フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會 巻第四十 寓類 恠類 狒狒 | トップページ | 耳嚢 兩國橋幾世餠起立の事 »

2009/12/30

耳嚢 大木口哲大坂屋平六五十嵐狐膏藥江戸鄽最初の事

「耳嚢」に「大木口哲大坂屋平六五十嵐狐膏藥江戸鄽最初の事」を収載した。

 大木口哲大坂屋平六五十嵐狐膏藥江戸鄽最初の事

 大木傳四郎芭蕉膏藥寶筆三人は、同在所者にて一同に江戸へ出、南國におゐて今相應に暮しける者故、右の者共在所を出し時、互に出世の事を約束せしが、三人共約の如く相成(あひなり)しと或人の咄を聞しに、傳四郎親口哲は口中醫(こうちゆうい)をいたし、予が許へも來る故聞糺し侍るに、芭蕉膏藥寶筆の先祖も、口哲在所播州の者にて、租父の代在所へ中登(なかのぼ)りせし頃同道いたし江戸表へ召連世話いたせし間、今に兩家共親類同意いたし候由。右傳四郎初て江戸表へ出し時同伴せしは大坂屋平六、狐膏藥を商ひ候平藏、油商いたし今兩國に居し五十嵐屋也。右四人江戸表へ出候節、若(もし)四人の内銘々出世して若(もし)不行屆(ゆきとどかざる)者あらば、相互に世話可致と約束し、夫々稼(かせぎ)をいたせしが、傳四郎は齒みがき口中藥等の辻賣抔いたし、段々仕合能(しあはせよく)あたらし橋に鄽(みせ)を出し、五十嵐も兩國に油見世を出し、平藏は京都稻荷小路の生れ也とて、狐膏藥といふ存付(ぞんじつき)て、是又相應に身上(しんしやう)をかためけるが、平六壹人は仕合惡しく本所御家人の御番葛籠(ごばんつづら)抔もちてかつがつに暮しけるが、或日傳四郎が鄽へ來りて、兼ての申合(まうしあはせ)と違ひ各々人は相應に身上も持給へども、我等が妻子ともに艱難して荷物かつぎいたし候と恨み言葉を交て申ける故、げにも約束を忘れたり、いかにも三人申合世話いたすべしと、五十嵐并平藏へ相談し、何れも難捨置事とて彼是と世話いたしけるが、今の大坂屋平六鄽其頃は九尺店(くしやくだな)のあやしき木藥屋也しが、右の亭主上總の者にて在所へ引込候間、右鄽名代(なだい)共賣渡し度由の沙汰を承り、幸ひの事なれば右名代を買ひて彼荷物を仕付べしと相談の上、仕合有之木藥并召使ひの小者共に、金六拾兩の積(つもり)相談相極、口哲并五十嵐より金貳拾兩づゝ差出、平藏は夫程の世話難成身上(しんしやう)故十兩差出、殘り十兩不足の處、右荷物の株或は古道具等賣拂ひ、右木藥株買受候樣の處、荷物株古道具とも漸(やうやく)八兩に相拂ふ故、平藏十戒兩差出、難なく株をとゝのへ大坂屋平六といふ藥種みせを其儘に商ひいたさせけるが、平六も木藥の事は少し心得も有て出精(しゆつせい)いたし候上、口哲先租傳四郎工夫にて、其此(そのころ)本町三丁目今も相續いたし候酢屋(すや)彌兵衞といへる者ありしを相頼、藥種の俵(たはら)はらひ或ははき集の分夥敷(おびただしき)事なるを、相對(あいたい)の上壹俵百文づゝに買受、右藥を口哲平藏五十嵐共に手傳ゑり分(わけ)、引風の藥を拵へ諸の風を拂(はらふ)といふ心にて、諸風散と名目(みやうもく)を付、其此いまだ引札などゝ申事のなき折から、委細風を治(ち)する譯を認、初て辻々に引札いたし、八錢より百銅迄賣けるに、折節風氣(かざけ)流行し夥敷賣りける故、俄に平六身上大きく成、段々年増しに仕合能(しあはせよく)、今は四人の内壹番の身上に成ける。かゝる譯故何れも親しく有しが、代移り替りて、今の平六は年若にて跡をとり古き者もなき故、昔の事知りし者もなければ遠々(とほどほ)しく成けると語りぬ。

□やぶちゃん注

○前項連関:これは少し淋しい人と人の友情の人生訓とその実現、しかしまた、それが時間の経過と共に失われてゆくことへの一抹の寂しさへと通底連関しているように思われる。私は訳しながら、ジャン・ルノワールの映画を見ているような気になっている自分を見出していた……。

・「大木口哲」岩波版長谷川氏注に「続江戸砂子」を引用、『歯磨 … 両国米沢町 大木伝四郎』とある。現在の大木製薬株式会社のルーツで、大木製薬製薬会社のHPには『万治元年(1658年)江戸は両国、隅田川のほとりに大木五臓圓本舗がのれんを掲げました。店主 大木口哲は、当時、漢方医にしか処方・投与できなかった漢方薬を「誰でも、どこでも」摂取できるように、さまざまな処方を研究し、一般向け大衆薬として「大木五臓圓」を開発、発売したのです』と記されている。

・「大坂屋平六」現在の東日本橋三丁目(古くは橘町と呼称された)にあった薬種問屋。江戸随一の薬店で、特に鎭咳去痰剤としての「ズボウトウ」という薬剤や、疱瘡の特効薬とあされた「ウニコウル」(哺乳綱鯨偶蹄目クジラ目ハクジラ亜目マイルカ上科イッカク科イッカク属イッカク Monodon monoceros の長大化した切歯)等の販売で知られた。

・「五十嵐」岩波版長谷川氏注に同じく「続江戸砂子」を引用、『伽羅の油 … 両国橋西詰 五十嵐兵庫』、『黒油、枸杞油などを売る』とする。黒油というのは、所謂、当時の白髪染めとして用いられた鬢付け油のことであろうか。また、枸杞油というのは双子葉植物綱ナス目ナス科クコ Lycium chinense の種子から得られた油で、漢方で枸杞子と呼ばれるものと思われる。血圧降下や血糖低下作用・抗脂肪肝作用、更に古くから強壮効果も謳われている薬物である。

・「狐膏藥」岩波版長谷川氏注に同じく「続江戸砂子」を引用、『狐かうやく … 同(日本ばし)三丁目 笠原平蔵』とある。これは伝承にままある狐が人に伝授したという万能薬の呼称として知られるものでもあり、一般的なそれは、特に金瘡(刀傷)に薬効があるとされる。

・「鄽」音「テン」。店、商店の意。

・「芭蕉膏藥」岩波版長谷川氏注に同じく「続江戸砂子」を引用、『芭蕉膏 … 米沢町 長崎芭蕉』とある。米沢町は両国橋の両国広小路側、薬研掘を隔てて大坂屋のあった橘町の北にあった地名。本件後半の話柄には直接関わらないか。

・「寶筆」諸注未詳。本件後半の話柄には直接関わらないか。

・「おゐて」はママ。

・「口中醫」耳鼻咽喉及び歯科の医術を言うのであろう。

・「中登り」江戸時代、京坂方面から江戸に奉公に出て来ていた者が、勤めの期間中に、一度上方へ帰ることを言う。中上り。

・「あたらし橋」「江戸名所図会」巻之一の筋違橋(すじかいばし)の条に昌平橋について叙述し、昌平橋はこの筋違橋『より西の方に並ぶ。湯島の地に聖堂御造営ありしより、魯の昌平郷(しやうへいきやう)に比して号(なづ)けられしとなり。初めは相生橋、あたらし橋、また、芋洗橋とも号したるよしいへり。太田姫稲荷の祠(ほこら)は、この地淡路坂にあり。旧名を一口(いもあらひ)稲荷と称す』とあり、これに同定するのが正しいか。神田川に架かる橋で、現在の秋葉原電気街南東端に位置する。橋の北が現在の千代田区外神田1丁目、南が千代田区神田須田町1丁目及び神田淡路町2丁目。上流に聖橋、下流に万世橋がある。

・「御家人」ウィキの「御家人」に『江戸時代には、御家人は知行が1万石未満の徳川将軍家の直参家臣団(直臣)のうち、特に御目見得以下(将軍に直接謁見できない)の家格に位置付けられた者を指す用語となった。御家人に対して、御目見得以上の家格の直参を旗本といった』。『近世の御家人の多くは、戦場においては徒士の武士、平時においては与力・同心として下級官吏としての職務や警備を務めた人々で』、『御家人は、原則として、乗り物や、馬に乗ることは許されず、家に玄関を設けることができなかった。ここでいう乗り物には、扉のない篭は含まれない。例外として、奉行所の与力となると、馬上が許されることがあった。有能な御家人は旗本の就く上位の役職に登用されることもあり、原則として3代続けて旗本の役職に就任すれば、旗本の家格になりうる資格を得られた』とある。

・「御番葛籠」「御番」は当番・宿直の当たる人を敬っていう語で、主人の当直等の際に、寝具夜具を葛籠に入れて背負い、運ぶ役を言う。前注と合わせて下級官吏に従うその下僕荷物持ちの侘しい映像が浮かんでくる。

・「九尺店」一尺≒30.3㎝であるから、約2m73㎝。当時の単位では一間半(一間≒1.8m)に相当する。間口九尺・奥行き二間(約3.6m)というのは、実は江戸時代にあって最も狭い長屋一室の大きさであった。

・「名代」名目として掲げる名前。名目。名義。ここでは生薬屋(後注参照)としての「大坂屋」という屋号であろうが、もしかすると「平六」というのも、その元の店主の名(屋号の一部)であったとも考えられる(即ち、本文の「平六」なる人物は、実は平六という名ではなかったとも考え得るということである)。

・「木藥屋」生薬屋。生薬を売る店、薬屋の意であるが、これは厳密には製剤する前の漢方原料の問屋のことを言う。しかし何れにせよ、本話の最後に大坂屋平六は市販薬を商うようになる。

・「仕合有之木藥」底本では「仕合」の右に『(仕入カ)』とある。「仕入」で採った。

・「右木藥株買受侯樣」底本では「樣」の右に『(積カ)』とある。どちらでも訳ではよいように思われる。

・「本町三丁目」現在の中央区日本橋本町三丁目。岩波版長谷川氏注によると、『常盤橋より東に通じる通り。三丁目は日本橋より北行の通りと交差する辺。薬種問屋が多かった』とある。地図を見ると現在も同三丁目にはワカ末ビルやらシオノギ本町共同ビルなどを現認出来る。

・「酢屋彌兵衞」文政7(1824)年中川芳山堂編になる「江戸買物独案内」(えどかいものひとりあんない)によると本町三丁目に唐和薬種問屋として酢屋長左衛門の名を見出せる。本書を管見するに、この本町三丁目には他に売薬(製薬、煉薬、膏薬、丸散、合薬)として同人酢屋長左衛門の他、酢屋源助・酢屋清兵衛・酢屋彦兵衛の名を見出せるが、本文の叙述から、とりあえず最も手広くやっていたと思われる薬種問屋の酢屋長左衛門を挙げた。名前から見ると、酢屋清兵衛・酢屋彦兵衛辺りの縁者とも考えられる。因みに同書には橘町三丁目の唐和薬種十組問屋として「大阪屋平六」の名を見出すことが出来せる。また、この本の下巻冒頭は、それこそここで話題となっている薬の「引札」(次注参照)が延々と続く! 年末の忙しい折りにて、じっくりと読むことは出来なかったが、何だかマジ、楽しそう! じっくり読めば、ここの注をもっと正確に豊かに出来る確信を持った。向後、鋭意努力したいと思っている(以上リンク先は神戸大学附属図書館デジタルアーカイブの画像)。

・「引札」は商店が開業の披露や、年末年始等の商品売出しを宣伝するために、町の辻々で配布したり、張り出したりした札、現在のチラシや広告のルーツである。江戸中期に始まる客の購買意欲を昂めるためのキャッチ・コピーを記した刷り物で、当初は「札まわし」「口上」「目録」などと呼ばれていたが、根岸がこれを記す前、18世紀中頃には「引札」の呼称が定着した。

■やぶちゃん現代語訳

 大木口哲・大坂屋平六・五十嵐狐膏薬三名江戸出店初めの事

 大木伝四郎と芭蕉膏薬と宝筆商人三人は、同じ郷村の出身者で、一緒に江戸へ登り、今は三家共に両国で相応の分限者として暮らして御座るが、その謂われを語るならば、村を出づるに当たって、三人共に立身出世を誓うて出郷致せしものなりしが、誠(まっこと)、三人共に誓うたが如く、相応なる立身を果いたとので御座ったということを、ある人の話したのを聞いたので御座った。

 さても、この大木伝四郎の父、大木口哲なる御仁は口中医を致いており、私の家にも度々来るので仔細を聞き質した。その話で御座る。

 芭蕉膏薬及び宝筆の先祖も口哲の故郷であった播磨国の者で、三名の祖父が江戸表から一時、播磨に戻り、その帰りに三名共に郷里より同道致し、江戸表へ登り、あれこれ互いに世話を致いたのを縁に、今に三つの家共に親類付き合いを致すようになったということで御座った。

 以下は、その口哲の思い出話で御座る。

 ――拙者の愚息伝四郎めが、初めて江戸表へ出向きました折りに同道致いたは、大坂屋平六、狐膏薬を商うて御座る平蔵、また、当時は油を商うておりましたが――今は両国に住むところの――五十嵐屋で御座る。この四人が江戸表に出ずるに際し、

「万一、四人の内、その殆んどが出世致いたにも関わらず、不幸にして上手く行かぬ者があったれば、互いに世話を致すことと致そうではないか。」

と決した。

 さても、かくして、それぞれに商売に励んで御座った。

 倅(せがれ)伝四郎は歯磨き粉や口中薬などの辻売りを致いて、段々に売り上げを伸ばし、評判も得、あたらし橋辺に店を出だす運びとなり、――

 五十嵐も両国に油屋を出店、――

 平蔵は――これは元来、京都稲荷小路の生まれなるを以って、『狐膏薬』という名を以って薬を売り出し、これまた、相応に商売、当たって御座った。……

 ……ところが、平六だけは何の因果か思うように捗らず、本所辺りの御家人の葛籠(つづら)荷いなんどを致いて、辛うじて糊口を凌いでおるという有体で御座った……。

 ――そんなある日のこと、この平六が伝四郎のお店(たな)を訪ねて御座っての、

「かねてよりの約定(やくじょう)と違(ちご)うとる、な……お主らは相応に身上(しんしょう)を上げ給うたなれど、儂は……妻子共々艱難辛苦してからに……一介の荷物担ぎにて御座るよ……」

と、聊か恨み言を交えて卑屈に申す故、

「いや! そうであった! 約束を忘れて御座った! 如何にも、儂ら三人、合力(ごうりょく)致そうぞ!」

と、即座に五十嵐と平蔵に相談致いたところが、二人とも、

「道理じゃ! これはもう放っておくわけには参らぬ!」

とあれやこれや、世話致すことと相なったので御座る。

 ――さても、今や大店(おおだな)の大坂屋平六の元の店は――これまた、当時、間口九尺という、如何にもみすぼらしい生薬屋で御座ったのじゃが――この亭主、上総の者にして、もう店を畳んで郷里に帰るとのこと――お店も暖簾も――所謂、丸々居ぬきで売り払いたい――ちゅう、誠(まっこと)、渡りに舟の話を耳にして御座ったれば、愚息、

「それは願ってもない幸いなことじゃ! なれば、この荷、まるごと買うて、かの平六に商いさせんに若くはなしじゃて!」

と、双方相談の上、その店が仕入れた薬種の在庫やら召使って御座った小者連中までも含め、一包(くる)み金六十両を積んで買うことと決し、口哲と五十嵐が二十両ずつ差し出し、平蔵は、当時、それほどの余裕がなかったこともあり、十両を出した。

 しかし、未だ残り十両が足りぬ――。

 ――そこで平六が入手して御座った荷持ちの株やら、なけなしの私物の古道具なんど、一切合財、全部売り払うて、辛うじて八両まで捻り出いた。

『……これで何とかッ! 薬株も含めての買い受け……出来よかッ!?……出来んかッ!?……』

と――。

 ――その時――意気に感じた平蔵、――

 十二両を、ぽんと出だいた――。

 こうして、難なく薬種屋の出店の株も含めて手に入れ、大坂屋平六という薬種問屋を、元の場所にて、平六に恙なく商売致さすことが出来て御座った――。

 ――その後、実は平六自身も生薬については多少の心得が御座ったれば、商いに精出し、加えて、拙者口哲と愚息伝四郎、聊かの知り合いに本町三丁目に今も御座る酢屋弥兵衛という薬種問屋を商う者に懇請致し、弥兵衛方にて、薬種を詰めた俵の――そこからこぼれ落ちて汚損した商品化不能の分やら、定格に及ばず、商品化に用いられざる夥しい薬種の雑物品の掃き集めたを――委細交渉の末、一俵当り百文で買い受けることに成功致いた。

 これをまた、拙者口哲・平蔵・五十嵐三人で手伝って薬種ごとの選り分け、それを配合して、『諸々の風を払う』という意にて「諸風散」という薬名を付けて申した。

 当時は未だ、引き札なんどというもんも御座らなんだ時代で、まず、委細、風邪の気を治(ち)すに頗る効能あるを書き記し――まあ、引き札の始まりとでも申しまするか――そいつを辻々にて配ったり、貼り付けたり――薬の方も配合・分量を変えて数種製剤致し、八銭から百銅迄の値で売りまして御座る。

 いや! これがまた、折りも折り、風邪っ気(け)が大流行――不謹慎なるもの謂い乍ら――いやもう、夥しい売れようで御座った!――されば、俄かに、平六、商売、大成功! いや、その年に限りませず、後も段々年々、商売繁盛――今にあっては、その四人の内、一番の分限者に成って御座るよ――。

「……かくの如く、四人とも親しくして御座ったが……代替わり致しまして……今、家を継いで御座る平六というは……年若にして跡取りとなった者にして……もう、大坂屋にも古参の者も、御座らぬ……されば昔の友情、意気に感じた繋がりといったものを……知る者も御座らねば……互いの家の付き合いも、すっかり、遠くなって御座った…………」

と、口哲殿は、少し淋しそうに、口を噤んで御座った。

« 和漢三才圖會 巻第四十 寓類 恠類 狒狒 | トップページ | 耳嚢 兩國橋幾世餠起立の事 »