フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 笑えない三丁目の夕日 | トップページ | ヤフーメール解除の事 »

2005/11/23

泣けた三丁目の夕日

「ALWAYS 三丁目の夕日」を見た。正直、30年代の町並みのVFXの映像目当てであったが、骨折以後、異様に涙腺が緩んでしてしまっており、10分に1回は泣かされた気がする。恐らく、皆が泣いていない所でさえ、泣いていた気がする。そもそも、冒頭の三丁目の町並みが見えた所で、言いようもなく涙が出た。ストーリー中の、見え見えお決まりの催涙場面でも、馬鹿正直に泣きがきた。集客のために、原話を大きく改変している、六ちゃんや茶川先生の子供とのラスト・エピソードも、見ているうちは、それほど気にならない(とは言え見終わってから妻に、開口一番、六ちゃんが女であることの嘘臭さを言ったが)。上野駅構内と、外観の再現には舌を巻いた。懐かしいの一言だ。言うなら、集団就職列車はあんなにゆったりしていなかったであろうし、実際の街は、もっと汚かった。各役者も水準程度の演技はこなしている。「泥の河」程ではないにしても、子役(特に淳之介)の演技も上質、綺麗な三丁目という瑕疵を、補って余りある。少なくとも僕にとって、メッセージのコピーは、まさにそのものとして受け入れられる。クサイと言う奴は、三丁目の住人になりたくないだけだろうが、三丁目はそんなへそ曲がりも受け入れてくれた、懐かしい場所なのだ。……あれだけいじめられ、卑屈になりさがってもおかしくなかった僕の少年時代、しかし僕は、あの子供と同じように、どこかで確かに、今の僕らにはなく、残念ながら、今の子供たちにもない、おめでたくも、かけがえのない、「夢」を抱いていたように思う。ゴミ箱、駄菓子屋(僕らは5円屋と呼んでいた)、屋号の傾いた看板……30年代前半以前の世代には、その細部からフラッシュバックする思い出が堪えられないと保証する。

« 笑えない三丁目の夕日 | トップページ | ヤフーメール解除の事 »