フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 彼 第二 | トップページ | 上海游記 四 第一瞥(下) »

2009/05/25

目から鱗の蛇心清姫以下諸々

この度の見し外題、
「寿式三番叟」
「伊勢音頭恋寝刃」(いせおんどこひのねたば)
   古市油屋の段
   奥庭十人斬りの段
「日高川入相花王」(ひだかがわいりあひざくら)
   真那古庄司館の段
   渡し場の段

「寿式三番叟」にて、文楽は稀に見る多種目大人数総合芸術体力勝負なるを知れり。感服仕り候――

「伊勢音頭恋寝刃」にて、文楽を現代の倫理観から鑑賞することの無効性を痛感せると同時に、現代のホラー・スプラッターの先取りなる一面をも見出せり。否、それは現代のホラー・スプラッターが至るを得ない健全なる清浄上質の代償効果による社会的カタルシスの効用を持ちたらんことを確信せり――十人斬り万歳!――

何時もながら蓑助の憎つくき万野(まんの)の神技に魅せられたるは言ふに及ばず――蓑助はやつぱり叩き上げぢや、土門の写真のあの永遠の少年(プエル・エテルヌス)の黒子が、今も彼の中には居るぢや、だから誰(たれ)も手が届かぬのぢやて――

「日高川入相花王」

一つ! 若い太夫はやはり老練の太夫とは月と鼈なり! そもそも声音(こわね)に拘るからだめぢや。声のいぶし銀は、技巧ではない。情を語るは、演技にあらず。「語り」は「語り」にして「演じる」にあらざるを知れ――

一つ! 紋寿清姫、凄絶なり! 想定線を引きて居たる我が愚かしさを反省すること頻りなり。「真那古庄司館の段」の冒頭から、思ひそめてき清姫の一矢宿命のベクトルが、その鬼なればこその神の美に至るなり。「渡し場の段」川面に反りし清姫と添ふる紋寿の美しきかな。それ、それこその「道行」なり――

一つ! ガブも凄絶なり! 想定線を引きて居たる我が愚かしさを反省すること頻りなり。決して、小手先のフィギアにあらず、情念・情念・情念の魂窮まんとすなり。欲を言ふならばもちつと舞台を暗く致いて漁師のガンドウにて面を照らすといふやうな手法は使へぬものならんか。体擲って入水致し、激しきうねりの蛇体となり、川渡り終へたる清姫の、元の頭に戻りて居たる、その柳の枝に見えし時、我は思はず、落涙して居たり――

« 芥川龍之介 彼 第二 | トップページ | 上海游記 四 第一瞥(下) »