フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類 吉弔 | トップページ | 鶯 (一老人の詩) 伊東靜雄 »

2008/04/14

(無題)

僕は、僕の節と異なるおぞましい何者かのために不本意ななにものをもなす気持ちはない。しかし現実はそのようなものとして僕を扱わず、僕は僕ならざる僕としてそこに立ち現われ、僕は僕ならざる存在として現実の中で機能していはしまいか。少なくとも「そのような反問をする必然性を失った自分」を考えると、これはまさに最下劣どころではないのだ。僕は僕でないということだ。僕は僕であることなど笑止である、という命題も実は正しいのかも知れぬではないか。では、何にでもなれということか。結構だ、何にでも多分、僕はなれるであろう、僕は僕ならざる僕ならば、いつでも僕はその「僕」を演じられる。それは僕でない分、気安い配役である。演じ難いのは、とりもなおさず、まさに純粋な自己自身である――ワルプルギュスの宴に、君に、僕の腐った精液を滴らせてあげよう……それで僕の憂鬱は完成するのだ……

« 寺島良安 和漢三才圖會 卷第四十五 龍蛇部 龍類 蛇類 吉弔 | トップページ | 鶯 (一老人の詩) 伊東靜雄 »