フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 相學奇談の事 | トップページ | 耳嚢 烏丸光榮入道卜山の事 »

2009/11/16

耳嚢 池田多治見が妻和歌の事

「耳嚢」に「池田多治見が妻和歌の事」を収載した。

 池田多治見が妻和歌の事

 備前の家士池田多治見が妻は坊城大納言の妹也しが、常に菊を好作りけるに、或時夫の心に不叶事やありけん、離縁を申出ければ其妻かくなん、

 身の程はしらでわかるゝ宿ながらあと榮え行千代の白菊

と詠けるを、其友たる者聞て、夫に背き憤る心にてはかくは詠むまじきとて、多治見が短き心を諌め、元のごとく夫婦と成榮えけると也。

□やぶちゃん注

・「備前」備前国岡山藩(現・岡山県岡山市)。「耳嚢 巻之一」の下限は天明2(1782)年春までであるので、本話時の藩主は池田治政(寛延3(1750)年~文政元(1819)年 藩主在位:明和元(1764)年~寛政6(1794)年)であったと考えてよい。下限から遡ること、18年前までが治世でカバーできるからである(因みに治政が藩主に就いた寛延3(1750)年では根岸は未だ27歳である)。

・「家士」岡山藩藩士。

・「坊城大納言」坊城家は鎌倉末期に創設された藤原氏北家高藤流勧修寺庶流で、岩波版長谷川氏注では、従一位権大納言であった坊城家14代俊清(としきよ 寛文7(1667)年~寛保3(1743)年)、若しくは正二位前権大納言であった15代俊将(としまさ 元禄121699)年~寛延2(1749)年)か、とする。俊清は12代俊広の子で、姉か妹がいた。俊将は勧修寺尹隆(かじゅうじただたか:藤原氏北家高藤流甘露寺支流)の子で、やはり姉か妹がいたことまでは確認出来た。

・「身の程はしらでわかるゝ宿ながらあと榮え行千代の白菊」「しらで」と「白菊(しらぎく)」の掛詞以外は、鈍感なために歌の好さがよく分からない。識者の御教授を乞う。

やぶちゃんの通釈:

身のほども弁えぬことを成して……御勘気を受け、お別れせねばならぬ我が家……けれど、けれど、ただ一つ願うことは……後に残してゆく純白の菊の花、その全き白とともに……永遠に池田の家が栄える続けますように――。

■やぶちゃん現代語訳

 池田多治見の妻の和歌の事

 備前の家士、池田多治見殿の妻は坊城大納言卿の妹であり、日頃、菊作りを好んでいたのだが、ある時、夫に何やらんひどく気に入らぬことがあったのか、妻に離縁を言い渡した。妻は、家を出る折り、

  身の程は 知らで別るる 宿ながら あと栄え行く 千代の白菊

という歌を詠んで去ったという。

 後日、この歌を治見殿の友人が聞き、

「夫に背き反感を抱いているような下種の女心にては、このように素直な歌は詠めまいぞ――」

と多治見殿の短慮を諌めた。多治見殿も己が誤りを認めて、元通りに復縁致し、後々まで幸せに暮らした、ということである。

« 耳嚢 相學奇談の事 | トップページ | 耳嚢 烏丸光榮入道卜山の事 »