フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 今昔物語鑑賞 | トップページ | DON'T BLAME ME »

2006/05/03

献体

昨日、2年生の授業の脱線の中で、友人の死と、それに関わって昨年の5月に僕が献体をしたことを話した。これは結構、彼らには衝撃的であったらしい。見上げている生徒の、妙に真剣な顔が印象的だった。

ご存知ない方々のために言っておく。

僕の葬式は、ない。僕の墓も、ない。

僕は死後、速やかに慶応大学医学部に運ばれ、解剖実習の教材となる。ばらばらになった後も、遺骨の返却不要。

僕は、僕自身の死による、後に残る人々が、悲しみや追悼から自由であれと考えただけだ。医学への貢献などという思いは、微塵もないことだけは確認しておく。勿論、自由でありたいと思ったことが、僕自身のエゴイスティクな我儘であるこも十全に自覚している。

僕は、多くの宗教家や哲学者の思想、他界概念や心霊学を面白く思い、ひいては怪談を蒐集し、自分でも書いたりする。しかし、その実、信ずる宗派も、他界も、僕の中に存在しないのだ。生物学的死という現象以外に、僕は自己消滅を認識しない。

だから、僕は「君」を死ぬまで忘れないが、僕が消えれば、それで僕の中の「君」と云う存在は消滅する。これこそ、魂の量子力学だ。「君」を観測する者である僕がいなくなった時、すべての自然的対象、その一つである「君」は存在しないのだ。この換喩は、頑なだったアインシュタィンも首を縦に振ってくれそうな気がする。

香奠が不要なだけでも、君、ほっとしただろう? では、またね。

« 芥川龍之介 今昔物語鑑賞 | トップページ | DON'T BLAME ME »