フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 自動生成システム離脱 | トップページ | 清からの絵葉書 »

2005/09/24

「伊東靜雄拾遺詩篇」(全)

「伊東靜雄拾遺詩篇」全詩入力終了し、「心朽窩」に公開した。Web未公開の「春のいそぎ」の分量も少ないし、全集を見ると『「反響」以後』は十数篇しかない。近いうちに、どちらも入力しよう。以下の詩集と合わせて、それで彼の詩は網羅される。

「わがひとに与ふる哀歌」
「詩集夏花」

青空文庫(共に新字旧仮名)

「反響」

つれづれの文車(旧字旧仮名)

「伊東靜雄拾遺詩篇」最後の訳詩、ケストネルの「上流社會の人達・海拔千二百米」は、その謂いと言い、口調と言い、飯吉光夫訳のパウル・ツェラン詩を彷彿とさせた。

今日は、糖尿病の主治医の処に、3箇月ぶりに行こうと思う。波乱万丈の話をしなくてはならぬ。昼からは、髪を染めに横浜へ出掛け、夕刻にワインを買って帰ろう。こうして書くと、「失われた時を求めて」の「私」みたいだな。

122と美事に血糖値が上がっていた。

糖尿病の主治医は、自ら振り分け医を任じている先生だが、骨折の僕にいつも以上に優しかった。

骨折直前までは、完全健康数値だったが、これで又、糖尿病の方も一から出直しだ。

帰り道、歩きながら考えた。

慶応大学医学部に献体している。

末期の時には、右腕に

「医学生諸君、チタンにボルト5本有、メスを折るなよ」

とマジックで書くことにしよう。

« 自動生成システム離脱 | トップページ | 清からの絵葉書 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。