フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 芥川龍之介後期作品テクスト校訂ぼちぼち | トップページ | 未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版 最終校訂/注追加 その他 HPテクスト大祓 »

2010/12/30

忘れ得ぬ人々24 田島さん

今日の夕方、アリスを散歩させていると、近くの寺院の庭で餅搗きをしている音がした。子供らの歓声が聞こえた。……僕はそれを聴きながら、38年前のことを思い出していた……

……富山の隣りの田島のおばさんは当時、もう60がらみだったが、普段は一人で生活していた。時々、おじさんの姿を見ることがあったが、一緒に生活している風でもなかった。……僕の町の住居表示板には「田島ハル」とおばさんの名義が記されていた。……遊びに来た高校時代の友人が「凄いな、古代遺跡だぜ」と言った。何のことかと思ったら、「だってタージマハールだぜ」と言ったのを二人して笑ったのを覚えている。……

……あれは丁度、今日と同じ12月の末のことだった。

田島さんの玄関先で、久しく見なかったおじさんが臼と杵を持ち出して、おばさんと一緒に餅を搗いていた。

母と一緒に呼ばれて行った。

田島のおじさんは、何かの職人らしく、寒いのに半袖のシャツで隆々たる筋肉を見せて美事に餅を搗いていた――右手一本で――

おじさんの左の二の腕は搗いている杵と同じようになっていた。何でも若い頃に、仕事で怪我をして切断したのだということだった。――

しかし、その右腕は狙い済ました感もないのに、トン! と臼に搗き入れる杵の一打は確かであった。――

それは少しひねくれた不良学生だった僕から見ても――とってもカッコ良かったのだ。――

おじさんは、暫く搗いたところで、そばで黙って見ていた僕に、

「あんちゃん、搗いてみっか?」

と杵をすっと差し出した。

普段の非力の僕なら、きっと人見知りして断ったに違いないのだが、おじさんのすりこ木のような左腕をずっと見ていた僕には――おじさんの妙技に惚れてしまっていた僕には、それを断わることが、ひどく非礼なこととして感じられたことだけは、確かに覚えているのである。

緊張気味の腰つきで――おじさんの見よう見まねで――僕は餅を搗いた。

「あんちゃん、なかなかスジがええぞ!」

と、皺だらけの顏でおじさんが言った。

横に寄り添っていたおばさんも何だか普段と違ってつやつやとした肌で笑いながら、合いの手の水を打って呉れた。

あの日、僕ははにかみながら、生まれて初めての餅搗きをしたのだった。

あの日の、田島のおじさんとおばさんと、そして母と、懸命に黙々と餅を搗いている僕と。

――僕は、後にも先にも、餅を搗いたのは、この時ぎりだったんだ。――

――その時の、杵を振り下ろす片腕のおじさんの精悍な顔――僕はそれを今も忘れない――。

田島のおじさんは、それから二、三年後に病気で亡くなった――

……アリスがリードを引っ張った。……寺の庭の餅は、もう搗き上がったらしい……子供らの嬌声が聴こえてくる……

僕はアリスの行くがままに、その寺の前を、去った……

« 芥川龍之介後期作品テクスト校訂ぼちぼち | トップページ | 未公開片山廣子芥川龍之介宛書簡(計6通7種)のやぶちゃん推定不完全復元版 最終校訂/注追加 その他 HPテクスト大祓 »