フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« エンバーミング夢 又は ベルナデットの夢 | トップページ | 耳嚢 巻之三 目あかしといへる者の事 »

2010/08/17

耳嚢 巻之三 その國風謂れある事

「耳嚢 巻之三」に「その國風謂れある事」を収載した。

 その國風謂れある事

 佐州は慶長元和の御當家御治世に至りて金銀涌出(ゆうしゆつ)彌(いや)増(まし)、往古より金銀を掘出し候國柄、數千年の今も絶ず涌出るの地也。金銀の稼に拘(かかは)り候者は、味噌を燒けば金氣を減らし候とて、國制にあらずといへ共燒味噌を不用、又四時の鐘を撞(うつ)にも捨鐘を撞(うた)ず。是(これ)音義(をんぎ)金を拾(すつ)るといへる事を忌(いみ)ての事ならん。然れば其國々によりて或は禁じ或は愛する事其謂れある事ならん。

□やぶちゃん注

○前項連関:金絡みで少しは連関するか。佐渡奉行として赴任した際の実録シリーズの一。

・「佐州」佐渡国。

・「慶長元和」西暦1596年から1624年。

・「御當家御治世」「慶長元和」は家康・秀忠・家光徳川家初代から三代に亙る幕藩体制の成立期である。

・「味噌を燒けば金氣を減らし候」岩波版長谷川氏注に、俗信として『「焼味噌をやくと金がにげるといへば」(孔子縞于時藍染・中)』と引用する。引用元は「こうしじまときにあいぞめ」と読み、山東京伝の黄表紙。これは推測であるが、味噌を焼くと更に塩分濃度が高まり、これが鍋釜庖丁などの金物に附着すると錆を生じやすいことからか。底本の鈴木氏注では、本記載が成されたのと同時期の天明6(1786)年『に成った『譬喩尽』に「焼味噌を好く者は金得延ばさぬ」とあり、これは箔屋のいうことで、箔打ちには焼味噌の匂を忌む。箔が延びないので嫌うと説明がある。京都のことわざだから箔屋に限るようにいうので、もとは金掘りの間に行われた俗信だったのであろう』とされる。「譬喩尽」は「たとえづくし」と読み、8巻からなる松葉軒東井編の俚諺集(別記載では1787年成立とも)。ことわざ以外にも和歌・俳句・流行語・方言等も所収する。

・「捨鐘」鐘によって時報をする場合、始まりを逸すると時刻が分からなくなるため、予め注意を促す目的で時報とは関係のない鐘を3度早く打ち、暫くしてからその時刻の数の鐘を突いた。この最初の三つを捨て鐘と言った。

■やぶちゃん現代語訳

 それぞれの国の風習には相応の謂われがある事

 佐渡ヶ島に於いては慶長・元和の頃、将軍家御治世に至ってからというもの、金銀の涌出、これ、いよいよ増加致いておるが、大昔より金銀を掘り出だして参った国柄にて、数千年経った今に至っても絶えず涌き出るという地である。

 金銀の稼業に関わっておる者どもの間にては、味噌を焼くと金(きん)の気(き)を減らしてしまうと言うて、別段佐渡の国法として定めた禁制ではないものの、調味に焼味噌を用いぬ。

 また、日々時刻を知らせる鐘を打つに際しても、所謂、我ら馴染みの捨鐘を打たない。これは「捨鐘」という言葉の音とその意味が所謂、『金を捨てる』に通ずることを忌みてのことであろう。

 かくの如く、その国々によって或いは禁じたり、或いは殊更に好むこと、それぞれに謂われがあることなのであろう。

« エンバーミング夢 又は ベルナデットの夢 | トップページ | 耳嚢 巻之三 目あかしといへる者の事 »