フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕は88歳 | トップページ | 忘れ得ぬ人々 2 »

2005/07/28

小学校卒業文集

法学を学んだ教え子がBlogで、犯罪者の卒業文集が報道されるのを評して、「小学生よ、卒業文集には何も書くな」と訴えていたのを、ふと思い出した。

僕は「医者になりたい。名前は変だけど、必ず医者になってみせる」と書いたのだ(見ず知らずの方はここを見ないだろうが、僕の姓は「藪野」という)。結核性カリエスの罹患で、物心ついた時から、白衣の人が日常だったからか。

今年の初め行った与那国島に感動して、そうして偶々見たドラマの「Dr.コトー診療所」のドツボにはまった僕が、どこかの離島のニセ医者で捕まったら、きっとあの文集はかっこうのお笑いの素材になるんだろうなあ。

→公式サイトが閉鎖した今、そこで配布された壁紙が一番大きくていいのだが、著作権に抵触するから、「Dr.コトー診療所ファンサイト/コトー先生のカルテ。」(「Dr.コトー診療所~志木那島の旅物語」と並ぶ充実したサイト)http://www.geocities.jp/dr_kotoh_clinic/
の「レポート」で志木那島診療所(与那国島比川浜セット)見て我慢(しかしここはここで素晴らしい)。

この6日間で、医者にだけは、いっぱい逢った。レントゲンも10数枚、たっぷり放射線を浴びたな(もともとカリエスだったから、僕は人の数十倍以上の被爆をしている)。白衣白衣白衣、白衣のフェルマータ。友を殺した、白衣の天使ならぬ、白衣の罪人もあの中にいたのだな。だいたい、完全コンピュータ管理が(ちなみに病室の前には常に、オンになったパソコンが無人で置いてあり、通ると患者名、投薬状況から食事記録まで美事に覗けたよ)、僕を88歳にしてくれる病院だ。

しかし、さっき、漱石の「道草」を再読した別な教え子からのメールに、

「やはりこの小説には後味の悪いものが残ります。いまだに、論理を全てひっくり返して、「人生はこうもできるんだよ」と子どものように決め付けてしまいたくなります。」

とあるのを見て思った。

そうだな、僕は今も医者になりたいな、と。

« 僕は88歳 | トップページ | 忘れ得ぬ人々 2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。