フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 公家衆狂歌の事 | トップページ | 『東京朝日新聞』大正3(1914)年5月7日(木曜日)掲載 夏目漱石作「心」「先生の遺書」第十八回 »

2010/05/06

贋作・或阿呆の一生 時代

         時  代

 それは或高校の三階だつた。五十三歳の彼は教壇に登つて「竹取物語」を教へてゐた。くらもちの皇子、玉の枝、接続詞「ば」の順接の確定條件、縁語、掛詞、吉本興業よりダサい洒落、………

 そのうちに授業の黄昏(たそがれ)は迫り出した。しかし彼は熱心に古への物語を語り續けた。そこに開陳されてゐるのは空想の物語といふより寧ろ世紀末其自身を皮肉つた現實の比喩そのものだつた。民を考へぬ政治家、贋作の國宝、インデヰ・ヂヨウンズばりの譃八百の國外移設、何れ直に止まつてしまふ文殊の知惠、この暑くむさ苦しい日に制服着用を命ずる官憲…………

 彼は魂の薄暗がりと戰ひながら、かうした自分の敵の名前を一つ一つ數へて行つた。が、其等はかぐや姫が日暮れと共に暗くうち沈んでゆくのと同じくおのづからもの憂い影の中に沈みはじめた。チヤイムの音と同時に彼はたうとう根氣も盡き、教壇を下りようとした。すると丁度、くらもちの皇子の偽造が暴かれた結果、かぐや姫の身の内の光輝が、丁度彼の空ろな胸の中(うち)に突然ぽかりと火をともした。彼は教壇の上に佇んだまま、教室の机に動めいてゐる缺伸(あくび)をする女生徒の開かれた淫靡な脣(くちびる)や不貞寢(ふてね)する男子生徒のだらしない涎(よだれ)を見下(みおろ)した。彼等は妙に小さかつた。のみならず如何にも見すぼらしかつた。

 「人生は1オンスのパリの空氣にも若かない。」

 彼は暫く教壇の上からかう云ふ彼等を見渡してゐた。………

« 耳嚢 巻之二 公家衆狂歌の事 | トップページ | 『東京朝日新聞』大正3(1914)年5月7日(木曜日)掲載 夏目漱石作「心」「先生の遺書」第十八回 »