フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之三 守財の人手段別趣の事 | トップページ | 耳嚢 巻之三 本庄宿鳥居谷三右衞門が事 »

2010/09/11

エルモライの最後の日記 ミクーシ社会主義連邦共和国コルフォーズ崩壊

遂に儂はアルパカを飼えるようになった。

ところが気がついてみればミクーシ社会主義連邦共和国のコルフォーズ牧場は崩壊しておった――

2日前にオ・モコローゾフ伯爵夫人が儂の牧場を訪ねて来て下さったのが、最後じゃった――

ミクーシ社会主義連邦共和国は現在、41の国から成っておるように地図では表示されておるが、どの牧場も、もうかれこれ半年ほど前から、水飲み場も干上がって、野ウサギばかりが飛び跳ねているばかりじゃった――

それでも儂は、おもだった恩顧あるお方の牧場に種を播いたり、水を汲み入れたりして御座ったが――

もうそれも、飽いた――

じゃが儂はこの牧場を捨てぬ――たった独りの牧場は気楽じゃ――訪問者に気使いする必要もない――アルパカはペルー高地の産、ミクーシのコルフォーズで飼える最高級の動物じゃ――じゃから、もう、新しい動物を飼うためにしゃかりきになって育てる必要も、これ御座らぬ――金は……実に2200万ルーブリもあるからに、死ぬまで使い切れんわい――鴨撃ちにふらりとお出でになったまんま、ずっと100年もお帰りになんねえ御主人、ピョートル・ペトローヰッチ様を――ここでこうして、アルパカと一緒にお待ちしておろう……お帰りの時は、ペトローヰッチ様、アルパカの毛で儂がこさえた、あったけえ、帽子を差し上げますだ……

注・ピョートル・ペトローヰッチは「猟人日記」の主人公の名。例えば僕の最も好きな一篇「生神様」(邦題は「生きた御遺骸」「生きているミイラ」等とも訳される)等で分かる。この冒頭には彼お抱えの猟師兼下僕であるエルモライも登場する。お読みでない方は、是非。

« 耳嚢 巻之三 守財の人手段別趣の事 | トップページ | 耳嚢 巻之三 本庄宿鳥居谷三右衞門が事 »