フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「手」遅れだったよ(9月17日の再読み込み) | トップページ | 乗り遅れた蓮で蜂に刺される »

2005/09/22

乗り遅れたバスでばちがあたる

HPメニューを一部改変し、トップからとりあえず全てリンクされるようにし、ブログを侵食し、覗きに来た多くの知人達をうんざりさせていた、「伊東靜雄拾遺詩篇」も、未だ未了であるが、後、二十篇ほどを残すところまで来たので、、「★サイド・インデックス/心朽窩」へ独立化することにした。

ついては、残したいコメントを付したものを除き、これをもって「伊東靜雄拾遺詩篇」の各ブログは削除する。僕の退屈に付き合ってくれた方々、ありがとう。

所詮小手先でHPを弄るばかりで、完全な自立的リニューアルを、まだ図れずにいる。見慣れたものに愛着を感じてしまう僕の悪い癖だ。職場でも、パソコンを使いこなす連中は、「知」の先端に輝くような会話を交わしている。僕には、外国語と同じだ。大したものだ(とは実は全くもって僕は思っていないが)。そうして「大したものだ! それで世界が解明されるね!」とエール(皮肉)を送る。すると「そんな大それたもんじゃない、誰でもできるよ」とせせら笑いつつ答える。それが、どれほど失礼で、不遜であるかも知らずに。速やかに、エシックスは廃用化することの見本さ。実は、おだやかな表情でありながら、切れまくってる先輩たちを、僕は何人も知っている。カラオケが酒場を殺したように、パソコンは職場をつまらないものにしてしまった。ちなみに、僕? 馬鹿だね、そんなことに腹を立てる前に、右腕で意気納棺さ。

こうして、僕らは取り残される。それもいい。

戦中、瀧口修造は、体制翼賛派の美術評論家に「君はバスに乗り遅れたね」と言われたと記しているが、僕は、バスにはとっくに乗ってないよ。

« 「手」遅れだったよ(9月17日の再読み込み) | トップページ | 乗り遅れた蓮で蜂に刺される »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。