フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 父 | トップページ | 三十三回忌 »

2006/05/04

ウィトゲンシュタインとヒトラー

巻頭言を Ludwig Wittgenstein の「論理哲学論考」の忘れ難い終章に変えた。A型肝炎で一月の入院を余儀なくされた、20年前の夏、僕はベッドの上で、正直、半理解もしていなかった難解な論理記号を用いたこの著作を、分からぬ乍ら、何度も読み耽った。

Ludwig Wittgenstein と Adolf Hitler は同い年である。同じリンツのレアルシューレ(技術工科学校)に最低でも1903年から翌年にかけての1年間、同じ空間にいたことは間違いない。
実際に、二人が写っている集合写真を、それがヨーロッパで発見報道された10数年前、僕は、旅先のミラノのホテルのロビーの、読めないイタリア語の雑誌に見出した。――
何か衝撃的であったことを覚えている――そこには、確かに、どちらもちょっと淋しそうなウィトゲンシュタインとヒトラーが……ウィトゲンシュタインは掛け値なしの美少年、ヒトラーは……一枚の写真の中に居た――

ウィトゲンシュタインはユダヤ系の家系である――
ユダヤ人絶滅計画を実行したヒトラーに、実はユダヤ人の血が流れていたという説、勿論、ご承知であろう――

ヒトラーが六芒星を縫い取ったユダヤ人のみでなく、同性愛者にピンクのトライアングルを刻印し、ゲットーへ送り、絶滅を命じていたこともご存知のこと思う――
ウィトゲンシュタインが同性愛者であったことは、言わずもがな――
最後に、そうして、近年の研究の中、実はヒトラー自身が同性愛者であった事実が浮上しつつある――

不思議な皮肉な交差、ではないか――

« 芥川龍之介 父 | トップページ | 三十三回忌 »