フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

カテゴリー「Miscellaneous」の456件の記事

2017/05/26

950000アクセス突破

ここのところ、ブログ・アクセスが特異的に増え(一日400や700を越える日もある)、今日に日付けが変わった前後に950000アクセスを越えてしまった。二十四日ほどで10000アクセスは特異点だ。
ページ別アクセス集計を見ると、個別では梶井基次郎の「檸檬」の授業ノートが一番で、「枕中記」が三番手であるから、高校生或いは予備校生又は大学生のアクセスが相変わらず多いのであろうと思うのだが、今回は一日、「山之口貘」の全詩を閲覧(保存)しに来られた方があったらしく、ランキング二番にカテゴリ「山之口貘」が挙がっていた。
後は「履歴書」絡みからか「南方熊楠」、そして「小泉八雲」のカテゴリ閲覧が非常に多い。
あるテクスト注が途中なのであるが、ペンディングして、これより記念テクスト作製にとりかかることとする。

2017/05/19

明日は

明日は翠嵐時代の教え子の結婚式に招待されているので更新なし。担任でもなかったのに式にまで招かれたのは恐らく初めて――

本日は

本日は髪結ひに參るによつてこれにて店仕舞ひ 心朽窩主人敬白

2017/05/17

明日は

明日は早朝より脳MRIの検査にて更新はしない。――

2017/04/17

驚きのロケーションの宿

 

昨日、27年目の結婚記念日(5月1日。僕らは結婚式をしていないので真正の「記念日」。メーデーに合わせた。当日は戸塚の写真館で二人で写真を撮り(両親族配布用)、鎌倉のドイツ料理店「シー・キャッスル」で二人でワインで乾杯して終り)の前倒しで西伊豆へ行った。

修善寺からバスで越えると、山はプチ吉野みたように咲(わら)っていて、桜吹雪の舞い散る中、僕の大好きなげんげ畑も堪能出来た。

泊まりは妻の選んだ「富岳群青」。
僕は小さな頃から、お風呂屋さんに行くと、そこの描かれていた書割の海と壮大な富士山なんて景色、あんなの、ない、と思っていたものだが、あった!!!

しょぼい携帯で撮った僕らの泊まった「波の風」の部屋からの写真は以下――

20170417102927

これが部屋の露天風呂目線――以下はそこから少し前に出たテラスの端から――

 

20170417103002

波立つ駿河湾を挟んで、富士の裾野が左へ美しく下ってゆく。これでは感動がないかも知れんので、「富岳群青」の公式サイトの写真を見られたい。

料理も絶品だった。

料金はハイ・クラスだが、今まで泊まった世間で「とれない宿」と称せられるどこよりも僕は景観と料理ともに満足出来た。
高額をとる「高級」宿に不満足に二度泊るより、ここに一泊されんことをお薦めしたい。

あまりに日本画のようなそれに、元は金持ちの別荘か何かがあったのだろうと勘ぐって尋ねたら、そこはかつて小学校だったという。
――この景観を見て育った小学生が僕はとても羨ましく思われたのだった――

2017/03/27

佐渡にて遂に田圃の中につがいの朱鷺を見る

一昨日と昨日、三度目の佐渡行――

初日、田の中を通る車道から一反隔てた直近ではつがいの朱鷺が飛び立つさまを見た――二羽とも美しい朱鷺色の微妙なグラデーションであった(やはりあれは婚姻色ではないことが実感された)――いたく感動した……

団三郎狸を祀ったとされる二ツ岩神社を訪ねた。籠り堂は近年の火災で焼け落ち、本堂(古えの山岳部の巨石信仰対象が団三郎の棲家と変換されて伝承されたのがよく判る)の屋根も潰れかけて、そのために今年の本祭の中止を告げる張り紙が淋しかった――かの妖狐に打ち勝ち、佐渡を妖狸単独の天下とした団三郎も現代では通力を失い、滅び行く運命にあるのか……

三度目にして大佐渡を一周を成就した――北の外海府の奇景奇岩は素敵だった――二ツ亀の岸にはオオヘビガイが異様に転石に附着している――元気のいいイトマキヒトデが藻の間から顔を出していた……

この島に隠棲出来ない現代の僕を、僕は少し哀しく思った…………

2017/03/20

金柑を収穫

今日は庭の金柑を収穫しようと思っている。今年はタイワンリスの襲撃が激しく、色づき始めた頃には、2/3が食い散らかされたので、やや躊躇はしたが、家の崖下の無人の家の庭の金柑(僕の家の5倍ぐらいの巨木)が全く食われていないのを見て、手近のうちのそればかりを狙っていることに気づくと、リスに対し、異様に腹が立ってきて、遂に防護の網を被せた(因みに山ほどあった崖下の家のそれは一週間もしないうちに全滅していた)。妻がジャムにして一年食べるのだ。

2017/03/05

狂句ひとくさり

刀自エヅヂ馬鹿な總理の首スツパ斬り

2017/02/01

おやすみ

「二つの繪」の電子化注を只今、終了した。すぐアップしてもよいが、明日は朝から4ヶ月ぶりの脳外科診察なので、明日の午後に回す。おやすみ――楽しい夢を――

2017/01/01

謹賀新年

謹賀新年

本年もサイト「鬼火」ともどもよろしくお願い申し上げ奉りまする

       心朽窩主人 敬白

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Art | Caspar David Friedrich | Miscellaneous | Иван Сергеевич Тургенев | 「プルートゥ」 | 「一言芳談」 | 「今昔物語集」を読む | 「北條九代記」 | 「新編鎌倉志」 | 「日本その日その日」E.S.モース 石川欣一訳 | 「明恵上人夢記」 | 「栂尾明恵上人伝記」 | 「澄江堂遺珠」という夢魔 | 「無門關」 | 「生物學講話」丘淺次郎 | 「甲子夜話」 | 「第一版新迷怪国語辞典」 | 「耳嚢」 | 「進化論講話」丘淺次郎 | 「鎌倉攬勝考」 | 「鎌倉日記」(德川光圀歴覽記) | 「鬼城句集」 | アルバム | ジョン・ミリングトン・シング著姉崎正見訳「アラン島」  | ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ | 中島敦 | 中島敦漢詩全集 附やぶちゃん+T.S.君共評釈 | 人見必大「本朝食鑑」より水族の部 | 伊東静雄 | 佐藤春夫 | 八木重吉「秋の瞳」 | 北原白秋 | 十返舎一九「箱根山七温泉江之島鎌倉廻 金草鞋」第二十三編 | 南方熊楠 | 博物学 | 原民喜 | 和漢三才圖會 蟲類 | 土岐仲男 | 堀辰雄 | 増田晃 | 夏目漱石「こゝろ」 | | 夢野久作 | 大手拓次詩集「藍色の蟇」 | 宇野浩二「芥川龍之介」 | 宗祇諸國物語 附やぶちゃん注 | 富永太郎 | 小泉八雲 | 尾形亀之助 | 山之口貘 | 山本幡男 | 山村暮鳥全詩 | 忘れ得ぬ人々 | 怪談集 | 映画 | 杉田久女 | 村上昭夫 | 村山槐多 | 松尾芭蕉 | 柳田國男 | 柴田天馬訳 蒲松齢「聊斎志異」 | 柴田宵曲 | 梅崎春生 | 梅崎春生「幻化」附やぶちゃん注 | 梅崎春生「桜島」附やぶちゃん注 | 橋本多佳子 | 武蔵石寿「目八譜」 | 毛利梅園「梅園介譜」 | 毛利梅園「梅園魚譜」 | 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」 | 津村淙庵「譚海」 | 海岸動物 | 火野葦平「河童曼陀羅」 | 片山廣子 | 生田春月 | 由比北洲股旅帖 | 畑耕一句集「蜘蛛うごく」 | 畔田翠山「水族志」 | 神田玄泉「日東魚譜」 | 立原道造 | 篠原鳳作 | 肉体と心そして死 | 芥川多加志 | 芥川龍之介 | 芥川龍之介 手帳 | 芥川龍之介「上海游記」 | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) | 芥川龍之介「北京日記抄」 | 芥川龍之介「江南游記」 | 芥川龍之介「河童」決定稿原稿 | 芥川龍之介「長江游記」 | 芥川龍之介盟友 小穴隆一 | 芸術・文学 | 萩原朔太郎 | 蒲原有明 | 藪野種雄 | 西東三鬼 | 詩歌俳諧俳句 | 諸國百物語 附やぶちゃん注 | 貝原益軒「大和本草」より水族の部 | 野人庵史元斎夜咄 | 鈴木しづ子 | 鎌倉紀行・地誌 | 音楽 | 飯田蛇笏