フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 富田木歩句集 完成 | トップページ | Memorial to Bud Powell »

2005/07/30

僕は西行/テロリースタ

橈骨遠位端骨折という病名の響きが、何故か、気に入っている。

「あやなき闇にうらぶれて。眠るともなきに。まさしく圓位/\とよぶ聲す。」

「雨月物語」の「白峯」だ。

閑話休題。

8月にスイスの8日間トレッキングに旅立つ予定だった。医師は別に行っていいと言う。

「空港で鳴ると思いますが」

なるほど、そうだ。そこで考えた。

 ロンドンのテロ以降、欧州はぴりぴりだ。果たして、レントゲン・フィルムと説明で通用するものだろうか。固定ボルト二つは、見るからに小型高性能爆薬に見えるし、それぞれピンの頭が保護のためにコードで繋がっている。その二つを繋ぐカーボンロッドは、遠隔爆破装置からの受信アンテナに見える(事実昨日、職場の同僚は治療用の電波か何かを受け取っているのかと真剣に聞いた)。加えて、骨頭部(遠位端)に入っているピンは引き抜けば、頚動脈を刺すぐらいの十分な凶器になりうる(勿論、引き抜けない)。

僕が不審者として拘束され、誤って撃たれることもなきにしもあらず? それは冗談としても、同行する人々の迷惑を考えると、ちょっと行きたくなくなったというのが本音だ。

« 富田木歩句集 完成 | トップページ | Memorial to Bud Powell »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。