フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 最大絶対の痛打 | トップページ | 小学校卒業文集 »

2005/07/27

僕は88歳

骨折を殊更にパロディにして昨日も今日も過ごしてきた。実費で買ったレントゲン写真は、その最たる実弾だった。右下の、ネーム欄には、なんと僕の名前の下に「大正8年2月15日生 88才」とあった。

現実は僕を追い詰めずには措かぬらしい。今日は、生徒の親の気持ちを考えると、ひどくつらい事務上の出来事があった。そのために、その方へ手紙を書いたのだが、宛名一つ書けぬ。冷たいワープロの手紙。宛名書きの代筆。どんなに言葉を尽くしても、きっと僕は冷たい教師だと思われるしかない。

「死んだ積で生きて行かうと決心した私の心は、時々外界の刺戟で躍り上がりました。然し私が何の方面かへ切つて出やうと思ひ立つや否や、恐ろしい力が何處からか出て來て、私の心をぐいと握り締めて少しも動けないやうにするのです。さうして其力が私に御前は何をする資格もない男だと抑え付けるやうに云つて聞かせます。すると私は其一言で直ぐたりと萎れて仕舞ひます。しばらくして又立ち上がらうとすると、又締め付けられます。私は齒を食ひしばつて、何で他の邪魔をするのかと怒鳴り付けます。不可思議な力は冷かな聲で笑ます。自分で能く知つてゐる癖にと云ひます。私は又ぐたりとなります。」(「こゝろ」より)

「自分で能く知つてゐる癖に」。

その通りだ。

何だか疲れた。明日は、何年もやったことがないのだが、意味もなく休みをとってしまおうかと思っている。どうせ、いてもいなくてもおんなじだ。夏休みの学校に用もないのに、せっせと通うのもおかしなもの(勿論、部活や仕事のある人もいるからすべてとは言わぬ)。研究用の蔵書は汗牛充棟、家の廊下にまではみ出しているというのに。家での研修は世間様の目を憚って、まず、許されぬ。誰もが聞く、「先生方は、行って何してるんです?」答えよう。「骨折漫才だ」

« 最大絶対の痛打 | トップページ | 小学校卒業文集 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。