onibi.cocolog-nifty.com > Exlibris Puer Eternus

吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル

吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル


26歳の僕の肖像――担任した女子生徒描く――

26歳の僕の肖像――担任した女子生徒描く――


Double Uroboros or DNA UROBOROS

Double Uroboros or DNA UROBOROS

brog-2011-2-15


Handcuffs

Handcuffs

友人が贈って呉れた「心」連載完遂記念画


猫の眼月

猫の眼月

    猫の眼月   尾形亀之助

嵐がやんで
大きくくぼんだ空に
低く 猫の眼のような月が出てゐる

私の靜物をぬすんでいつたのはお前にちがひない ――
嵐のあとを
お前がいくら猫の眼に化けても

お前に眼鏡をとられるようなことのないやうにさつきから用心してゐる

blog 2009-9-24


にんじん52歳

にんじん52歳

blog 2009-2-15


猫野三山牛王符一種

猫野三山牛王符一種

ブログ150000アクセス祈念呪符 blog2009-12-11


羽化登仙

羽化登仙

blog 2008-8-19


キュヴィエ管を吐ける海鼠(切り絵)

キュヴィエ管を吐ける海鼠(切り絵)

blog 2008-2-15


大有喰

大有喰

blog2007-7-7


山田麻李安「羅漢」

山田麻李安「羅漢」

blog2007-6-19


相野谷由起「ゆきねえが来た!」

相野谷由起「ゆきねえが来た!」

blog 2007-3-16


ゆき兎(同背景違い)本間珠実

ゆき兎(同背景違い)本間珠実

blog 2007-3-16


ゆき兎 本間珠実

ゆき兎 本間珠実

blog 2007-3-16


Cordyloceps aurum Yaburonsky,2007(冬虫夏草 被寄生種 Pedalternorotandomovens centoroculatus articulatus)

Cordyloceps aurum Yaburonsky,2007(冬虫夏草 被寄生種 Pedalternorotandomovens centoroculatus articulatus)

blog 2007-1-1

和名 ラピュタダケ


Happy birthday dear Alice.

Happy birthday dear Alice.

blog 2006-9-30


小耳で笑おう

小耳で笑おう

blog 2006-10-1


宮澤賢治「永訣の朝」へのオード 

宮澤賢治「永訣の朝」へのオード 

blog 2006-10-1

永訣の朝   宮澤賢治

けふのうちに
とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
    (あめゆじゆとてちてけんじや)
うすあかくいつさう陰惨な雲から
みぞれはびちよびちよふつてくる
(あめゆじゆとてちてけんじや)
青い蓴菜のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがつたてつぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
    (あめゆじゆとてちてけんじや)
蒼鉛いろの暗い雲から
みぞれはびちよびちよ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになつて
わたくしをいつしやうあかるくするために
こんなさつぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまつすぐにすすんでいくから
    (あめゆじゆとてちてけんじや)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
 銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
…ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまつてゐる
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水とのまっしろな二相系をたもち
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらっていかう
わたしたちがいつしよにそだってきたあひだ
みなれたちやわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)
ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
あああのとざされた病室の
くらいびやうぶやかやのなかに
やさしくあをじろく燃えてゐる
わたくしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらばうにも
あんまりどこもまつしろなのだ
あんなおそろしいみだれたそらから
このうつくしい雪がきたのだ
    (うまれでくるたて
     こんどはこたにわりやのごとばかりで
     くるしまなあよにうまれてくる)
おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになつて
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ


Else

Else

blog 2006-9-25