フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ドリュウ・ラ・ロシェルの侏儒の言葉 私 | トップページ | アランの台詞 »

2011/05/26

290000アクセス記念 富田木歩「初秋日記」 同縦書版

本未明、2006年5月18日のニフティのブログ・アクセス解析開始以来、290000アクセスを突破した。5年でこのアクセスは僕のような一般人のブログでは多い方だと思われる。今から切り番の300000アクセス記念のテクストを心配せねばならぬのだが。
傷心にして、それでいて、ろくでなしの記載しかしない寂寥狂乱孤愁荒漠たる本ブログの、誠実にして奇特なる愛読者諸士に、心より感謝致します。

突破記念として富田木歩の、一読、忘れ難い随筆「初秋日記」及び同縦書版を公開する。――特にそのエンディングが、いいな――

……もし僕が富田木歩の映画を創ったら、その最後は、あの「誓いの休暇」のエンデイング風に、次のようなナレーションで終わらせたいと思う……「ある兵士のバラード」ならぬ「ある俳人のバラード」である……

……我々の友富田木歩について、我々が物語りたいことは、これで総てである――彼は良き夫となり、父となっていたかもしれない――彼は随筆家か、小説家か、或いは心友にして映画人であった、業火の中、彼を最後に背負って逃げた(いや終生背負ったというべきである)新井声風の元で、優れた脚本家になっていたかもしれない――彼は「愛撫」の梶井基次郎に先んじた小説を書いたかも知れないし、新感覚派の顔色無さしめる脚本を創ったかもしれない――しかし、現実に彼が出来たことは、俳人であることだけだった――そして彼は、俳人であることによって、我々の記憶の中に、永遠に、留まっているのである――

« ドリュウ・ラ・ロシェルの侏儒の言葉 私 | トップページ | アランの台詞 »