フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 梶井基次郎遺稿全小説集 完成 | トップページ | 芥川龍之介 槐 附 久米舊交囘復のくさびに »

2007/01/19

不適格教員自己申告制度

不適格教員を教壇に立たせない等と言う、生温いことを言うな。不適格ならば立つ資格は、ない。だから辞めさせよ。そうして、教員一人一人に、自己申告をさせよ。「私は適格教員です。校長にも、教育委員会にも、文部科学省にも、決して不安を感じさせない、私はあなた方の意思に十全に沿った『適格教員です』」と自己申告させよ。それで、いいだろ。だって、誰が査定するんだ? 教員として僕よりろくに教壇に立ったこともなく、つまらない授業しか、してこなかった奴に査定はちゃんちゃら可笑しい、噴飯下血嘔吐陣痛だ。反論があるなら、降格して、僕たちに、いいや、生徒達に、『これが授業だ!』という授業をやってみろよ、いつでも、コイ! 貴様! ああん?。

そこで、今日考えたこと:

この人類に致命的な危機が来るとして、生き残る候補の人間たちを募った中で、真っ先に生き残りたいと手を挙げたのが、神父であり牧師であり僧侶であったとして、彼らが「私は人類の貴重な生残りの大切な一人なんだ! いや、教えを必要とする一人でもいる以上、私は死ねない!」と声高に堂々と言ったら、君たちは、どうする? 僕は一番に、そいつらをざっくりと斬り殺すがね。人類に、そんな「『自ら犠牲になることも想起の端にもありゃしない』宗教者」なんざ、いらねえ、ってことだ。そうして、それは教員も、同じだよ。コルチャック先生を初めとする「真の先生」達の存在を考えよ!

最後に言っておく。

僕はものの美事に不適格教員だ。僕はそれを誇りに思う。何故なら、僕はまず不完全なる「人間」であることの自負と自律に於いて、確かに人を教え得る、人は「かくあってはいけない」という「人間」であるからだ。それは、残念ながら、言い古された反面教師ではない。逆説的に言えば、教師とは、何より「真の大凡夫」であることが望まれるということだ。誰とも同じか、それ以下であることを自覚しない「人間」は、自身の「人間」としての自己同一性を失った、最下劣にして哀れな、バカ、だ。

「聖職の碑」だあ!? 僕は確かに生殖器は拭えぬ「碑」として持っているがな。 

僕は、教師である前に、もっと昔から、おぞましき=素敵な「人間そのもの」であったのだ。これは、僕の「覚悟」なんだ、耳かっぽじってよく聞きやがれ! 最下劣野郎共!

« 梶井基次郎遺稿全小説集 完成 | トップページ | 芥川龍之介 槐 附 久米舊交囘復のくさびに »