フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 不適格教員自己申告制度 | トップページ | 芥川龍之介 三つのなぜ »

2007/01/21

芥川龍之介 槐 附 久米舊交囘復のくさびに

芥川龍之介「槐」及び「久米舊交囘復のくさびに」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に併載して公開。一見異なったテクストを併載した理由は、注を参照されたい。

芥川龍之介「槐」の方は、俳句絡みということで掲載したが、実は僕は槐という木が、というかその名前、というか、その漢字が好きなのである。

槐 Sophora japonica には、因縁がある。

高校1年生の時に、アウトローに入り浸っていた喫茶店の名前が「槐」だった。煙草を外で吸わないなら、ここで好きなだけ吸えと言うおばちゃんが経営者だった。こんな不良になりきれない青年の相談役(不良の元締めみたような悪婆は多いが)になってくれる気骨あるおばちゃんは、いや、絶えて久しい。ここの御蔭で、僕は15歳で「えんじゅ」が読めて、それがマメ科の巨木であることを知った。

高校2年の時に、耽溺していた六朝や唐代の伝奇小説で、「槐の精」に出会った。樹齢長く、巨木なればさもありなんと合点したのが16の時だ。

そうして、どこであったか忘れたが、20の時に、これが槐という木を東京のどこかで見上げていた記憶がある。……

……それから更に20年後、敦煌からの帰りに立ち寄った北京で、僕は、芥川龍之介の見た、槐を見たのであった……「えんじゅ」とは不思議に神秘的な発音ではないか……

« 不適格教員自己申告制度 | トップページ | 芥川龍之介 三つのなぜ »