フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« あの頃僕は鍋を哲学してゐた | トップページ | 耳嚢 巻之三 雷公は馬に乘り給ふといふ咄の事 »

2010/10/22

耳嚢 巻之三 孝童自然に禍を免れし事

「耳嚢 巻之三」に「孝童自然に禍を免れし事」を収載した。

以前にフライング公開した僕の好きな一篇。

 孝童自然に禍を免れし事

 相州の事なる由。雷を嫌ふ民有しが夏耕作に出て留守には妻と六七歳の男子なりしに、夕立頻りに降り來て雷聲夥しかりける故、彼小兒、兼て親の雷を恐れ給ふ事なれば、獨(ひとり)畑に出てさこそおそろしく思ひ給わん、辨當も持行べきとて支度して出けるを、母も留めけれど聞ずして出行ぬ。彼百姓は木陰に雨を凌(しのぎ)て居たりしに、悴の來りければ大きに驚、扨食事など請取、雨も晴て日は暮なんとせし故、とく歸り候樣申ければ、小兒ははやく仕廻給へとて先へ歸りけるが、一ツの狼出て彼小兒の跡に付て野邊を送りける故、親は大きに驚、果して狼の爲に害せられんと、身をもみ心も心ならざりしに、又候嫌ひの雷一撃響くや否や、我子の立行しと思ふ邊へ落懸りし故、農具をも捨てかしこに至りければ、我子は行方なく狼はみぢんに打殺されてありし。定(さだめ)て我子も死しけるぞと、急ぎ宿に歸り見けるに、彼小兒は安泰にてありしと也。

□やぶちゃん注

○前項連関:特に連関を感じさせない。「耳嚢」には雷に纏わる逸話が多い。少なくとも根岸は雷嫌いではなかったと思われる。サンダー・フォビアであれば、こんなに書けない。この話、小話乍ら、映像にしてみたい欲求に駆られる、「耳嚢」中、極めて好きな一篇である。

・「思ひ給わん」はママ。

・「狼」特に注を要する語がない代わりに、一つ、この食肉(ネコ)目イヌ科イヌ属タイリクオオカミCanis hodophilax 亜種ニホンオオカミ Canis lupus hodophilaxについて記しておくこととする。以下、ウィキの「ニホンオオカミ」よりの一部引用する(学名のフォントを変更した)。『日本の本州、四国、九州に生息していたオオカミの1亜種。あるいはCanis属のhodophilax種』。絶滅種とされ、確実な最後の生息情報とされるものは、『1905年(明治38年)1月23日に、奈良県東吉野村鷲家口で捕獲された若いオス(後に標本となり現存する)』個体である。『2003年に「1910年(明治43年)8月に福井城址にあった農業試験場(松平試農場。松平康荘参照)にて撲殺されたイヌ科動物がニホンオオカミであった」との論文が発表され』ている『が、この福井の個体は標本が現存していない(福井空襲により焼失。写真のみ現存。)ため、最後の例と認定するには学術的には不確実である』。『環境省のレッドリストでは、「過去50年間生存の確認がなされない場合、その種は絶滅した」とされるため、ニホンオオカミは絶滅種となっている』。分類学上、『ニホンオオカミは、同じく絶滅種である北海道に生育していたエゾオオカミとは、別亜種であるとして区別され』、更に『エゾオオカミは大陸のハイイロオオカミの別亜種とされているが、ニホンオオカミをハイイロオオカミの亜種とするか別種にするかは意見が分かれており、別亜種説が多数派であるものの定説にはなっていない』。エゾオオカミには学名 Canis lupus hattai Kishida, 1931 が与えられている。以下、ハイイロオオカミの別亜種とする説。『ニホンオオカミが大陸のハイイロオオカミと分岐したのは日本列島が大陸と別れた約17万年前とされているが、一般に種が分岐するには数百万年という期間を要し、また生態学的、地理的特徴においても種として分岐するほどの差異が見られないことから、同種の別亜種であるとする』。以下、別種説について。『ニホンオオカミを記載し、飼育し、解剖学的にも分析したシーボルトによると、ニホンオオカミはハイイロオオカミと別種であるという見解である』。『また、ニホンオオカミの頭骨を研究していた今泉吉典も頭骨に6ヵ所の相違点があり、独立種と分類すべきとしている。このように大陸産のハイイロオオカミの亜種ではなく、Canis hodophilax として独立種であるとすることもある』。その絶滅の原因は、『江戸時代の1732年(享保17年)ごろに、ニホンオオカミの間で狂犬病が流行したことが文献に記されているが、これは絶滅の150年以上前のことであり、要因の1つではあるにしても、直接の主原因とは考えにくい。近年の研究では、害獣として処分の対象とされた事の他に、明治以降に輸入された西洋犬からのジステンパーなどの伝染病が主原因とされている』。『なお、1892年の6月まで上野動物園でニホンオオカミを飼育していたという記録があるが写真は残されていない。当時は、その後10年ほどで絶滅するとは考えられていなかった』。以下、「特徴」の項より。『体長95114cm、尾長約30cm、肩高約55cm、体重推定15Kgが定説となっている(剥製より)。』『他の地域のオオカミよりも小さく中型日本犬ほどだが、中型日本犬より脚は長く脚力も強かったと言われている。尾は背側に湾曲し、先が丸まっている。吻は短く、日本犬のような段はない。耳が短いのも特徴の一つ。周囲の環境に溶け込みやすいよう、夏と冬で毛色が変化した』。『生態は絶滅前の正確な資料がなく、ほとんど分かっていない』が、『薄明薄暮性で、北海道に生息していたエゾオオカミと違って大規模な群れを作らず、2、3―10頭程度の群れで行動した。主にニホンジカを獲物としていたが、人里に出現し飼い犬や馬を襲うこともあった。遠吠えをする習性があり、近距離でなら障子などが震えるほどの声だったといわれる。山峰に広がるススキの原などにある岩穴を巣とし、そこで3頭ほどの子を産んだ』。『自らのテリトリーに入った人間の後ろをついて来る(監視する)習性があったとされ、いわゆる「送りオオカミ」の由来となり、また hodophilax (道を守る者)という亜種名の元となった。しかし、人間からすれば手を出さない限りニホンオオカミは殆ど襲ってこない相手であり、むしろイノシシなどが避けてくれる為、送りオオカミ=安全という図式であった』。『一説にはヤマイヌの他にオオカメ(オオカミの訛り)』『と呼ばれる痩身で長毛のタイプもいたようである。シーボルトは両方飼育していたが、オオカメとヤマイヌの頭骨はほぼ同様であり、彼はオオカメはヤマイヌと家犬の雑種と判断した。オオカメが亜種であった可能性も否定出来ないが今となっては不明である』(これには以下の脚注がある『シーボルトの標本を疑問視する声も少なからずあり、これは骨格の似ているアジア地域の野生犬ドールのものとも考えられており、また後述するように庶民にも馴染み深い人懐っこい性格であったにもかかわらずこれほど骨格も剥製も残されていないというのはおかしいという観点もある。』)。以下、民俗学的な「犬神」の記載。『各地の神社に祭られている犬神や大口の真神(おおくちのまかみ、または、おおぐちのまがみ)についてもニホンオオカミであるとされる。これは、農業社会であった日本においては、食害を引き起こす野生動物を食べるオオカミが神聖視されたことに由来する』。現存する標本としては『頭骨、毛皮は数体』分、全身『剥製は世界に4体しかない。うち国内は3体、オランダに1体が確認されている』のみである。国内に現存する剥製や骨格標本としては国立科学博物館蔵(1870年頃捕獲になる福島県産♂の全身骨格標本)・東京大学農学部蔵(岩手県産♀の冬毛剥製)・和歌山県立自然博物館蔵(1904年和歌山にて捕獲された奈良県境大台山系産剥製。和歌山大学からの寄贈品で、本剥製は吻から額にかけてのラインに段があり、日本犬のような顔になっているが、これは標本作成時の錯誤との意見もあるとある)・埼玉県秩父市秩父宮記念三峯山博物館蔵(2例の毛皮で二品共に2002年に発見されたもの)・熊本市立熊本博物館蔵(全身骨格標本で熊本県八代郡京丈山洞穴の1976年から1977年にかけての調査中に発見された遺骸。放射性炭素法による骨年代測定の結果、室町から江戸初期に生存していた個体であることが判明している)。この他、1969年に熊本県泉村矢山岳の石灰岩縦穴からもニホンオオカミの頭骨が発見されている、とある(「現存標本画像」4体はリンク先で見られる)。国外のものとしては、江戸末期の文政9(1826)年にシーボルトが大阪天王寺で購入した成獣剥製で、彼が『日本から持ち帰った多くの動植物標本の内』、『ヤマイヌという名称で基準標本となっている』オランダのライデン博物館蔵のもの、大英博物館蔵の毛皮及び頭骨(明治381905)年に奈良県東吉野村鷲家口で購入された若い♂のもの)、ベルリン自然史博物館蔵の毛皮などがある。但し、民俗学的資料としての「日本狼の頭骨」としては『本州、四国、九州の神社、旧家などに、ニホンオオカミのものとして伝えられた頭骨が保管されている。特に神奈川県の丹沢ではその頭骨が魔よけとして使われていた為、多く見つかっている』とある。『2004年4月には、筋肉や皮、脳の一部が残っているイヌ科の動物の頭骨が山梨県笛吹市御坂町で発見され、国立科学博物館の鑑定によりニホンオオカミのものと断定された(御坂オオカミ)。DNA鑑定は可能な状態という。中部地方や関東地方の山間地には狼信仰があり、民間信仰と関係したオオカミ頭骨が残されている。御坂オオカミは江戸後期から明治に捕獲された個体であると推定されており、用途は魔除けや子どもの夜泣きを鎮める用途が考えられ民俗学的にも注目されている。現在は山梨県立博物館に所蔵されている』。『栃原岩陰遺跡の遺物を収蔵展示している北相木村考古博物館にはニホンオオカミの骨の破片が展示されているが、その他多くの縄文・弥生遺跡からニホンオオカミの骨片が発掘されている』。以下、「ヤマイヌとオオカミ」の項。『「ニホンオオカミ」という呼び名は、明治になって現れたものである』。『日本では古来から、ヤマイヌ(豺、山犬)、オオカミ(狼)と呼ばれるイヌ科の野生動物がいるとされていて、説話や絵画などに登場している。これらは、同じものとされることもあったが、江戸時代ごろから、別であると明記された文献も現れた。ヤマイヌは小さくオオカミは大きい、オオカミは信仰の対象となったがヤマイヌはならなかった、などの違いがあった』(ここに脚注があり、『長野県松本市の旧開智学校に展示されている明治期の教科書(副読本)に、「肉食獣類狼 おほかみ  (1)種類1狼 2 豺 ヤマイヌ (2)部分 頭 長シ ○口 長ク且大ニシテ耳下ニ至ル 耳ハ小ナリ ○体 犬ニ似テ大ナリ ○脚 蹼(みずかき)アリテ能ク水ヲ渉ル ○毛 灰色ニシテ白色雑ル ○歯 甚ダ鋭利ナリ (3)常習 性猛悍兇暴ニシテ餓ユルトキハ人ニ迫ル 深山ニ棲息シ他獣ヲ害シ(以下略)」とある。』と記す。引用脚注の字空けを一部変更した)。『このことについては、下記の通りいくつかの説がある』。

 《引用開始》

ヤマイヌとオオカミは同種(同亜種)である。 

ヤマイヌとオオカミは別種(別亜種)である。 

ニホンオオカミはヤマイヌであり、オオカミは未記載である。 

ニホンオオカミはオオカミであり、未記載である。Canis lupus hodophilaxはヤマイヌなので、ニホンオオカミではない。 

ニホンオオカミはオオカミであり、Canis lupus hodophilaxは本当はオオカミだが、誤ってヤマイヌと記録された。真のヤマイヌは未記載である。 

ニホンオオカミはヤマイヌであり、オオカミはニホンオオカミとイエイヌの雑種である。 

ニホンオオカミはヤマイヌであり、オオカミは想像上の動物である。 

ニホンオオカミを記載したシーボルトは前述の通りオオカミとヤマイヌの両方飼育していた。

 《引用開始》

が、『現在は、ヤマイヌとオオカミは同種とする説が有力である』と総括されてある。『なお、中国での漢字本来の意味では、豺はドール(アカオオカミ)、狼はタイリクオオカミで、混同されることはなかった』。『ヤマイヌが絶滅してしまうと、本来の意味が忘れ去られ』、現在、「ヤマイヌ」という語は『主に野犬を指す呼称として使用される様にな』り、また『英語のwild dogの訳語として使われる。wild dogは、イエイヌ以外のイヌ亜科全般を指す(オオカミ類は除外することもある)。「ヤマネコ(wild cat)」でイエネコ以外の小型ネコ科全般を指すのと類似の語法である』。以下、「生存の可能性」の項。『紀伊半島山間部では、1970年代に、ニホンオオカミを目撃したという証言が度々話題となり、ニホンオオカミが生存しているのではないかとの噂が絶えない。現在でも、紀伊半島山間部ではニホンオオカミの目撃証言を募るポスターをしばしば目にする。秩父山系でも、ニホンオオカミ生存の噂は絶えない。また、祖母山系に生存しているのではないかという話もある』(ここに複数の脚注が附されているが、中でも次の注は興味深い。『同時期に描かれた漫画「ドラえもん」ではドラえもん曰く22世紀にも個体群が存在しているとのことで、懸賞金目当てに現代のニホンオオカミを捕まえようとのび太がオオカミに変身し、最後まで残ったニホンオオカミの群れと戯れるという話があるが、あくまでフィクションの話である。余談だが、この話でのニホンオオカミはある程度学説に基づいた生態で描かれており、展開上人間を敵視してこそいるものの、洞窟で群れを成す姿などはかなり正確に描かれている。』。いい注だなあ!)。最後に「ニホンオオカミ絶滅の弊害とオオカミ導入計画」という項。『ニホンオオカミが絶滅したことにより、天敵がいなくなったイノシシ・ニホンジカ・ニホンザル等の野生動物が異常繁殖することとなり』(脚注『ただし、オオカミの絶滅は増加の原因の一因に過ぎない。地球温暖化による冬期の死亡率の低下、農村の過疎化など、様々な要因が指摘されている。』。)、『人間や農作物に留まらず森林や生態系にまで大きな被害を与えるようになった。アメリカでは絶滅したオオカミを復活させたことにより、崩れた生態系を修復した実例がある。それと同様にシベリアオオカミを日本に再導入し対応するという計画が立案されたこともあった。しかしながら、ニホンオオカミよりも大型で体力の強いシベリアオオカミが野生化することの弊害が指摘されて中止になった経緯がある。現在も、祖先がニホンオオカミと同じという説がある中国の大興安嶺のオオカミを日本に連れてきて森林地帯に放すという計画を主張する人々がいる』。『ただし、オオカミの行動範囲は広いことが知られており、特に開発が進んだ現代の日本においては人と接触する可能性も否定できない』(ここに本文注として『北米ハイイロオオカミの群れの縄張りの広さは20-400平方キロメーター程度あり、1日約20km移動するという』とある)。『さらには、かつてニホンオオカミがあった生態的地位に入る事が出来なければ、沖縄でハブ駆除のために放たれたジャワマングースのように外来種としての被害を与える可能性もあるという議論もある。しかしながら、ジャワマングースは同じ生態的地位を占める動物が存在しなかったのに対して、アジア系のハイイロオオカミはニホンオオカミとほぼ同じ生態的地位を占める動物であることが異なる。もっともニホンオオカミは島国の日本の気候・土地に適応した動物であり、またそれらのオオカミとは亜種レベルで異なる別の動物であり、その結果は未知数と言えよう』。各論から発展課題まで、美事なウィキ記載である。

■やぶちゃん現代語訳

 親孝行な児童が自然と禍いを免れた事

 相模国での出来事なる由。

 雷嫌いの農民が御座った。

 ある夏の日、耕作に出でて、留守には妻と、六、七歳になる男の子がおったが、沛然として夕立降り来たって、雷鳴も夥しく轟き渡った。

 すると、かの童(わらべ)、以前より父親(てておや)の雷を嫌うておるを知れば、

「お父(とっ)つあんは神鳴りを恐がりなさるご性分なれば、ひとり畑に出でて、さぞ怖(こお)うてたまらずにおらるるに違いない。おいらが夜食の弁当持て行きたれば、少しは心強くもあられん。」

と言い、雨中の支度を致いて出でんとする。

 母はあまりの豪雨雷鳴の凄まじさに留めんとしたれど、子はその制止を振り切って家を出でて御座った。

 父なる百姓は、丁度、畑脇の木陰に雨を凌いでおったのじゃが、倅が参ったのを見、大いに驚きもしたが、また、言わずとも分かる倅の孝心に、心打たれもして御座った。

 遅い弁当を受け取って、漸く雨も晴れ、今にも日が暮れなずむ頃と相成って御座った故、

「……さあて、暗うなる前に、早(はよ)う、帰り。」

と坊の頭(かしら)を撫でて、家の方へと押し送る。

「……お父つあんも……お早うお帰り!」

とて、先に独り家路へとつく。

 少ししてから、鍬を振るって御座った父親(てておや)が、子の帰って行く方を見てみた――。

……夕暮れ……小さな子の小さくなりゆく後姿……と――

――そのすぐ後ろの林の暗がりより――一匹の狼が現れ出で、我が子の跡追うて野辺を走ってゆくのが目に飛び込んできた。……

 父親(てておや)、真っ青になって、

「……!……このままにては……!……狼に、喰わるるッ!……」

と身悶えし、心ここになきが如く、直ぐ、我が子のもとへと走らんと致いた、その時――!

――ピカッビカッッ!

突如! 閃光一閃! 辺りが真っ白になったかと思うと! 間髪居れず!

――バリバリバリバリ!!! ズゥゥゥゥン! ドォオォォン!!!――

――と、見たことも聴いたことも御座らぬような怖ろしき雷電と神鳴り! うち轟くや否や……

……勿論、父親(てておや)は神鳴り嫌いのことなれば、惨めにも、その場に団子虫の如く丸まって御座ったが……

――が!――

――その蹲る刹那の景色!――

――はっと気づくは!――

――その神鳴り!――

――今!――

――正に!――

――我が子が歩いておった思う方へ!

――落ちたじゃ!!!……

……父親(てておや)は泡食って鋤鍬を投げ捨て、子がもとへと駆けつけた……。

 ………………

……しかし……そこには最早……我が子の姿……これ、なく……ただ……神鳴りがために無二無三に焼け焦げ……完膚無きまでに八つ裂きされた……黒焦げばらばらの……狼の死骸が御座ったばかりであった…………。

 ………………

……父親(てておや)、

『……定めし……倅もともに……卷之三に打たれ……打ち殺されて……微塵にされた……』

と絶望のあまり、狂うた如、狼の吠え叫ぶが如、泣き喚(おめ)いて家へと走り戻ったのじゃった……

 ……………

……と……

家の戸口で、

「……お父つあん! お早う! お帰り!」

と、倅が満面の笑顔にて、父を待って御座った、ということで御座ったよ。

« あの頃僕は鍋を哲学してゐた | トップページ | 耳嚢 巻之三 雷公は馬に乘り給ふといふ咄の事 »