フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 不受不施宗門の事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 志す所不思議に屆し事 »

2010/05/24

耳嚢 巻之二 好む所左も有べき事

「耳嚢 巻之二」に「好む所左も有べき事」を収載した。

 好む所左も有べき事

 予が知れる人に山本左七といへるあり。飽迄酒を好みける。人の進めによりて、屋鋪(やしき)の地面藤によかるべしとて、藤を植て棚などよく拵けるが、藤は酒を根へかけて土かひぬれば格別によしと人のいひける故、酒を取寄せけるが先(まづ)一盃呑て、かゝる酒を藤に呑せんも無益也、隨分あしき酒を取て可然とて、又別段に酒壹升價ひ鐚(びた)にて五六十文の酒を取寄、藤に懸(かく)べしと思ひしが、去にても百文の内の酒も香るものやとて、則(すなはち)先少給見(たべみ)しに、百文の内には下料(げりやう)なる物なり、是にても酒は酒なりとて壱升を何の事なく呑て、迚も酒にては藤に振廻(ふるまひ)がたしとて、酒の糟を買ひて土に交(まぢへ)て、藤の根かひしけると也。

□やぶちゃん注

○前項連関:「飽迄かたましき」不受不施派は気持ち悪いが、こんな「飽迄かたましき」者はちと可愛いで連関。

・「山本左七」諸注注せず、不詳。

・「藤は酒を根へかけて土かひぬれば格別によし」岩波版長谷川氏注に『水に酒を加えて活けると長くしおれず、しおれた藤に酒を注ぐと生きかえる。また、実を煎って酒に入れると腐らぬなどという。』とあり、ネット上にも現在でも藤の肥料として酒粕を実際に用いて効果がある由、記載がある。

・「鐚」鐚銭(びたせん)。室町から江戸初期にかけての永楽銭以外の銭又は一文銭の寛永鉄銭の称。ここでは銭単位の一文。ここから本邦では「鐚」は粗悪な、最低の金の意となった。宝暦明和年間(17511771)は小売価格で米一升100文、掛蕎麦一枚が16文であった。 

・「なる物なり」底本には右に『(尊經關本「成奴なるが」)』とある。これで採る。

・「藤の根かひしける」底本では「かひ」の右に『(飼)』と注す。

■やぶちゃん現代語訳

 好きで好きでしようがない事にはさもあらんという事

 私が知っている人に山本左七という者がおる。あくまで酒が好きな男である。

 人が、彼の住む屋敷の土地には藤がよい、と薦めるので、藤を植えて棚なんども上手く拵えたりして御座った。

 また、藤は酒を根へかけて土を肥やせば格別によい、と人が言うので、ある時、酒を取り寄せてはみたものの、まずはと、一杯呑んで見たところが、左七、独白(ひとりご)ちて、

「……!……このような良き酒、藤に呑ますこと、これ、無益な! もっと悪い酒を取り寄せて撒くに若くはなし!……」

と、また別に、一升当り鐚銭(びたせん)五、六十文という安酒を取り寄せて藤にかけることと致そうと思った。

 さて、その酒が来たところが、左七の独白ちて、

「……それにしても……百文もせぬ酒というものにても……これ、酒の香の、あるものにても御座ろうか?……」

とて、そこはまずは、と少しばかり呑んで見たところが左七の独白ちて、

「百文もせぬ酒とは、これ、安物なるもの……もの乍ら……これにても、酒は、酒じゃ!」

とて、その一升、何なく呑みてからに、

「……さても酒は藤に振る舞えんのう……」

と、酒糟を買(こ)うて土に混ぜ、藤の根の肥やしと致いた、という話。

« 耳嚢 巻之二 不受不施宗門の事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 志す所不思議に屆し事 »