フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鮫 注完成 | トップページ | Charles Mingus Sextet with Eric Dolphy »

2007/07/16

1964年7月31日の僕の絵日記

Hanabi 昨日、アリスを散歩させながら遠い昔、そこで母と父と三人で花火をしたのを思い出した。今は工場の駐車場になっているが、その頃、遥か丹沢を見晴るかす場所だった……43年も前の……

7月31日

ぼくは、よるになってパパとママとで、わたうちのほうにいって、はなびをしました。はじめはパパがちかくにあったいしのうえでおおきいのをやりました。そのときは、ぼくはとうくでみていると、パパがあげたはなびがひかりました。はなびのなかで、かみの□きつような、サーチライトとゆう花火が一番おもしろく、ぴかぴかひかっていました。かえりに、きりどうしのところでおばけごっこをしました。

[やぶちゃん注:一部に判読不能な部分があり、それは□で示した。自分の字なのに読めないなんて……トホホ。]

[やぶちゃん後日注:教え子が判読してメールをくれた。「かみをきつ〔た〕ような」だ。確かに私も「の」にかぶさるのが「を」に見えたのだが、同じ日記の「を」の字がこれとは違った字体なので躊躇していた。しかし「紙を細く切ったような」という意味でしっくりくる。意味上の確実度は高いな。彼女は往年の「サーチライト」という花火を検索したのだ。まさかそこまで思いつかなかった。ありがとう。名前や花火の図柄……梶井基次郎の「檸檬」を思い出したよ。]

とんでもないひどい絵だ。特に母はまるでお化けだな……この時、父は35歳、母は33歳……これは小学校2年生の夏休みの絵日記である(最後の赤字は当時の担任だった東塚先生のものだ)……でも、僕等の家族にとって一番、幸せだと思えたその一瞬であったのだとも思う……。僕の手元には、幼稚園時代から中学までの多量の絵や詩や作文が残っている(画家志望の父が唯一の今の僕にとって意義あることをしていてくれたと感謝する稀有の事例である)。誰のためでもないが、少しずつそれを公開するのも……やぶちゃん版「三丁目の夕日」染みていて、悪くないな……

« 鮫 注完成 | トップページ | Charles Mingus Sextet with Eric Dolphy »