フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ノース2号論ノート 後書 | トップページ | 目から鯨 »

2007/06/24

海の聲 伊良子清白

   海の聲   伊良子清白

いさゝむら竹打戰ぐ
丘の徑の果にして
くねり可笑しくつら/\に
しげるいそべの磯馴松

花も紅葉もなけれども
千鳥あそべるいさごぢの
渚に近く下り立てば
沈みて青き海の石

貝や拾はん莫告藻や
摘まんといひしそのかみの
歌をうたひて眞玉なす
いさごのうへをあゆみけり

波と波とのかさなりて
砂と砂とのうちふれて
流れさゞらぐ聲きくに
いせをの蜑が耳馴れし
音としもこそおぼえざれ

社をよぎり寺よぎり
鈴振り鳴らし鐘をつき
海の小琴にあはするに
澄みてかなしき簫となる

御座の灣西の方
和具の細門に船泛けて
布施田の里や青波の
潮を渡る蜑の兒等

われその淵を泛べばや
われその水を渡らばや
しかず纜解き放ち
今日は和子が伴たらん

見ずやとも邊越賀の松
見ずやへさきに青の峰
ゆたのたゆたのたゆたひに
潮の和みぞはかられぬ

和みは潮のそれのみか
日は麗らかに志摩の國
空に黄金や集ふらん
風は長閑に英虞の山
花や郡をよぎるらん

よしそれとても海士の子が
歌うたはずば詮ぞなき
歌ひてすぐる入海の
さし出の岩もほゝゑまん

言葉すくなき入海の
波こそ君の友ならめ
大海原の男のこらは
あまの少女は江の水に

さても縑の衣ならで
船路間近き藻の被衣
女だてらに水底の
黄泉國にも通ふらむ

黄泉の醜女は嫉妬あり
阿古屋の貝を敷き列ね
顏美き子等を誘ひて
岩の櫃もつくるらん

さばれ海なる底ひには
父も沈みぬちゝのみの
母も伏しぬ柞葉の
生れ乍らに水潜る
歌のふしもやさとるらん

櫛も捨てたり砂濱に
簪も折りぬ岩角に
黑く沈める眼のうちに
映るは海の泥のみ

若きが膚も潮沫の
觸るゝに早く任せけむ
いは間にくつる捨錨
それだに里の懷しき

哀歌をあげぬ海なれば
花草船を流れすぎ
をとめの群も船の子が
袖にかくるゝ秋の夢

夢なればこそ千尋なす
海のそこひも見ゆるなれ
それその石の円くして
白きは星の果ならん

いまし蜑の子艪拍子の
など亂聲にきこゆるや
われ今海をうかがふに
とくなが顏は蒼みたり

ゆるさせたまへ都人
きみのまなこは朗らかに
いかなる海も射貫くらん
伝へきくらく此海に
男のかげのさすときは
かへらず消えず潜女の
深き業とぞ怖れたる

われ微笑にたへやらず
肩を叩いて童形の
神に翼を疑ひし
それもゆめとやいふべけん

島こそ浮かべくろぐろと
この入海の島なれば
いつ羽衣の落ち沈み
飛ばず翔らず成りぬらむ

見れば紫日を帯びて
陽炎ひわたる玉のつや
つや/\われはうけひかず
あまりに輕き姿かな

白ら松原小貝濱
泊つるや小舟船越の
昔は汐も通ひけむ
これや月日の破壞ならじ

潮のひきたる煌砂
うみの子ならで誰かまた
かゝる汀に仄白き
鏡ありやと思ふべき

大海原と入海と
こゝに迫りて海神が
こゝろなぐさや手すさびや
陸を細めし鑿の業

今細雲の曳き渡し
紀路は遙けし三熊野や
白木綿咲ける海岸に
落つると見ゆる夕日かな

*[やぶちゃん注:以下、底本準拠総ルビ。]

   海(うみ)の聲(こゑ)   伊良子清白

いさゝむら竹(たけ)打戰(うちそよ)ぐ
丘(をか)の徑(こみち)の果(はて)にして
くねり可笑(をか)しくつら/\に
しげるいそべの磯馴松(そなれまつ)

花(はな)も紅葉(もみぢ)もなけれども
千鳥(ちどり)あそべるいさごぢの
渚(なぎさ)に近(ちか)く下(お)り立(た)てば
沈(しづ)みて青(あを)き海(うみ)の石(いし)

貝(かひ)や拾(ひろ)はん莫告藻(なのりそ)や
摘(つ)まんといひしそのかみの
歌(うた)をうたひて眞玉(またま)なす
いさごのうへをあゆみけり

波(なみ)と波(なみ)とのかさなりて
砂(すな)と砂(すな)とのうちふれて
流(なが)れさゞらぐ聲(こゑ)きくに
いせをの蜑(あま)が耳馴(みみな)れし
音(おと)としもこそおぼえざれ

社(やしろ)をよぎり寺(てら)よぎり
鈴(すゞ)振(ふ)り鳴(な)らし鐘(かね)をつき
海(うみ)の小琴(をごと)にあはするに
澄(す)みてかなしき簫(ふえ)となる

御座(ござ)の灣(いりうみ)西(にし)の方(かた)
和具(わぐ)の細門(ほそど)に船(ふね)泛(う)けて
布施田(ふせだ)の里(さと)や青波(あをなみ)の
潮(うしほ)を渡(わた)る蜑(あま)の兒等(こら)

われその淵(ふち)を泛(うか)べばや
われその水(みづ)を渡(わた)らばや
しかず纜(ともづな)解(と)き放(はな)ち
今日(けふ)は和子(わくご)が伴(とも)たらん

見(み)ずやとも邊(べ)越賀(こが)の松(まつ)
見(み)ずやへさきに青(あを)の峰(みね)
ゆたのたゆたのたゆたひに
潮(しほ)の和(なご)みぞはかられぬ

和(なご)みは潮(しほ)のそれのみか
日(ひ)は麗(うら)らかに志摩(しま)の國(くに)
空(そら)に黄金(こがね)や集(つど)ふらん
風(かぜ)は長閑(のど)に英虞(あご)の山(やま)
花(はな)や郡(こほち)をよぎるらん

よしそれとても海士(あま)の子(こ)が
歌(うた)うたはずば詮(せん)ぞなき
歌(うた)ひてすぐる入海(いりうみ)の
さし出(で)の岩(いは)もほゝゑまん

言葉(ことば)すくなき入海(いりうみ)の
波(なみ)こそ君(きみ)の友(いも)ならめ
大海原(おほうなばら)の男(を)のこらは
あまの少女(おとめ)は江(え)の水(みづ)に
[やぶちゃん注:二行目「友(いも)」はママ。全集版では(とも)と校訂してあるが、そのままとする。]

さても縑(かとり)の衣(きぬ)ならで
船路(ふなぢ)間近(まぢか)き藻(も)の被衣(かつぎ)
女(をんな)だてらに水底(みなぞこ)の
黄泉國(よもつぐに)にも通(かよ)ふらむ

黄泉(よみ)の醜女(しこめ)は嫉妬(ねたみ)あり
阿古屋(あこや)の貝(かひ)を敷(し)き列(つら)ね
顏美(かほよ)き子等(こら)を誘(いざな)ひて
岩(いは)の櫃(ひつぎ)もつくるらん

さばれ海(わだ)なる底(そこ)ひには
父(ちち)も沈(しづ)みぬちゝのみの
母(はは)も伏(こや)しぬ柞葉(はゝそは)の
生(うま)れ乍(なが)らに水潜(みづくゞ)る
歌(うた)のふしもやさとるらん

櫛(くし)も捨(す)てたり砂濱(すなはま)に
簪(かざり)も折りぬ岩角(いはかど)に
黑(くろ)く沈(しづ)める眼(め)のうちに
映(うつ)るは海(うみ)の泥(こひぢ)のみ

若(わか)きが膚(はだ)も潮沫(うたかた)の
觸(ふ)るゝに早(はや)く任(まか)せけむ
いは間(ま)にくつる捨錨(すていかり)
それだに里(さと)の懷(なつか)しき

哀歌(あいか)をあげぬ海(うみ)なれば
花草船(はなぐさぶね)を流(なが)れすぎ
をとめの群(むれ)も船(ふね)の子(こ)が
袖(そで)にかくるゝ秋(あき)の夢(ゆめ)

夢(ゆめ)なればこそ千尋(ちひろ)なす
海(うみ)のそこひも見(み)ゆるなれ
それその石(いし)の円(まる)くして
白(しろ)きは星(ほし)の果(はて)ならん

いまし蜑(あま)の子(こ)艪拍子(ろびやうし)の
など亂聲(らんぜう)にきこゆるや
われ今(いま)海(うみ)をうかがふに
とくなが顏(かほ)は蒼(あお)みたり

ゆるさせたまへ都人(みやこびと)
きみのまなこは朗(ほが)らかに
いかなる海(うみ)も射貫(いぬ)くらん
伝(つた)へきくらく此海(このうみ)に
男(おとこ)のかげのさすときは
かへらず消(き)えず潜女(かつぎめ)の
深(ふか)き業(ごふ)とぞ怖(おそ)れたる

われ微笑(ほゝゑみ)にたへやらず
肩(かた)を叩(たゝ)いて童形(おうぎやう)の
神(かみ)に翼(つばさ)を疑(うたが)ひし
それもゆめとやいふべけん

島(しま)こそ浮(う)かべくろぐろと
この入海(いりうみ)の島(しま)なれば
いつ羽衣(はごろも)の落(お)ち沈(しづ)み
飛(と)ばず翔(かけ)らず成(な)りぬらむ

見(み)れば紫(むらさき)日(ひ)を帯(お)びて
陽炎(かげろ)ひわたる玉(たま)のつや
つや/\われはうけひかず
あまりに輕(かろ)き姿(すがた)かな

白(しら)ら松原(まつばら)小貝濱(こがひはま)
泊(は)つるや小舟(こぶね)船越(ふなごし)の
昔(むかし)は汐(しほ)も通(かよ)ひけむ
これや月日(つきひ)の破壞(はゑ)ならじ

潮(しほ)のひきたる煌砂(きらゝすな)
うみの子(こ)ならで誰(たれ)かまた
かゝる汀(みぎは)に仄白(ほのしろ)き
鏡(かゞみ)ありやと思ふべき

大海原(おほうなばら)と入海(いりうみ)と
こゝに迫(せま)りて海神(わだつみ)が
こゝろなぐさや手(て)すさびや
陸(くが)を細(ほそ)めし鑿(のみ)の業(わざ)

今(いま)細雲(ほそぐも)の曳(ひ)き渡(わた)し
紀路(きぢ)は遙(はる)けし三熊野(みくまの)や
白木綿(しらゆふ)咲(さ)ける海岸(うみぎし)に
落(お)つると見(み)ゆる夕日(ゆふひ)かな

« ノース2号論ノート 後書 | トップページ | 目から鯨 »