フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 「こゝろ」箱 表紙 | トップページ | 耳嚢 やろかつといふ物の事/ちかぼしの事 »

2009/10/03

ブログ・カテゴリ「こゝろ」創成 附・本体箱背

ブログ・カテゴリに「こゝろ」創成した。考えてみれば、僕はブログで「こゝろ」を語ることを意識的に避けてきたような気がする。しかし、それは僕が「先生」と等身大になりつつあるからではなく、ますます「先生」が僕の中で大いなる謎として増殖し続けているからである――

「もし私の好奇心が幾分でも先生の心に向つて、研究的に働らき掛(かけ)たなら、二人の間を繋ぐ同情の絲は、何の容赦もなく其時ふつりと切れて仕舞つたらう。若い私は全く自分の態度を自覺してゐなかつた。それだから尊(たつと)いのかも知れないが、もし間違へて裏へ出たとしたら、何んな結果が二人の仲に落ちて來たらう。私は想像してもぞつとする。先生はそれでなくても、冷たい眼(まなこ)で研究されるのを絶えず恐れてゐたのである。」(上七より)

これは従来の解釈の謂いを出るものではない部分であろう。誰もが読み過してきた部分である。しかし、立ち止まって見るがよい。「私は想像してもぞつとする」のである。それは想像を超えたぞっとするような結果を齎すカタストロフだと、彼は言っていまいか? これは従来の解釈の範疇にあるような学生=「私」像に果たして収まるものであると言い得るのか? いや、この別な選択肢の映像の果てにある「先生」の姿は「想像してもぞつとする」ものであったのではなかったか?――こんなところから、僕の新たな謎は始まるのである――

「こゝろ」本体箱背

Se

« 「こゝろ」箱 表紙 | トップページ | 耳嚢 やろかつといふ物の事/ちかぼしの事 »