フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「虹色のトロツキー」余談 | トップページ | 芥川龍之介 寒さ »

2007/01/28

森ヲ見テ木ヲ見ザルコト

針葉樹の純林であるタイガは即物的に美しい。しかし、樹林の中には、光は差し込まず、ほとんどの広葉樹は死に絶え、数千キロ先まで、同一植生と単一土壌が広がる。それは植生推移の極相であり、非可塑性の生物多様性の全くない環境である。同じ木、同じ味の土。それを人は時に錯覚して美しいと感じるが、コリマ街道の収容所でタイガを見つつ、死んでいった同胞達は、そこに滅びの美を見たとでも思うか? 美しい透明度に富んだ南の海洋が、貧栄養海であることは、僕らに皮肉な事実を突きつけるであろう。サンゴ礁の海は、その透明度故に守られるべきだなどと思ってはいないか? ローレンツの「攻撃」を読むものは、そこに驚天動地の人種差別主義者としての彼を見出すであろう。かわいい動物の幼体は、そのかわいいさ故に攻撃されないのか?

今、僕らは、故事成語の逆をやっている。美しい均整のとれた森ばかりに感嘆と讃歌をあげながら、その森を構成している一本一本の木を、見ない。それらの木は、一見、普通に立っているように見えながら、その90%以上が線虫や菌類に感染され、維管束を着実にずたずたにされつつある。いつか近い将来、その広大な純林は、完膚なきまでに一気に枯れる。そうしてそれを齎し爆発的な増殖をした寄生生物も、寄生すべき対象を失い、今度は、自身の飢餓による、彼ら自身への更なる寄生生物や小型細菌やウィルスの感染を招き、そうしてその生物群総体がそこから完全に消滅するのである。最後に広がるのは、永遠の不毛の大地だ。勿論、地球生物の歴史においては、人類の言うけちくさい「永遠」など、たった一時に過ぎない。だが、気の遠くなる時間の果てに、そこに新たな生命の回復する時、我々は確実にいない。いないとすれば、それは我々にとって「永遠」と言ってよいのだ。

今、世界も、国家も、学校も、すべてはそのような森と化した。人類も、国民も、生徒も、すべてはそのような病める一本の木である。  

« 「虹色のトロツキー」余談 | トップページ | 芥川龍之介 寒さ »