみ」の異名を持つ、

スズメ目ムクドリ科ハッカチョウ属ハッカチョウ Acridotheres cristatellus

である。しかも主標題の「鸜鵒」はもとより、異名として並ぶ「鴝鵒〔(くよく)〕」「八哥〔(はつか)〕」「哵哵鳥〔(ははてう)〕」「寒〔(かんこう)〕」の総てが、現行でもハッカチョウの異名なのである。

 ともかくも、概ね、「本草綱目」「三才図会」の記載は後者のハッカチョウのものであり、良安の記載は「胸・腹、白くして黑斑有り」という特徴から、私は真正の前者のクロツグミを言っているものと読む。

 まず、ウィキの「クロツグミより引く(太字下線は良安の評言と一致する箇所である)。『夏に』、『主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬には中国南部まで渡って越冬する。西日本では越冬する個体もいる』。体長は二十二センチメートル『ほどでツグミ』(ツグミ属ツグミ Turdus eunomus)より、『すこし小さい。日本で記録されたツグミ属の中では、最も小さい種類の一つである。 オスは全身が黒く、腹側は白地に黒の斑点が目立つクチバシとアイリング(目のまわり)は黄色。メスは全身が褐色で、胸から脇腹にかけてが』、『白地に黒の斑点があり、腹は白』。『オスメスともヨーロッパに生息するクロウタドリ』(ツグミ属クロウタドリ Turdus merula)『に少し似るが、クロウタドリは全身の羽毛が一様に黒か褐色である点等で大いに異なる。更に、クロウタドリは日本』には『通常』、『渡来しない迷鳥である』。『主に山地や丘陵地の森林に生息し、繁殖するが、平野にある森林にも生息する。繁殖期は番いで生活し、縄張りを持つ。渡りの時期には小さな群れを作り、市街地の公園で観察されることもある』。『食性は主に動物食で、林の地面をはね歩きながら、昆虫やミミズなどを捕食する』。『繁殖については、木の枝の上に、コケ類や枯れ枝、土を使って椀状の巣を作り』、五~七月に三、四『卵を産む。抱卵日数は』十二~十四日ほどで『雛は巣立つ。雛の世話はオスとメスが共同で行う』。『オスは繁殖期には大きい声で独特の囀りを行う。さえずりは複雑で、さまざまな鳥の声を自分の歌に取り入れることもよくする。日本の夏鳥で最も魅力的なさえずりを聴かせる鳥のひとつといえる。地鳴きは「キョキョキョ」など』、とある。「クロツグミ(1)さえずり」「野鳥 動画図鑑」(You Tube)をリンクしておく。

 次に、ウィキの「ハッカチョウ」を引く(太字下線は「本草綱目」との一致点)。原産地は、中国大陸南部、および、インドシナ半島。国別で言えば、中華人民共和国中部地域および南部地域、台湾、ベトナム、ラオス、ミャンマーに分布する』。『日本では外来種である。 観察された地域は、東京』・神奈川・大阪・兵庫・福島・栃木・愛知・大阪・京都・和歌山・香川・鹿児島・先島諸島で、神奈川や『兵庫などでは繁殖の記録もある』。『なお、沖縄県与那国島・鹿児島県など南日本での観察記録は、台湾などから飛来した迷鳥(すなわち自然渡来)の可能性もある』。『カナダでは、移入されたものが外来種として繁殖し、問題となっている』。全長は約二十六~二十七センチメートルで、『ムクドリ』(スズメ目ムクドリ科ムクドリ属ムクドリSturnus cineraceus)ほどの大きさがある。『全身の色は黒い。翼には大きな白い斑点があり、飛翔する際によく目立つ。下尾筒(かびとう)』『の羽縁と尾羽の先端が白い。突き出した冠羽が頭部前方を飾っているのが特徴的である(これが本文の「幘〔(さく)〕」である)』『の色は橙色、肢は暗黄色。この翼の斑点と、頭部の飾り羽によって識別は容易』。『食性は雑食で、植物の種子等のほか、タニシなど陸棲貝類、ケラなど地中棲の昆虫、甲虫類とその幼虫、イナゴ等のバッタ類である。ムクドリと同様の群れを作る例もある』。『鳴き声は、澄んだ声でさまざまな音をだす。ものまねもする習性がある』。『人によく懐き、飼い鳥とされる。人語などを真似るということでも親しまれている』。『マレーシアやシンガポールなどの都市部ではハトやすずめ以上に街中でよく見かける鳥であり、ホーカーセンター(東南アジアの屋台街)での食事中でも人をまったく怖がる様子もなく、近づいてきては食べ残しを漁っている』。『中国では、人によく懐き、人語を真似るということで親しまれている。花鳥図などの題材にもされる。また、羽毛と内臓を取り除いた八哥鳥は漢方薬として利用される』。『日本では八哥鳥を飼うとする習慣は、江戸時代に広まった。江戸初期において古九谷の陶工は八哥鳥の図柄を磁器に焼き付け、絵師・伊藤若冲は』、『その手になる』「鹿苑寺大書院障壁画」(宝暦九(一七五九)年、若冲四十四歳の時の作品)の一枚である「芭蕉叭々鳥図」に『八哥鳥を描いている』(「鹿苑寺大書院 芭蕉叭々鳥図襖絵」の一部で相国寺公式サイトのこちらのサムネイルの左の上から二番目がそれである)。『標準和名は「ハッカチョウ」、その漢字表記は「八哥鳥」』で、『異称に、「叭叭鳥(あるいは、叭々鳥)」および「哥哥鳥』『」とそれらの読み「ハハチョウ」、「鸜鵒』『および「鴝鵒』『」とそれらの読み「クヨク」、「小九官鳥』『」とその読み「ショウキュウカンチョウ」がある』(ムクドリ科キュウカンチョウ属キュウカンチョウ Gracula religiosa に姿や習性が似るが、同科ではあるが、属違いの全くの別種であるので注意されたい)。『主要原産地の一つである中国』『では、八哥の仲間(八哥属)の代表的一種としてのその名「八哥」のほかにも、「瞭哥(簡体字』『(以下同様)』『:了哥)」「鸜鵒』『(鸜)」「寒皋」「鴝鵒』『(鸲鹆)」「駕鴒(驾鸰)」「鳳頭八哥(凤头八哥)」「中國鳳頭八哥(中国凤头八哥)」、および、台湾亜種』『に固有の「加令」に、古称の「秦吉瞭(秦吉了)」といった、数多くの名で呼ばれている』。『英語名 crested myna の語義は「crest (意:鶏冠などの頭飾り。ここでは、冠羽)」の myna (すなわち、ムクドリの仲間』『(ムクドリ科Sturnidae)』で、『「冠羽を具えた椋鳥」の意である、とある。

 一つ気になるのは、上記の引用にある通り、日本ではハッカチョウを飼う習慣が江戸時代に広まったという点で、良安の意識の中には「八哥」という異名から、真正のクロツグミ以外の別種としてのクロツグミ=ハッカチョウがいたことを彼が認識していなかったというのは、やや気になるのである。「和漢三才図会」の完成は正徳二(一七一二)年頃であり、伊藤若冲の「鹿苑寺大書院障壁画」は宝暦九(一七五九)年の作品である(芭蕉の植わった庭を飛んでいるのは、襖絵だからであろう考えるにしても、襖絵に描くほどに、当時、京で賞翫されていた飼い鳥であったということであり、四十七年前の良安が全く知らないというのは、やや不自然かも知れぬと私は思うのである。

」の音は「ハツ・ハチ」であるが、「日文研」内の「近世期絵入百科事典データベース(試作版)」の「訓蒙図彙(きんもうずい)」(中村惕斎(てきさい)著寛文六(一六六六)年成立)所載のこちらの「鸜鵒(くよく)」の画像に記された『哵哵鳥(ははてう)也』のルビに基づいた。東洋文庫訳は『はつはつちょう』と振るが、従わない。上記の「ハッカチョウ」にも「ハハチョウ」とあるからである。

「鵲〔(かささぎ)〕」スズメ目カラス科カササギ属カササギ Pica pica

「脊〔(せ)〕」屋根。棟。

「剪剔〔(せんてき)〕」切り除くこと。「舌切り雀」じゃあるまいし。でも、かく書かれている以上(厳密には時珍ではなく、「集解」中の唐の本草学者陳蔵器の引用)、実際にやったんだろうなぁ、可哀想に。

「清越」音声が清らかでよく響き通ること。

「嫩〔(わか)〕き」「若き」。

「幘〔(さく)〕」中国で、髻(もとどり)を覆い隠し、髪を包むのに附けた巾(きれ)。頭巾。

「瞿瞿然〔(くくぜん)〕」「瞿然」は「目をぎょっとさせて驚くさま」であるが、ここは眼がクリクリとしているさまを指す。

『「火を取らしむべし」〔と〕なり』「雪が降って寒くなるから暖房のための火の準備をせよ!」とも告げているのである。

「研〔(と)ぎ〕て」磨って。

「烟霄〔(えんせう)〕の外〔そと〕」霞んでいる景色の向う側。

「五痔」一説に「切(きれ)痔」・「疣(いぼ)痔」・「鶏冠(とさか)痔(張り疣痔)」・「蓮(はす)痔(痔瘻(じろう))」・「脱痔」とするが、どうもこれは近代の話っぽい。

「散と爲す」粉末にして散薬とする。

「老嗽〔(らうさう)〕」老人性の気管支炎や肺炎による咳か。

「臘月臘日」陰暦十二月八日の異名。China Internet Information Center公式サイト古代からの風習に、『臘は合の意味で、新旧がつなぎあわされる時として、天地、神霊、祖先をいっしょにした「合祭」、古代に「臘祭」と称された行事をする。また、臘は猟の意味で、子孫たちが野獣を捕って、うやうやしく先祖に供えた、原始社会の祖先崇拝の遺風であるという説もある』『古代の臘日について、梁宗懍の』「荊楚歳時記」に『このような記事がある。「十二月八日を臘日といい、『臘鼓を鳴らせば、春草生ず』という諺あり。村人はみな細い腰鼓を打ち、武者の帽子をつけ、金剛力士に化装して疫を払う」。古人は臘日(またはその前日)に、金剛または力士などの神霊に化装し、踊りながら臘鼓を打ち鳴らせば、災いを除き邪を払えると思っていた』とある。なお、本邦でもこの日に年末の大事な追儺の儀式である「大儺(たいな)」を行った。

「伯勞〔(もず)〕」私の好きな、スズメ目スズメ亜目モズ科モズ属モズ Lanius bucephalus。先行する「鵙(もず)(モズ)を参照。

眉白鸜鵒」不詳。

2018/10/27

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鷑鳩(ぎうく) (謎の鳥「くろもず」(?))

 

Ryuukyuu

 

ぎうく     鵧鷑 駕犁

        載勝 烏臼

【音及九】

        鐡鸚鵡

        搾油郎

キッキウ

[やぶちゃん注:「鵧鷑」の「」は原典では「並」の左右の六・七画目が鈎(かぎ)状に四・五画に接した字であるが、これが表記出来ないこと、及び、東洋文庫訳やネット上の辞書類でこの鳥を示すのに「鵧鷑」が用いられていることから、これに代えた。]

 

本綱鳩狀小于烏能逐鳥其大如燕而黑色長尾有岐

頭上戴勝所巢之處其類不得再巢必相闘不已三月五

更輙鳴農人以爲候其聲曰架架格格至曙乃止故呼爲

搾油郞又能啄鷹鶻鳥鵲乃隼屬也

按此未知何鳥蓋搾油郞者油造家之搾郎也毎自五

更打槌其所業和漢不異

 

 

ぎうく     鵧鷑〔(へいりふ)〕

        駕犁〔(がり)〕

        載勝〔(たいしよう)〕

        烏臼〔(うきゆう)〕

【音及九】

        鐡鸚鵡〔(てつあうむ)〕

        搾油郎〔(さくゆらう)〕

キッキウ

 

「本綱」、鳩、狀、烏〔(からす)〕より小にして、能く鳥を逐ふ。其の大いさ、燕のごとくして、黑色。長き尾〔に〕、岐、有り。頭の上に「勝〔(しよう)〕」を戴す。巢〔(す)せ〕しむ處、其の類、再び、巢を得ず。必じ、相ひ闘ひて、已まず。三月〔の〕五更、輙〔(すなは)〕ち、鳴く。農人、以つて候と爲す。其の聲、「架架格格(キヤキヤ〔カクカク〕)」と曰ふ〔がごとし〕。曙に至りて、乃〔(すなは)〕ち、止む。故に呼んで、「搾油郞」と爲す。又、能く鷹・鶻鳥〔(はやぶさ)〕・鵲〔(かささぎ)〕を啄〔(ついば)〕む。乃ち、隼〔(はやぶさ)〕の屬なり。

按ずるに、此れ、未だ何鳥といふことを知らず。蓋し、「搾油郞」とは油造家(あぶらや)の搾-郎(しぼり〔て〕)なり。毎〔(つね)に〕、五更より槌〔(つち)〕を打つ。其の所-業(しわざ)〔は〕、和漢、異ならず。

[やぶちゃん注:読みの「ぎうく(現代仮名遣いは「ぎゅうく」か。東洋文庫訳はそうなっているのだ)」は頗る不審。この熟語を音読みするなら、「リウキユウ(リュウキュウ)」であるし、中国語音「lì jiū」(リィー・ヂ(ォ)ウ)を写したものか? いやいや、そんあことはどうでもいいのだ。ともかくも、遂に、良安が丸投げする、全く種不明の鳥が出現したのだ。諸異名でも中文サイトを調べてみたが、現在の種に同定比定した記事にぶつからない。

 しかし、捜しているうちに、清代の類書(百科事典)で、中国史上最大の巻数一万巻から成る、康熙帝が陳夢雷らに命じて作らせた「欽定古今図書集成」(一七二五年完成)の「博物彙編」の「禽蟲典」第四十九巻に載る、本種を描いた「鵧鷑圖」のパブリック・ドメインの画像をWikimedia Commonsのこちらで発見した。特殊な画像ファイルであったため、複数回のファイル変換とサイズ変更を行ったが、なかなかにいい絵なので、特にここに掲げることとする。

 

Gyuuku

 

 清代にかくもちゃんと描けるからには、今も実在する鳥と考えてよかろう(こんだけ他種にも強い鳥だとしたら、そう短時間に絶滅したとは思われないし、この鳥が人間にとって薬用・食用・装飾用等の何らかの強い需要を持っていて個体数が激減したり、絶滅してしまったとするなら、寧ろ、ネット上にその記載が複数登場しておかしくない。ということは、今もいるんだ。

 しかし、灯台下暗しで、試しに所持する大修館書店「大漢和辭典」の「」を引いたところが、そこには『鳩(きゅうきゅう)はくろもず』とあったのである。

 しかし、これ、「クロモズ」という種は、いないのである。

 それでも、ネット画像で調べてゆくと、モズ科 Urolestes 属シロクロオナガモズ Urolestes melanoleucus という種は、全身が黒く、尾が長くて二岐となっている点ではピッタシカンカンだ! と小躍りしたところが、残念なことに、この種はアフリカのサバンナ地帯にしか分布せず、中国にはいないのだ(英文ウィキの当該種の「Magpie shrikeと、その画像を見られたい)。

 「隼〔(はやぶさ)〕の屬」(ハヤブサ目 Falconiformes ハヤブサ科 Falconidae ハヤブサ亜科 Falconinae ハヤブサ属ハヤブサ Falco peregrinus)なんて言っているから(確かに強いもんな)、私の見当違いの、全然違う科の鳥なのかしらん?

 なんだか、今、鳩のとまっている樹の下まで来た感じがするんですけど!

 中国に棲息する、黒いモズの仲間で、この記載に合う種を御存じの方は、御教授願いたい。【18:15/追記】本日公開後、いつもお世話になっているT氏より、これではないかという指摘を戴いた。中文サイト「自然系圖鑑」の「台灣鳥類全圖鑑」の「大卷尾」で、そこには、『卷尾科 Dicruridae』『卷尾屬』で、学名は『Dicrurus macrocercus』とし、『鳴声は、『平時叫聲為粗啞的「呷啾、呷啾」,繁殖期鳴唱稍具旋律,夾雜若干破嗓的「呷啾」聲』とあり、別名を『黑卷尾、烏秋、卷尾、烏鶖(台語)』とし、古名に『鳩、鵧鷑』と出、『宋詞』に『批鵊鳥、批頰、祝鳩、烏臼鳥、鴉舅』とあるとある。また、体長は三十センチメートル、食性は節足動物(昆虫類らしい)とし、棲息地は樹林園・農園・開闊地(障害物も起伏もほとんどない野原)とあり、台湾では『留鳥』とする。単独で小さな群れを作り、飛翔能力や滞空能力は高く、素早く、飛行する空域は非常に低く、飛行中に停止して小さな角度で方向を変更することができると言ったようなことが書いてある(原文は『飛行:飛行能力強,速度快,飛行路徑呈很淺的坡浪狀,馭空能力很好,飛行中能急停及以小角度變換方向。』)リンク先の分布地図を見ると、南アジア及び東アジアで中国の南東部をカバーしていることが判る。幸い、邦文のウィキ「オウチュウ(烏秋)[やぶちゃん注:「チュウ」はママ。現代中国語烏」は「ウー)、qiū」(チ(ォ)ウである。]」に当該種の記載があり(これもT氏より御教授を受けた)、スズメ目オウチュウ科オウチュウ属オウチュウ Dicrurus macrocercus で、全長約二十八センチメートルで、『成鳥は全身が青みがかった黒色で、羽には光沢がある。尾は長く、先端が逆Y字に割れており、野外で本種を識別する際の特徴となっている。嘴と足も黒い』。『中国東部から台湾、東南アジア、インドに分布する。中国に生息する個体は、冬期には南方へ渡る』。『日本では数少ない旅鳥として、主に春に記録される。日本海の島部や南西諸島では比較的よく観察される』。『開けた森や田畑、市街地に生息する。浅く波を描くように』、『ふわふわと飛びながら、昆虫類を捕食する。「ジーッ」、「ジェー」など、やや濁った声で鳴く』とある。同ウィキには六つの亜種が挙げられており、その中で、

Dicrurus macrocercus cathoecus(中部・東部・南部中国からミャンマー東部・タイ北部・インドネシア北部)

Dicrurus macrocercus harterti(台湾)

の二種が、中国に分布していることが判った。古名と、その特徴的な二岐の尾、体色の黒さから、まず、「本草綱目」記載の「鳩」はこれと見て、間違いないように思われる。何時もながら、T氏に謝意を表するものである。同ウィキの画像は使用許諾画像であるので、貼付する。

 

Black_drongo_dicrurus_macrocercus_i

 

「勝〔(しよう)〕」婦人の髪飾り。華勝。

「巢〔(す)せ〕しむ處、其の類、再び、巢を得ず」ある鳩の個体が営巣したところには、同じ鳩の類は、営巣することは出来ない。

「五更」現在の広汎な夜明けの時間帯である、午前三時頃から五時頃。

「候」ここは田畑に入って本格的に行う農事の開始期を指している。

「「架架格格(キヤキヤ〔カクカク〕)」ピンインで「jià jià gē gē」(ヂィア・ヂィア・グゥー(ァ)・グゥー(ァ)」。これは意味よりも、同時間に鳴く鶏鳴と同じようなものなのかもしれない。

「搾油郞」「油造家(あぶらや)の搾-郎(しぼり〔て〕)」所謂、油を菜種などを叩き潰して採取する職人のこと。KAWASHIMA-YA公式サイト平出油屋さんの菜種油伝統が息づく日本の手仕事に製造過程が詳しく示されてある(動画も有り)。その圧搾過程を全くの人為でするとすれば、夜鍋仕事であることは想像に難くない。

「鷹」現行では、タカ目タカ科 Accipitridae に属する鳥の内でも比較的小さめのものを指す通称である。

「鶻鳥」先に示したハヤブサの異名。

「鵲」スズメ目カラス科カササギ属カササギ Pica pica

「五更より槌〔(つち)〕を打つ。其の所-業(しわざ)〔は〕、和漢、異ならず」珍しくどうでもいいこと言ってお茶濁し。良安先生、流石に全然判らんというのが、気が引けたのかも知れんなぁ。]

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鵙(もず) (モズ)

Mozu

もず    伯勞 伯鷯

      伯趙 博勞

      鴂【音决】

【音臭】

     【和名毛受】

チウ 【兼名苑又用鷭字

    日本紀用百舌鳥未詳】

 

本綱鵙大如鳩黑色其飛也鬷斂足竦翅也以四月鳴其

鳴曰苦苦俗以爲婦被其姑苦死所化故又名姑惡人多

惡之或云尹吉甫信后妻之讒殺子伯奇后化爲此鳥故

其所鳴之家以爲凶【此二説共傳會之言】禮記五月鵙始鳴詩豳風

七月鳴鵙之義不合以四月爲準

小兒病取鵙毛帶之卽愈小兒語遲者鵙所踏樹枝鞭

之卽速語【病一名繼病母有娠乃兒病如瘧痢他日相

繼腹大或瘥或發他人有娠相近亦煩】

 万葉春されは鵙の草莖見えすとも我はみやらん君かあたりを

按鵙形似鳩而小頭背至尾黃褐色及眼觜顔容似小

 鷂眼邊黑眼上白條引頰觜黑而末曲頰臆白腹黃赤

 有黑橫彪翮白羽黑脛掌黑爪利而毎摯小鳥食之人

 畜之代鷹作遊獵耳其聲高喧如言奇異夏月鳴冬止

 其肉味似雀其氣臊常人不食之鵙皮硬而毛難脱三

 才圖會云鵙飛不能翺翔竦翅上下而已食肉不食穀

 鵙善制蛇【鳴卽蛇結】或曰金得鵙之血則昏【淮南子云伯勞血塗金人不敢

 取蓋於今世難甚信用】

 

 

もず    伯勞 伯鷯〔(はくれう)〕

      伯趙 博勞

      鴂【音、「决〔(ケツ)〕」。】

【音、「臭」。】

     【和名、「毛受」。】

チウ 【「兼名苑」に、又、「鷭」の字を用ひ、

  「日本紀」に「百舌鳥」を用ふ。未だ

    詳らかならず。】

 

「本綱」、鵙、大いさ、鳩のごとく、黑色。其の飛ぶや、足を鬷-斂〔(あはせちぢ)めて〕、翅を竦(そばだ)つ。四月を以つて鳴き、其の鳴くこと、「苦苦(クウクウ)」と曰ふ。俗、以爲〔(おもへら)〕く、婦、其の姑〔(しうとめ)〕の苦を被〔(かふむ)りて〕死して化する所〔と〕。故に又、「姑惡」と名づく。人、多く、之れを惡〔(にく)〕む。或いは云はく、『尹吉甫〔(いんきつぽ)〕、后妻〔(ごさい)〕の讒〔(ざん)〕を信じ、子の伯奇を殺し、后〔(のち)〕、化して此の鳥と爲る〔と〕。故に、其れ、鳴く所の家、以つて凶と爲す』〔と〕【此の二説、共に傳會〔(いひつたへ)〕の言なり。】「禮記」、『五月に、鵙、始めて鳴く』〔と〕。「詩」の「豳風〔(ひんぷう)〕」に『七月鳴鵙〔七月 鵙 鳴き〕』の義〔あれども〕、合はず。四月を以つてと爲す。

小兒〔の〕「病(をとみしけ)」〔は〕、鵙の毛を取り、之れを帶〔ぶれば〕卽ち愈ゆ。小兒〔の〕語〔の〕遲〔き〕者〔は〕、鵙〔の〕踏〔める〕所の樹枝にて、之れを鞭〔(むちう)たば〕、卽ち速く語る【「病」、一名、「繼病〔(つぎのやまひ)〕」、母、娠〔(はらみ)〕有れば、乃〔(すなは)ち〕、兒、病〔みて〕、「瘧痢〔(ぎやくり)〕」のごとし。他日、相ひ繼ぎて、腹、大〔きく〕、或いは瘥〔(い)へ〕、或いは發〔(はつ)〕す。他人〔の〕娠〔(はらみ)〕有るにも、相ひ近〔づく〕も亦、煩ふ。】。

 「万葉」

   春されば鵙の草莖見えずとも

      我はみやらん君があたりを

按ずるに、鵙、形、鳩に似て小さく、頭・背〔より〕尾に至〔るまで〕黃褐色、及び、眼・觜・顔の容〔(かたち)〕、小さき鷂〔(はいたか)〕に似る。眼の邊り、黑く、眼上の白條〔は〕頰〔まで〕引く。觜、黑くして、末〔は〕曲る。頰・臆〔(むね)〕、白。腹、黃赤〔にして〕黑〔き〕橫〔の〕彪〔(とらふ)〕有り。翮〔(はねくき)〕は白く、羽は黑し。脛・掌、黑。爪、利にして毎〔(つね)〕に小鳥を摯〔(と)〕り、之れを食ふ。人、之れを畜〔(か)〕ひ、鷹の代〔はりとして〕遊獵を作〔(な)〕すのみ。其の聲、高く喧〔(かまびす)〕し。「奇異〔(キイ)〕」と言ふがごとし。夏月、鳴きて、冬、止む。其の肉味、雀に似〔るも〕、其の氣〔かざ〕、臊〔(なまぐさ)く〕、常の人〔は〕之れを食はず。鵙の皮〔は〕硬くして、毛、脱け難〔(にく)〕し。「三才圖會」に云はく、『鵙、飛〔ぶも〕翺翔〔(かうしやう)たる〕能はず、翅を竦〔(そばだ)てて〕上下するのみ。肉を食ふ』〔と〕。穀を食はず。鵙、善く蛇を制す【鳴かば、卽ち、蛇、結〔(けつ)〕す。】。或いは曰はく、『金〔(きん)〕、鵙の血を得ば、則ち昏〔(くら)〕し【「淮南子〔(えなんじ)〕」に云はく、『伯勞の血、金に塗らば、人、敢へて取らず』〔と〕。蓋し、今の世、甚だ、信用し難し。】。

[やぶちゃん注:私の好きな、スズメ目スズメ亜目モズ科モズ属モズ Lanius bucephalus。本邦ではほかに、アカモズ Lanius cristatus superciliosus(環境省レッドリストで絶滅危惧種(EN)指定)・シマアカモズ Lanius cristatus lucionensis・オオモズ Lanius excubitor・チゴモズ Lanius tigrinus(同前絶滅寸前種(CR)指定)が見られる。以下、ウィキの「モズ」から引く。『日本、中国東部から南部、朝鮮半島、ロシア南東部(樺太南部含む)に分布している』。『模式標本』亜種モズ(Lanius bucephalus bucephalus)『の産地(模式産地)は日本。日本の北海道、本州、四国、九州に分布している』。『中国東部や朝鮮半島、ウスリー南部、樺太で繁殖し、冬季になると』、『中国南部へ南下し』、『越冬する』。『日本では基亜種が周年生息(留鳥)するが、北部に分布する個体群や山地に生息する個体群は秋季になると南下したり』、『標高の低い場所へ移動し越冬する』。『南西諸島では渡りの途中に飛来(旅鳥)するか、冬季に越冬のため』、『飛来(冬鳥)する』。全長十九~二十センチメートル。『眼上部に入る眉状の筋模様(眉斑)、喉や頬は淡褐色』。『尾羽の色彩は黒褐色』。『翼の色彩も黒褐色で、雨覆や次列風切、三列風切の外縁(羽縁)は淡褐色』。『夏季は摩耗により頭頂から後頸が灰色の羽毛で被われる(夏羽)』。『オスは頭頂から後頸がオレンジ色の羽毛で被われる』。『体上面の羽衣が青灰色、体側面の羽衣はオレンジ色、体下面の羽衣は淡褐色』。『また』、『初列風切羽基部に白い斑紋が入る』。『嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く筋状の斑紋(過眼線)は黒い』。『メスは頭頂から後頸が褐色の羽毛で被われる』。『体上面の羽衣は褐色、体下面の羽衣は淡褐色の羽毛で被われ』、『下面には褐色や黒褐色の横縞が入る』。『過眼線』(嘴の基部から眼の前後を通る線状模様)『は褐色や黒褐色』。『開けた森林や林縁、河畔林、農耕地などに生息』し、『食性は動物食で、昆虫』や甲殻類等の節足動物、『両生類、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる』。『樹上などの高所から』、『地表の獲物を探して襲いかかり、再び樹上に戻り』、『捕えた獲物を食べる』。『様々な鳥(百の鳥)の鳴き声を真似た、複雑な囀りを行うことが』、『和名の由来(も=百)』。二~八月に、『樹上や茂みの中などに』、『木の枝などを組み合わせた皿状の巣を雌雄で作り』、四~六『個の卵を産む』。『年に』二『回繁殖することもある。カッコウに托卵されることもある』。『メスのみが抱卵し、抱卵期間は』十四~十六『日。雛は孵化してから約』十四『日で巣立つ』。特異な習性である「はやにえ」の項。『速贄と書く。モズは捕らえた獲物を木の枝等に突き刺したり、木の枝股に挟む行為を行う。秋に初めての獲物を生け贄として奉げたという言い伝えから「モズのはやにえ(早贄)」といわれた』。『稀に串刺しにされたばかりで生きて動いているものも見つかる。はやにえは本種のみならず、モズ類』(Laniidae)『がおこなう行動である』。『秋に最も頻繁に行われるが、何のために行われるかは、よく分かっていない。ワシやタカとは違いモズの足の力は弱く、獲物を掴んで食べる事ができない。そのため小枝や棘をフォークのように獲物を固定する手段として使用しているためではないかといわれている』。『また、空腹、満腹に関係なくモズは獲物を見つけると本能的に捕える習性があり、獲物を捕らえればとりあえずは突き刺し、空腹ならばそのまま食べ、満腹ならば残すという説もある』。『はやにえにしたものを後でやってきて食べることがあるため、冬の食料確保が目的とも考えられるが、そのまま放置することが多く、はやにえが後になって食べられることは割合少ない。また、はやにえが他の鳥に食べられてしまうこともある。近年の説では、モズの体が小さいために、一度獲物を固定した上で引きちぎって食べているのだが、その最中に敵が近づいてきた等で獲物をそのままにしてしまったのがはやにえである、というものもあるが、餌付けされたモズがわざわざ餌をはやにえにしに行くことが確認されているため、本能に基づいた行動であるという見解が一般的である』。『はやにえの位置は冬季の積雪量を占うことができるという風説もある。冬の食糧確保という点から、本能的に積雪量を感知しはやにえを雪に隠れない位置に造る、よって位置が低ければその冬は積雪量が少ない、とされるが、はやにえ自体の理由は不明である』。『秋から』十一『月頃にかけて「高鳴き」と呼ばれる』、『激しい鳴き声を出して』、『縄張り争いをする。縄張りを確保した個体は縄張りで単独で越冬する。

 なお、「早贄(はやにえ)」については、私自身、何度も串刺しの百足・蛙・蜥蜴・山椒魚・井守等を何度も現認(富山県高岡市伏木矢田新町奥の二上山麓内)した経験から、非常に興味を持っている。私の電子化では、「生物學講話 丘淺次郎 三 餌を作るもの~(1)」がよく、具体例では、まさに富山のケースである「譚海 卷之一 越中國もず巣をかくるをもて雪を占(うらなふ)事」、青森のケースの「谷の響 一の卷 十三 自串」も「はやにえ」に関連した面白い記事と思うので紹介しておく。

「鵙【音、「臭」。】」不審。この音表示は日本語のそれを示すのであるから、これではおかしい。「鵙」の音は呉音で「キヤク(キャク)」、漢音で「クヱキ(ケキ)」、慣用音でも「ゲキ」であるのに対し、「臭」は呉音で「ク・シユ(シュ)」、漢音で「キウ(キュウ)・シウ(シュウ)」で一致を見ないからである。現代中国語でも、「鵙」は二声でピンイン「」・ウェード式「chü」であるのに対し、「臭」は四声でピンイン「chòu」・ウェード式「ch'ou」であって、カタカナ音写をしてみても、前者は「ヂィー」、後者は「チォゥ」で、やはり異なるからである。因みに、旧来の中国の韻字から見ても、共通性はない。

「兼名苑」唐の釈遠年撰とされる字書体の語彙集であるが。現在は亡失して伝わらない。「本草和名」・「和名類聚鈔」・「類聚名義抄」に多く引用されてある。

「鷭」これは現行、本邦では、ツル目クイナ科 Gallinula 属バン Gallinula chloropus に当てられてしまっている

「日本紀、「百舌鳥」を用ふ」「日本書紀」では、「仁德天皇四三年九月庚子朔」(三五五年)・「仁德天皇六七年十月丁酉」・「仁德天皇八七年十月己丑」・「履中天皇六年十月壬子」(四〇五年)・「大化二年三月辛巳」(六四六年)・「白雉五年十月壬子」(六五四年)に、地名・人名を含めて計七箇所、「百舌鳥」で出現する。

「鬷-斂〔(あはせちぢ)めて〕」音は「ソウレン」で、「鬷」は「集まる・蝟集する」、「斂」は同じく「集める」であるが「縮めて纏めるの意もある。訓は東洋文庫のこの部分の訳を参考に添えた。

「苦苦(クウクウ)」これは「苦」中国語の音。ピンイン「」(カタカナ音写「クゥー」)である。

「以爲〔(おもへら)〕く」思っていることには。言い伝えらて、そう考えられていることには。

「姑〔(しうとめ)〕の苦」義母の虐(いじ)め。

『故に又、「姑惡」と名づく。人、多く、之れを惡〔(にく)〕む』夫の母を怨んでの変化(へんげ)であり、孝の道義に反するからであろう。

「尹吉甫」周の宣王(紀元前八二八年~紀元前七八二年)の臣下で、中国北方及び西北方にいた異民族である玁狁(けんいん)を征伐したことで知られ、「詩経」の「大雅」中の幾つかの詩の作者としても知られる。ウィキの「尹吉甫」によれば、『尹吉甫の子の伯奇(はくき)が、継母の嘘によって家を追いだされた説話は多くの書物に引かれており、書物によってさまざまに話が変形している』。「風俗通義」の「正失篇」に『よれば、曽子が妻を失ったとき、「尹吉甫のように賢い人に伯奇のような孝行な子があっても(後妻のために)家を追放されることがある」と言って、再婚しなかったという』。また、劉向(りゅうきょう)の「説苑(ぜいえん)」の佚文(「漢書」の「馮奉世(ふうほうせい)伝」の「顔師古注」及び「後漢書」の「黄瓊(こうけい)伝」の「章懐太子注」に引かれている)に『よると、伯奇は前妻との子で、後妻との子に伯封がいた。後妻は伯封に後をつがせようとして、わざと衣の中に蜂を入れ、伯奇がそれを取ろうとする様子を見せて、伯奇が自分に欲情していると夫に思わせた。夫はそれを信じ』、『伯奇を追放したという』。但し、「説苑」では、『伯奇を尹吉甫の子ではなく』、『王子としている』。「水経注」の引く揚雄「琴清英」に『よると、尹吉甫の子の伯奇は継母の讒言によって追放された後、長江に身を投げた。伯奇は夢の中で水中の仙人に良薬をもらい、この薬で親を養いたいと思って』、『歎きの歌を歌った。船人は』、『その歌をまねた。吉甫は舟人の歌が伯奇のものに似ていると思って』、『琴で「子安之操」という曲を弾いた』とし、蔡邕(さいよう)は「琴操」の「履霜操」で、『この曲を』、『追い出された伯奇が作ったものとし、宣王がこの曲をきいて』、『孝子の歌詞であるといったため、尹吉甫はあやまちに気づ』き、『後妻を射殺したする』とある。また、『曹植「令禽悪鳥論」では、尹吉甫は伯奇を殺したことを後悔していたが、ある日』、『尹吉甫は伯労(モズ)が鳴くのを聞いて伯奇が伯労に生まれかわったと思って、後妻を射殺したと言う』ともある。

「禮記」「五月に、鵙、始めて鳴く」「礼記」「月令(がつりょう)」に、

   *

小暑至、螳蜋生。鵙始鳴、反舌無聲。

 (小暑、至れば、螳蜋(たうらう)生じ、鵙、始めて鳴き、反舌(うぐひす)、聲、無し)

   *

とある。「螳蜋」は「蟷螂」でカマキリのこと。

「詩」「豳風〔(ひんぷう)〕」「詩経」の「国風」の最後にある「豳風」は、ここまでの「国風」の詩が各地方の民謡を載せているのとは異なる。豳というのはは周王朝発祥の地であり、中でも、ここで示されている「七月」の詩篇は、周公旦(古伝では「豳風」は殆んどが周公旦の作とする)が先祖の代(西周が鎬京(こうけい)に都する、紀元前千百年頃前の周の草創期)の農事を偲んで詠じたものとされ、後代に於いては太平の世の農村の祝祭歌とされてきた。「七月」の第三連に(訓読は昭和三三(一九五八)年岩波書店刊の吉川幸次郎注「中國詩人選集 二 詩經國風 下」を参考にした。但し、私の趣味で従っていない部分もある)、

   *

 七月流火

 八月萑葦

 蠶月條桑

 取彼斧

 以伐遠揚

 猗彼女桑

 七月鳴鵙

 八月載績

 載玄載黃

 我朱孔陽

 爲公子裳

 (七月 流(くだ)る火あり

  八月 萑(よし)と葦(あし)とあり

  蠶(かひこ)の月 桑の條(えだ)

  彼(か)の斧と(ておの)とを取り

  以つて遠く揚がれるを伐(き)り

  彼の女 桑を猗(しご)けり

  七月 鳴く鵙(もず)

  八月 載(すなは)ち績(つむ)ぐ

  載ち玄(くろ)く 載ち黃なり

  我が朱は孔(はなは)だ陽(あざや)かにして

  公子の裳(も)と爲(な)す

   *

とある。全篇の訓読と注raccoon21jpのブログ」こちらを一つリンクさせておく。

『七月鳴鵙〔七月 鵙 鳴き〕』の義〔あれども〕、合はず。四月を以つてと爲す。

「小兒〔の〕病(をとみしけ)」これは所謂、「おとみづはり(おとみづわり)」「おとづわり」のことである(他に「おとむじり」「おとまけ」等)。小学館「日本国語大辞典」によれば、「弟見悪阻」で、『小児の病の名。乳児のある母が、次の子をみごもって、つわりを起したために、その乳児が乳離れ』させられた結果、その子に起る病気を言う(やや原記載に不満があるので、最後の個所を個人的に書き変えた)。別に、同辞典の「おとみ」(弟見)の条を見ると、『(弟を見るの意から)乳のみ児のいるうちに次の子を妊娠すること』とし、後の方言の項で『乳離れしない子が母親の懐妊によって陥る栄養不良』(採集地は青森県・宮城県・秋田県・飛彈・高知県)とし、他に「おとみまけ」(宮城県・新潟県)を、「おとみよわり」(飛彈)、「おとみわずらい」(富山)と記す。国語学者佐藤貴裕氏のサイト「ことばへの窓」内の「理由なく消える語」(『月刊日本語学』一九九九年九月号所収)で徹底的に考証されている。必読! しかし、何故、この症状が「鵙の毛を取り、之れを帶〔ぶれば〕卽ち愈ゆ」かは判らぬ。良安は後で「鵙の皮〔は〕硬くして、毛、脱け難〔(にく)〕し」と言っていることと関係するのかも知れぬが、判らぬ。私が考えたのは、先の伝承の伯奇(義兄)・伯封(義弟)との類感呪術の可能性であった。潔白なのに実の父から追放され、入水して死んだとなれば、その毛一本でも、弟を思わぬ兄の病いの戒めとなろうからである。

「小兒〔の〕語〔の〕遲〔き〕者〔は〕」言語遅滞。

「鵙〔の〕踏〔める〕所の樹枝にて、之れを鞭〔(むちう)たば〕、卽ち速く語る」これも明らかな類感呪術だが、最早、私の乏しい想像を超えている。何方か、お教え願いたい。

「瘧痢〔(ぎやくり)〕」「瘧」は間歇性熱性疾患で、概ねマラリアを指し、ここはそれに伴う激しい下痢症状をいう。

「他日、相ひ繼ぎて」激しい止瀉が治まった後、あい次いで。

「腹、大〔きく〕、或いは瘥〔(い)へ〕、或いは發〔(はつ)〕す」突如、腹部が膨満膨張する症状が現われたり、或いは病気がそのまま治ったり、或いはまた同じように激しい熱性下痢症状を再発したりする。

「他人〔の〕娠〔(はらみ)〕有るにも、相ひ近〔づく〕も亦、煩ふ」驚天動地、母が弟を妊娠していなくても、全くの他人で近くに妊娠した婦人がある場合でも、この病気を発症する、というのである。これは最早、類感・共感呪術の域を越えて、フロイト的な精神分析の領域という気がしてくる。

「万葉」「春されば鵙の草莖見えずとも我はみやらん君があたりを」「万葉集」巻第十の「春の相聞」歌群の中の一首(一八九七番)であるが、「草莖」は「草潛」の誤り

   *

    鳥に寄せたる

 春されば百舌鳥の草潛(くさぐ)き見えずともわれは見やらむ君の邊(あたり)をば

   *

「春されば」春が来ると。「百舌鳥の草潛き」「草ぐき」は動詞「草ぐく」の連用形で「草の中にくぐもれる・くぐり抜ける」というモズが草藪に潜り込んで身を隠して見えなくなること。以下の「見えず」を導く序詞である。

「翺翔〔(かうしやう)〕」鳥が空高く飛ぶこと。

「鳴かば、卽ち、蛇、結〔(けつ)〕す」鵙が鳴くだけで、蛇は忽ち、蜷局(とぐろ)を巻いて(=「結」)怖気(おじけ)て身を守ろうとする。

「金〔(きん)〕、鵙の血を得ば、則ち昏〔(くら)〕し」金にモズの血を塗り付けると、忽ちのうちに黄金の輝きを全く失ってしまう、というのである。

「淮南子〔(えなんじ)〕」前漢の武帝の頃に淮南(わいなん)王であった劉安(高祖の孫)が学者達を集めて編纂させた一種の百科全書的性格を備えた道家をメインに据えた哲学書(日本では昔からの読み慣わしとして呉音で「えなんじ」と読むが、そう読まねばならない理由は、実は、ない)。捜し方が悪いのか、「淮南子」の現行の本文には見出せないのだが、「欽定續通志」の巻一百七十九の一節に、

   *

伯勞、一名伯鷯、一名博勞、一名伯趙、一名鶪、一名鴂。形似鴝鵒。鴝鵒、喙黃、伯勞、喙黑。「月令」、『候時之鳥』。「左傳」云、『伯趙氏司至以夏至鳴冬至止。故以名主二至之官』。「淮南子」云、『伯勞之血、塗金、人不敢取』。

   *

と、確かにあるのを見つけた。]

2018/10/26

和漢三才圖會第四十三 林禽類 鳹(ひめ・しめ) (シメ)

Sime

ひめ      倭名抄云

今云しめ    鳹【比米】白喙鳥

        鵑【志米】小青雀

【音黔】

 

按鳹狀似桑而稍小頭淺黃赤肩背灰白翼黒中挾

[やぶちゃん注:「」=(上)「戸」+(下)「鳥」。]

 白羽腹灰白觜大短而灰白眼下頤下正黒脛掌微黃

 常棲山林鳴聲似山雀而大春月囀出數品聲畜之食

 雜穀肉味有油臭氣不佳爲囮捕桑蓋鳹【本名比米俗誤

 曰志米】 鴲【和名抄所謂志米是也】小青雀也未詳形狀

 

 

ひめ 音は賢    「倭名抄」に云はく、

今、「しめ」と云ふ。 『鳹【「比米」。】、白き

           喙〔(くちばし)〕の鳥。

           鵑【「志米」。】、小〔さ

           き〕青雀』〔と〕。

【音、「黔〔(キン)〕」。】

 

按ずるに、鳹、狀、桑(まめまはし)に似て、稍〔(やや)〕小さく、頭、淺黃赤。肩・背、灰白。翼、黒〔の〕中に白羽を挾む。腹、灰白。觜、大きく短くして灰白。眼の下・頤〔(あご)〕の下、正黒。脛・掌、微黃。常に山林に棲む。鳴き聲、山雀〔(やまがら)〕似て大〔なり〕。春月、囀〔るに〕、數品〔(すひん)〕の聲を出だす。之れを畜〔(か)ふに〕、雜穀を食ふ。肉味、油臭〔き〕氣〔(かざ)〕有〔りて〕佳ならず。囮(をとり)と爲して桑〔(まめまはし)〕を捕れり。蓋し、鳹【本名、「比米」。俗、誤りて「志米」と曰ふ。】・鴲【「和名抄」の謂ふ所の「志米」〔とは〕是れなり。】、小さき青雀なりと〔いへども〕、未だ形狀を詳らかにせず。[やぶちゃん注:「」=(上)「戸」+(下)「鳥」。]

[やぶちゃん注:スズメ目スズメ亜目スズメ小目スズメ上科アトリ科 Carduelinae亜科シメ属シメ Coccothraustes coccothraustes「本草綱目」にないことから、標題部分の表記が今までにないものとなっている。しかし以下に示す通り。シメは分布から見ても中国にも棲息し、分布域も中国東部・北部をカバーしていて(ウィキの分布域地図を参照)、中文ウィキの「嘴雀」にも中国での異名として「鴲」「腊嘴雀」「老西子」「鉄嘴蜡子」等がある。最後の「鉄嘴蜡子」は前項桑鳲(まめどり・まめうまし・いかるが)(イカル)」の「鐵嘴鳥」の注で本種を有力な候補とした経緯があり、或いはそれが、本種なのではあるまいかとも思うのである(但し、「本草綱目」にはそれらしい鳥名が見当たらないのだけれも)。まずシメの分布から。「ブリタニカ国際大百科事典」によれば、『繁殖地はヨーロッパから東アジア』・『カムチャツカ半島に及ぶ。ヨーロッパや中央アジア』・『アムール川流域周辺では留鳥だが』、『ほかの繁殖地では夏鳥』で、『越冬には地中海地方や東アジア中部』・『南部へ渡る。繁殖するのは山地の森林だが』、『冬には公園や人家付近の高木によく飛来し』、『地上でも採食する。木の実』・『新芽などを主食とするが』、『夏季には昆虫類も多く食べる。日本には』十『月に冬鳥として渡来するものが多いが』、『北海道と本州北部の一部で繁殖もしている』とある。次にウィキの「シメ」を引く。『蝋嘴鳥(ろうしょうちょう)という異称がある。「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっている』。『全長約』十八センチメートルで、『スズメより大きく、ヒバリほどの大きさである』。『雄の成鳥は、頭の上部と耳羽が茶褐色、頸の後ろは灰色。嘴は鉛色、円錐で太く大きい。冬羽になると』、『肌色になる。風切羽は青黒色、背中は暗褐色、尾も暗褐色で、外側尾羽に白斑がある。目からくちばしの周りや』、『のどにかけて黒色で、胸以下の体下面は淡い茶褐色』。『雌は雄より全体的に色が淡く、風切羽の一部が灰色』。『コイカル』(アトリ科イカル属コイカル Eophona migratoria)『の雌と似ているが、コイカルのほうがずっと細身で尾も長い』。『平地から山地の落葉広葉樹林や雑木林に生息する。また、市街地の公園、人家の庭でも見ることができる』。『ムクノキ、エノキ、カエデなどの種子を主食とする。果肉の部分は摂取せず、太い嘴で硬い種子を割って中身を食べる』。『地鳴きは「チチッ」「ツイリリーッツー」。他のアトリ科の鳥と比べると鋭い声である』とある。

『「倭名抄」に云はく……』巻十八の「羽族部第二十八 羽族名第二百三十一」に、続けて、

   *

鳹 「陸詞切韻」云、『鳹』【音「黔」。又、音「琴」。「漢語抄」云『比米』。】、白喙鳥也。

鴲 「孫愐切韻」云、『鴲』【音「脂」。「漢語抄」云、『之女』】、小青雀也。

   *

と出る。

「桑(まめまはし)」前項のスズメ目アトリ科イカル属イカル Eophona personata

「山雀〔(やまがら)〕」スズメ目スズメ亜目シジュウカラ科シジュウカラ属ヤマガラ Parus varius。この三十五項後に出る。

「小さき青雀なりと〔いへども〕、未だ形狀を詳らかにせず」珍しく良安は実際に本種を観察したことがないと述べている。]

和漢三才圖會第四十三 林禽類 桑鳲(まめどり・まめうまし・いかるが) (イカル)

Ikaru

まめどり   竊脂 青雀

まめうまし  蠟觜雀

いかるか

 

サンプウ

[やぶちゃん注:「」=(上)「戸」+(下)「鳥」。]

 

本綱桑山林有之大如鴝鵒蒼色有黃斑點好食粟稻

其觜喙微曲而厚壯光瑩或淺黃淺白或淺青淺黑或淺

玄淺丹其類有九種皆以喙色別之非謂毛色也今俗多

畜其雛教作戯舞

三才圖會云蠟觜鳥似雀而大嘴如黃蠟色故名能歌舞

聽人曲調則以嘴啣紙糊瞼子搬演法戯移腔換套必按

音節又有一種鐵嘴鳥

                  宣高

 著聞集いかるかよ豆うましとは誰もさそひしりこきとは何を鳴くらん 

按桑狀小於鳩項黑腹背灰青色羽末黑有白斑嘴

 微曲而厚淺黃白色尾短好食豆粟故名豆甘美【俗以爲豆

 迥】常鳴春月能囀【如言比志利古木利】倭名抄鵤【伊加流加】斑鳩【同共誤也】

 

 

まめどり   竊脂〔(せつし)〕 青雀

まめうまし  蠟觜雀〔(らうしじやく)〕

いかるが

 

サンプウ

[やぶちゃん注:「」=(上)「戸」+(下)「鳥」。]

 

「本綱」、桑、山林に、之れ、有り。大いさ、鴝鵒(ひよどり)のごとし。蒼色にして黃斑點有り。好みて粟・稻を食ふ。其の觜-喙〔(くちばし)〕、微〔かに〕曲〔(きよく)〕にして、厚〔く〕壯〔(つよ)〕し。光瑩〔(くわうえい)あり〕。或いは淺黃・淺白、或いは淺青・淺黑、或いは淺玄〔(ぐろ)〕・淺丹〔(に)〕。其の類、九種有り、皆、喙の色を以つてす。之れを別かつに、毛色を謂ふには非ざるなり。今、俗、多く其の雛を畜〔(か)〕ひて、戯〔れの〕舞〔ひ〕を作〔(な)す〕を教ふ。

「三才圖會」に云はく、『蠟觜鳥は雀に似て大〔なり〕。嘴、黃蠟〔(わうらう)〕の色のごとし。故に名づく。能く歌舞す。人の曲調を聽くときは、則ち、嘴を以つて、紙を啣〔(ふく)〕み、瞼-子〔(ひとみ)〕を糊〔(のり)〕して、演法を搬〔(うつ)〕す。戯〔れに〕腔〔を〕移〔して〕套〔(たう)〕を換〔ふるも〕、必ず、音節を按ず。又、一種、有り、「鐵嘴鳥」〔といふ〕』〔と。〕

[やぶちゃん注:「三才図会」の後半部は訓点が殆んどない。悪意を以って言うと、良安は読めなかったのではないかとも思われる。訓読は全く私の力技に過ぎないので、ご注意あれ。]

 「〔古今〕著聞集」        定高

   いかるがよ豆うましとは誰〔(たれ)〕もさぞ

      ひじりこきとは何を鳴くらん 

按ずるに、桑、狀、鳩より小さく、項〔(うなじ)〕、黑。腹・背、灰青色。羽の末〔は〕黑〔くして〕白斑有り。嘴、微かに曲りて厚く、淺黃〔(あさぎ)の〕白色。尾、短し。好みて豆・粟を食ふ。故に「豆甘美(〔まめ〕うまし)」と名づく【俗に以つて爲「豆迥〔(まめまはし)〕」と爲す。】常に鳴く。春月、能く囀る【「比志利古木利〔(ひじりこきり)〕」と言ふがごとし。】。「倭名抄」に『鵤【伊加流加〔(いかるが)〕。】・斑鳩【同。】』〔とあれど〕、共に誤りなり。

[やぶちゃん注:最後の部分は「和名類聚鈔」を確認、最後の割注の「同」の後の部分は良安の評言が紛れ込んでいる。これは誤りではなく、原典を見ると、次の項との兼ね合いで字が詰まって空きがなくなってしまったことから、ここに押し込んだものと推定される。そういう訳で、注の外に出した。]

[やぶちゃん注:スズメ目アトリ科イカル属イカル Eophona personata。漢字表記では、現行、「鵤」「桑鳲」(「鳲」(音「シ」)はカッコウ科 Cuculidae 或いはカッコウ属 Cuculus のカッコウ類を広範に指す漢字で、本文の「」と類似する。この「」は中文サイトでも発見出来ないので、或いは良安の「尸」の転写ミスも考えられる)。ウィキの「イカル」を引く。『木の実を嘴(くちばし)で廻したり』、『転がしたりするため』、『古くは「マメマワシ」や「マメコロガシ」、木の実を好んで食べるため』、『「まめうまし」、「豆割り」などと呼ばれた。イカルという名の由来は奈良県の斑鳩とも鳴き声が「イカルコキー」と聞こえるからとも言われるが、定かではない。また』、『「イカルガ(斑鳩)」と呼ばれることもあるが』、『厳密には「斑鳩」の文字を使うのは誤用であり、「鵤」は角のように丈夫な嘴を持つ事に由来する』(太字下線やぶちゃん)。『ロシア東部の沿海州方面と日本で繁殖し、北方の個体は冬季に中国南部に渡り』、『越冬する』。『日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖するが』、『北日本の個体は』、『冬季は本州以南の暖地に移動する』。『全長は約』二十三センチメートル。『太くて大きい黄色い嘴を持つ。額から頭頂、顔前部、風切羽の一部が光沢のある濃い紺色で体の上面と』、『腹は灰褐色で下腹から下尾筒は白い。初列風切羽に白斑がある。雌雄同色である』。『主に樹上で生活するが、非繁殖期には地上で採食している姿もよく見かける。木の実や草の種子を採食する。時には、昆虫類も食べている』。『繁殖期はつがいで生活するが』、『巣の周囲の狭い範囲しか縄張りとせず、数つがいが隣接してコロニー状に営巣することが多い。木の枝の上に、枯れ枝や草の蔓を組み合わせて椀状の巣を作る。産卵期は』五~七月で、三、四個の『卵を産む。抱卵期間は約』十四『日。雛は孵化してから』十四『日程で巣立つ』。『非繁殖期は数羽から数十羽の群れを形成して生活する』、『波状に上下に揺れるように飛翔する』。『各地に様々な聞きなしが伝わ』り、例えば、『比志利古木利(ひしりこきり)』・『月日星(つきひほし)』とある。なお、後者のそれから、本種は「三光鳥」とも呼ばれるが、正式和名をそう持つ全くの別種のスズメ目カササギヒタキ科サンコウチョウ属サンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata がいるので、注意が必要である。

「竊脂〔(せつし)〕」「蠟觜雀〔(らうしじやく)〕」はその嘴の色が標準的には太く大きな黄色を呈することから、「蝋(ろう/あぶら)を竊(ぬす)む」鳥、「三才図会」にあるように、「黃蠟〔(わうらう)〕の色の」よう、則ち、「蝋燭に用いる黄蝋の色の嘴を持った雀」というのであろう。

「いかるが」地名として奈良県生駒郡斑鳩町が知られるが、この「いかるが」という名の由来は定かではない。一説にはこの地に本種が群をなしていたため、また、聖徳太子が法隆寺の建立地を探していた際、このイカルの群れが集って空に舞い上がり、仏法興隆の聖地と指し示したとする伝承もある。他にも伊香留我伊香志男命(いかるがいかしおのみこと:不詳。この斑鳩の地の古い産土神(うぶすながみ)か)が、この地の神として祀られていたからとする説もある。

「鴝鵒(ひよどり)」ここでは良安は、スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属ヒヨドリ Hypsipetes amaurotisのつもりで、このルビを振っているようだが、これは「本草綱目」の記載で、これはヒヨドリではなく、スズメ目ムクドリ科ハッカチョウ(八哥鳥)属ハッカチョウ Acridotheres cristatellus を指すと考えねばならない。

「壯〔(つよ)〕し」東洋文庫版ルビに従った。

「光瑩〔(くわうえい)〕」滑らかで光沢があり、それが光り輝くこと。

「淺黑、或いは淺玄〔(ぐろ)〕」後者の「玄」は真黒ではなく、赤又は黄を含む黒色を指す。

「紙を啣〔(ふく)〕み」目的不明。

「糊〔(のり)〕して」閉じて。

「演法を搬〔(うつ)〕す」人の演奏した曲調をそのまま真似する。

「戯〔れに〕」飼っている人が主語。

「腔」中国の劇音楽の曲調に「腔調(こうちょう)」があるが、それを指すか?

「套」東洋文庫注に『曲の数調が連なったもの』とある。

「音節を按ず」人の演奏している、その音節にピッタリと合わせる。

「鐵嘴鳥」中文サイトのこちらに、『鐵嘴(行鳥)』とし、『Greater Sandplover』(英名)、『Charadrius leschenaultii』とある。しかしこれは、チドリ目チドリ科チドリ属オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii で、本種とは縁遠い。しかし、次の独立項の、スズメ目スズメ亜目スズメ小目スズメ上科アトリ科 Carduelinae亜科シメ属シメ Coccothraustes coccothraustes 中文ウィキの「嘴雀を見ると、異名に「鉄嘴蜡子」があり、このシメはイカルに似ている。しかも「蜡」とは「蠟を塗る」の意なのだ。或いはこれではないか?

「〔古今〕著聞集」「定高」「いかるがよ豆うましとは誰〔(たれ)〕もさぞひじりこきとは何を鳴くらん」「宣高」と誤判読している(宣高などという人物は「古今著聞集」に登場しない。東洋文庫の訳者が原典にさえ当たって確認していないことが判る)。これは鎌倉中期に伊賀守橘成季によって編された説話集「古今著聞集」の「巻第二十二 魚虫禽獣」の「二條中納言定高、斑鳩を壬生(みぶの)家隆に贈るとて詠歌の事」に載る一首である。以下が原文全文。

   *

 二條中納言定高卿、斑鳩を家隆卿のもとへをくるとて、よみ侍ける、

  斑鳩よまめうましとはたれもさぞひじりうきとは何をなくらん

   *

「二条定高」(建久元(一一九〇)年~暦仁元(一二三八)年)は鎌倉前期の公卿。藤原北家勧修寺流九条家。参議九条光長の子。官位は正二位・権大納言、按察使。二条東洞院に邸宅を有していたため、「二条」と称された。参照したウィキの「二条定高」によれば、『葉室宗行から従四位下を譲られる程、親しかったが、承久の乱においては定高は兄・長房と共に後鳥羽上皇の挙兵に反対する立場に回り、宗行と運命を分けた。九条道家から信頼が厚く、特に承久の乱後にはその政治顧問の最上位を占めて』、『平経高らと道家を支えた。特に承久の乱での経緯から鎌倉幕府からは好意的に見られ、関東申次であった道家の下で実際の幕府との交渉を行っていたのは全て定高であったとされている。また、斎宮であった後鳥羽上皇の皇女・煕子』(きし)『内親王を深草の別邸で引き取ったことでも知られている』とある。新潮日本古典集成(西尾光一・小林保治校注)の「古今著聞集 下」の頭注訳に、『斑鳩よ、お前が「まめうまし」と啼くのは、豆がうまいということだと誰もそう考えているが、「ひじりうき」と啼くのは聖僧がつらいということなのか、どうしてそのように啼くのか』とある。「壬生家隆」は藤原定家と並び称された歌人藤原家隆(保元三(一一五八)年~嘉禎三(一二三七)年)。従二位・宮内卿で「壬生二位」と号した。権中納言藤原光隆の次男。「新古今和歌集」の撰者の一人で、小倉百人一首では従二位家隆として「風そよぐ楢の小川の夕暮は御禊ぞ夏のしるしなりける」が載る。家集は「壬二(みに)集」。「古今著聞集」のこの前の二条も彼と鳥絡みの贈答の記事で、家隆が無類の鳥好きであったことが判る。

『「倭名抄」に『鵤【伊加流加〔(いかるが)〕。】・斑鳩【同。】』〔とあれど〕、共に誤りなり』「和名類聚鈔」の巻十八の「羽族部第二十八 羽族名第二百三十一」には、

   *

鵤 崔禹錫「食經」云、『鵤』【胡岳反。和名「伊加流加」。】、貌似鴿而白喙者也。「兼名苑注」云、『斑鳩』【和名、上同。見「日本紀私記」。】、觜大尾短者也。

   *

とある。]

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art | Caspar David Friedrich | Miscellaneous | Иван Сергеевич Тургенев | 「プルートゥ」 | 「一言芳談」【完】 | 「今昔物語集」を読む | 「北條九代記」【完】 | 「宗祇諸國物語」 附やぶちゃん注【完】 | 「新編鎌倉志」【完】 | 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳【完】 | 「明恵上人夢記」 | 「栂尾明恵上人伝記」【完】 | 「澄江堂遺珠」という夢魔 | 「無門關」【完】 | 「生物學講話」丘淺次郎【完】 | 「甲子夜話」 | 「第一版新迷怪国語辞典」 | 「耳嚢」【完】 | 「諸國百物語」 附やぶちゃん注【完】 | 「進化論講話」丘淺次郎【完】 | 「鎌倉攬勝考」【完】 | 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記)【完】 | 「鬼城句集」【完】 | アルバム | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」【完】  | ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ | 中原中也詩集「在りし日の歌」(正規表現復元版)【完】 | 中島敦 | 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 | 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 | 伊東静雄 | 佐藤春夫 | 八木重吉「秋の瞳」【完】 | 北原白秋 | 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編【完】 | 南方熊楠 | 博物学 | 原民喜 | 和漢三才圖會 禽類 | 和漢三才圖會 蟲類【完】 | 土岐仲男 | 堀辰雄 | 増田晃 | 夏目漱石「こゝろ」 | | 夢野久作 | 大手拓次詩集「藍色の蟇」【完】 | 宇野浩二「芥川龍之介」【完】 | 宮澤賢治 | 富永太郎 | 小泉八雲 | 尾形亀之助 | 山之口貘 | 山本幡男 | 山村暮鳥全詩【完】 | 忘れ得ぬ人々 | 怪奇談集 | 映画 | 杉田久女 | 村上昭夫 | 村山槐多 | 松尾芭蕉 | 柳田國男 | 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 | 柴田宵曲 | 栗本丹洲 | 梅崎春生 | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注【完】 | 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注【完】 | 橋本多佳子 | 武蔵石寿「目八譜」 | 毛利梅園「梅園介譜」 | 毛利梅園「梅園魚譜」 | 江戸川乱歩 孤島の鬼【完】 | 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」【完】 | 津村淙庵「譚海」 | 海岸動物 | 火野葦平「河童曼陀羅」【完】 | 片山廣子 | 生田春月 | 由比北洲股旅帖 | 畑耕一句集「蜘蛛うごく」【完】 | 畔田翠山「水族志」 | 神田玄泉「日東魚譜」 | 立原道造 | 篠原鳳作 | 肉体と心そして死 | 芥川多加志 | 芥川龍之介 | 芥川龍之介 手帳【完】 | 芥川龍之介「上海游記」【完】 | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)【完】 | 芥川龍之介「北京日記抄」【完】 | 芥川龍之介「江南游記」【完】 | 芥川龍之介「河童」決定稿原稿【完】 | 芥川龍之介「長江游記」【完】 | 芥川龍之介盟友 小穴隆一 | 芸術・文学 | 萩原朔太郎 | 蒲原有明 | 藪野種雄 | 西東三鬼 | 詩歌俳諧俳句 | 貝原益軒「大和本草」より水族の部 | 野人庵史元斎夜咄 | 鈴木しづ子 | 鎌倉紀行・地誌 | 音楽 | 飯田蛇笏