フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 石谷淡州狂歌の事 | トップページ | 現在188093アクセス »

2009/10/17

耳嚢 羽蟻を止る呪の事(☆既公開分を全文掲載方式に改造の上、ブログ・カテゴリ「耳嚢」創成した)

「耳嚢」に「羽蟻を止る呪の事」を収載した。

記事が25件を越え、ページで読むのが面倒な方のために、今回より、ブログでも楽しんで戴けるよう、こちらにも公開する方式に変更した。ついては、過去のものも総てそのように改造して、それぞれの記事をブログに表示、且つ、ブログ・カテゴリ「耳嚢」を創成した。偶々、今回のものは退屈な短編であるが、本頁に行かずに未だこれよりも前の「耳嚢」を未読の御仁は、どうぞ、過去の改造したブログでお楽しみあれ。

 羽蟻を止る呪の事

 

 羽蟻出て止ざる時、

  双六の後(おく)れの筒に打負て羽蟻はおのが負たなりけり

 右の歌を書て、フルベフルヘト、フルヘフルヘト唱、張置けば極(きはめ)て止と、與住(よずみ)氏の物語なり。

 

□やぶちゃん注

・「呪」は「まじなひ(まじない)」と読む。

・「双六の後れの筒に打負て羽蟻はおのが負たなりけり」この双六は盤双六のことと思われ、そこで用いられる賭博用語や特殊なルールに掛けられた意味と類推するが、幾つか調べてみたものの、賭博やゲームと縁が薄い私には和歌の意味は全くの不詳、お手上げである。識者の御教授を乞う。

・「フルベフルヘト、フルヘフルヘト」不詳。底本では後者の三文字目には濁点がない。岩波版及びネット上の本記載を載せるページもすべて「フルベフルヘト、フルベフルヘト」となっているが、訳では底本を尊重した。骸子を「振る」と関係があるか? それとも梵語かポルトガル語かスペイン語か? これも完全にお手上げである(底本・岩波版共に本記事には注を附していない)。識者の御教授を乞う。

・「與住」先の「人の精力しるしある事」にも登場した与住玄卓。根岸家の親類筋で出入りの町医師。「耳嚢」には他にも「巻之五」の「奇藥ある事」や、「巻之九」の「浮腫妙藥の事」等にも登場する。

 

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 羽蟻を止めるまじないの事

 

 羽蟻が出て止まない時、

  双六の後れの筒に打負て羽蟻はおのが負たなりけり

 という歌を紙に書いて、「フルベフルヘト、フルヘフルヘト」と唱えつつ、壁に張っておけば、一発で止む、とは与住氏の談である。

« 耳嚢 石谷淡州狂歌の事 | トップページ | 現在188093アクセス »