フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「入定の執念」と「木乃伊(ミイラ)の恋」 | トップページ | 誰と議論をすべきか イワン・ツルゲーネフ »

2008/10/19

尾形亀之助句集(附 尾形蕪雨一句・尾形余十五句)

尾形亀之助句集(附 尾形蕪雨一句・尾形余十五句)

    枇杷の果

ふとんほして留守にしてゐる隣家かな

残されて芽をふく桐や分譲地

葉桜や眼を病む人の美しき

水さして茶釜ぬるめり庭若葉

枇杷の果の一つ一つの黄いろかな

蚊帳中にこほろぎの来て児のむなし

五人来て五人で帰る獺祭忌

茶の花の垣添ひに行く引越荷

春雷や雲たひらかに湖(みづ)の上

(「蕉舎句帳」 昭和10年2月-11年8月より)

[やぶちゃん注:底本は思潮社1999年刊「尾形亀之助全集 増補改訂版」を用いた。「蕉舎句帳」は父尾形余十が主催した句会の記録帳。昭和9(1934)年2月16日から昭和11(1936)年6月14日までの吟行会15回を記す。尾形亀之助がここで用いている俳号は底本の編注によれば「無臍子」「むの子」「凹臍」「への字」「へそ」。]

月の山人驚かすうさぎかな   尾形蕪雨

炭つぎて思ひ出せる事のあり

夏の風座敷尋ねて歩きけり

ころがりて手の届かざる林檎かな

送り火や姉は廓に居ると聞く

涼しさや親子もろとも水の底  尾形余十

[やぶちゃん注:尾形蕪雨は本名尾形安平(あんぺい)、尾形亀之助の祖父で、雑誌「仙台文学」社友であった。尾形余十は本名尾形十代之助(とよのすけ)、尾形亀之助の父で、『ホトトギス』の虚子選句にしばしば登場していたとする。底本は河出書房新社2007年刊正津勉「小説 尾形亀之助 窮死詩人伝」のなかに引用されるものを用いた。正津氏が作品の最後で引用する最後の父の句、これは如何にも象徴的ではある。]

« 「入定の執念」と「木乃伊(ミイラ)の恋」 | トップページ | 誰と議論をすべきか イワン・ツルゲーネフ »