フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 獅子舞のはやしもつひに笑ひけり 山本幡男 | トップページ | エルモライ最後の写真帖12 »

2011/08/21

句について 山本幡男

昭和25(1950)年か。ハバロフスクソ連邦矯正労働収容所第二十一分所にて。収容所内で山本幡男が作っていたサークルであるアムール句会会員に対し、幡男が俳句についての心構えについて、セメント紙に書いて回覧した、その文章。

 句について

 高山樗牛は『文は人なり』と言つた。私はこれに倣つて『俳句は人なり』と言ひ度い。俳句を磨かうと思へば先づ人を磨かねばならぬ。自分の拙(つたな)い俳句を見る度に、私は言ひ知れない淋しさを覺える。樣々な色の繪具を便つてやたら塗りまくつて美しい繪は出來ない。一本の鉛筆で眞に迫つた面白い繪が描けることもある。
 俳句にして同樣である。美辭麗句をもてあまして空しく惱む愚を去つて言葉を縱横に驅使する事を學ばねばならぬ。平凡な何の變哲もない言葉の集りがすばらしい俳句を形づくる事があるではないか。道具美事だが腕は一層大事である。
 良い俳句とは何か。格調のすぐれて整つた面白い俳句、魅力の多い句にある。俳句の面白さは、①内容の深さ、②映像の鮮やかさ、③連想の豐さ、④餘韻の大きさ、⑤思想の高さ等々である。要約、音感的に魅力のあるもの、印象が鮮明で實感に迫るもの、抽象的に言へば美と眞實のこもつたものである。勿論、これは俳句だけに限つた事ではない。
 再び言ふ。良い俳句とは何か。一度口誦み、もう一度口誦みたくなる俳句一讀して忘れがたく記憶に殘る俳句、いつ思ひ起しても樂しめる俳句、後味のすばらしくいい俳句。千句の中のたつた一句でもよいからさういふ俳句を作りたい。
 寫生といふ事を皮相に解釋してなんでもかで見たままの事實を句にして萬事事了れりとする初心者が多い。事實より眞實へ、現象より本質へとゆかねばならぬのである。正しく言へば事實を通じて眞實を、現象を通じて本質であらう。

« 獅子舞のはやしもつひに笑ひけり 山本幡男 | トップページ | エルモライ最後の写真帖12 »