フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 大導寺信輔の半生 | トップページ | 教え子達へ »

2006/03/30

夜に詠める歌 立原道造

夜(よる)に詠(よ)める歌(うた)   立原道造

 夜だ、すべてがやすんでゐる、ひとつのあかりの下に、湯沸(ゆわか)しをうたはせてゐる炭火のほとりに――そのとき、不幸な「瞬間の追憶」すらが、かぎりない慰めである。耳のなかでながくつづく木精(もくせい)のやうに、心のなかで、おそろしいまでに結晶(けつしやう)した「あの瞬間」が、しかし任意の「あの瞬間」が、ありありとかへつて來る。あのとき、むしろ憎しみにかがやいた大氣のなかで、ひとつの歌のしらべが熱い涙に濡らされてゐた、そして限りない愛が、叫ぶやうに、呼んでゐた、感謝を、理解を。……私は身を横たへる。私は決意する、おそれとおどろきとをののきにみちた期待で――日常の、消えてゆく動作に、微笑に、身をささげよう、と。さようなら、危機にすらメエルヘンを強ひられた心! さやうなら、私よ、見知らない友よ!……私は、出發する。限りのある土地に、私は、すべての人のとほつた道を、いそがう。人はどれだけ土地がいるか。身を以て――。夜だ、すべてがやすんでゐる。やがて燈が消される。部屋がとほくから異(ことな)つた裝ひをして訪れる。私の身體はもう何も質問しない。恩寵(おんちよう)も奇蹟も、ひそかなおしやべりもなしに。眠りと死とのにほひが、かすかに汚れたおもひをひろげはじめる。夢みる、愛する、そして旅する。それは幻想(げんさう)だらうか、さうであつてくれればいい、私が、鳥の翼と空氣との間に張られた一枚のあの膜(まく)のやうに、不確(ふたし)かなやぶれやすい存在であるとは。誰が私に言ひ得ようか、物體は消え去ることがないといふ保證を――。それは嘗てメタフイジイクの幻滅だつた、ここを過ぎて、私はまた何をねがふのだらうか。私はしづかに死ぬ。そして死んでゐる。葦(あし)のやうになつた耳を立て、限りない愛に眼ざめる。すでにふたたび、裏切られもしないで、裏切りもしないで……。闇のなかでは、かすかな希望や物質が微妙(びめう)な影をうすく光らせる。夜だ、すべてがやすんでゐる。さうだ、誰が眼ざめてゐよう、私もまた、もう眠られなくなつた星ばかり、外の空に溢れてゐるだらう! 見られずに、信じられずに――。ただ答へるのは、かくされた泉ばかりだらう。すべてがやすんでゐる。私もまた、夜だ。眠りにひたされて、遺(のこ)された子守唄! そして、すべてが失われてゆくだらう、やすみながら。闇に、つくりもせずつくられもしない闇に。そして光に、かへつてゆくだらう。夜だ!……

では、2日の深夜まで、暫く、ごきげんよう。

« 芥川龍之介 大導寺信輔の半生 | トップページ | 教え子達へ »