フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« アリスへ黒猫嬢からグリーティングカードがついた | トップページ | 僕の手風琴の思ひ出に »

2010/10/02

耳嚢 巻之三 天成自然の事

「耳嚢 巻之三」に「天成自然の事」を収載した。

 天成自然の事

 天子の御位はいともかしこき御事、申もおろか也。何れの御代にやありし、御名代上京にて、天顏を拜し天杯頂戴の事ありしに、右御名代關東歸府の上、御用の趣言上相濟て申上られけるは、向後(きやうかう)京都の御名代には、御譜代の内よく/\其人を見て被仰付可然也、其趣意は天盃頂戴の折から、頻に人間ならぬ神威の難有さいわん方なし、若し外樣或ひは不義の心聊かもあらん者、禁裏より被仰付筋あらば、違背なく隨ひ奉る事あらんと覺ゆと申上られければ、上にも尤に思召けると也。右は板倉周防守(すはうのかみ)とも松平讚岐守とも聞しが、しかと覺へざれば爰に記し置ぬ。

□やぶちゃん注

○前項連関:特に連関を感じさせない。

・「天杯」底本は「天抔」で「抔」(など)とあるのだが、意味が通じない。岩波のカリフォルニア大学バークレー校版では「天盃」とあるから、これは底本の誤字で「天杯」であろう。本文をそのように訂した。天盃は宴席にて賜わるが、その場合、注がれた酒は他の杯に移して飲むのが礼である。

・「譜代」譜代大名。ウィキの「譜代大名」より一部引用しておく。『もともと「譜第(譜代)の臣」と言うように、数代にわたり主家に仕え(譜第/譜代)、家政にも関わってきた家臣のことをさす。主家との君臣関係が強く、主家滅亡時に離反すると、世間から激しく非難されることが多かった』。『譜代大名のはじまりは徳川家康が豊臣政権のもとで関東地方に移封された際に、主要な譜代の武将に城地を与えて大名格を与えて徳川氏を支える藩屏としたことに由来する。それに対してそれ以外の家臣は徳川氏の直轄軍に編成されて後の旗本や御家人の元となった』。以下、「譜代大名の定義」が示されている。

1『徳川将軍家により取り立てられた大名のうち、親藩及び、外様大名と、その支藩(分家)を除いたもの』

2『関ヶ原の戦い以前より、徳川氏に臣従して取り立てられた大名』

3『幕府の要職に就任する資格のある大名』

とある。但し、『旗本が加増され大名となった場合や、陪臣出身の堀田氏・稲葉氏・柳沢氏・摂津有馬氏有馬氏倫系のように、幕府によって新たに取り立てられ大名になった場合は1の定義にあてはまり、譜代大名となる。一方で外様大名家からの分家や、立花宗茂・新庄直頼のように、改易された外様大名が再興した場合は外様となる。家康の男系子孫の建てた家は基本的に親藩とされ、譜代とは呼ばれなかった』。『一方、会津松平家や鷹司松平家のように譜代大名に定義されるべき家柄であっても、徳川家との血縁を考慮されて親藩となることもある。一方で、蜂須賀斉裕のように将軍の実子が養子となっても外様のままの場合もある。一方、御三家、御三卿の庶子を譜代大名が養子としても親藩にはならないが、親藩待遇となることがあった』。『また本来外様大名である家も、血縁関係や幕府への功績を考慮されて譜代扱いとなることもある。これを便宜上「願い譜代」「譜代各」「準譜代」など呼んでいる。脇坂氏・苗木遠山氏・戸沢氏・肥前有馬氏・堀氏堀直之家・相馬氏・加藤氏加藤嘉明家・秋田氏などがその例である』。『江戸城ではこれらの大名は家格により、「溜間」「帝鑑間」「雁間」「菊間広縁」(菊間縁頬)の各伺候席に詰めた』。『狭義の徳川家譜代は、代々松平家に仕えた家や、徳川家康に取り立てられた家を指す。これらの家は臣従した時期をさらに細分化して、『安祥譜代』、『岡崎譜代』、『駿河譜代』などと称され』、『特に最古参の安祥譜代は伺候席で厚遇され、ひとたび取り潰されても、またすぐに何らかの形で家名が再興されることが非常に多かった。但し、安祥譜代出身でも石川氏の石川康長・石川康勝は豊臣家に寝返った後に関ヶ原の合戦で東軍についたという経歴のため、外様大名とされた』。以下、譜代大名の役割について。『第一に譜代大名は、老中・若年寄をはじめとする幕閣の要職に就く資格があることである。幕府は将軍家の家政機関であると言う建て前上、幕閣の要職には、幕末及び越智松平家の例外を除き譜代大名以外からは、登用しない慣行が不文律として厳格に守られた。親藩出身者を幕府の役職に就任させたり、外様の大藩を政治顧問として、幕政に参与させないのが、徳川政権の大きな特徴でもある』『保科正之の4代将軍家綱の後見は、例外的だとする指摘もあるが、この後見も、何らかの幕府の役職に就任して行われたものではない(正之は大老またはきちんとした役職としての将軍後見役に任じられていたという説もある。しかしながら、この時点では保科家=後の会津松平家は親藩ではなく未だ譜代扱いなので、親藩大名が幕府要職につく例には当たらない)』。『もう一つの譜代大名の役割は、外様大名を監視することである。外様大名が置かれているときは、同じ国内にいる譜代大名は、参勤交代で、同時に江戸表には在府させず、必ず在所(国許)に残る譜代大名を置いた。もっとも、外様大名が「国持大名」で、一カ国の全てを知行しているときは、近隣の譜代大名や、親藩がこれに当たった』。『江戸幕府では、徳川家康の男系親族である十八松平の内、大名になった者は「親藩」ではなく「譜代大名」とする。十八松平とは家康の祖父である松平清康の時代までに分家したルーツを持つ十八家で』、『家康の異父弟の久松松平家は、言うまでもなく、親藩ではなく譜代大名である。徳川吉宗の孫の松平定信は、陸奥国白河藩の久松松平家に養子に出た者であるから、出自は親藩ではなく、譜代大名として、老中となり寛政の改革にあたった』。『久松松平家の中で、最も有力であった伊予国松山藩主と、伊勢国桑名藩主(一時、高田藩→白河藩)の家系は譜代大名ながら、両家は田安宗武の男子を養子とし、藩主として迎えたので、親藩待遇となった。その他の久松松平家の諸藩(<1.美濃国大垣藩→信濃国小諸藩→下野国那須藩→伊勢国長島藩、改易>・2.伊予国今治藩・3.下総国多古藩)は、譜代大名である』最後に「譜代大名の一覧」が示されているが、『松平氏以外の順番は『柳営秘鑑』に準じた』由但し書きがある。

 《引用開始》

安祥譜代(7家)―酒井氏、大久保氏、本多氏、阿部氏、石川氏、青山氏、植村氏(阿部氏、石川氏、青山氏の代わりに、大須賀氏、榊原氏、平岩氏が入る場合もある)

岡崎譜代(16家)―井伊氏、榊原氏、鳥居氏、戸田氏、永井氏、水野氏、内藤氏、三河安藤氏、久世氏、大須賀氏(断絶)、三河井上氏、阿部氏、秋元氏、渡辺氏(伯太藩)、伊丹氏、屋代氏

駿河譜代―板倉氏、太田氏(太田資宗流)、西尾氏、土屋氏、森川氏(生実藩)、稲葉氏(稲葉正成の系統、能登守家は外様)、藤堂氏、高木氏(丹南藩)、堀田氏(出自からは三河衆のため譜代の理由不明)、三河牧野氏(牛久保牧野氏)、奥平氏、岡部氏、小笠原氏、朽木氏、諏訪氏、保科氏、土岐氏、稲垣氏、一色丹羽氏、三浦氏、遠山氏(苗木藩)、加賀氏、内田氏、小堀氏、三河西郷氏、奥田氏、毛利氏(内膳家、断絶)、山口氏(牛久藩)、柳生氏、蜂須賀氏(阿波富田藩家・廃藩)、増山氏

貞享元年12月より譜代―水谷氏(準譜代の秋田氏・有馬氏(有馬晴信系)・相馬氏と同時)

徳川綱吉の時代以後の譜代 - 本庄氏

享保以後の譜代―加納氏、有馬氏(赤松氏分家)

『柳営秘鑑』には記載なし―田沼氏、間部氏、三河松井氏、柳沢氏

松平一門―大給松平家、形原松平家、桜井松平家、滝脇松平家、竹谷松平家、長沢松平家(大河内松平家)、能見松平家、久松松平家(伊予松山藩・伊勢桑名藩以外)、深溝松平家、藤井松平家

 《引用終了》

・「外樣」外様大名。ウィキの「外様大名」より一部引用しておく。外様大名とは『日本の封建時代の大名の主君との主従関係の緊密さを区別した語ったもので、既に室町時代からこの言葉は由来しており、室町時代は幕府とのつながりの密でない大名たちを外様衆と呼んだ。江戸時代になってからは、関ヶ原の戦い以前から徳川幕府につかえた大名たち、いわゆる譜代に対して、その後、幕府に用立てられた大名たちを外様大名と呼んだ』。『外様大名とは、関ヶ原の戦い前後に徳川氏の支配体系に組み込まれた大名を指す。「外様」は、もともとは主家とゆるい主従関係を持った家臣を指す語で、主家の家政には係わらず、軍事動員などにだけ応じる場合が多かった。またこの外様の家臣は主家滅亡時に主家から離反しても非難されることは無かった』。『外様大名には大領を治める大名も多いが、基本的に江戸を中心とする関東や京・大阪・東海道沿い等の戦略的な要地の近くには置かれなかった。江戸時代の初期には幕府に警戒され些細な不備を咎められ改易される大名も多かった』。『外様大名は一般に老中などの幕閣の要職には就けないとされていたが、対馬国の宗氏は伝統的に朝鮮との外交に重きを成し、また江戸後期になると真田氏、松前氏のように要職へ就く外様大名も現れた。また、藤堂氏は徳川氏の先鋒とされ軍事的には譜代筆頭の井伊氏と同格であり、池田輝政は親藩と同格とされ大坂の陣の総大将を勤める予定だったといわれる』。『また、同じ外様大名でも比較的早い時期から徳川家と友好関係があった池田氏・黒田氏・細川氏などと関ヶ原の戦い後に臣従した毛利氏・島津氏・上杉氏などでは扱いが違ったとの説もある』。『なお、血縁関係や功績などにより譜代に準ずる扱いを受けている外様大名について、便宜的に準譜代大名と呼ぶこともある。また、外様大名の分家・別家で1万石以下の旗本から累進して諸侯に成った場合、菊間縁頬の詰席を与えられ、譜代大名として扱われた』。以下、「主な外様大名」が示されている。

 《引用開始》[やぶちゃん注:縦に箇条書きにされているが、中黒で併記した。]

前田家(加賀藩)・島津家(薩摩藩)・毛利家(長州藩)・山内家(土佐藩)・藤堂家(津藩)・浅野家(広島藩)・上杉家(米沢藩)・佐竹家(秋田藩)・細川家(肥後藩)・池田家(岡山藩・鳥取藩)・鍋島家(佐賀藩)・黒田家(福岡藩)・伊達家(仙台藩)

 《引用終了》   

・「板倉周防守」板倉重宗(天正141586)年~明暦2(1657)年)。譜代大名で京都所司代。板倉家宗家2代。ウィキの「板倉重宗」より一部引用する。『徳川家康に早くから近侍して、大いに気に入られた。関ヶ原の戦いや大坂の陣(このときは小姓組番頭)にも参陣した』。『元和6年(1620年)、徳川二代将軍秀忠の時代、父の推挙により京都所司代となる。承応3年(1654年)12月6日まで30年以上にわたって在職。朝廷との交渉・調整の任にあたった。明暦2年(1656年)85日、下総国関宿藩に転ずる。この年、関宿で死去』。『勝重と重宗は、親子二代でありながら世襲職ではない所司代の職に就任しているのを見てもわかるように、その卓越した政治手腕は徳川氏に大いに信頼されていた。それは『板倉政要』によって現在にも伝えられているが、この史料は過大評価もあると言われている。だが、この親子以外に所司代に親子二代にわたって就任した例は無いのをみてもわかるように、優れていたことは間違いないだろう』。『こんな話が残っている。ある日、父の勝重が重宗と後に島原の乱で討死した弟の板倉重昌に、ある訴訟の是非について答えよと言った時に、重昌はその場で返答したが重宗は一日の猶予を求めたうえ、翌日に弟と同じ結論を答えた。周りのものたちは重昌の方が器量が上だと評価したが、父の勝重は、重宗は重昌同様に結論を早く出していた、ただ慎重を期すためにあの様な振る舞いをしただけであり、重宗のほうが器量が上であると評したという。このような姿勢は、京都所司代になってからも見られ、訴訟の審理をする際は、目の前に「灯かり障子」を置き、傍らにはお茶を用意することによって、当事者の顔を見ないようにして心を落ち着かせ(人相などで)いらぬ先入観を持たないようにし、誤った判決をしないように心掛けたという。そんな重宗も朝廷対策には苦労していた。後光明天皇には「切腹して見せよ」とやりこめられている』とある。以下の松平康盛の先代康親の事蹟(大名ではなく旗本で松平一族の中では優遇されなかったという記載)と本話の進言内容を考えると、この話の主人公は板倉周防守重宗としか私には考えられないのであるが。識者の御教授を乞うものである。

・「松平讚岐守」松平康盛(慶長6(1601)年~寛文111671)年)。御小姓組番士。元和3(1617)年、千石。福釜(ふかま)松平家宗家5代(ウィキの「福釜松平家」によれば、三河国碧海郡(あおみのこおり)福釜(現在の愛知県安城市福釜町)を領した一族。『3代親俊から徳川家康に仕え、4代康親のとき、家康の関東転封に従い、大番頭となり、下総・武蔵の両国に領地を与えられ、禄高は一千石余りとなる。関ヶ原の戦い、大坂の役に加わり、康親は伏見城番を勤めるが、大名には取り立てられず、旗本どまりで、松平氏一族のなかでは優遇されなかった。本家は元禄年間、松平康永が嗣子無く没したため絶家となったが、庶流はその後も存続している』とある)。なお、底本注で鈴木氏は松平清成の名も挙げられているが、この人物は大給(おぎゅう)松平氏家康の家臣ではあったが、時代的にも早過ぎる感じがし、鈴木氏御自身、『清成は歴戦のつわもので、この場合にはふさわしくない』と記されている。また鈴木氏も私と同様、「松平讚岐守」は『作者の記憶違いらしく、板倉重宗またはその父勝重がふさわしい』と述べておられる。

■やぶちゃん現代語訳

 天子の神妙なる威厳は天然自然の采配にして生得のものである事

 天子様におかせられましては、これ、この上のう、畏れ多くもかしこみかしこみ申すべきものなるは、申すも愚かなることにて御座る。

 さても何れの帝の御代にてのことで御座ったか、将軍家御名代の者、上洛致いて、天顔拜し奉り、天杯拝領の事など御座りましたが、右御名代、関東帰府致しまして、この度の御名代仕儀に付、仔細御用始末の趣き、言上申し上げ致しました。それら一通り相済みて、最後に徐ろに付け加えて更に申し上げたことには、

「……向後(きょうこう)、京都御名代には御譜代の内より、よくよくその人品腹蔵お鑑みの上、仰せ付けらるること、これ、然るべき大事にて御座る。……その趣意は……我等、天盃拝領の折柄、その御前(ごぜん)にかしこまりしに――頻りにその御前(ごぜん)の人間ならぬ神威、言わん方なき有り難き感――無量にして言わん方なし。……さても万一、外様衆或いは二心不義の念、聊かにてもこれある者……禁裏より……『何事』か……仰せ付けらるる筋、これ、あらば……それ、如何なる恐ろしき、忌まわしき、まがまがしき、御事の仰せなれども……一瞬の戸惑いものう、違背のう、隨い奉らんこと、これ、間違い御座らぬ……と感じて御座った。……」

と申し上げになられたによって、上様にても、

「げにも尤もなること。」

と思し召されたとのことで御座る。

 この言上せしは板倉周防守(すおうのかみ)とも松平讃岐守とも聞いて御座るが、しかとは覚えて御座らねば、取り敢えず話の趣きのみ、ここに記しおくものである。

« アリスへ黒猫嬢からグリーティングカードがついた | トップページ | 僕の手風琴の思ひ出に »