フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「詩集」 | トップページ | わたしは良心を持つてゐない。 »

2005/08/13

芥川龍之介「沼」

同じく、青空文庫作業中リストを見ていたら、なんと僕にとって大事な作品がもう一つあった。大急ぎで、タイプし、「やぶちゃんの電子テクスト集:小説篇」に入れた。

これは比較的知られている「尾生の信」と混同しやすい、というよりその未定稿に手を加えたものであろう。永く、僕は、尾生のラストシーンを「沼」と勘違いしていた。

「尾生の信」(やぶちゃん版)

これは「大正9(1920)年4月1日発行の「改造」に「小品二種」の総題を付し、日比谷公園に寒山拾得を見る、現在、「東洋の秋」で知られる作品と共に掲載された。一方、「尾生の信」は同年1月1日の「中央文学」の掲載である。同年3月27日付薄田淳介宛書簡に「素戔嗚尊の恋愛が書けないで殆閉口してゐますその為雑誌の小説も書けず旧稿や未定稿で御免を蒙つた始末です」とある。

どっちがいいか。小説的面白さは尾生に挙がるだろうが、夢幻的映像美、その言辞の変奏の妙味、散文詩として僕はこちらが好きだ。

« 芥川龍之介「詩集」 | トップページ | わたしは良心を持つてゐない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。