フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「音楽」の129件の記事

2018/04/21

オースン・スコット・カード 無伴奏ソナタ

昨日、髪結いに行き、夕刻の妻のリハビリの帰りまでの時間潰しに、戸塚から大船まで歩いた。柏尾川には鴨や白鷺や青鷺や川鵜がいて、調整池では牛蛙が鳴いていた。皐月がすっかり満開だった。

歩きながら、アメリカのSF作家オースン・スコット・カードの「無伴奏ソナタ」Orson Scott CardUnaccompanied Sonata 1980)を読んだ(ハヤカワ文庫・冬川亘訳)。

……私は教師を辞めて以来、この6年の間、各種テクストの電子化作業以外の目的で、純粋に読書を楽しむために読んだ本は、十数冊しかない。教員時代は二日に一度は本屋に向かい、一ヶ月の本の購入総額も数万円を下らなかったが、今や、本屋には滅多に行くこともなく(今から以前に行ったのは実に一ヶ月半ほども前だ)、野人になって、ただ読むために買った本も、ただ、四、五冊しかない。書斎には、昔、買い溜めてしまった本が、あたら、紙魚の餌食となっているばかり。私は私の所持している書籍・雑誌の半分も読んでいないだろう。今日は不図、二十四年も前に買っていながら、ろくに読みもしなかったそれ(当該の原書及び訳書は十一篇の短編集)をポケットに入れて家を出たのであった……
 
この短篇、何か、ひどくしみじみしてしまった。

SFで、かく、しみじみしてしまったのことは、実に二十代の始めに読んだ、諸星大二郎の漫画で手塚賞入選した「生物都市」と、同じ彼の「感情のある風景」(これは漢文で「杜子春」をやった時に授業でも扱ったので覚えている教え子諸君も多かろう。私の小攷『立ち尽くす少年――諸星大二郎「感情のある風景」小論』もサイトにある。私は実を言うと、この「感情のある風景」を読み終わった時、図らずも落涙したことを告白しておく)ぐらいなものだのに……。しかし、まあ、ネタバレになるから、「無伴奏ソナタ」の梗概はここには書かない。一寸書いても、私の感じた「しみじみ」感は損なわれると思うからだ。

同文庫本の他の作品は、SFでも、かなり偏頗なグループに属するものであり、一冊まるごと買うのは、そうしたフリーキーでない方以外には、お薦め出来ないが、たった三十ページだし、立ち読み出来る。なされんことをお薦めする。

2017/02/02

武満徹「小さな空」

……母と最期に別れた……
 
……あの震災直後の真っ暗な聖テレジアを下る坂で……
 
……僕の心に聴こえていたのは……

……これが最も近い詠唱だった…………

2016/12/11

教え子のブラームス

このリサイタル(東京室内歌劇場リサイタルシリーズ 中川 郁太郎 バリトンリサイタル)の、現在、ライプツィヒ在住のピアニスト小野真紗子さんは僕の教え子。祖国へ戻っての、彼女の愛するブラームスの演奏の知らせに、心より祝福!

2016/09/12

「世情」というマカヤシの歌について

人をなめているのは、あの「世情」という歌だ。僕は若い頃、一時、惚れ込んだけれど、あの歌詞はしかし、今はブードゥの呪い以外の何ものでもない気がしている――
 
僕の意見に反論のある方は、是非、以下の彼女の歌詞を、高校生にも判るように注釈して戴きたいもんだ。
 
注釈の鬼である僕でさえ、これにはまっとうな注が出来ないからである。
 
でも批判的にやってみよう。
(以下、歌詞の概ねを引用するが、これは歌詞を「評論」するために必要であるからして、著作権侵害には当たらぬと存ずる。侵害請求をされた場合は、作詞者である本人に僕の疑義を総て答えて貰うことを要求するものである)
 
   *
 
世の中はいつも 変わっているから
頑固者だけが悲しい思いをする。
[やぶちゃん注:この命題は概ね正しいと言える。]
変わらないものを 何かにたとえて
その度 崩れちゃ そいつのせいにする
[やぶちゃん注:その具体例をテツテ的に提示してもらわないと、僕はこれを正しい命題と思うことは到底、出来ない。]
シュプレヒコールの波、通り過ぎてゆく
変わらない夢を、流れに求めて
[やぶちゃん注:「変わらない夢」とはそもそもが矛盾命題である。]
時の流れを止めて、変わらない夢を
見たがる者たちと、戦うため
[やぶちゃん注:矛盾命題に対する反措定を持つ集団を「正」として絶対目的を示す、これは使い古された、実におぞましい武力闘争的化石共産主義措定である。それが正しいかどうかは、まあ、留保しておこう。歌ってる、姐さんへの情動的好意として、であると同時に、僕の悪魔的部分的共感に於いて、である。]
世の中はとても臆病な猫だから
他愛のない嘘をいつもついている
[やぶちゃん注:「猫」は可愛いか? 俺はそうは思わないが、しかし、多くのこの歌を聴く者の耳には「心地よい」のであろう。だから罪のない「他愛のない嘘」「をいつもついている」のであって、許してやろう、っテカ!?]
包帯のような嘘を見破ることで
学者は世間を見たような気になる
[やぶちゃん注:前連の問題を解消せずに、より大きな嘘がある、それは許せぬ! というのか? では、僕は貴女の「猫」でいいわけだ、そうあれ、といさえあんたは強要するのだな?! 「包帯のような嘘を見破る」ことはそれなりに意味のあることだと思うが、それを貴女は馬鹿にし、そうして、そういうことは辛気臭い「学者」だけがやっていることであって、しかも「見たような気にな」ってるだけのことで、本当は全然分ってないんだと言いたいんだよな? しかして、繃帯(この字を使えよ!)のような嘘は連綿と繋がって、ほつれ、むすぼれ、結局は、一向にほどけやしない、というのであるなら、歌ってるお前は、繃帯で巻いている患部ごと、ばっさり抉り除け、というのか?!
お前は一体、何が分っていて、何をしたいんだ! と僕は反問したいのだ!
この詩は、かくも致命的の「破綻」していることは、この僕の愚劣な注からでさえも、明らかだと僕は、思う。
いや、ともかくも「学者」でない歌ってる君にだけは、その「真理」「実相」が判っているらしいじゃあないか!
では、その「教理」を是非とも拝聴したいもんだ!
納得できれば……♪ふふふ♪……是非とも
「中島みゆき教」の「広報部長」
になりたいもんだぜ!…………]

2016/09/11

まわるまわるよ 時代はまわる

私は「フォーク・ソング」なるものが、ずっと胡散臭いものだと思ってきた。今もそれは変わらない。その最たるものが、「まわるまわるよ 時代はまわる 別れと出会いを繰り返し 今日は倒れた旅人たちも 生まれ変わって歩き出すよ」という歌詞を、私はついこの間まで、時計の針が「まわるまわるよ 四時代はまわる」のであって、「別れと出会いを繰り返し」た連中もアフター・ファイブになれば「生まれ変わって歩き出すよ」(新しい恋が出来る)という軽薄な意味じゃねか! 何だ! こんなの! と思っていた人間であったのである。しかも、それをまた、「誤り」として認める気が、今以って全然ない「人種」でもあるのである――

2016/08/13

がんばりましょう!

……私は君らを別に好きでも嫌いでもないのであるが、一曲だけ好きでCDを持ってはをる。……東京タワーで昔 見かけたみやげ物にはりついてた言葉は 「努力」と「根性」! Hey Hey Hey! ……いい言上げではなかったか?! 君らも、そう、人々を元気づけたように、また、それぞれに、旅立つがよろしかろうぞ……(「宗祇諸國物語」の飯尾宗祇より)

2016/07/08

ギョーム・アポリネール詩 イヴェット・ジロー唄 「ミラボー橋」

……小さな頃から……このレコードを聴いた……忘れられぬ歌、忘れられぬイヴェット・ジローの歌声……

2016/02/05

悼――


2015/02/13

愛する人に――Adagio after Marcello BWV974 ( piano transcription by Bach ) - Alexandre Tharaud

2015/01/06

「ノスタルジア」のあの民謡の歌い手の動画!

世の中には恐るべき人がいる! その方が探し当てたタルコフスキイの「ノスタルジア」のあの民謡を歌った歌い手の方の動画である!――
Сергеева Ольга Федосеевна 2000 г

ロシア語版ウィキの「Сергеева, Ольга Федосеевна」さんの記載(やはりその方から教えて戴いた)――
既に2002年に80歳で亡くなられていた……

何か僕は哀しい気がしているのである……

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art Caspar David Friedrich Miscellaneous Иван Сергеевич Тургенев 「プルートゥ」 「一言芳談」【完】 「今昔物語集」を読む 「北條九代記」【完】 「宗祇諸國物語」 附やぶちゃん注【完】 「新編鎌倉志」【完】 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳【完】 「明恵上人夢記」 「栂尾明恵上人伝記」【完】 「澄江堂遺珠」という夢魔 「無門關」【完】 「生物學講話」丘淺次郎【完】 「甲子夜話」 「第一版新迷怪国語辞典」 「耳嚢」【完】 「諸國百物語」 附やぶちゃん注【完】 「進化論講話」丘淺次郎【完】 「鎌倉攬勝考」【完】 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記)【完】 「鬼城句集」【完】 アルバム ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」【完】  ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ 中原中也詩集「在りし日の歌」(正規表現復元版)【完】 中島敦 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 伊東静雄 伊良子清白 佐藤春夫 八木重吉「秋の瞳」【完】 北原白秋 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編【完】 南方熊楠 博物学 原民喜 和漢三才図会巻第三十八 獣類 和漢三才圖會 禽類【完】 和漢三才圖會 蟲類【完】 和漢三才圖會卷第三十七 畜類【完】 国木田独歩 土岐仲男 堀辰雄 増田晃 夏目漱石「こゝろ」 夢野久作 大手拓次詩集「藍色の蟇」【完】 宇野浩二「芥川龍之介」【完】 宮澤賢治 富永太郎 小泉八雲 尾形亀之助 山之口貘 山本幡男 山村暮鳥全詩【完】 忘れ得ぬ人々 怪奇談集 映画 杉田久女 村上昭夫 村山槐多 松尾芭蕉 柳田國男 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 柴田宵曲 栗本丹洲 梅崎春生 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注【完】 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注【完】 橋本多佳子 武蔵石寿「目八譜」 毛利梅園「梅園介譜」 毛利梅園「梅園魚譜」 江戸川乱歩 孤島の鬼【完】 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」【完】 津村淙庵「譚海」 海岸動物 火野葦平「河童曼陀羅」【完】 片山廣子 生田春月 由比北洲股旅帖 畑耕一句集「蜘蛛うごく」【完】 畔田翠山「水族志」 神田玄泉「日東魚譜」 立原道造 篠原鳳作 肉体と心そして死 芥川多加志 芥川龍之介 芥川龍之介 手帳【完】 芥川龍之介「上海游記」【完】 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)【完】 芥川龍之介「北京日記抄」【完】 芥川龍之介「江南游記」【完】 芥川龍之介「河童」決定稿原稿【完】 芥川龍之介「長江游記」【完】 芥川龍之介盟友 小穴隆一 芸術・文学 萩原朔太郎 蒲原有明 藪野種雄 西東三鬼 詩歌俳諧俳句 貝原益軒「大和本草」より水族の部 野人庵史元斎夜咄 鈴木しづ子 鎌倉紀行・地誌 音楽 飯田蛇笏